伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

自分の恐怖心を乗りこなすことが、運命を変える

2017-05-13 11:22:46 | Weblog

多くの人が、恐怖心の中で暮らしています。

* 未婚のままで終わる恐怖心
* 失業する恐怖心
* 病気に罹る恐怖心
* 子供を事故で亡くす恐怖心
* 災害や戦争が起きる恐怖心

その時々の自分に応じて、
「まだ起こってはいないのだが」
様々な恐怖心の中で人は暮らしています。特に日本人には恐怖心が大きいかも知れません。

でも、その恐怖心の御蔭で日本を見ますと、恐怖・心配事への対策が取られ、経済が発展し、最長寿の国です。
「良い意味での」恐怖心が、統制・機能しているとも言えそうです。

南国の何も心配していない様子の、根っから明るい人々は、いつも笑顔でいます。直ぐに踊りだします。
でも、なぜか貧しくて、色々な病気や事故・犯罪で短命な傾向があります。
恐怖心を何も持たない傾向は、行き当たりばったりの計画性の無さという現実を起こすようです。

結論から言いますと、上記の「中間」「中道」が良いと感じます。
老子にしても、釈尊にしても、要するに「中道が最高・最善!」と言っているのです。
日本人は、恐怖心が優位すぎるために、心を病む傾向が増えている最中だと感じます。
問題はここなのです。

日本人の中には、
* 自分の恐怖心の中で暮らし、自分が自分自身をイジメている。
* しかし、その原因を他人のせいにすり替える傾向が始まっている
これにより、突然に切れる人、他人を害する通り魔的な行為、をする人が増えていると感じます。

今の自分が感じる「怒り」が有れば、それを冷静に見なければ生けません。
その正体は、自分自身の恐怖心であったり、自分のコンプレックスであり、他人が原因では無いことが大半である可能性を考えて欲しいのです。

赤子は寝ていましても、突然に夜泣きをするものです。
その時に母親(母性)に抱かれて、背中をさすってもらうと安心し、また眠ります。
大人に成りますと、これを自分でしなければいけません。
その方法は、恐怖心や怒りを感じた時は、

* まだ何も起こっていない、という現実を再確認すること。自分自身に言い聞かせること
* その自分の感情を、冷静に静観・観察すること。
このような習慣を持つだけでも、自分の悪い自我(ワレヨシな心)を止めて置くことが可能です。
自分の運命が変わります

自分の自我の「恐怖心」を他人に向けることが、
・ 取り返しのつかない行為や発言をしてしまう。
・ 身勝手な恐怖心を増幅させる。

という側面を知って置いて頂ければ幸いです。
* 自分が恐怖心を感じれば、先ず自分自身を観察することが大切です。
そして、
* まだ、何も起こってはいない

という確認を自分自身に言い聞かせて行きましょう。
これを繰り返す内に、すべては変わって行くものなのです。

生かして頂いて 有り難う御座います


下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

注意! アマゾンの安い「マーケットプレイス業者」に注意!

表示されている値段で買わずに、スマホの場合は、画面の下方に、「新品&中古(数字)」押してね。その中に縦並びにある業者の内で、買う場合は「アマゾンが販売・発送します」を高価でも参考にしてね。

PCの場合は、右側の立て並びにある業者の中で、「アマゾンが販売・発送します」を高価でも参考にしてください。アマゾン販売・発送が無い場合、下方に有る「新品の出店:数字」を押せば、業者の一覧が出ます。業者名を押せば、1年間の販売評価の数字一覧が有れば良いです。激安業者に注意。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (520)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 与える行為も、相手をよく見... | トップ | 水面下の駆け引きの最中が今 »

520 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
関東より 伊勢神宮予定の質問の方に。 (おだやかに。。。)
2017-05-13 11:31:03
横は入りでごめんなさい。
私も1月に 関東より伊勢神宮参拝した者です。
伊勢市駅 JR出口に 着替えもできる広いトイレがあります。また大きなロッカーもありました。
大きな石、小さな石がごろごろしてるので、靴は黒の低いなるべく ぺっちゃんこが良いと思います。
楽しい旅を いってらっしゃいませ。
質問 女性 (Unknown)
2017-05-13 11:33:50
生地獄とはこの事です。死んでお詫びをしたい状況です。リーマンさん、どうか私の状況を視てください。先祖供養を震える手で、嗚咽しながら何度もしています。一日2回以上は効果がないと分かっていても、せざるを得ません。他に頼れる人が居ないからです。足に力が入らず床をはっています。
助けてください、どうか、助けてください。反省しております。
お知らせ~ (Unknown)
2017-05-13 11:34:05
21:00~ NHKスペシャル
 巨大水中洞窟を潜る 絶景 オルダ“水の宇宙”

