伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

今の社会の、浮かばれない人達を忘れないこと

2018-09-12 12:00:12 | Weblog


(カレンダーの説明は「9月の自然観察日」を参照)

9月14日は、政権争いの策謀とワナに掛けられて、無念の死を遂げた崇徳天皇(すとく てんのう)の御命日です。
心から、ご冥福をお祈り致します。

・ 「こんな日本ならば滅ぼして見せようぞ」

・ 「日本国の天魔王となり、皇を取って民とし、民を皇となさん」
(皇室を無くして民間人に落としめて、その代わりに民間人を天皇にして見せようぞ)

このように崇徳天皇に思わせてしまった、人間同士のサガの恐ろしさを思います。
会社に例えますと、次期社長の候補同士の選出において、あること無いことを片方の候補が言い出し、不器用で愚直な候補に対して、

・ あいつは、陰で不正をしている。
・ 会社を倒産させようとしている。

このようなウソを、外野の取引先の外国企業(当時のOO家)が証言したり、
社員の女性がセクハラを受けたと偽証したりと。

そして、とうとう愚直な社長候補を、会社への反逆罪だと役員会議で決め付けて、四国の寂れた支店に左遷(させん:高い位置から低い位置に追いやること)させたのです。
何と言っても社長候補だった人間を、さすがに首には会社は出来なかった訳です。

それでも真面目な元社長候補は、新規の事業企画書やアイデアを、数ヶ月も掛けて寝食も忘れて論文にして本社に提出します。
でも、その血肉の論文が本社に郵送されましても、「アイツが書いた企画書など不気味で見たくも無いわ」と、開封もせずにゴミ箱に捨てていた訳です。

これを知らずに元社長候補は、論文を読んでもらい、自分の会社への誠意と誤解を分かって頂けると期待しながら「まだかな まだかな」と四国の寂れた支店で待っていました。
ある時に、本社から用事で来た社員に元社長候補が聞きました。

元社長候補:「私が定期的に本社に郵送している企画書は、会議で読んで頂けたのかな?」

社員   : 「はあ? そんな話は聞いたことがありませんよ」

元社長候補: 非常なショックを受けながら 「そんな・・・・」

社員   :「そういえば総務のゴミ箱に、四国支店からの分厚い書類の梱包が、開封もされずに捨ててあるのは何度か見ましたが・・・」

元社長候補: 「なんだと、、、、オノレ〜〜絶対に許さない、、、」

そして元社長候補は、舌を噛み切って自殺して怨霊神となられました。
社長候補まで行った人間を、取引先の企業の思惑も受けて自殺をさせた会社は、その後にどうなったのでしょうか?
その後の会社には、奇異な考えられない事故が定期的に起こるようになってしまいます。

・ 定期的に、異常に会社に歯向かう社員が現れる。
・ 会社の社旗なども、こんなもの不要だと陰で切り刻む。
・ 海外のライバル企業に、内部情報を流す、会社の利益を遠回しに横領して流す。

・ 本社ビルが、大地震に何度も遭う。
・ 火災に遭う。
・ 会社思いの正社員がいれば、外資から来た女性社員を利用して弱みを握り、方針を変更させる。
このような災難と、社内の混乱が絶えない会社へと成ってしまいましたとさ。 (終わり)

大霊能者であった明治天皇は、即位の初めから崇徳天皇の存在を忘れずに気にされて、丁重に京都へと御霊を案内して、神社の御祭神として祭られました。
その後は何とか、災難と幸運が定期的に巡り、これまで日本は来ました。

ただ、何度も鎮まったと思われた崇徳天皇は、
・ 民衆の苦しみが溜まると、復活されるようです。

もうここまで来ますと、崇徳天皇は押し込められた国津神の代弁者、代表者、という転写を受けた御存在に感じます。
イジメ抜かれた時の、スサノオ神へと変化しているのです。

