伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

かたよらない自然な中間が大切

2012-10-20 12:06:51 | 老子の言葉

老子の言葉 第二十九章

(独自の超訳)

まさに人間は、天下を取ろうと欲張って頑張りますが、私は人間が天下を取ったのを見たことがありません。
天下や社会とは、神様の意志を受ける容器であって、これに対して人間が何かを為そうとしたり、支配しようとしても、そうは成らないのです。
天下に何かを為そうとする者は必ず失敗し、天下を取ろうとする者は大きなモノを必ず失います。

この世の物事というものは、誰かが天下を取ろうとすれば、同様に他者も天下を取ろうと現れます。
物事には、弱い勢いの時もあれば、強い勢いの時もあります。
強いモノもあれば、弱いモノもあります。
育てる者も居れば、それを壊す者もいます。
このような様々な状態が混ざることが自然であり、これを人間が統一することなど不可能なのです。

だからこそ聖人は、やりすぎる事を避け、おごり慢心することを捨て去り、なまけることをしません。

原文
「將欲取天下而爲之、吾見其不得已。天下神器、不可爲也、不可執也。
爲者敗之、執者失之。凡物或行或随、或歔或吹、或強或羸、或培或隳。
是以聖人去甚、去奢、去泰。」

(感想)
人間とは、自分が天下を取ったと思った瞬間から、次の崩壊が始まっているのでしょう
過去の歴史を見ましても言えることであり、国や企業や個人の栄枯盛衰を見ましてもしかりです。
しかし、これを避ける、良い状態を継続させる方法が、ただ1つだけ存在します。

古代ギリシャの哲学者アリストテレスの場合は、人間の行為や感情を調整する美徳として、メソテース(中間にあること)を言いました。
人間は、「中間であること」を意識することが、自分自身を最善に誘導するという考え方です。

フランスの科学者・思想家であるパスカルも、人間は「中間を意識すること」が最善な存在だと示唆しています。
心と肉体を持つ人間というモノを分析し尽くした結果、人間はすべての意味において、「中間という状態」が最善であり最も安定的だとしました。

さらに古くは、釈尊がズバリと「中道」(ちゅうどう)、つまりどんな物事にも偏らない・執着しないことを歩む生活が、悟りに至る人間の必須条件だとしました。
日本の神道でも「中今」(なかいま)と言い、今のこの瞬間・瞬間こそが過去・未来を集約した中心点であり、すべてが集約している「最中」だとしました。これにも生活の中の「中間」を意識することが含まれています。

儒教では、孔子の孫である子思(しし)が「中庸」(ちゅうよう)として、「過不足なく偏りのない徳」を意識して生活することを言いました。
このように、古代から世界中の色んな賢者・聖人が、「何事にもほどほどの中間」を意識することの大切さを示唆しています。

しかし、この章で老子は、もっと大きな自由な「中間」を言っています。
「中間を意識する縛りも不要だ。そんなことを一々考えて生活することも愚かな中間だ。
それよりも物事を支配しようとするな。何かを持とうと悩むな。
幸福も不幸も、その来る自然な“流れ”を楽しめ。
そう成れるためには、
やりすぎる事を避け、おごり慢心することを捨て去り、何事にもなまけることをしないことだ」
このように老子の気持ちを感じます。

つまり人間は、中間・中立の状態が大切なのは間違いではないが、自分は天下を取ったと「区切り」を意識したり、中間で居ようなどと思った瞬間から、既にそうでは無いのです。
自然な流れの最中に、自然に中間で居ることが大切なのです。
人間は、何かの最中に居続ける限り、成長をします。

かつて日本は、総中流家庭だと国民が思えた国です。
大半の家庭が、普通の生活は出来ていると思えたのです。
これこそは今の地球世界を見ましても、東方に出現した歴史的にも奇跡の国家だったのかも知れません。
金の有無だけでは無く、思想的にも権利としても人間の身分としても、国民が総「中流」だと思えたことは、本当に有り難いことなのです。
このような日本が継続することを希望します。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)
の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[パソコン用商品一覧] 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

最新作 「森羅万象 7」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785347/isehakusandou-22/ref=nosim(PC用リンク)

(携帯用リンク案内)「森羅万象7」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785347&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (410)   この記事についてブログを書く
« 人間は純朴さが大切 | トップ | 老子の言葉 第二十九章 補稿 »

