伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

避けていても駄目

2008-10-30 18:25:28 | Weblog

携帯電話や高圧線の電磁波が体に悪影響を与えるリスクに
ついては心配されています。
世界保健機構(WHO)も、高圧線の電磁波圏内に近い住人
の小児白血病リスクが上昇することを統計的に認めていな
がらも、「この因果関係を証明する
科学的根拠はみられな
い」としています。
また、1999年に米国の国立環境衛生研究所は、電磁波が
発ガンの原因となる可能性は否定できないが、因果関係は
薄い」と報告しています。現状では、電磁波が有害なのか
無害なのかが、あやふやにされています。
まあ、これは科学的には証明されていても、国家機関は認め
る事が出来ないと思います。 賠償責任が生じるからです。
もし、有害性を公に認めると、電力会社は倒産します。
私達も既に電気の無い生活には戻れません。
もし未来に、現在の電線や電波を使用する伝達方法以外の
仕組みが発明されて、末端の家庭まで普及されて初めて、
実は昔の方法は、とても危険な遣り方でしたと公表されるかも
知れません。
ただ、国家機関とは本当に重大な問題は、
否定しながら
リークするものです。 こんな事例が有りますが、まだ分かり
ません、と。
電磁波は、発癌や腫瘍形成、免疫後退の原因で有ると、
神示では出ます。
電磁波は、体内で超軽度の火傷を繰り返し発生させると感じ
ます。 長期間に渡り、細胞の火傷・再生が繰り返される
事に
より、
その部分が腫瘍、塊に変化する様を観じます。
このような物理的な機器から生じる電磁波は、離れれば軽減
されるとは思います。
問題は、太陽から放射される電磁波です。
これは、避ける事は不可能です。
近年、「
頭が重く痛い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」
「よく眠れない」などの、何となく体調が悪いという自覚症状は
有るが、検査をしても原因となる病気が見つからない、
不定愁訴が増加しています。
太陽黒点の活動期に突入していますので、来年から益々、
太陽電磁波が強い日が続き、不定愁訴、発癌が増加します。

これを避けるには、電磁波が人体を素通りする体に成れば
良いのです。
体が自分色の独自な霊体磁気だけで有ると、太陽電磁波は
反応せずにスルーします。 しかし、体内に自分以外の霊的
磁気が有ると、そこに反応して「ミニ電子レンジ状態」が発生
し、火傷・再生が起こり始めると感じます。

つまり、自分の体に他の霊的磁気を付着させる生き方を
変えれば良いのです。
人間は、生きて行く上で一方的に恨まれたり、争う事も有る
でしょう。 これは他の霊的磁気が付着する原因では有りま
すが、仕方が無い事です。
自分から、その種の磁気を出さなければ、自分が受ける
他人からの磁気は消えるのも早いので問題はありません。
自分が発信源であると、他人を恨んだ故に生じる、他人との
交流磁気が生じ、これは体内に残存します。
これは相手の磁気も内包するので、自分色の磁気では有り
ません。 太陽電磁波が反応します。
問題は、自分自身に有るのです。

感謝の先祖供養、感謝想起とは、感謝のエネルギーを鍵に
して、既に自分の体に存在する他の霊的磁気を消滅させ、
これから新たに付着する他の霊的磁気を避ける方法の1つ
です。 
これから世界中の人間が太陽電磁波の洗礼を受けて行くの
ですが、善意と感謝の一筋で生きる人は、普通に生きていて
も自己の霊性を維持できる可能性は有ります。
大自然の中で自然に感謝して生きる原住民の人々は、影響を
受けないかも知れません。
言える事は、ストレス社会の中で我良しの願望を持ちながら、
使い古された阿鼻叫喚の思いの磁気を蓄積した呪文を唱え
る、ノルマ信仰の方々の今後が心配です。
音を真似たローマ字が、意味が通じる英語だと信じ込み、
外国(異次元)の方に話掛けても無駄であるように・・・。

感謝の先祖供養の3本目は、自分が生きて行く上で関わる
「その他もろもろの“有縁の”霊」が対象です。
現実社会の中で生きるとは、職場や家庭内も含めて色々と
有るものです。 生霊なども含めて、自己に関わる存在を避
けていても、人生を現実的に改善する事は難しいです。
「その他もろもろの有縁の霊」では自分の知らない霊が来て、
自分が損をすると発想する人が多い様です。
でも、自分が気付かなかっただけであり、実際には縁が生じて
いたのです。

このような発想をする事自体が、自分の為の我良し先祖供養
の人です。
その様な心配が有るならば、
「自分に関わる有縁の霊の方々だけへ」などに御自分で変更され
ても良いです。
それとも、伊勢白山道から離れる事をお勧めします。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
  
