伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

「第二の矢」(第二刺激)を持たない誓い

2019-11-08 11:15:38 | Weblog

最近の人に増えている傾向は、
・ 他人から実際に受けた刺激を、数倍にも、10倍にも、自分自身で巨大化させて悩むことです。

例えば、会社で一言、同僚から注意を受けますと、
・ 言った相手の同僚は、本人のためを思って何気なく言っただけだった。
・ それ以上の深い意味は無い。そして、注意したことも忘れています

でも、言われた本人は、
・ 帰宅後も、言われた内容を考え続けます。
・ 1ヶ月経っても、やはり注意した相手のことを「どうして?」「なぜ?」と考え続けます。
・ それが、いつの間にか、「自分に会社を辞めて欲しい」と相手が言ったことに、自分自身の中で変化します。

注意を受けたという、事実を「第一刺激」とします。
それを自分勝手に倍加させて、「辞めてしまえ」と言われたとして悩む、空想を「第二刺激」とします。

また違う例では、
・ 店員の若い女性から、レジでニッコリと会釈の礼を受けた。
・ 微笑みを受けた男性は、「自分の好み!」「好きだ!」という「第一刺激」を持ちます。

それから1年間、女性のことばかりを考え続けた男性は、
・ 自分は女性からプロポーズを受けた。
・ でも、そのまま放置されている。許せない!
・ 自分は騙された! 「XXしてやる!」と女性を脅迫して逮捕されてしまいます。
自分の中で巨大化した「第二刺激」によって、男性は自滅してしまいました。

以上はあくまでも例ですが、仏教ではこのような、
「事実の第一刺激」と、
そこから自分の内部で創造・想像・妄想する「第二刺激」を、
「第一の矢と第二の矢」として、切り分けて知って置くことを重視します。

なぜ重視するかと言いますと、
・ 悟れば、「第二刺激」が一切起こらないのです。

しかし事実である「第一刺激」は、悟ったとしても、そのまま「受けます」。
第一刺激による喜怒哀楽は、悟っても有ることなのです
痛ければ、痛い。
悲しければ、涙も出ます。
危険に遭って驚けば、「びっくりしたなあ、もう!」と怒ります。

でも、それ以上の付加した心配や、喜怒哀楽をしません
・ 事実だけを冷静に見ます。

今の自分は、第一刺激から派生した、第二刺激の中に住んでいませんか?
多くの人の悩みの80%は、実は第二刺激の中での「自分の想像上の悩み」であることに気付いていません。
「第二の矢」に射抜かれていませんか?

「第一の矢」は、他人が放ったかも知れません。
でも、そこから、自分が更に巨大化させた「第二の矢」を自他に対して放ち続けている人が増えています。

仏教では、第二の矢を、自分の自我が放つ矢とします
自我が大きい人ほど、他人に対して第二の矢を放ち続けます。
しかし、因果の法則により、第二の矢の全部は自分自身に返る・帰るとされています

悟れば、第二の矢を放ちません。
「それで終わり!」「撤収!」が日々の生活の中で営まれています。

第一の矢は、受けても良いし、それで喜怒哀楽をしても問題はないです。
でも、それ以上の、第二の矢を持たない誓い。
これを生活の中で参考にして頂ければ幸いです。


(カレンダーの説明は「11月の自然観察日」を参照)

・今日11月8日から満月に向かう一週間は、地震と、火山と、放火の動向に要注意です。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

携帯電話からの投稿方法は
もし「私はロボットではありません」が有れば、チェックして図柄が出れば指示にしたがい、すべての正解の図柄を選ばないと、投稿が出来ません

「私はロボットではありません」をチェックする欄がない場合、そのまま投稿ボタンを進めてください。
コメント投稿の混雑の状態で、チェック欄の表示の有無が変わります。

・質問をされたい時は、名前欄に【質問、性別、数字記号による仮名】の順に記入してください。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。

http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

* 参考サプリ
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

* 参考の美容用品
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%81%AE%E7%BE%8E%E5%AE%B9%E7%94%A8%E5%93%81&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

* 参考の防災用品・食品
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%81%AE%E9%98%B2%E7%81%BD%E7%94%A8%E5%93%81&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8


※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。
差別的なコメントを投稿しないように。もし間違ってUPされても、分かり次第削除します


*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。
・日替わり記事捲り。おみくじ記事です。http://cgi.shinkyaku.com/k.cgi?random


・【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://pori.starfree.jp/m/
・「商品リスト PC用」 http://pori.starfree.jp/m/g_all.html
・「商品リスト 携帯用」 http://pori.starfree.jp/m/g_top.html

*返答について

・伊勢白山道の返信集:(http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8)無制限で最新の返答と、質問の全文が表示されます。もしこれで、質問文の全文が表示されない場合、http://luce-tabi.jp/index.php この画面で、最下方の下から2行目にあります、返信表示: * - [on]、これを「on」にしてください。これにより、質問文も全部が表示されます。

・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。

・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (444)   この記事についてブログを書く
« 「静観する勇気」 | トップ | 釈尊が、食べれば死ぬと分か... »

444 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お知らせ (伊勢白山道“供養は自己責任・自主判断ですることです” 質問者は男女の性別を書いてね)
2019-11-08 11:19:01
*返答について

・伊勢白山道の返信集: https://bit.ly/2l4eZxB
無制限で最新の返答と、質問の全文が表示されます。

もしこれで、質問文の全文が表示されない場合、 http://luce-tabi.jp/index.php
この画面で、最下方の下から2行目にあります、返信表示: * - [on]、これを「on」にしてください。
これにより、質問文も全部が表示されます。

