伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

これから「来る」課題

2016-07-27 11:24:09 | Weblog

多数の罪のない障がい者の方々が無抵抗のまま殺されました。心からご冥福をお祈り致します。

大麻などの薬物の使用発覚。普段からの危険な発言。公的機関への事前の犯行予告文書。
薬物違反と、このような危険人物だと公的機関が事前に把握していましても、精神病院への措置入院という病気の断定がされますと、現実には何も処罰が出来無いという最悪の事例かも知れません。

心の病気だと認定させることに成功すれば、警察からも法律からも逃げることが可能だと社会に思わせては生けないと思います。

病気を判定する医師も気の毒に思います。
正常だと自分が判定すれば、その患者の行動が犯罪に認定され、懲役なり死刑にも成るキッカケとなるわけです。

普通ならば数回の裁判と、裁判員制度による判断もされて、多数の合同での判断がされるわけです。しかし、重大な大量殺人の場合は、一番最初に医師が下す病気の判断により最終的には裁判を経てどんな結論に行くのかは誰でも分かりますし、医師の脳裏にも横切ると思います。
死刑制度に反対の強い「思想」を持つ医師ならば、その病気の判断がどうなるのか?

判断を任される医師も苦しむと思います。
たった1名か数名の医師が、多数の死亡者と苦しむ遺族が存在する事件の判断を左右することに成るのでしょうか。

これから強固な犯罪意志を持つ者が、病気を偽装する為の事前の実績作り(自ら通院実績を作る、奇行をわざと見せるなど)に数年を掛けた上で犯行を起こした場合、これへの公的な対策が問われていくべきですし、その想定が大切に思います。
はたして法律は変わるのでしょうか?今後の日本の課題に思います。

これより以下の内容は、根拠の無い夢想話と思って読んでください。

今回の事件の霊的な視点なのですが、政治家に出した犯行予告文書に、高笑いをする魔物の存在と、これを言い訳する本人のわずかな良心との葛藤・相剋が表れていました。
犯人は、湧き起こる衝動に苦しんでいたとも言えます。

この魔物は、10段階のクラスで言えば5段階クラスです。どこから来た魔物か?これは伏せておきます。
どうしてこんなモノに憑依されたのか?
やはり、自分の生活が呼び込むのです。同類が引き合うことに成ります。
強い不満心を抱くことが、それに同調する悪い霊的存在を呼びます

憑依とは、完全な自己責任のことです。
魔物に憑依された被害者、では決してありません。

だから除霊などは100%デタラメです。自分の生活行動と思考が変わらない限り、除霊などまったくムダな発想です。根本的な間違いです。
つまり、除霊などいう霊能者がいれば、その時点でニセモノです。

悪魔と対峙した時に、よく言うことがあります。
「私を呼んだのコイツだ。呼ばれて来ただけだ。コイツを連れて行って何が悪い?笑」
このように悪魔は笑いながら言うものです。

どんな憑依を受けていても、自分の生活を正せば、その瞬間から悪魔は去ります。
同調することが不可能に成るのです。チャンネルが合わないのです。

規則正しい生活。バランス良い食事。無理なく歩く運動。無理なく出来るストレッチ。
正しい道徳観を意識すること。
これが最高の根本からの除霊・悪魔祓いに成ります。

仕事や家庭でどんなストレスが有っても、深刻に考えて自他を傷付けることを考えるだけでも止めましょう。
これが本当にシャレにならない悪魔を呼びます。
悪魔を呼ぶのは、自分自身の生活内容だということを覚えて置いてください。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。


【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

伊勢白山道 問答集 第1巻【感謝の先祖供養編】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900574/isehakusandou-22/ref=nosim

携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4864900574&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html)

「 柔訳 釈尊の言葉 第2巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900418/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4864900418&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html


「 柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から ( http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私がいちいち受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません


コメント (657)   この記事についてブログを書く
« 伊勢の風が吹ける民衆と成れるか | トップ | 自由には、怖さが付き物(憑... »

