伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

日常生活の中こそ最重要

2011-09-18 10:49:20 | Weblog

人間というものは、似たような繰り返しの中を生きています。
同じ所で寝起きし、同じ所へ通い、同じような作業を繰り返しています。この繰り返しの中では、すべてがアタリマエと成り、それが「出来ること」への感謝の思いが薄れて行くものです。
日常への感謝の思いどころか、むしろ日常を脱することを「期待」しているものです。
ただ、日常への感謝が薄れますと、これを無くす方向に無意識下は選択を始めますので注意です。
実は、アタリマエの日常とは、すごく幸福なことなのです
自分が気付いていない、いろいろな御蔭様(おかげさま)が隠れています。
そもそも、日常を繰り返すことが出来る健康が有ること自体が感謝すべきことです。

アタリマエな日常の中こそ、神様を自己の中に感得できるチャンスなのです。
神様との距離が、最短の状態であるのが、アタリマエの日常の「中」です。
釈尊が死ぬ直前までの非日常の苦行をされたとき、「これがムダな行為であることを知ったことが、唯一の財産だった」と言っています。
そして、“日常生活の労働を繰り返す”女性から食事の恩恵を受けた時に、目の前の景色すべてが自分の中に溶け込み、大空に浮かぶ太陽・星々のすべてが自分に向かって落ちて来て、自分の中に溶け込んで「来る」体験(覚醒)をされたのです。
覚醒と言われますと、未知の大げさなことを想像しますが、ただ「安心した」ということなのです。それも絶対的な大安心です。
そして、すべてが自分一人しか存在して居なかった、ことを知ったのです。
この状態では、他人も自分自身なので、争うという言葉自体が無くなります。

基本的には、人類全体が、この方向に進むしか無いと神示は示します。
進むしか、生存が無いと言うことです。過去の地球における、生命進化のジャンプ(空白期間)を見ましても、絶滅種が存在することは否定出来ません。
さて、このユルい夢のような話よりも、目先の飯やお金が欲しいのが今の人間の実情です。
でも、その実情の中にこそ、人間の神性が発露をするチャンスが在ります。
その雑多な中で、自分の良心を発揮させることなのです
子供は子供なりに、大人は大人なりに、偽善でも良いから「行為」を残すことが、誰でも可能です。
ホームレスの中にも、仲間内での良心の発露の行為が多々あることでしょう。
これで良いのです。

行為の繰り返しは、この世では、その行為の中の思いが自分の魂に刻まれて行く法則が在ります。
これは、自分が肉体を脱いだ後の財産と成ります。
私の毎朝の神棚の水交換も、自分の心の内在神へ捧げる行為です。内在神へ気持ちを「向けさせる」行為です。
人間は怠惰ですので、道具(神棚)が無ければ忘れがちに成ります。
外の神社参拝は、神社の鏡に自分の内在神を写して、そこの土地の精霊神に見せる行為です。
内在神を意識する人間が参拝(鏡に写す)しますと、土地の精霊も元気を人間から頂きます。真相は逆なのです。

日常生活の中にこそ、内在神に気付く刺激に満ちています。
このことを意識して生活するだけで、その人の改善が始まります。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

 注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、毎日宜しくお願い致します。
人類の自然な 5% の感謝が大切です。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面]
http://www.geocities.jp/poriporry/m/ 
サプリ関係 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

生活や仕事で苦しむ人々を勇気付ける改善策に満ちた、心のエッセンス満載の本です。
初心者の方にも便利な、国産ヒノキの短冊立てが添附されています。
最新刊「生かしていただいて ありがとうございます 」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4391140942/isehakusandou-22/ref=nosim
  

最新著書 「森羅万象5」
伊勢白山道のライフワークの書です。心血を注いだ言葉の織物です。読むだけで変化を起こします。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785045/isehakusandou-22/ref=nosim

全ての質問と疑問の答えが、この本にあります。
「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766711009/isehakusandou-22/ref=nosim


検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」

http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント (544)   この記事についてブログを書く
« 結果よりも経験が大切 | トップ | 大地からの知らせ »

544 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (daisuke7)
2011-09-18 10:55:42
おはようございます
今日もありがとう御座位ます

当たり前の生活ができることに再度感謝します
現状を受け入れ 感謝します

内在神、利他の心を大事にします
感謝想起、先祖供養していきます

今日も
生かして頂いてありがとう御座位ます
アマテラスオホミカミ アマテラスオホミカミ
Unknown (外宮が大好き!)
2011-09-18 10:58:18
今日も更新ありがとうございます\^0^/
最近の記事から感じること (飛梅)
2011-09-18 11:06:00
 安心、素直、感謝かな。
それが出来ている訳ではないですが、三原則(笑)。
Unknown (Unknown)
2011-09-18 11:08:56
生かしていただいてありがとうございます
日常に感謝します
生かして頂いてありがとう御座位ます (のんちゃん)
2011-09-18 11:09:57
健康な父や母が居てくれて、母の食事を頂けて、みんなで温泉に行けること、アタリマエではないです。
いつかは老いて死がきます。それまで、大事に過ごしたいものです。
生かして頂いて ありがとう御座位ます
Unknown (katsu-wakayama)
2011-09-18 11:10:52
普通に、当たり前に生きていける事に感謝します。生かして頂いて有難う御座います。
Unknown (うめきち)
2011-09-18 11:14:27
日常から脱出したいので私はわがままな人間です。喉元過ぎればなんとやらですが人の為に微力でも尽くせたらと思います。自分も良い方向に行けたらいいのに。
縁あって (刀次)
2011-09-18 11:16:59
台湾旅行にて、裕仁親王がお泊まりになられた場所を訪問することが出来ました。
東北・関東大震災で義援金を送って頂いた台湾国民の皆様に、感謝の気持ちを置いてまいりました。
東京 (らむりん)
2011-09-18 11:17:10
地震以外にも東京には何か懸念される事柄が発生するのが見えるのでしょうか?地震がくれば高みに数時間逃げる、防災意識と縁とリーマンさんは今までコメントされていました。しかしそれでは迂回出来ない映像が想像出来ない悲惨な事象がそこまでやってきているのですか?
失う意味は (杉の木)
2011-09-18 11:17:50
最近私の周りにも色々と失う友人が出てきています。しかし、失う以上に得る【もの】が多いと杉の木は感じています。
その【失せ物】も【全ての中での移動】に過ぎないのですから。

生かして頂いて ありがとう御座います

Weblog」カテゴリの最新記事