伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

拘束・束縛により悟ることも有る

2017-04-20 11:06:49 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

私、釈尊にとりましては、自分の首に台車に繋ぎ止めるための木製のクビキを付ける牛の役をするのが、
勇敢に修行への「努力」を継続することなのです。

これは悟りへの過程の中で、一切が静寂に包まれる涅槃(ねはん:天国)へと誘(いざな)います。

クビキを首に付けて任務を押し進めることは、前へ前へと自分自身を押し上げて行きます。

この継続はもはや、生老病死という人が持つ心配を超えた存在へと、自分自身を至らせるでしょう。

(原始仏典 スッタニパータ 第1章4節-No.79)

(感想)
私たちは、
・ 時間に拘束された会社員
・ 口うるさい旦那や姑に監視された主婦業
・ 厳しく管理された学生生活

このような環境から、解放されたい! もう逃げ出したい! 変わりたい。
と思うものです。

しかし、何と釈尊は、拘束道具のクビキを首に付けた状態こそが、
* 自分自身を悟りへと導きます。
* コノ世のすべての悩み、生(性)老病死から自分を解放して真に自由にする。

と、この項で示唆されています。
* 不自由な環境こそが、その継続が極まれば、その人を真に自由に至らす。悟らせる。
ということを仰っています。

コノ世の私たちは、拘束・束縛から逃げる選択をするものです。
そして、人は今の束縛から逃げましても、次に違う「現実」(無職、離婚、退学など)に直面し、新たな厳しい束縛(再就職・再婚など)を強いられるパターンが有るものです。

しかし、厳しい束縛が自分を悟り・解放に至らせるとは、ピンと来ないものです。
でも、私には思い当たることがあります。

* 満腹状態では、人はどんな御馳走も有り難いとは思えない。
* でも、飢餓状態ならば、ただの塩オニギリも最高の御馳走だと思えて涙を流して人は感動します。

なぜでしょうか?
不自由で厳しい「飢餓状態」こそが、塩オニギリでも感動を起こさせるのです。

つまり、
* 人は、自由な環境の中では、その自由の有り難さに「気付ける」のでしょうか?
大半の人間は、「自由であることがアタリマエ」となり、自分が「既に」自由であることに気付いていないと感じます。
ここに、すべての原点が在ると感じます。これは非常に重要なポイントです。

* 誰もが「既に」真の幸福状態であるのに、他人との比較心から、自分は不幸だと思い込んでいる。

* 既に在るモノ(肉体・家族・命・・・)の有り難さには気付けずに、無いモノ(他の異性・金銭・・・)ばかりを追い求めて、自分は不幸だと思い込むこと。

* 人は誰もが「既に」悟っているのに、自分が悟っていることに気付けない。

このような、人が持つサガを感じます。
従って、人間が首に拘束具のクビキを付けるような束縛された会社員生活を継続していますと、休日が何と新鮮で有り難いことでしょうか。
まさに休日に、涅槃(天国)を感じられます。

失業中で時間が有り余る人には、休日にも何の感動もありません。むしろ人が混む休日は苦痛であり、次の就職への心配から心が休まらないかも知れません。

すると、釈尊の上記の言葉が、まさに真実・真理であることが分かって来ます。
皆さんの参考にして頂きますと幸いです。

※ 今日も防災意識。東北〜関東。関西、南海方面。


「伊勢白山道問答集 第3巻 神さまとの正しい向き合い方」
( https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900922/isehakusandou-22/ref=as_li_ss_tl )
今日ぐらいから、書店に並んでいるかも知れません。
非常に分厚くて、人生の参考に成る清浄な本だと思います。
宜しくお願い致します。


生かして頂いて 有り難う御座います


下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (553)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2021年以降の流れの布石が今 | トップ | 中に居ると分からない »

553 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お礼 (ママん)
2017-04-20 11:11:33
アドバイスありがとうございます
肩から出ているもの&自分はどこか (伊勢白ペディア管理人)
2017-04-20 11:14:49
お名前:mk***さん
投稿日時:2017年4月19日水曜日 21:57:02
件名:肩から出ているもの&自分はどこか
URL:http://isehakupedia2.hatenadiary.jp/entry/2017/03/25/153029#13