657 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-07-27 11:34:37
 死刑には成らなくても 一生刑務所暮らしは出来るのでしょうか。 
Unknown (Unknown)
2016-07-27 11:39:11
ほんとうに亡くなられたかたがお気の毒な凄惨な事件です。TV・ネット見られません。容疑者の動機を何度も言うのはやめてほしいです。
Unknown (ポンポンマム)
2016-07-27 11:39:30
ここ連日、ありがとうございます。
私もストレスがあっても、悪魔を呼ばないと心に誓います。
ちょうど新月期間に差し掛かる頃ではないかと記憶しています。
私は本分に注力したいです。夏中かけて頑張りたいです。
本分の方は、この位でいいかなと中途半端に考えた、その通りの出来になっています。
自分の思ったこと、思った程度が、単純に実現しています。
もっと完全に対応して、最高の自分を出したい。辛くとも苦しくとも最高の努力をしたい。そんな風に思います。
そして、必ずそんな自分にならなくてはいけないのも事実です。
果てしない自分との勝負ですね。私の魂が選び取り設定した課題なのだと心に刻んで、前向きに明るく取り組みたいと思います。
既に結果には執着しなくなっている部分があります。毎日の生活を正していくことが目標です。
Unknown (Unknown)
2016-07-27 11:39:52
日常抱くイメージ、思い、十分気をつけたいと思います。
Unknown (Unknown)
2016-07-27 11:40:04
三ヵ所クリック完了です。今日もありがとうございます。
Unknown (戻らせて頂いた求道者)
2016-07-27 11:40:25
 今日もありがとうございます。私もご冥福をお祈りします。
憑依のことがおかげさまでよく分かりました。良心に従って規則正しい生活を送ります。感謝
怒りのもとは魔物か?インナーチャイルドか? (sirotenn)
2016-07-27 11:40:39
今月に入り、非常に強い怒りを覚えます。
また、過去に我慢した強い思いが噴出し
ています。
現在の状況も、家族を助けたい、家族を
傷つける者から守りたい気持ちが強くな
っています。
そして、その相手をギャフンと言わせたい!
理不尽なことを、辞めさせたい。

この心叫びは、魔物なのか?
インナーチャイルドなのか?

相手と対峙すべきか?

生活のため、もっと我慢をするべきか・・・。


障害をもった方は社会に必要ないのか? (はるこ)
2016-07-27 11:46:07
今回の事件で一番ショックだったのは、「障害者は死んだほうがいい」という犯人の言葉でした。

本音と建前の話ですが、建前としてはこの考えに反対だけれども、本音では同調している人もいるのではないか。言葉にはしないけれども、心の中では同調している人もいるのではないか、私自身もそうではないだろうか・・・・そのことがなによりもショックでした。

障害を持った方、なにがしかの使命をもって生まれてくるのだと思いますが、重い障害をかかえた人をただ面倒見るだけではなく、障碍者に使命や、生きがいを感じてもらえるような社会にするためにはどうしたらいいのか。
この事件後、悶々とした時間を過ごしています。

障害をもった方は魂が高いと聞いたことがあります。
私自身も小中学校の頃、足に障害をもった友達がいました。だけど、その子のことは大好きでした。
障害をもった子の周りは優しい子が集まるような気がします。障害をもっている子にも使命はあると思います。だけど、そのことを自信をもって堂々と発言できない自分が悔しいです。

この犯人の発言に同調するような自分でありたくない、社会ではあってほしくないと思います。
ブログ更新ありがとうございます (ムーコ)
2016-07-27 11:47:07
難しいですね。
たとえ犯人であっても、弁護士は弁護士としての対応があるのでしょうが、様々な裁判の例がありますが。
何故、こんな極悪犯なのにって言う、判例もありますよね。
だけど、いつも思います。オギャーと生まれて来た時から、犯罪者になろう時した訳でないし、母親も犯罪者を産んだ訳でないのに、どうしてこう言う事件を起こす人が出来上がるのでしょうね。
不思議です。
今日も暑いです。水分補給しながら頑張ります。
日常に感謝
このブログのありがたさ (ようもう)
2016-07-27 11:47:59
リーマンさんみなさまこんにちは。
今日の記事は(常々思ってもいますが)本当に真っ当で正しいなぁと思いました。
今回の事件のニュースを見たときにやはり普段の素行に現れているのだなと感じました。例え好青年で挨拶ができていても、刺青を入れてしまう(刺青を入れるすべての人を否定するつもりはありませんが悪魔への印にはなりそうですよね。。)、発言が攻撃的である等々。
でもこれは鶏が先か卵が先かという気もしますね。記事にもありますように『不満が悪魔を呼んだ=悪魔に目をつけられてしまった。』『悪魔がとり憑いた=不満を狂気に変えた。』という同調の果てにこうなってしまったのですね。
もしかしたら対象はたまたま障害者ということも考えられます。悪魔に憑かれそうな人がたまたま障害者施設に縁をしていた。そう考えると身近に何が起きてもこの次元ではわからないと思いました。
自分にできることは、同調しないそういう縁を寄せ付けないほどに感謝して、そして現実的な面でも真面目に感謝の行動を選ぶということしかないと思いました。
リーマンさんのブログに出会う前は運命とか占いに溺れていましたが、出会ってからは運は自分で作って行ける、つまり危険を寄せ付けることも自ら寄っていくことも自分次第だと学ばせていただきました。この先また同じような悲劇が起こらないようにもっとたくさんの方がこちらのブログに触れることができれば良いなと思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事