伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

世界を見て行くことで、未来は変わります

2017-08-15 11:17:37 | Weblog

今日8月15日は、「終戦の日」です。
第二次世界大戦では、日本と世界中で無数の尊い方々がお亡くなりに成りました。
心からご冥福をお祈り致します。

この時期になりますと、戦争時の古い映像が特集で放送されます。
特に近年に公開された「ガン・カメラ」(戦闘機に搭載された、機銃掃射に同調して作動するカメラ。
注意:残酷な映像です。心の弱い方は見ないように。でも、これが戦争の現実です。https://www.youtube.com/watch?v=nqXmG7vHlJE
の映像には、日本の古き良き時代の立派な大屋根の瓦の町並みが撮影されていました。

日本のほぼ全ての都市に在る民家も、千年を超える神社仏閣も、焼け野原に成りました。
当時の映像を見るたびに、
「もし戦争が起こらなかったとすれば」
今の日本はどんな姿だったのかな?と夢想します。非常に悔やまれます。

当時でも日本の工業力・技術力とは、戦艦や潜水艦を見ても、戦闘機にしても、米軍が「クレージー」「変態的」と呼ぶほどの高い鍛造技術と科学水準でした。
この高い技術力を生かして、戦争をせずに貿易ということに活路を見出してさえいれば、今頃はどんな国に成っていたのでしょうか?

たくさんの優秀な科学者たちや学生も戦争で亡くなりました。もし戦争が無ければ、ノーベル賞の数は今の数倍を獲得したかも知れません。
無数の日本の伝統のある古い品々も古文書も失われました。もっと古代の秘密が、分かったかも知れません。
すべては夢の跡と成ってしまいました。

その中であっても、京都や奈良が残されたのは、神意が米軍をそうさせたのかも知れません。
伊勢神宮に至っては、数度の空襲の標的に指定されながらも、最後まで焼夷弾が正宮を外すという奇跡が起こりました。

でも、数百万人の尊い人命が失われました。
しかし、あの規模の戦争ならば、現代ならば数千万人、日本の人口の半分近くが亡くなるかも知れません。
当時によく子供たちを疎開させて、生き残らせたと感嘆します。
大難の中で、小さな奇跡が起こっていたと思います。

もう、このようなことが2度と起こらないように、今の世界を静観しましょう。
見て行くことで防ぐ。
これは個人の生活でも有ることなのです。
私達が注意して見て行くことで、未来は本当に変わって行きます。

世界中の人々のご冥福をお祈り致します。
ひこうき雲:https://www.youtube.com/watch?v=9HInQDjCCRc

生かして頂いて 有り難う御座います


下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

注意! アマゾンの安い「マーケットプレイス業者」に注意!

表示されている値段で買わずに、スマホの場合は、画面の下方に、「新品&中古(数字)」押してね。その中に縦並びにある業者の内で、買う場合は「アマゾンが販売・発送します」を高価でも参考にしてね。

PCの場合は、右側の立て並びにある業者の中で、「アマゾンが販売・発送します」を高価でも参考にしてください。アマゾン販売・発送が無い場合、下方に有る「新品の出店:数字」を押せば、業者の一覧が出ます。業者名を押せば、1年間の販売評価の数字一覧が有れば良いです。激安業者に注意。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (617)   この記事についてブログを書く
« 心配をさせる駆け引きこそが... | トップ | 社会での注意事項 »

617 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-08-15 11:24:33
見ていくことで防ぐかぁ。明日からまた戦争のような日々です。逃げずに見ていかないと。そんな生活をしながら国のことも思うことも忘れずに、今の有り難さを忘れずにしないと生けませんね。。
伊勢神宮をこれから参拝される方へ (ノリコ 編集)
2017-08-15 11:28:43
御垣内参拝について、伊勢さんから8月13日のコメント欄にお返事がありました。
Unknown[2017-08-15 01:32:58 | 伊勢白山道
質問 女 (Unknown)2017-08-14 00:59:31
。。。。社務所で、御垣内参拝の為の寄付、と言えば激怒された読者がいるから、
遷宮の為の寄付をさせてください。
と3000円??以上を申し出ます。昔は1000円?かな。
1000万円まで値段で、参拝位置の場所が変わります。

