伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

何が幸いに転じるのかは、未知。神のみぞ知る。

2017-11-16 11:37:17 | Weblog

10月下旬頃のニュースに、興味深いオークションの結果が報道されていました。
1921年にノーベル物理学賞を受賞したアルバート・アインシュタインは、その翌年、講演のために日本を訪れました。

その時にお世話になった都心のホテルの従業員に、チップとして現金の代わりに、
「もし運が良ければ、将来に普通のチップより価値がでるよ」
と言いながら、2枚のメモ用紙に人生のアドヴァイスを書いて署名し、渡しました。

1枚目は、
*「成功を追求するために常に浮き足立っているよりも、穏やかでつつましい生活の方が、より多くの幸福・富をもたらす。」

2枚目は、
*「意志のあるところに道は開く」

とアインシュタインは母国語のドイツ語で書いて、従業員に渡しました。
最近にこの2枚のメモ書きがオークションに掛けられ、1枚目のメモは約1億8千万円。
2枚目は約2800万円で落札されたそうです。
この金額(税金・手数料を引いてから)が元従業員の遺族に渡されるそうです。まさにチップ代わりのメモが大きく化けました。

1枚目のメモは、
・ 金が欲しい時ほど、為すことすべてが裏目に出るのが人生
このような教訓を感じます。誰にでも言えます。

金が欲しい時ほど、
・ 地道に目の前の仕事を更に頑張りながら、
・ 慎ましく更に倹約を考え、
・ 状況を静観すること

この継続が、新たな道を自然と「指し示す」と感じます。
立ち止まって、足元を見直すことが、たまには人生に大切です。
「そもそもが、何の為に」・・・・という原点を、思い出したいものです。

2枚目も奥が深いです。
「時間」の観念への、示唆を感じます。

・ 私たちは、既に有る道(未来・運命)を探そうとして苦労し、悩みます。
・ でも、そんな道は、そもそも「まだ」無い。
・ 先に意志が有りき。
・ 意志有る所に、道(未来)は「瞬間的に」開くのが法則

このような事を、アインシュタインのメモから感得します。
優れた物理学者の言葉とは、高い次元に至るほどに学問を超えて、預言者(神の啓示者)に重なるようです。

私たちも、
・ 何の為に生きるのか?
・ なぜ、生まれるのか?
誰もがそれぞれに、生活を通して追究していることに成る、預言者に成り得ます。
愛情と感謝、という答えに行き着くまでが試練に感じます。

ところで、


(カレンダーの意味は「11月の自然観察日」参照)

* 奇数日11月17日は、新月の前日です。
太平洋側は、地震に注意しましょう。

隣国の先端で、中規模地震と余震が継続中です。
場所的に観て、半島の先端に近いことに、注意を感じます。
・ 大陸本体と、半島の、振動差に注意。

イラン・イラクの境界で大地震が有りましたが、大陸本体が活動を始めますと、その先端は更に振動に注意を感じます。イタリア半島のようにです・・・・。
つまり、これから半島の「付け根」付近も含めて、懸念、日本並みの揺れ、をこれから想定も自己責任で自己判断を参考にしてください。
(あくまでも根拠は無く、私の想像です)

今の日本では、震度4ぐらいでは被害は無いです。平気です。
やはり建築基準法というのは、人命に関わることに思います。
これから日本と同様の建築基準法が「既に」世界のどの国も必要なのですが、米国でもまだまだに感じます。
地震に鍛えられた日本が、これから平気とは、まさに、
「人間 万事塞翁が馬」
(にんげん ばんじさいおうがうま:私たちの何が幸いに・不幸に、転じるのかは未知なのです)。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (501)   この記事についてブログを書く
« 逆境こそは、幸福に気付く機... | トップ | 節目の週末 »

501 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
質問です (ワークマン)
2017-11-16 11:44:59
ペイパルやテスラモーターズの数々の事業を成し遂げている
天才イーロン・マスクは、何者ですか?
アインシュタインのように、異次元から転生した宇宙人の魂ですか?
これから、フリーエネルギーも広めてくれそうです。
Unknown (k3527)
2017-11-16 11:51:43
リーマン様、今日もブログの更新を有り難うございます

三箇所クリック完了しました
お金が欲しいときこそ! (ムーミン谷)
2017-11-16 11:53:36
お金が欲しいときこそ、下記の3点を意識するようにします!

・ 地道に目の前の仕事を更に頑張りながら、
・ 慎ましく更に倹約を考え、
・ 状況を静観すること。

今日もコツコツ人生を楽しみます。
ありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2017-11-16 11:54:59
「意志あるところに…」アインシュタインから日本人へのメモ、競売で2億円近く
http://www.sankei.com/world/news/171025/wor1710250015-n1.html
アインシュタインのメモに1.8億円 帝国ホテルで幸福論記す
http://www.afpbb.com/articles/-/3147950
アインシュタインの「幸福論」、約2億円で落札 帝国ホテルでチップ代わりに
http://www.bbc.com/japanese/41745019
アインシュタイン来日時メモ 2億円で落札
http://www.news24.jp/articles/2017/10/25/10376129.html
朝日 (Unknown)
2017-11-16 11:55:10
今朝、偶然日の出の時間に目が覚めました。綺麗なオレンジのような赤に近い朝日の色に感激して、思わず座って拝みました。アマテラス、、と感謝想起もしました。何だか朝から気持ちが前向きになって不思議でした。ついでに毛布も干しました。お日さまっていいですね。あたたかいです。大好きです。
まだまだまだまだ修行 (1192つくりたい)
2017-11-16 11:56:50
今日もありがとうございます。
今週、義母が下腹部の痛みで具合が悪いところに義父が急逝し、義母も卵巣腫瘍の疑いがあります。主人は憔悴しきるなか、頑張ってます。塞翁が馬、家族で乗り越えたいと思います。

義父が急逝して、伊勢様のお話が身に染みてわかります。
義父母はしょっちゅう罵倒しあい、端では聞いていられませんでした。でも突然にお風呂場で倒れてるのを発見し、救急隊が来るまで心臓マッサージをしている最中に、滅多に謝らない義母が私に、私が悪かったの、と言いました。
本当に、悩むのも大変と思うのもケンカするのも、命があってこそ、この世からいなくなったら、悩むことも世話をすることも言い合いも、できなくなってしまう。
生きているだけで、いいんだと、心から、思いました。
義父が急逝しなければ気づけなかった。伊勢様を知って5年たっても、頭ではわかっていても、まだまだ、まだまだだなと、 思いました。
親の習慣には口出ししないようにしていたのですが、仏壇の上に義母の般若~の写経が2つもあったので、これを期に、片付けてもらうことができました。
感謝しているのかな? (ゆなりん)
2017-11-16 11:58:23
リーマンさん、いつもありがとうございます。
私は母と父には本当に感謝しています。
本当にありがとう…!失礼致しました。
お礼 (Unknown)
2017-11-16 12:03:49
リーマンさん毎回の質問に対して返答ありがとうございます。これからも宜しくお願いします。
Unknown (Unknown)
2017-11-16 12:08:07
こんにちは。リーマン様。いつも、ありがとうございます。今日の文字と文章から、何でしょうかとても力強さを感じます。ビンビンとお胸があつくなっていますよ。感謝のひかりのなか静観いたしますね。ありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2017-11-16 12:08:14
私も思春期の頃なぜ生きるんだろう?とよく考えていました。答えは多分見つからない。だから、どうせいつか死ぬのなら、いかに生きるか に方向転換したのを思い出します

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事