5/14
7:00~ 健康カプセル!ゲンキの時間
 納豆とヨーグルトの効果的な摂り方を徹底検証!

やります~
Unknown (Unknown)
2017-05-13 11:35:24
最近自分の事ばかり考えやすくなってきたのであーこれはよくないなぁ思いやりと愛情は無料なんだからどんどん出せるようにならないと〜と考えていた所でした。リーマンさんの記事を読んでからじゃなくて自分で気付いて最悪を想定しながらも明るくおバカに生きてゆきたいものです。毎日励みになる記事をありがとうごさいます。
ありがとうございます (ひまわりっこ2)
2017-05-13 11:36:11
まだ何も起こってない そう言い聞かせ慌てず頑張ります!今日もありがとうございます。
感涙 (ninjiniro)
2017-05-13 11:38:43
はい、、、はい……(๑o̴̶̷̥᷅﹏o̴̶̷̥᷅๑)
なるほど (匿名)
2017-05-13 11:41:52
私は独身時代1人だと最強な気がして恐怖心が薄かったです。

だから早く結婚して子供も沢山授かって、恐怖心を養って?中道を行くようになったんだとわかりました。
Unknown (外宮が大好き!)
2017-05-13 11:43:23
今週もありがとうございました^ ^
質問(女) (Unknown)
2017-05-13 11:46:32
本日も記事をありがとうございます。
神仏へのお願いではなく感謝して神仏にお力を与えていくことが重要とは解っておりますが、日常で困難なのが、願いたい時どうしたらいい?という気になります。

それはほぼ無意識で、日常は普通の日常生活送ってるので、大金持ちの欲求なすぐ諦めがつきますが、身内の誰かが体調悪い時、いま、車があったらな。またお給料増えたらなは、意識せずとも無意識にでてしまう望みです。
それが修行だと思いつつも、いちいち頭に欲求が浮かんだ時、望んではいけない。これでいいんだ。をしていると思いなおしの切り替えもしんどいし、意欲も落ち込む時もあり…。

また、どうしても「神様助けて!」と思ってしまう時も、常にではないけどあります。
それが今までは叶う叶わない別として、神様に願掛けすることで乗り切れたけど。願う対象がいなくなれば。望みをかなえたいと思ってしまった時、神仏以外に何に願えばいいですか。
普段は金がなければ仕事探せばいいなど常識範囲で片づけます。ですけど何か追い詰まった時に、宗教は嫌いでも、漠然と、すがる信仰対象が欲しくなる時があるのです。
御礼と質問です。40代女性 (ペコちゃん)
2017-05-13 11:47:30
リーマンさん忙しい中ご回答頂きありがとうこざいました。先祖供養の仕方をもう一度見直しながら毎日の感謝供養をこれからも続けていきたいと思っております。
前回質問をさせて頂きました「水向塔婆」供養の事ですが、私の実家先祖のお墓と最近夫が購入した先祖のお墓が同じお寺(浄土真宗)の敷地にありまして、お寺で毎月1日にお題目講として檀家さんが集まり小さな太鼓を叩きながら
先祖供養・御釈迦様・お稲荷様・水子様などに
住職と御坊さんがお経あげてくださり一緒に供養させて頂いております。
その時に水向塔婆に「〇〇家先祖代々の霊供養」と書いてお経を頂いてますが、月1の題目講の時に10年前に離婚した夫のご先祖様も水向塔婆で供養しております。理由はDVが原因の離婚でしたので、1人娘が前夫の影響があると怖かったので供養しておりました。
家ではご先祖様のヨリシロを自分で作りお線香3本供養を毎朝しております。
今後娘の為に前夫の先祖供養をしない方が良いでしょうか?
度々の質問すみません。宜しくお願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事