服装は、冠婚葬祭クラスでないと、断る神官もいるから注意。
許可書のランクで、他者と同じにされることもあり。
時間は掛かりません。

でも、そういう質問の知識では、今回は御垣内参拝は許可書だけの入手と、自分の通常参拝で終えるのが、良いかも知れません。
これは入手当日の参拝は控える、と社務所で言われた読者もいます。

検索で、説明は無数に出てきます。________________________________________
伊勢さんからお返事がありましたが、一般的に伊勢神宮に参拝される方へ、
御垣内参拝の服装については、男性はスーツにネクタイが必須。女性も服装はやはりスーツが安全です。上着は必須です。夏は暑いので、持っていけばよいです。靴もサンダルやスニーカーではなく、低いパンプスが良いですが、これも持参して履き替えるとよいです。
今の季節は梅干しと水など熱中症対策をお忘れなく。

参拝と御垣内参拝についての参考になる記事を二つだけ紹介します。
◇参拝の裏話2016-01-09 11:45:18 伊勢白山道http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/1e2410505a7168a28c68efcfc4a01fef
* 有名な神社に参拝した後に、運気が落ちる人が意外にも多い。
その原因が、(1)手水をしない。(2)お賽銭を投げつける。(3)おみくじを木に結ぶ。
(抜粋)神社側が「神木に触ること厳禁」とわざわざ注意書きをしているのは、ただのエチケットからでは無いのです。本当に霊的に「洒落にならん」「絶対的にアカンこと」が有るからです。
 抱き付いているのは、いつも女性が多いです。キャッキャと数名で神木に抱き付くポーズの写真を撮っています。無知とは言え、本当に霊験あらたかな神社には行くべきでは無い、「参拝で運気を落とす人々」かも知れません。

◇伊勢~熊野、天河へ 2 [2009-11-24 10:50:55 | 伊勢白山道
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/6afa17e89c2b3e28a89b605189b88270

なお、『伊勢白山道問答集第3巻』には、伊勢神宮についてと、参拝の方法について詳しくまとまっています。また、時間のゆとりがある方は、神楽奉納について、記事にも本にも書かれていますので参考になさってください。
Unknown (Unknown)
2017-08-15 11:29:09
質問のご回答ありがとうございます。
そして、皆様のご冥福をお祈りいたします。
Unknown (Unknown)
2017-08-15 11:29:33
でも疎開させたことで、大量の戦争孤児を生み出した、ともテレビの戦争孤児番組で言ってた

旦那さんに路上で生活してたことを言えなかったって

建物疎開や物疎開も当時はあったらしい
Unknown (Unknown)
2017-08-15 11:33:37
先の戦争で亡くなられた方々のご冥福得をお祈りします。
正午に謹んで黙とうさせていただきます。
Unknown (Unknown)
2017-08-15 11:34:40
動物、人、敵、限らず、全ての亡くなった命の、ご冥福をお祈りいたします。
世界中の人々のご冥福をお祈り申し上げます (桃の花)
2017-08-15 11:34:49
生活努力しながら静観し感謝磁気を送ります。
ありがとうございます。
平和が存続しますように。 (ムーミン谷)
2017-08-15 11:34:56
映像を見ました。戦争は、残酷で悲惨ですね。
二度とこのようなことが起こらないように
祈るばかりです。
お知らせ~ (Unknown)
2017-08-15 11:38:03
19:30~ NHKスペシャル
 戦慄の記録 インパール

22:00~ 大捜索ドキュメント
 屋久島“伝説の超巨大杉”

8/16
0:10~ NHKスペシャル(再)
 本土空襲 全記録

やります~
昇華させてください。 (Unknown)
2017-08-15 11:39:09
リーマン様 眷属神 今日もブログの更新有難うございます。
私の二人の伯父もガダルカナル島 フィピン沖でそれぞれ亡くなりました。 伯父達の死を無駄にしない世の中になって欲しいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事