伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

嫌な自分は消えて行くから大丈夫です

2018-07-16 11:19:40 | Weblog

誰もが、今の自分という者を分かっていないものです。
他人への評価をすることが出来たとしても、
自分自身を正確に評価できる人はいないものです。

自分自身を見ずに、他人ばかり人は見ています
自分とは何者か?
私とは誰か?

これが分かった時が、悟りです。
でも、そう言われても分からないものです。
「私は誰か?」

これの答えは、
「そのような自分は、本当は居なかった」
これが真相です。

ここに居ると思い込んで来た自分とは、今までの人生を歩んで来た自分とは、
あんな辛い経験をした自分とは、あんな楽しかった自分とは、
自分、自分が、私の、私・・・・私。

宇宙からの視点での真実は、大きな大きな1つが存在するだけであり、「この私」はその表面の流れて行く模様の1つだったのです。
流れて消えて行く模様を私だと思い込んで、他人と喧嘩したり、他人の中で競り勝ち、悲しんだり、ひがんだり、を一生懸命にしていたのです。

どんなに嫌いな相手も、流れて消えて行く模様です。自分と同じ大きな1つの中の模様だったのです。
模様同士で喧嘩しても、ツマラナイものです。

でも、このようなことを言われましても、こんな自分がココに居ると思ってしまうのが人間です。
そこでヒントが有ります。

自分の心は、他人を見ている時に何を思っているのか?
これを見て行きましょう。

これを自分で観察することで、自分の心の本性を人は自覚することが出来ます。
他人を見て「嫌な人」だと思っている自分とは、他人からも「嫌な人」に見えているのが真相かも知れません。

他人を「愛情深く見ることが出来る人」は、他人からも「良さそうな人」に見えているものです。
「腹が立つ」と思いながら他人を見ている人は、本当はそれが周囲にバレているのに、自分自身では上手く隠していると思っています。

嫌な自分の個性がどんどん消えて行くに従って、
大きな1つの存在の中へ中へと自分の個性が、溶け込んで行きます。
すると、色々なことが自然と分かり出します。

他人のことも、動物の気持ちも、自然の意志も、
更には地球の気持ちも、神様のことも分かり始めます。
この時に、自然と自分の生活の自由度も変わって行きます。
これを霊的な浄化の過程と呼んでも良いです。

この時に成れば、「私とは誰か?」と問われれば、
「そんな自分は居なかった」
「大きな大きな大いなる存在1つだけが在る」
という答えが、心底から分かります。

以上は難しい話を書きましたが、自分の心が進んで行く方向性の参考に成れば幸いです。
山の頂上にたどり着くには、無数の登り方が在るものです。
自分のペースで、明るく登って見ましょう。



(カレンダーの印の意味は「7月の自然観察日」参照)

不安定な中潮が今日から連続します。
高温で大地が乾き始めた地域から、地磁気の伝導率が上がるので注意をしましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。
・差別的なコメントを投稿しないように。もし間違ってUPされても、分かり次第削除します。


*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (688)   この記事についてブログを書く
« 「返せ」と言われないように... | トップ | 柔よく剛を制す(じゅうよく... »

688 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-07-16 11:27:55
自分の心は、他人を見ている時に何を思っているのか? 答えはその時自分はいないでした。この感じ方は違いますか?今日もありがとうございます。
今日もありがとうございます (Unknown)
2018-07-16 11:29:04
改めて人と比べずに、感謝して
自分なりに頑張れば良いのだと思いました。
旦那さん、子供達、職員も元気でいてくれたら
良いですね。
Unknown (過去記事紹介)
2018-07-16 11:29:43
「自分の心は、他人を見ている時に何を思っているのか?」
これを見て行きましょう。

★他人と向き合って、自分が見える。一人では悟れない。
2010-05-08
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/784c6ef027a118d2ff077e8c36d9c173

「自分自身が相手に何を思っているのか?」

を観察することで自分の心の本性を観ることができるのではないでしょうか。
つまり、本当の自分をいぶり出して知りたい時は、他人という教師が必要なように、コノ世はできていると感じるのです。
Unknown (Unknown)
2018-07-16 11:31:40
高温で乾いている地域だと思います。西日本の地域も道路が乾いてひび割れしている地域がありました。気をつけたいです。今日もありがとう御座います。
質問です (ワークマン)
2018-07-16 11:33:19
2039年には、そんな難しい事をしなくても
みんなマハルシ状態に成っていますか?

