伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

老子は酒に酔っても真理を話す御方だったと想像します

2018-05-15 11:22:52 | 老子の人生論

参考記事:老子の言葉 第三十八章「迷った場合は、行為を見ることが大切

老子の人生論 」第三十八章

高い人徳を身につけた人は、徳(とく:他人の為になる善なる良心と行為が有ること)を意識していないものです。
だからこそ、本当に徳が有る人なのです。

徳の無い人は、人徳が無いと言われることを嫌がり気にします。
だから、本当に徳が無い人なのです。

高い徳を持つ人は、社会に善行を見せようとはしません。
打算が無いからです。
徳の無い人も、社会に善行を見せるつもりは無いです。
でも、常に打算的な利用を考えます。

高度な愛を持つ人は、社会にも愛が大切だと主張します。
しかし、何の打算もありません。

義理(受けた恩恵)の関係を忘れるなと社会で主張する人はいます。
これは打算だらけです。
礼節の大切さを、社会で強く言う人ほど、相手が礼をしない場合は、礼節を欠いた怒り方をします

以上をもって、
人間の自然な良心からの行為が失われた時代は、道徳を強化する時代と成ります。
道徳が失われた時代が続きますと、次に愛の大切さを看板にする時代が来ます。
社会から愛が失われた時代が続きますと、社会の正義を看板にする時代が来ます。
社会の正義も消えた時代が続くと、礼節から始めようと言う社会が来ます。

でも、そもそもが礼節と言うものは、本心を隠した上で、礼節の行為によって誤魔化そうとする社会の混乱の始まりです。
しかしここで、以上のような先に来るパターンを分析すること自体が、真の道徳に反する愚かなことです。

そういう訳で結局、言いたいことは、
良い青少年は、道徳に沿って純真で居て欲しい。
誠実さの無い、中身の無い組織には居ないで欲しい。

道徳の有る集団の場所で生活を行い、
派手で華やかな世界の場所には属さないで欲しい。

だから、見せかけの礼節や、これからの先行きを色々と勉強する知識を捨てて、
純朴な道を選んで欲しい。

(感想)

この章を訳している時に浮かんだ光景は、国家の図書官僚の中間管理職として勤務していた老子が、

・ 王室と政治家と庶民の間の理不尽な乖離(かいり:実態が離れること)や、国の動向を陰から憂いながら。
・ 英雄・有名と称される人物たちの、その実態を国家官僚として間近に見ながら。
・ 何も実態を知らない青少年たちが、天文学的な倍率の国家官僚の試験勉強に勤しむ無垢な姿を街で見ながら。
・ 何も言えないやるせなさから、休日に酒を飲みながら、説教オヤジに変身している姿。

このような光景が浮かぶ章でした。
史料から分かります、古代中国の国家官僚の登用試験の難関さは、老子の死後1000年ほど経過した後世に確立した「科挙」(かきょ:598年~ 。隋から清の時代まで約1300年間にわたって行われた国家官僚の登用試験)で見ることが出来ます。

もし科挙に合格できれば、裕福な生活と出世が国家から保障されます。皇帝に直々に仕える高級官僚、超エリートになれるのです。
その保障ぶりは、一族から一人でも国家官僚になれますと、親族が三代まで栄えたといわれるほどです。
国内の色々な方針を決める立場ですから、親族に商売をする者がいれば、有利に働いたことは想像が出来ます。

その代わり、天文学的な試験倍率(数千倍?)でした。
清の時代の科挙試験を首席で通過した人物の答案用紙がネットに有りました。

(科挙の最終試験「殿試策」をトップ通過した御方の答案 https://togetter.com/li/1145455より参照)

これは印刷では無いのです。試験時間内に筆1本で書き上げた答案用紙の論文です。
書聖・王羲之(おうぎし)や空海さんに匹敵する気品を感じます。
こういう無名の庶民が、古代中国の国家官僚として普通に居た訳です。

最近は日本の官僚も注目されていますが、やはり勉強力・吸収力は異常なレベルだと聞きます。
分厚い資料もパラパラとめくれば、年代の数字まで記憶して、誤記が有れば指摘するそうです。
そして官僚のトップの御方が、色々な責任を負わされて追及されています。

古代中国もまったく同様に、トップの責任は非常に重かったと想像します。もしミスが有れば、責任どころか生命の危機にも成りかねない時代だったと思います。
老子は優秀でしたが、これを避けるために、わざと2番手・3番手をウロウロする本当に食えない老獪な人物でもあったと想像します、笑。

