伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

山川草木(さんせんそうもく)ことごとく仏性あり

2016-06-23 11:41:05 | Weblog

仏典の涅槃経には、

「一切衆生 悉有仏性」(いっさいしゅじょう しつうぶっしょう)

「一切衆生即仏性」(いっさいしゅじょう すなわちぶっしょう)


という表現があります。

この意味は、難しいことではなくて、

* 生きているモノ(人・動物たち・植物・・・)にはすべて神様・仏様が宿っている。

* コノ世の一切が神仏の一部だった。

ということです。



これを若い頃に知った道元禅師(どうげん:1200-1253年。後の禅宗の開祖)さんは、

「あれ? 一切が仏ならば、誰もが既に仏様・神様ならば、
なぜ人は厳しい修行をしたり、
無数の僧侶が社会に居るのか? 
それは、おかしくない?」
という素朴な疑問を持たれました。



この答えを知りたくて、当時の最高峰の寺だった比叡山に入門し、多くの名僧に会い、外国にまで命懸けで勉学に行かれて修行されました。


その結果、道元さんは

「いや、本当に大地も山川も草木も、石ころも木片もみな光り輝く仏だった。

生きとし生けるものはすべて命輝く仏、この世のすべてがみな仏そのものだった」



という見性(けんしょう:物事の本質を実体験すること)を体験されました。
そして、最初に抱いた大きな疑問の答えとして、



* 誰もが神仏の現れ、そのものであるのは本当だった。

理屈を超えて、自分で体験して思い知った。



* ただ、誰もがこれに「気付けない」「自覚が出来無い」ということだったのだ。



* だから、「既に自分に在る仏性」に気付くために、人は人生で修行をする。



* しかし、既に自分は仏であるのだから、難しい特殊な宗教的な修行は不要である。



* 日常生活の労働・作務、街の人々と相対することが重要だった。



* 座禅は、その労働の間の休息、乱れた呼吸を整えるために大切だ。



という流れに行き着かれました。
つまり、人の人生とは、

* 自分が宿す神仏に気付くための旅。

* 自分の良心(内在する神仏)を大きく発露させて、アノ世に戻る道程。

だということです。



古神道では、これを「天の岩戸開き」と表現します。

既に自分の心にある神様を、表に「お出しする」過程が人生だとします。

だから

座禅とは、

* 心身を休める行為、脳に休息させる行為。

* 労働で乱れた呼吸を、平静に戻すための行為。

という視点も知って置いてください。


作務がメインであり、座禅がサブなのです。

わざわざ座禅を組まなくても人間は、意識が途切れた睡眠中(自我の停止)は、誰もが「良い呼吸」・寝息をしています。

でも、人が起きている時は、自分の自我の思いにより、色々なストレスで呼吸が乱れています。

無心に眠る赤ちゃんからは、大きな寝息が聞こえることがあります。これは、自我が無い状態の中での深い呼吸です。
これこそが禅であり、真の瞑想でもあります。


生活の中にこそ、労働の合間にこそ、深い禅・瞑想が存在することを知って置きましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。


【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

伊勢白山道 問答集 第1巻【感謝の先祖供養編】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900574/isehakusandou-22/ref=nosim

携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4864900574&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html)

「 柔訳 釈尊の言葉 第2巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900418/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4864900418&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html


「 柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から ( http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私がいちいち受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (326)   この記事についてブログを書く
« 本当の真理は生活動作・動き... | トップ | 備えと希望 »