まさに今、民衆や、老人たちの不安。孤独感。
学校や社会の路線から外れてしまった若者たちが抱く、頑張っても評価もされない絶望感。
派遣という疎外感に遭いながら、責任と仕事量だけ押し付けられる怒り。

このような思いが集積を始めますと、地獄の底から崇徳天皇の思いが来る気配がします。
9月14日という御命日を、軽く見ては生けません。
日本を揺らさないように
今の社会の浮かばれない人達のことを、忘れないことが大切です。

今に生きる、浮かばれない人達を忘れないことが、崇徳天皇の真の成仏を左右することでしょう。

* 9月13日からの不安定な「中潮」を静観しましょう。
9月14日は、「いよいよ」という言霊を含みます。
冷静に静観します。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。
・差別的なコメントを投稿しないように。もし間違ってUPされても、分かり次第削除します。


*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (663)   この記事についてブログを書く
« 法則性(神様)のもとに生き... | トップ | 金属音と霊的な関係は深い »

663 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
災害時の参拝につきまして (Unknown)
2018-09-12 12:06:16
この場をお借りして申し訳ありません。コメント欄で、今のこのタイミングで肝川戸隠神社への参拝は控えておくようにという注意のコメントを見かけたので少し思ったことを書かせてください。肝川の神社だけではなくて、全国どの神社でもこれからの災害多発の時代を視野に入れ、お願いしたいのです。

我が一家は、寺院に住まわせていただいています。もう古くて台風が来るたびに屋根が飛ぶか、ヒヤヒヤしています。このような状態なので、有難いことに参拝者のかたからも気にかけていただけます。

なかなか言えない本音なのですが、ご心配下さるのは本当にありがたいのですが、大きな行事があるときでも準備がとても大変で、何が一番大変かというと、心配してくださる参拝者の方々のお相手をする時間なのです。

うちは家族の人数が少なく、行事ごとには寝ずに準備している状況です。世話役のように中のことを分かっていて、こちらがなにも言わなくても自主的に必要な動きが取れる方ならとても助かるのですが、普段から懇意に参拝に来てくださる方であっても、中の作業は全く違いますので、正直なところ、大変な状況の中で突然にお手伝いに来てくださっても、こちらが状況の説明からお手伝いしてもらうための準備、その方への休憩の準備や御礼など、本来すべきこと以外にもやらねばならないことが増えて、一層時間がなくなってしまい、疲弊してしまいます。これも有難いことと重々わかっておりますが、睡眠時間を削ってまで作業している中で、時間だけは何ものにも代えがたいのも事実です。特に忙しくない普段の時なら本当にお気持ちはうれしいのですが。

豪雨の災害や地震があったりすると、時間や労働力の意味で本当に大変になります。状況がわからない人が良かれと思い黙って動かしてくださった倒れた石柱なども、動かした場所が悪ければ余計具合が悪くなります。災害時のボランティア受け入れも準備期間が必要なように、神社でもその土地のこを日頃からわかっている氏子さん達にお世話していただかないと、回らない面がありますし、その段取りを乱すことになっては足手まといとなりかねません。ですから、被災して荒れている時は、当事者の方が一番大変なので、無用な参拝は遠慮して、遠方からのお気持ちと、状況が落ち着いたあとで、どんな助けが必要かお聞きになってから参拝なさるなり、寄附なさってください。我がまま御免下さい。
質問 女性 (Unknown)
2018-09-12 12:08:01
「今に生きる、」とは、今、生きている人達のことでしょうか?
Unknown (Unknown)
2018-09-12 12:08:42
ご先祖、りーまんさん、皆さま、いつもありがとうございます。
質問 女 (匿名希望)
2018-09-12 12:11:48
リーマンさんこんにちは。今日もブログ更新ありがとうございます。

先日はお忙しい中質問にお答え頂きありがとうございました。

申し訳ございませんがその件で再度質問お許しください。

先日私が怒りのコントロールが出来ない旨をご相談させて頂きました。特に4歳の娘に対しての怒りが強くなってしまうことです。
そしてリーマンさんに下記のご返答を頂きました。
。。。。過去生からの縁だと思い、
今生はこれをクリアする目的。

承知しました。怒りをコントロールしなければと思いつつ怒りに翻弄されていつも自己嫌悪で苦しいですがこれが大事なクリアすべき今生の課題なのですね。
そして特に怒りを感じてしまう娘は過去からの縁なのですね。

質問なのですが、4歳の娘とは過去生でも身近な家族だったのでしょうか?