この章では、さすがの老子も官僚内での内部政治に疲れた様が見られます。酒に酔った説教オヤジのように、

・ 前半で、色々な人物像を分析して見せて、
・ 後半で、
「でもな、このような先に来るパターンを分析すること自体が、真の道徳に反する愚かなことなんだ」
と、ふと我に帰って自身に言い聞かせています。

そして、勉強に勤しむ青少年たちへの希望を言っています。
まるで、「官僚なんか成るもんじゃないぞ」
と言わんとするようにも受け取れます。

ここで思い出す章は、老子の言葉 第二十章生かされていることに感謝できれば、すべてはOK」です。
試験勉強の虚しさを老子が嘆いています。
老子は、人間らしい心情を語りながら、そこに永遠の真理を語ることを好みます。

真実の教えと言うものは、現実の生活からも離れないということなのです。
ここがスピリチュアリズムに有りがちな、机上の空論だけ、という盲点とは一線を画する大切なところなのです。


(カレンダーの意味は「5月の自然観察日」を参照)
* 今日は新月です。揺れに注意しましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (530)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (途中)老子は酒に酔っても... | トップ | 可能性を想定することは、未... »

530 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (001姫)
2018-05-15 11:30:43
リーマンさまありがとうございますm(__)m
ただただ今こうして生かされていることに感謝したいと思いました。ありがとうございます!
お知らせ~ (Unknown)
2018-05-15 11:33:35
19:00~ 家庭の医学
 ケトン体で心臓の老化ストップ&便秘改善食材

22:00~ クローズアップ現代+
 二刀流・大谷翔平の舞台裏

やります~
再度の質問をお願いします。 (匿名で(女性)お願いします。)
2018-05-15 11:34:38
再度の質問をお願いします。「・・・すべては、今に凝縮します。」と、ありましたが、「すべては『今』」、『中今』なんですよね。私「死後にも、永遠と継続します。」の視点、ズームの視点を忘れていました(大汗)。なんと凄いこと、素晴らしいこと、言葉ですべてを説明できない、想像を超える世界が存在していることを忘れていました。宇宙の話が好きで、ナショナルジオグラフィックの番組、NHKの『コズミック フロント』等を録画して繰り返し見ているのに、自分に重ねるのを忘れていました。最近になって、「今まで生きて来た人生の中で『今』が一番幸せかも・・」と、時々思う自分がいます。これは読者へのご回答の「・・・人生の後半が大きな成功のパターン。若い頃に苦労した人ほど、大きくなる・・・」とありましたが、私は『今』、ご先祖さまのお陰で「人生の後半の大きな成功のパターン」をつかんでいるのではないかと思いました。人生の後半にどのような『道』に出会えるか、『ご縁』をいただけるか、これが「大きな成功のパターン」ではないかと思いました。これからは途中の評価を気にすることは、ホドホド(汗)にするように努めます。お気に入りの蒸気機関車に乗ることが出来たので、おいしい駅弁と、おいしいお酒も買って、変わる景色も多いに楽しまなくてはと思います。勝手なことを書いてしまいましたが・・・。このような理解でいいでしょうか。お答えいただければ幸いです。何時も有り難うございます。
更新有難う御座います。 (Unknown)
2018-05-15 11:37:43
リーマンさん、、こんにちは。

老師様は、世情を冷静に観察できる稀有なお方だった訳ですね。良い人ほど、ブラック企業では早死にされてしまいます。官僚も、良い人ほど◯ズな者達から叩かれているようです。今の時代も程々に、離れて観ているのが一番良いのかも知れませんね。
昨日は、体調を崩されたりしていないか心配しておりました。どうか、あまり無理をされませんように・・・。
母の日に何もしてもらえなかったとお嘆きの方へ (男の子も旦那さんも大事に思っていますよ)
2018-05-15 11:39:02
質問です (unknown(女))2018-05-13 21:59:10さん
伊勢さんからも「男は忘れることが多いね。」とお返事がありますが、

母の日に言葉も何ももらえなかったとお嘆きのかたへ、

これからは黙って待っていないで、母の日もうすぐだねーとか、あらかじめ言ったり、今回の場合は
「もう過ぎちゃったけど、母の日覚えてた?」と言ってみても良いと思いますよ。「せめて感謝の言葉だけでも言ってもらえると嬉しいんだけどな~」
と、忘れている家族にいっちゃいましょう!