1枚目

中央の私の、向かって左の肩に黒くて先が白っぽく、

開いたようなかたちのものが写っています。

拡大してみると、リュックのひもの手前に重なっています。

手のひらに見えるような、それにしては小さいような気がします。

f:id:isehakupedia:20170420111040j:plain

2枚目

ジェットコースターに自分含め6人で1回乗りました。

私は緑っぽい服の男性の隣に座っていました。

ピンクの服です。でも、どの写真をみてもまるでいないかのようです。

f:id:isehakupedia:20170420111039j:plain

*投稿者のかたへ。
伊勢白山道さんに写真についてご質問がある場合は、下記4項目をご参考に、伊勢白山道ブログ新記事の投稿欄に改めてご質問ください。
1,名前はハンドルネーム(架空)のご記入または無記入で。
2,タイトルに「質問」の記載と性別をご記入ください。
3,URL欄は空欄でお願いいたします。
4,コメント本文に、改めてご質問の内容と、投稿されたこの御写真記事につけられたURL(例 http://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/〜〜)をご記入ください。
注連縄のイメージ (伊勢白ペディア管理人)
2017-04-20 11:15:26
お名前:mi***さん
投稿日時:2017年4月20日木曜日 6:49:08
件名:注連縄のイメージ
URL:http://isehakupedia2.hatenadiary.jp/entry/2017/03/25/153029#12

2017/04/18 01:58:35Unknownさんの投稿を読んで想像した私の注連縄のイメージです。

自分は、玄関入った横の壁にかけています。

f:id:isehakupedia:20170420111041j:plain
☆ご投稿時のお名前、チェックしてね~! (64649349334)
2017-04-20 11:16:23
◆こんなお名前は「ダメ!厳禁っ!!」ですよー
 × ご本名
 × 漢字名称
 × 人名や神名、社名、団体名等(実在しうる名称も含めて)

☆あらたに投稿名を名乗られる際は、数字、記号の名前でお願いしまする~
お礼とご報告 (66みや(女性))
2017-04-20 11:17:48
伊勢白山道さん
新しい本の出版、おめでとうございます。
以前次の仕事についてアドバイスいただいたように、今動いています。今日、提出書類を持っていきます。時期的には遅い面もありますが、万事塞翁が馬と心得て、気負わずにまいりたいと思います。上がりそうなので、書き込みさせていただきました。ありがとうございます。
こちらでは、明日以降本屋に並ぶと思います。早速買いに行きますね。ありがとうございました。
「伊勢白山道問答集 第3巻 神さまとの正しい向き合い方」が本日届きました。 (Unknown)
2017-04-20 11:18:14
「伊勢白山道問答集 第3巻 神さまとの正しい向き合い方」が本日届きました。
大切に拝読致します。
今日も過去にとらわれず、未来を心配せず、喜々として
たった今ここを生きます。
ありがとうございます。
Unknown (2244)
2017-04-20 11:19:37
 今日もありがとうございます。何とタイムリーなお教えなんでしょうか。びっくりです。茲許は、早い引退を待ち望む日々を送っておりました。改めて、今の今に感謝します。
Unknown (感謝乃(諦))
2017-04-20 11:24:45
それが何と呼ばれている木なのかではなく、どの様な実をつけるのか、という点に本当の所があると私も思います・・。
善悪をも超えた結果とはこういうもののことなのでしょうか?
ご著書、届きました。 (西洋薄荷@あーす)
2017-04-20 11:28:59
伊勢白山道様
本日も、大変貴重なご教示を有難うございます。
私の心を見透かされた様な記事の内容に、ドッキドキでした。
自分は、感謝を忘れていた様です。
その為、抑うつ状態に陥っていました。
まだ、出来る事がある。
Unknown (ra2tpeacia)
2017-04-20 11:30:09
伊勢白山道様こんにちは 記事の更新に感謝いたします。地震の注意喚起を有り難う御座います。昨晩の地震は気付きませんでした。太平洋側に感謝をおくります。すでにある肉体、家族、命、幸せです。本当に感謝しか有りません。新刊の御本は日曜日に届く予定で楽しみです。厚いのですね。日曜は新しい日立製の冷蔵庫も来るのでしっかり掃除して迎えます。親の内縁の夫が職場から大きな水晶玉を持ち帰りまして、ゴミの日に処分しようと思います。書かせて頂いて有り難う御座います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

釈尊の言葉 スッタニパータ編」カテゴリの最新記事