 
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての人は、左側の「
真客検索システム
」を利用して下さい。
不掲載希望も掲載しますので、良く考えて投稿してください。

コメント (320)   この記事についてブログを書く
« 白山の秘密 その2 | トップ | どんな仕事でも覚醒へ到る »

320 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
太陽が (まあ)
2008-10-30 18:36:54
今朝、植木に水をあげていた時、ふと太陽を見上げたら、太陽に見られているような感じがしました。不思議な感覚になりました。 生かしていただきまして、ありがとうございます。
Unknown (ふとのりこ)
2008-10-30 18:37:10
夫婦喧嘩でも、相手にたいして 恨みにも似た感情を持っていれば よくない磁器となるでしょうか??
妊娠後期のだるさなどと重なって 最近いらいらしたり頭がいたくなることがおおいです…

 いかんいかん   ありがとうございます
電磁波 (はなはなな)
2008-10-30 18:39:55
感謝想起と先祖供養によって、太陽からの電磁波が素通りできる体に近づけるということは、携帯電話や電気製品、高圧線などの電磁波も素通りって事ですか?
それとも電磁波といっても違うものなのでしょうか?
Unknown (Unknown)
2008-10-30 18:42:13
現実的なお話ですね。
生かしていただいてありがとう御座位ます。
クルック~
他愛の無い独り言です。。。 (朱香)
2008-10-30 18:42:44

 最近「職場」で 自分 (我)が出てきます。ワザと出しています。今まで「自身」を押さえ込む傾向があって、周りに 本当の私 を見て欲しい、分かって欲しいとの思いがあって、出す様になりました。結果、「良い」か「悪い」かは、コレから 自分 で受け止めて行きます。

 ある時期から不思議と職場の方々が「有り難う」と 色濃く 言う様になって来ました。私は「アリガトウ」も「ゴメンナサイ」も 直に 言うのが何故か 苦手 です。普段から「意識」はしています。「意識」し過ぎて言えない事も多いです。すんなりと 当たり前 に「感謝の言葉」が出て来る様に為りたいと思い、「アリガトウ」と言える方を「目標」として見ています。


 今日も 生かして下さり 有り難う御座います☆
Unknown (ピッピ)
2008-10-30 18:44:30
秋晴れで 澄みきった空と広い海を見てきました 幸せに感謝いたします 今日も 生かして頂いて ありがとう御座位ます そしてリーマンさん 奥様 毎日 本当に ご苦労様です ありがとう御座位ます♪

腫瘍 (名無し)
2008-10-30 18:45:01
いつも記事をありがとうございます。

すでに腫瘍があります。お医者様には、先天的なもので、母のおなかにいるときからすでにあっただろうとのことです。
脳のど真ん中、下垂体にあります。生まれたときからあっただろうけど、腫瘍の成長がとても遅く、発見されたのはつい数年前です。

もうすでに腫瘍や癌がある場合、どうすればいいのですか。

自分の年からいうと、母が携帯や電子レンジ三昧だっとはとても思えませんが、母はなんらかの電磁波をつねに浴びていたのかもしれないですね。
(母を恨むとか、そんな気持ちはみじんもありません。)
生かしていただいてありがとう御座います。
思いの霊的垢 (hana@9)
2008-10-30 18:45:12
思うのですが、妬みや嫉みなどのクロ~い心も
霊的垢であると以前からお話されてますよね。

私も毎日自分の心をくくり直す時期なので。。。
やっぱりそんな心が自分の中に有るのに驚きました。

ヒーラーさんや宗教的な垢を語るより
どう考えても自分自身の心と向き合う方が苦しいと思うのですが。
溶かしてしまえ (beat)
2008-10-30 18:47:25
今日もありがとうございます。
生きていく上で他から受ける避けられない悪い磁気も、感謝想起と先祖供養で淡々と溶かしてしまえばいいですよね^^

しかし本当に次から次へと悩み事はつきませんが、よく考えればこれも有難いことなんですね。

本当に生かして頂いてありがとう御座位ます
電磁波 (はなはなな)さん (伊勢白山道リーマン)
2008-10-30 18:47:39


2008-10-30 18:39:55

感謝想起と先祖供養によって、太陽からの電磁波が素通りできる体に近づけるということは、携帯電話や電気製品、高圧線などの電磁波も

・・・これは物理的な電磁波。振動数が粗いので肉体へ直接作用します。

太陽電磁波は、より精妙な電磁波であり、霊体へ作用します。 そして、霊体の反応が肉体へと現れます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事