男の子もまた旦那様も、あなたがいなくなれば、それはそれは悲しむでしょう。いつもいると思って安心して、頼り切って甘えているだけです。
Unknown (Unknown)
2018-05-15 11:41:23
答案用紙の文字が凄くて、ズームしてじっくり見てしまいました!一文字一文字が生きているかのようで、清浄な空気を発しているようですね!

先ほど、母と話していて、昔から変わらない性格なのでしょうがないのはわかっていますが、先ず否定から入るので、会話を続けるのがウンザリ、億劫になり、手短に電話を切ってしまいました。
悪かったな~という思いと、こんなにお互いに年齢を重ねても、子供の頃から母に対して持っていた嫌悪感は変わらないものなのだと、落胆の思いがしています。
そんな母でも母です。感謝致します。
46の地震、自然の流れを感じる (Unknown)
2018-05-15 11:48:14
太平洋側から遠州灘(伊勢湾〜伊豆半島付近まで)、さらに内陸の静岡県と愛知県の境界付近まで、〜700kmの深発地震が連なるように発生。遠州灘には様々な深さの地震が多発。駿河湾沿いでも深発地震が発生。
2018年5月14日 9時3分 糸静線の東側(長野県北部)が、複数回動いてます。
2018-05-13 14:03:47 UTC 紀伊半島の南端(33.627°N 135.917°E)で、M4.2の深発地震が発生。和歌山県から紀伊水道沖にある海底谷でも地震が増えています。
また、伊勢志摩沖の南海トラフ上で、地震が発生。九州の日向灘の海底崖で地震が増えてます。
確か、南海トラフが発生する前、日向灘など海底崖が崩れ、深発地震が発生するパターンがありましたね。
「。。。。。。。。四国も南海地震に注意です。」(2018-05-14 14:25:50を参照)
遠州灘も動いているので、東海地震も含め、東南海、南海トラフの動きを見ていきましょう。

房総半島内陸、東京湾北部、東京都沿岸部では、地下100km地点が活発に動いてます。房総半島の東端にある犬吠埼から茨城県南部まで地震が多いです。
犬吠埼以北の太平洋の海底も非常に活発です。
2018年5月14日 19時31分頃 岩手県沖(三陸沖北部 40.108°N 142.654°E)で、M5.1の地震が発生。震源のふかさは、40.2 km。

東北はほぼ真ん中を南北に地下100km付近で地震が発生。この地震の線は、同じ深さで、北は北海道に繋がっているように見えます。北海道は、日本海側の奥尻島沖も活発です。
薩摩半島南端とすぐ南の海域では、地下100kmで活発に動いてます。また、長崎県雲仙岳の西側の橘湾で、群発地震が発生中。
2018-05-13 22:54:08 UTC 小笠原諸島父島近海で、M4.5の地震が発生。
桜島と新燃岳で、小さな噴火があったようですね。小出しに上手く息抜きができるよう見守りましょう。

2018-05-14 16:56:46 UTC プエルトリコとドミニカ共和国の中間付近のプレート境界上で小規模地震が発生。
2018-05-14 20:19:46 (UTC) 米国西海岸ワシントン州で小規模地震が発生。
2018-05-14 03:51:46 (UTC) アラスカ州内陸で小規模地震が発生。
2018-05-14 11:46:26 (UTC) モンタナ州リンカーンで小規模地震が発生。ここはイエローストーンと関係のあるエリアです。
イエローストーンは、ウェストイエローストーンで群発地震が発生中。

2018-05-14 12:46:37 (UTC) ハワイ島キラウエア火山の東部亀裂帯にある居住地区で小規模地震が発生。
2018-05-14 08:59:46 (UTC) ハワイ島キラウエア火山の頂上付近で地震が発生。
May 14, 2018, 8:36 AM HST (Monday, May 14, 2018, 18:36 UTC)のキラウエア火山の状況
ハワイ島キラウエア火山の東部亀裂帯では、居住区にできた割れ目火口群の北東にできた17番の火口から噴水のように、高さ30mほどのマグマが飛び散り、溢れ出たマグマは亀裂帯と並行するように1.6kmほど地上を伸びました。17番は、激しい蒸気噴射steam jetsが見られ、轟音も出しています。(ごうおん【轟音】とは、大きく響き渡る音。)
昨日できた割れ目火口18番は、弱いながらも流れがあります。付近の火山性ガスは高いままです。
キラウエア火山の頂上火口は、縮小傾向が続いており、火山性微動も高いままです。