326 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-06-23 11:47:13
頭を考え事でいっぱいにしてしまって苦しい時は手が止まってるなと考えていた所です。義理姉曰く私や兄弟は石橋を叩いて渡るという言葉がぴったりな性格らしく、もっとのびのび考えれたらいいなとしみじみ思う今日この頃です。リーマンさんまだまだ執筆にお仕事にブログ対応にお忙しいかと思いますが、休憩しながら頑張って下さいね!私も明日新しい事に挑戦してきます。どうしても外からの目線を気にして自滅してしまう癖を改善できたらと思います。なるようになーれー
Unknown (Unknown)
2016-06-23 11:49:31
また四角に×マークが出てる。しかも最新記事なのにnewマークがついてない。
Unknown (Unknown)
2016-06-23 11:49:35
自分の中にいる神様はどんな神様?と尋ね、感謝すること=人生
でいいのかな
難しいと思いましたが (サキモリえいと)
2016-06-23 11:54:24
今日もありがとうございます。頭が混乱しそうになりましたが大丈夫でした。理解できました。今日も頑張ります。リーマンさん、ありがとうございます。
質問です (かし)
2016-06-23 12:02:26
作務が重要・を読んで今迷っていることを質問させてください。

食洗器やお掃除ロボットを使うことはどうなんでしょう?

我が家にあるのですが、なんとなく使う事を躊躇しています。

手が荒れやすいため、いつも手荒れしながら食器を洗うので、家族から「食洗器使えば?」と言われるのですが、時間もかかるしガス代ももったいないし、と使う気になれずにいます。

私の中の仏が、「ロボットや機械に頼るな」と言っているのでしょうか?

その一方で、家事をロボットにお願いして、できた余裕を他の有益なことに使えるのかな?とも思ったり。

いやいや、主婦なのに機械に家事をさせるなんてバチが当たるんじゃない?と思ったり。。。

すごく迷っています。

回答よろしくお願いします<(_ _)>
Unknown (Unknown)
2016-06-23 12:04:31
今日の記事は特に納得できました。お釈迦さまには悪いんですが、高貴な身分を捨て修行の旅に出られたのはいいですけど、結局、労働をしておられないのですよね?
家事、労働でお金を得て自分の身を生かすのだから、働かないと。働いてお金を得ないことには話にならない。
Unknown (粟崎・女)
2016-06-23 12:07:06
正しい腹式呼吸は、寝ている時。黒い瞳が大きいのが良いらしいですが、子供はみんな大きな瞳ですよね~熊本が大雨で冠水しています。ふと思い立って、地図を見ていると、やっぱり標高の低い所が冠水していて・・・やっぱり標高の確認は津波だけじゃないんだと理解しました。日頃から、避難先の想定は大事です。みなさん、どうかご無事で。
Unknown (Unknown)
2016-06-23 12:10:23
道元さん、なんてイイやつなん。いや、言葉がラフ過ぎました、なんて性根のイイ人なんでしょう。そんな宗教畑に入ってそれだけブレないのは。前提は宗教研究でも、本音を言えば人の為に何かしてあげたいだけの人だったんでしょうね。禅の、清潔感あって癒されるイメージは道元発なんでしょうね。
質問です。女性です。 (Unknown)
2016-06-23 12:11:00
今日のお話は、優しい感じで、しかも解りやすかったです。毎日の生活を大切にして行きたいです。
質問は、
1.リウマチですが、胃炎と逆流性食道炎になってしまいクエン酸の摂取が出来なくなってしまいました。最近又痛みが出て来たので、梅干しなら良いと知りました。以前にコメにあった梅干しを頂いておりましたがあと少しとなりましたので買いたいとおもうのですが、もう少し塩辛くないのがあればお教え頂きたいです。
2.梅干しはアルカリなので、胃酸過多に良いという事は、酢より、クエン酸の方が優しいので良いのではと思うのですが、やはり逆流性食道炎には良くないのでしょうか?
宜しくお願いします。
雨が降っています (Unknown)
2016-06-23 12:12:15
新しい短冊を求め本日文字を入れました
霊というと字にはどうして雨が入っているのかなあと思いながら文字を書き上げました
人は魂は雨みたいなものかと思いました
天から地球に降り注ぎ色々なところを廻りやがて再び天に帰るのだと
雨の降る中短冊に文字を入れながら私は雨粒の1つなのだと
しかしそれは神様から分かれた貴重な一粒でやがて天に戻るのだと穏やかな気持ちで短冊を新たにしました
今日も全てに感謝しながら淡々と日々を生きていきます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事