伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

太古のロマン

2007-09-18 20:12:28 | Weblog
過去のリーディングより :
モーゼについては、私のリーディングによると、あの有名な
十戒石 を持って最初、能登半島の七尾あたりに上陸して
ます。 この石は、光を出すので棺に入れましたが光が漏
れ出るので、台車に乗せて回りに布を張り巡らして運んだ
ようです。途中の経路は、大きく見て
七尾 ~ 京都 ~ 伊勢外宮の 多賀宮 に埋めたと観え
ます。 この台車を運んだ伝承が、七尾では伝統祭である
青柏祭
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9F%8F%E7%A5%AD
京都では 祇園祭 
http://www.kyokanko.or.jp/3dai/gion.html として、残る
と感じます。
モーゼは、伊勢神宮外宮 多賀宮 に十戒石を埋めた後、
中東の方へ帰ろうとするが、疲れと高齢のため
能登半島の 宝達山 近辺で亡くなってます。  
http://www.hodatsushimizu.jp/webapps/www/section/
detail.jsp?id=100
                       (以上)

モーゼに十戒石を授けた神は、ヤハウェです。
ユダヤ人たちは、直接神の名を口にするのは恐れ多いと
考え、ヤハウェを「アドーナーイ」と読み替えていました。
実際の会話では、アドナイとも聞こえるでしょう。
このアドナイの語源は、日本語の古語である アナナイ
から来ています。
アナナヒ: 古語 「麻柱」の意味「助けること。支えること。特に、高い
所に上がるための足がかり。足場。あししろ。あぐら。」(日本国語
大辞典/小学館)という意味。
アナナイは、神道系の教団では、三五と表記して、神示な
どで、重要な意味を持つようです。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教で最も重視される神の
名前であるヤハウェも、元は日本語に有ります。
十戒石も、日本へ里帰りしたようなもんです。
ほんの3500年程前の出来事は、日本の隠された太古から
の流れから見れば、新しい事です。

日本に 生かして頂いて ありがとうございます

  
人類の 5% 運動を広める為に、3箇所クリックして下さい
コメント (83)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 青春の思い出 その2 | トップ | 日本国土の隠れた形象 »

83 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
土地の浄化について (天橋立)
2007-09-18 20:35:59
 リーマンさん、こんばんは。

以前、定期的な井戸の浄化について教えていただきました。

ところで、住まわしていただいている土地の浄化についても、
1年に1度とか行なった方がよいでしょうか。

効果的な方法があれば、教えてください。

よろしくお願いいたします。
リ-マンさんへ (瑞果)
2007-09-18 20:37:43
私は携帯からしかブログを見る事が出来ないのですが携帯からですとクリックする場所が判らないです。と言うか無いみたいです。どうにかクリック出来るようにはなりませんでしょうか? 無理言ってすいません…。
こんばんわ (強欲)
2007-09-18 20:50:24
毎日のブログ更新お疲れ様です。
最近は占いや霊符、パワーストーンに浮気し放題ですが、感謝は続けていますよ~。雨の日以外は、ですが。
位牌の位置に太陽をイメージするとお線香の燃え方がよいような気がします。特にご先祖様用の右側。
では、まだ暑い日が続きますのでご自愛を~。
Unknown (ゾフィー)
2007-09-18 20:52:01
宝達山のモーゼの墓は本物なんですね。宝達山付近でUFOの目撃が多発されているだけに能登半島から白山-伊勢の線上はそれなりの場所なんですね。モーゼとキリストが日本に訪れたと記した竹内文書はリーマンさんはどのように捉えていますか?
こんばんわ (強欲) (リーマン)
2007-09-18 20:59:08
占いや霊符、パワーストーンに浮気し放題ですが

・・・こんなの買うお金があれば、美味しいもの
食べたほうが得だよ!
ゾフィーさんへ (リーマン)
2007-09-18 21:02:31
竹内文書

・・・寄集めですが、3割は真実があるでしょう。
ありがとうございました (さち)
2007-09-18 21:03:45
線香供養の3本目のお線香について
お答え頂きありがとうございました。

金曜日の夜に ちょっと怖いことがあり
お答えが頂けるまでは 供養をしてよいのか・・・
気持ち的に、無理にはしないでおこうと
思っていました。
リーマンさんの今までのコメントでは
続けたほうがいいのは わかっているのですが。

というのも 引っ越してきた時に
左隣の家は幽霊が出ると近所で有名。
右隣の家は霊感を使って悩み相談を商売とし
近所でトラブルばかり起こしている。

線香供養を始めるときも 
なんとなく不安はありました。
供養をこのまま続けても 大丈夫でしょうか・・・
私は続けたいです。
隣の家から影響を受けない方法もありますか? 
ありがとうございました (さち) (リーマン)
2007-09-18 21:22:56
供養をこのまま続けても 大丈夫でしょうか・・・

そのような環境ならば、なお先祖供養と3本目の
供養で、守護を強化されたら良いのですが、
何でも、結びつけて心配するなら止めたほうが良いです。

逃げても、霊はそこらじゅうに普通にいます。
Unknown (広)
2007-09-18 21:29:13
十戒石は将来掘り起こされて人間の目に触れることがあるのでしょうか?
こういう話わくわくします。
わかりました (さち)
2007-09-18 21:30:12
すぐに お答え頂きありがとうございます。
3本目の供養で 
守護を強化できるように続けます。

逃げません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事