カリフォルニア州には19の火山存在し、危険度が最も高い火山が以下の3つです。
1、ラッセン山(Lassen Peak)
カスケード山脈(火山の連なり)の南端に位置する、世界最大規模の火山から粘度の高い水飴状の溶岩が押し出されてできた「溶岩ドーム」持つ活火山。
2、ロングバレーカルデラ The 16 x 32 km (Long Valley Caldera)
シェラネバダ山地の東端,Mono 湖の南約 20km,Owens 谷の北端に位置する。付近は温泉がたくさんある典型的な火山と温泉というセット。
3、シャスタ山 Mt Shasta
アメリカ先住民の聖なる山とされ、最近4,500年の間は平均600年毎に噴火している成層火山。
最近、シエラネバダ山脈の東にある「ベイスン・アンド・レンジ地質区」の一部、ネバダ州の砂漠地帯で地震が見られるようになっています。
ハワイと西海岸の中間のマグマ溜まりとイエローストーンと共に、米国西海岸の火山群も静観していきましょう。

ネットでエスキモーの女性の予言が載っていたので、一応載せておきます。
「巨大な山が噴火し、青い太平洋の水を冷やす。シャチは、太平洋が寒冷化し、冬の太陽が水のように輝くとき、マンモスと呼ばれる山が噴火し、煙と炎を空高くに投げ込むと言う。冬の雪が溶け、シャチが外海に戻ってくる前に、山々が噴火を始めます。」
「◯◯◯エルは、500年にわたって地球全体を供給するのに十分な石油埋蔵地を広大な死海の近くで発見し、世界最大の経済力の1つにします。」
「ロシアは共産主義に復帰し、民主化が失われるにつれて2000万人以上の人々が強制収容所で亡くなります。スターリンの像は再び立てられ、核戦争の脅威は再び地球を襲うでしょう。」

『日月神示』にも、「オロシア(ロシア)にあがりておりた極悪の悪神、いよいよ神の国に攻め寄せて来るぞ」とあるので、こちらで示唆されているように「プーさんがトップにいる間が、金鶏にとって最後のチャンス」なのでしょう。
金鶏は、熊国と西鳥の両方を味方につける必要があります。こちらも忘れずに静観していきましょう。

金鶏は4月末から対馬海峡付近を通って北の沿岸海域に向かう拉麵漁船を相次いで確認。これは禁止されている洋上での物資積替えの疑いがあると指摘。
さらに拉麵は、現在、西鳥と貿易戦争勃発中。拉麵の1300品目が制裁関税対象。
一方、聖書時代の首都に西鳥代表をはじめ職員約50人が移動した◯◯◯エルでは、反対する側の多くの人々が死亡、1000人以上が負傷。15日に大規模衝突に発展する可能性あり。
インドのウッタル・プラデーシュ州などで13日夜、激しい砂嵐と雷雨が発生し、家屋100棟以上が倒壊、60人以上が亡くなったそうです。
Unknown (Unknown)
2018-05-15 11:48:43
おはようございます。
昨夜起きた家族の諍いで落ち込み、長いコメントを投稿しようと文章を打ち込んでいました。
そうでもしないと前に進めない気がして。
何度も推敲してメモに保存したのですが、書き直しているうちに気持ちが整理されてきました。
自分は嫌だと思う家族に生かされている。
誠意を持って接すればそれでいい。
家族の良さを精一杯引き出し尊重することで、自分の良さも出てくる。
淡々と明るく軽く。
そんな結論になりました。
それでいいのですね。
Unknown (Unknown)
2018-05-15 11:49:17
でも公務員はオススメ。
Unknown (Unknown)
2018-05-15 11:51:17
本日も心に迫るお話をありがとうございます。自分の中に砂の粒の1億分の1でも老子様の因子があったら嬉しいです。それにしても、このような立派なお方がいらしたC国なのに現代のお粗末ぶり。老子様も嘆かれていらっしゃることでしょう。現代の日本には、ひそかな大物リーマン様がお生まれになって下さりました。もう何よりも心強いことでございます。リーマンさん、ありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

老子の人生論」カテゴリの最新記事