410 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中流県 (尾短酉)
2012-10-20 12:24:09
こんにちは。
今日もありがとうございます。
埼玉県は総理大臣を輩出したことが有りません。経済界で特別有名になった方も渋沢栄一さん以外あまり聞きません。
かつて小学校で担任の先生が「埼玉県は気候も中間で苦労をしていない分根性が無いんです。だから偉くなれないんです。」と言っていました。
ですが埼玉県は全てにおいて中間と言うか程々の良さが有る気がします。
ただ埼玉県女性の貯蓄率は全国最下位だそうです。
東京に近く流行のファッションを手にしやすいことと穏やかな気候から来る危機感の無さからだそうです。
今日はデパートの催しで伊勢の赤福餅を入手しました。私の後ろには長蛇の列ができていました。
それでは川越祭りに言って参ります。
驕り、慢心は人生の敵かも~。 (パッション!)
2012-10-20 12:28:09
 伊勢白山道様、眷属神様、こんにちは。皆様、こんにちは。
本日も、為になる記事更新ありがとう御座位ます。

 自分「が」は、嫌ですね;。 自分ばっかり目立ちたい、とか、卑しい感じがしてしまいますし、周囲も不快かと。 常に自分の原点を忘れず、驕らず、慢心せず、何事にも初心の気持ちで挑んで参りたいです。 今まさに、さまざまなことで挑戦の最中ですが、中庸を試されている気がします。 未来は白紙ですが、古い過去の余計な知識や思い込みの垢が、酷く邪魔になることがあります。 また、正しいと思っていた物事に対する古い思い込みが、新しい知識を得ることの妨げにならないように、注意をしたいです。 最勉強要。 常に人生においての「中庸」を、目指したい。
 本日も、書かせていただいて有難う御座位ます。
やるだけやる (時の流れ)
2012-10-20 12:30:38
リーマンさん いつも素晴らしい記事ありがとうございます。最善は尽くしあとは自然の流れを楽しみます。私はズレてるかなぁと思ってました。電車で話し声聞こえてもその内容を自然と聞き取り同じように共鳴したり腹立てたりします。うるさいとかは小さい時から慣れてるから よく分からないのです。それと最近 北の方向で流れ星みました。久しぶりです。今日も中今を意識して生きます。
Unknown (外宮が大好き!)
2012-10-20 12:31:06
今週もありがとうございました^^
いつきさんへ (Unknown)
2012-10-20 12:33:55
「伊勢白山道さま、私信ごめんなさい。」

私信をどうしても書く人は書くし掲載されてるものは伊勢白山道さんが認めたものだから、私信の是非なら、どちらでもいいと思う。
ただ、このフレーズを頻繁に書くのは、良心が悪いと思いつつ書きたい心情だろうから、私信は止めた方がいいと思う。
このフレーズを読むと、「自分の良心に反することだけど」「自分の良心に反することだけど」「自分の良心に反することだけど」と繰り返し読んでる気持ちになり、こちらも見ていて釈然としません。
一度、よく考えてみてください。
中日ドラゴン (Unknown)
2012-10-20 12:33:56
龍と鳥の間かな、中日も 、お彼岸 『日』=太陽かな、中日ドラゴン、中部だし意味ありげ。。

『中』=真ん丸に柱だし(心中,心柱かな) 因みに「串だんご」も意味あるかな。
哲学の意味 (哲学学徒)
2012-10-20 12:34:10
アリストテレスやパスカルら哲学者の名が記事の中に現れ、とても感動しました。というのも、私自身、現在社会人として働きながら、大学院に通い、あるフランスの哲学者についての論文を執筆している最中だからです。自然科学系の学問の意味については、今まで記事の中で頻繁にその重要性が指摘され、現在の資源問題の解決につながるような自然科学的発見を担うものとして、自然科学系の研究者に大きな期待が寄せられるのを目にしてきました。しかしながら、私のように人文社会科学、さらにそのなかでも近年は肩身の狭い思いをすることがある、哲学思想系の研究に従事する者にはどのような社会的貢献が可能なのかと長らく逡巡してきましたが、今日の記事によって一つの光明が見出されたように思いました。とくに日本の哲学思想系の研究は、文献学とほとんどたがわない、過去の哲学者の文献の緻密な読解に大きな価値が置かれており、哲学の伝統に根ざしつつも独創的で新たな哲学を打ち出していこうとする試みはさらに肩身の狭い思いを強いられるという状況があります。こうした状況に疑問を感じつつも、日々哲学の研究を続けてきましたが、やはりここのブログの過去の記事でも強調されたことのある総合的で、巨視的な視点にもとづく哲学、学問の必要性を改めて強く感じています。中庸を意識するためには、両極が意識されなければならないでしょうが、そうしたマクロな視座は、個々の哲学者の文献学的研究に従事することで満足してしまう現在の思想研究の水準では難しいでしょうから。
「ハンドル名、かぶっちゃった!?」に、ご注意を~ ( ^0^)/☆ (ハンドルは飛んでいく)
2012-10-20 12:39:17
ご投稿時のあなたのお名前(=ハンドル名)が、すでに他の方がお使いのものとかぶっちゃっているかも~!?