いきなり、2039年にグレンとなるのですか?
それとも2030年ぐらいから徐々にとかですか?
汝自身を知れ (1goo)
2018-07-16 11:35:30
今日の話はとても大事な、そしてこの「自分」という存在の根本的な話だということは分かっても、まだそれを理解するところまでは行けていません。
ただ、福祉の仕事をしていて思うのは、人のことを考えて行動していると、いつの間にか「自分」というのを忘れていることに気付くことがあります。そして、その「自分」を忘れている時間が、「自分」って何だろう?と悩んでいる時間よりも、ずっと楽しく充実していることも体験として分かります。なんか不思議ですね。また、時間を置いて読んで見たいと思います。
お礼です(女です) (Unknown)
2018-07-16 11:38:04
いつもありがとうございます。
私は今まさしく、嫌な自分とたたかっています。
母が退院して半年過ぎ、完全介護ではありませんが、一人にはできない状態です。
それでも元気になってくれて、こんな嬉しいことはありません。この年になって母との時間を持てています。
幸せを感じつつも、友人が友達と旅行に行っていたり、趣味に没頭していたりする様子を端から見ていて、一年前なら私も…などと思ってしまう。羨ましくて仕方ない。寂しい。孤独を感じる。よかったねと言いつつ、妬んでいる自分がいる……
私は今の生活に不満はないはずなのに、他人の楽しそうな様子を見ると、私は真っ暗な気持ちで生きているのかと思い悲しくなります。
こんな自分は最低だと思います。どうしたら自分と折り合いが付けられるのでしょう?他人の嬉々としている姿を心から喜んであげられるのでしょうか?バカな質問で申し訳ありませんが、よろしくおねがいします。
まだまだだな。 (のんちゃん)
2018-07-16 11:43:33
自分自身に自信がなくて、他人からの評価に怯えたり、深く傷ついたり、悲しんだり怒りを覚えたりします。
ほんとは流れゆく模様なのに、いずれ死ぬのに全く錯覚してしまいます。
私とは。
なんだろう…なんでもいいけど、神様や自然、動物の気持ちをわかるような自身でありたいです。
母から、優しさと強さをと育てられたけど、強さがイマイチ足りない気がしています。
質問 女 教えてください。 (眠れないヒマワリ)
2018-07-16 11:46:09
毎日の更新、ありがとうございます、
今年の1月に20年以上務めた会社を直属の上司とうまくいかずに鬱状態になり辞めた者です。すぐに次の職場は決まったのですが、全く仕事が合わず、職場の人ともうまくいかずに鬱がひどくなるばかりです。何度かコメントをいただきまして感謝しております、
おかげさまで前の職場に戻れるように部長クラスに相談し、内々には来年2月に戻れると返事をもらいました。
現在は夜もあまり眠れず、仕事のことを考えると吐き気や動機がしてそわそわしてしまう状況です。メンタルクリニックに行き漢方薬をもらって現状を維持しています。なんとか休まずに出勤していますが、いつ動けなくなるかとヒヤヒヤしながら勤務している毎日です。

全ては自分の身から出た錆、辞めずに休職したらよかったと後悔していますが後の祭りです。

出戻った後のことを考えると早めに辞めて休養した方が良いと思うのですが、自然災害が続出している現在、できるだけギリギリまで働き、少なくとも口約束ではない時点で退職すべきというのも頭ではわかっています。

私はどうしたらいいのでしょうか……毎日ご先祖様に感謝と自分の至らなさを反省しているのですが、もうどうしていいかわかりません。
こんなことをリーマンさんに質問しても、自分次第であることはわかっているのですが、いてもたってもいられない状況、動悸が止まらない状態なのです、。
どうか何かアドバイスをお願いいたします。
質問お願いします 40代女性 (momoyama)
2018-07-16 11:46:14
リーマンさん、いつも記事をありがとうございます。
今年の春の墓参時に肩が濡れたことについて気になっていました。よろしければ教えていただけますでしょうか。
義理の両親の墓のすぐ近くに親戚の墓もあり、今年の墓参の際、まだ誰も入っていなかったはずのその墓に刻まれた名前を見つけ、義理母の弟(夫の叔父)が入った事がわかりました。この家とは争いがあって絶縁していたため亡くなった事を知りませんでした。夫はその家を恨んで絶縁していたものの、子供の頃はこの叔父に可愛がられたこと、知らずに亡くなってしまった事を悲しんで、叔父にもお線香とお花を分けて「すまなかったね」と言って手を合わせました。帰り道で気付いたのですが、夫だけシャツの肩がびっしょりと濡れて驚いていました。汗にしては濡れ過ぎでした。私は麻ひもをつけていたためか直接血がつながっていないためか濡れませんでした。これは叔父かな、いや両親か、それとも他の遠い親戚、全然関係ない墓地の霊なのか、いずれにしても昇華であってくれればな、と思っていました。夫は数日叔父の死を悼んでいました。
もし叔父か両親で、私達に伝えておきたい思いがもしあれば教えていただけますでしょうか。
ちなみにこの争いで一番無念の思いで亡くなったのは義母です。義理姉を地獄へ連れて行くとノートに書いていました。供養が必要なのに、私は年に数日しか供養できず、申し訳ない状態です。よろしくお願いいたします。

肩を濡らしたのは
1、両親
2、叔父
3、他の親戚
4、その場の霊
5、昇華
6、昇華ではない

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事