今から、この記事に返答します。
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/0355d56a5d86cb1c8efc10b8e7e6dac8/#comment-form
(この記事への質問は締め切ってます)

新規の質問は、この記事に投稿してね。
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/fd0524fdd8f617b50ed3a222be3b9c50/#comment-form

2箇所クリックも、宜しくお願い致します。

忙しいために、返答が遅れて申し訳御座いません。
すべてのコメントは、読んでいます。
Unknown (感謝です メロン 女性)
2019-11-08 11:23:50
いつもながらすごい内容です。第二の矢!本当にそうですね、きをつけます。今日もありがとうございました。
Unknown (かずたろう)
2019-11-08 11:27:24
こんにちは。いつもありがとうございます。
なんだか、体がリラックスできていないみたいで、おそらく、人からだけではなく、仕事のプレッシャーも受けている気がします。他人の指示と、我がぶつかって自分がストレスにしてしまっています。他人から自分への意見を倍加させてしてしまっていると気付きました。休日は、自分をやすませてあげる優しさが足りなかったと思います。少しずつ自分に優しくなろうと思います。そして、めりはりある生活ができたらと思います。
Unknown (質問です。女性。41063)
2019-11-08 11:28:27
毎日の更新ありがとうございます。リーマンさんの著書を手に取ってから10年近くなるでしょうか。お線香供養もしております。それなのに今回、娘の受験などで、心が揺れているのです。やるだけやってお任せさせていただきました。合格したところが、きっと娘にぴったりで、この先も良い方向に向かってくれると思ってはいるのに、欲がでてきて、悔しさもでてきて、周りからは運が悪いの一言で片付けられております。笑。自分にもへんな欲がでてきていたかなと、反省しながらも、少々ガックリきております。 特殊な世界ですから自分もおかしくなってしまったのかもしれません。しかし、数年かけて目指していたものを失う悲しさは、心をえぐられるようです。 初めから、すべて賭けのようなものだったので、1つ当たってラッキ一と口では言えるのに、なぜそう思えないのか、人のせいや、他のせいにはしたくありませんし、そんなことは思ってないです。やはり力不足だったんです。でもめちゃくちゃ悔しくて夜も寝られません。
まだ、あと、2つありますが、これもかなりの賭けです。当たったらラッキーとなぜ思えないのでしょうか。
宝くじに当たった以上の確率で日本に生まれておいて、なおこんなにラッキーを求めるなんてバチが当たりますよね。贅沢すぎますね。なんだか少し落ち着いてきました。リーマンさんの本、再読の刑ですね。なんだかまとまらない文面で申し訳ないです。
まだまだ未熟者の私にアドバイス頂けませんでしょうか。
今日も快晴 (東歌)
2019-11-08 11:30:48
リーマンさん毎日素晴らしい記事をありがとうございます。
今日も東京は快晴です。気持ちのよいお天気は、心も幸せにしてくれます。
太陽と地球に感謝しながら、今日も元気に過ごします。
Unknown (Unknown)
2019-11-08 11:31:57
事実だけを冷静に見ますとは、ふーん、そうなんだって、感じですかね?
一時には、悟った人まで喜怒哀楽してたんですね〜
教えてくれて、ありがとうございます
Unknown (あさ(女) )
2019-11-08 11:32:43
質問お願いいたします。
いつもありがとうございます。
本当にそうだなぁと思います。また、昨日の記事の、色々な物事の決断も、自己責任で静観しながら決断しながら日々やってみようとおもいます。最近のわたしは、失敗したくなく、ここでご意見をきいていました。でも、やっぱり最後は自己責任と感じました。最悪にならないよう、失敗もしたり、でも笑顔も忘れずいたいとおもいます。ご先祖様の供養ができていないし、前は毎晩手を合わさせていたはだいていましたが、それも出来ていませんでした。あれもこれもできていませんが、せめて、夜寝る前に、静かな時間を数秒でも感謝の時間にしたいとおもいました。
昨年から、色々煮詰めている、ある決断をご相談させていただこうとおもいましたが、自分でしっかり決めてみます。
第二の矢を家族に打たない!決めました。。。頑張っていきます!!一言応援のお言葉お願いいたします。
Unknown (Unknown)
2019-11-08 11:39:41
まさに今の私の状況です。今日もありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2019-11-08 11:40:19
まさに、第二の矢で自分自身を苦しめています。
相手に直接放たないだけで、自分の心の中をグサグサと刺し、念という形で相手に放っている気がします。
何にもならないとわかっているのに、、、、
この数日動けずにいます。
悟った方でも、第一の矢は受けるのですね。そのあと、どう行動するのか、どう受け止めるのか、なんだろなぁ。
そうできるようになりたいのに、できない、苦しいとまた悩むのだろうなぁ。
Unknown (Unknown)
2019-11-08 11:41:38
凄いですリーマンさん。昨日と今日の記事が正にわたしが今陥り悩んでいることの本質でした。なぜ分かったんですか?と聞きたいくらいです。自分を長い間苦しめているのは第二の矢。何度も思い返しては自分を痛めつけ相手を憎んだりを繰り返してきました。当然心は不安定になりアップダウンの酷いものに。関係ない人にも逆恨みしてみたり。昨日の「慌てない、一休み」と「第一の矢で喜怒哀楽があって、それで終わり」が出来たなら、自分を不必要に傷つける事はかなり減りそうです。自分に出来るかな。出来るようになりたいです。そして正しく喜怒哀楽を感じたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事