お手数ですが、以下の手順で、一度だけ、ご確認いただければありがたいです~
m( v v )m

【初めてご投稿の人】
1. http://www.lucifer2.jpn.org/を開く
2.「◆希望する投稿時のお名前」を入力して[検索] を押す
3.一致する結果の無い名前を選ぶ

【すでに何度かご投稿の人】
1. http://luce-tabi.jp/を開く
2.画面内の「new▼」を「old▼」にする
3.「◆ご利用中の投稿時のお名前」を入力し[検索]を押す
4.検索結果から「私より先に使っている人、いないよね?」を確認
3ヶ所クリック法完全版~自身は深めて、他人様には一度のご縁を~ (クリックひよこ隊4号)
2012-10-20 12:42:33
※今現在の人気ブログランキングの総合順位は~?

  ~~☆☆「第4位」☆☆~~ です。

Airランキング 精神世界順位 「第1位」(こちらは総合はありません)
F C 2 ブログ☆ランキング 総合順位「第1位」

∵クリックの仕方:パソコンWindows・Mac編∵(Willcom、各社スマートフォンも同じ)
        &携帯電話( F C 2 のみ出来ない機種もありますが)  

【1】3つ縦に並んだランキングの一番上「人気ブログランキング」をクリックする。
【2】人気ブログランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中から「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
 (登録カテゴリーは4つあるが、1ジャンルのみでクリック。前日と違うジャンルになっていてもOK。)
【3】伊勢白山道のブログに戻るので、3つのうち真ん中「Airランキング」をクリックする。
【4】精神世界ランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中からページ名 称「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
【5】伊勢白山道のブログに戻るので、3つのうちの一番下「F C 2 ランキング」をクリックする。
【6】F C 2 ブログ☆ランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中からページ名称「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
 (ランキングと画像表示の2つがあるが、どちらか一方だけにクリック。)

※ パソコンの方は「戻る」「←」は使わないでね♪
一杯、画面が開くけど地道にポチポチ閉じましょう~。

「クリックしても反応が無い!」という時もたまにありますが、そういう時には時間をおいて再挑戦してみて下さいね^^!

 ※リーマンさん応援の「まる(=・3・=)ぞう さん」のブログランキングに賛同の方の為に。

http://www.geocities.jp/maruzo369/

【クリックの仕方】
① 記事の文末に「スピリチュアル にほんブログ村」というランキングアイコンをクリックする。
② 「スピリチュアル・精神世界人気ランキング」の画面に変わります。ランキング一覧表の中から「おひさまありがとうございます」の文字の上でクリックする。

こちらも合わせて、クリックよろしくお願いできればありがたいです。
Unknown (Unknown)
2012-10-20 12:45:04
>かつて日本は、総中流家庭だと国民が思えた国です。

かつてはそうだったけど、いまの日本はなんでも格差社会。
中流家庭と認識する人がいるのだろうか?
貧民か金持ちのどちらしかいなく、これからもっとこの格差は広がる一方だと言われてる。
神様が縦割り構造にしたことと、経済の格差社会は同じだと思っていた。霊的に神様みたいな人と地獄の世界の人、それぞれ似たもの同士が寄り、同じ社会に生きるのに生きる心境が違う。これに比例して経済も格差社会になってる。
霊的な格差社会も経済の格差社会も悲しいけど、もうこういう世界だから、私は中流がリーマンショックに時に消えたと思ってたよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

老子の言葉」カテゴリの最新記事