過去生は必要以上に知る必要はないと重々承知しておりますが娘と過去生も身近な家族だったらすごくうれしいと思いました。

娘に対して思う通りにいかず激しい怒りを感じてしまうこともありますが娘のことを心から愛してます。何よりも大事な存在です。そんな娘と過去から身近な家族としてずっと一緒だとしたら本当に有り難いしうれしいです。

リーマンさんのご意見をお伺い出来ましたら幸いです。伊勢白山道式供養歴は約3年です。どうぞよろしくお願い致します。
Unknown (Unknown)
2018-09-12 12:11:51
リーマンさん、まさに、私はあの人にそう思っていました。まだかなまだかな、いつかいつかと、でも、ネットでの中傷を見てからは、十年来のそんな思いも消え去りました。よいことなのか、それとも彼女に対して私は怨霊になってしまったのか、わかりません。
聖徳太子 (Unknown)
2018-09-12 12:12:12
リーマンさんから崇徳天皇の事を教えて頂ける際に必ず聖徳太子の記事を思い出します。今日もできる事を淡々と重ねてゆきます。今日も更新ありがとうございます。
質問の取り下げ (Unknown)
2018-09-12 12:16:43
質問を取り下げます。

<「今に生きる、」とは、今、生きている人達のことでしょうか?

今も生きる、悔しい思いを残した人達の霊魂だとわかりました。
すみませんでした。
どうもありがとうございました (Unknown)
2018-09-12 12:17:13
リーマンさん 知人女性に対してコメントをありがとうございました。朝、早くにお礼のコメントをしたのですがアップしそこなったのかコメがなかったので再度、お礼を書いております。まさに、生ききった人生だったのかもしれません。最後まで本当に強かったです。周りが感心するほどでした。体調が悪い時は、ぐったりされておられましたがここ最近は、笑顔も多くて旦那さんも少しは安心されていたんじゃないかな。でも、突然のお別れで本当にびっくりしました。ご家族も本当にえ?今?という気持ちだったと思います。リーマンさんにコメントを読んでいただけて女性も喜んでいると思います。お忙しい中ありがとうございました。私もそろそろヘルメットを取らないといけないですよね。本当に最後まで強い女性でした。
Unknown (Unknown)
2018-09-12 12:18:02
私の場合は崇徳天皇様とは違い、自業自得の身上ですが、高齢の親への不安、会社や人間関係での理不尽なあからさまな対応などを受けたとき、笑って流すことも出来ず、今迄の自業自得を今生で受けれている幸いと思えず、感謝さえままならない時があり現在進行形です。
せめて出来るのは、先祖へのご供養の機会です。大切なもの見落として無くしてしまいたくないです。
ご供養の機会を与えてくださりありがとうございます。

そういえば、カメムシみました。
大阪在住です。
カメムシみた昨年は異様に冷え込みました。
今年は地震もありましたね。
気をつけないとですね。
長文申し訳ございません。
書かせていただきありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2018-09-12 12:19:01
リーマンさんこんにちは。今日の記事に出会い良かったです。流石としか感想がありません。私は何にも霊感などありません。しかし、ここ最近周りでうごめく出来事が、不安、苦しみ、怒りにまみれたことが重なり合っていて、これはなんなんだろうか?って不思議に感じていました。でも、最終的には、あの出来事はなんだったのかしら?ってなるのです。不思議、不思議っておもっていての、リーマンさんの本日の記事。合点があいました、忘れないようにですね。誠にありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事