伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

ブラックマンデーとは

2018-10-10 11:33:20 | Weblog

今朝に思いますことは、ブラックマンデー(暗黒の月曜日)という言葉です。
歴史の教科書にも載ります、1987年10月19日(月曜日)にニューヨーク証券取引所を発端に起こった、史上最大規模の世界的な株価大暴落のことです。

ブラックマンデーには前振りがありまして、その直前の1987年10月15日に、米国の「海軍」が護衛していたタンカーが襲撃された事件が発生しています。
つまり、ブラックマンデーの前に、
・ 大きな軍事衝突に発展する懸念
・ 石油の流通への不安発生

このような社会風潮の時に、「海上の事件」が発生した週明けの月曜日に、ブラックマンデーが発生した訳です。
この時に、米国の証券会社1社だけが、事前に強烈な売り逃げを成功させました・・・・。天文学的な利益を出したはずです。

あら?今はちょうど10月ですね。
今日のニュースでも、米国と中国が、莫大な貿易関税の追加増額を発表しています。貿易戦争の最中です。
数ヶ月前から激化している関税の増額合戦なのですが、いつものパターンだと思い静観していました。

ところが先週に気になる報道が有りました。
・ 米国の国債の下落の兆候
・ 中国の株式市場が低調の報道

米国国債を誰かが売り始めており、中国の株も誰かが売った訳です。
貿易関税の掛け合いだけに終わらずに、いよいよ経済市場で実弾が飛び始めたとすれば深刻です。

更には、この事態の前の9月末に、
・ 南シナ海において、米国と中国の戦艦同士が接触事故を起こす寸前まで行った報道

この報道の翌週に、上記の市場の動きが有ったということです。
まるで1987年10月のパターンと似た動きが見られます。

でも、市場が動くことは、投資家には悪いことばかりではありません。
市場が落ちても、空売りで利益を上げる個人投資家も沢山います。
こういうニュースも逆に投資に利用して、便乗する訳です。
投資は自己責任だと言うことです

ここで私が気になりますことは、東京証券取引所で昨日10月9日、株式取引の一部がシステム障害を起こした報道でした。
もし、世界市場でブラックマンデーのような激変が生じた時に、インターネットがウイルスで切断された国家の経済相場はどうなるのか?

それを誰が補償するのか? 自己責任の大損失で終わるのか?
これからの投資の盲点は、インターネットの障害により、非常事態が起きても即時対応できず、

・ 変動が終わった後の、世界市場の値段を呑まされる。
こういうリスク想定もしなければ生けない、ネット社会に成ったということです。

私自身は、経済市場への投資は一切しておりません。
ただ、経済指標は仕事に影響しますので、常に見ています。
以上の話は、あくまでも1987年10月19日(月曜日)のブラックマンデーの検証であり、過去のパターンも知った上で、投資は自己責任でしなければ生けないという話でした。

事前にパターンを認識していれば、何事も慌てずに無難に成って行くものです。
逆に言えば、米国と中国が急に和解すれば、市場は急激に戻し、空売りをしていた投資家は危険になることでしょう。
投資とは、本当に怖いものだと言うことでした。


(カレンダーの説明は「10月の自然観察日」を参照)
*【あなご君】(http://www.sinjidai.com/~miyagi/anago-hi-net.html
* 地球上空の電子状態(http://www.swpc.noaa.gov/products/goes-electron-flux)が激しく乱れた場合、その乱れた瞬間の時間から27時間後を注意します。

・ 10月15日、10月22日、10月29日、社会のニュースを静観します。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。
・差別的なコメントを投稿しないように。もし間違ってUPされても、分かり次第削除します。


*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (498)   この記事についてブログを書く
« 選択肢に正解が無い場合 | トップ | 「金で世を治めて、金で潰し... »

498 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-10-10 11:34:58
おはようございます。
今日も記事更新を有難うございます。
幅広い (Unknown)
2018-10-10 11:41:27
神社や霊的な話だけでなく、株や経済の話まで勉強になります。
昨日ちょっとだけニュースで見ました。システム障害は地磁気かな?と思っていました。あなご君をみると茨城の海岸沿いが真っ赤でビックリしました。天気が良いので気を引きしめます。
Unknown (Unknown)
2018-10-10 11:41:49
リーマンショック再来に関して質問されていた読者の方がいたなぁと思いながら仕事していました。要注視したいと思います。注視する事だらけですね。これでもまだアトラクションの始めの始めあたりなのでしょうか。嬉々としながら見ていられる程の肝は無いので、せめて自分を安心させる努力をします。リーマンさん今日もありがとうございます。
質問 女 (Unknown)
2018-10-10 11:43:53
いつもありがとうございます。

白山菊理姫神の数霊は何でしょうか。
アマテラスさまは10,クニトコタチさまは9でしたが、ククリヒメさまは?とふと思いました。
質問です(女性) (7532)
2018-10-10 11:47:20
こんにちは。記事の更新、ありがとうございました。御忙しい中、申し訳ないのですが、質問です。私は、日本の端の方に住んでおり、伊勢も白山もなかなか行くことが出来ません。過去記事に、伊勢、白山の太陽からの電磁波、霊光を生物が浴びると、その霊体は、再生、ククリ直しが成されますとあったのですが、なかなか伊勢白山ルートを往復することは私には難しいです。リーマンさんの先日、出版されました写真集を見て往復することでもククリ直しが成されますでしょうか?なかなか実際の太陽霊光を浴びずにしては難しいでしょうか?もし、宜しければ、御解答、宜しくお願い致します。
Unknown (Unknown)
2018-10-10 11:50:24
昨日のシステム障害はおかしいなと思ってました。連休明けですしね。ダニエルさんは反日親分国に関税に関して更なる追加を発表、インターポール総裁の辞任とかキナ臭い。ニュースよく見ようと思います。
質問 女 (Unknown)
2018-10-10 11:51:12
今朝、昨日分にも投稿しましたが二度手間でしたら申し訳ありません。
半年前から先祖供養にご縁を頂きました。夫婦で供養をしたくて主人に寄り代を書いてもらいましたが、結局のところ私しか先祖供養はしていません。主人は寄り代が入っている仏壇には手を合わせています。寄り代は私が書き直した方が良いでしょうか?
主人の会社経営と本人の体調が優れないので、是非とも一緒に供養をしてほしいところですが、本人が気持ちを持つまで仕方ないことなのですよね。
お忙しい中、いつも更新ありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2018-10-10 11:51:53
ブラックホールが気になりリーマン検索して読んでいました。私の心の状態は宇宙に反映されるので、心がざわつく前に巫女鈴を脳内で鳴らすようにします。
Unknown (Unknown)
2018-10-10 11:55:12
毎日ありがとうございます。
経済、大きな事件や急激な仲直り、に注意していきます。「記帳」マメにしといた方が良さそうですね。
10月28日は巨大地震の特異日だそうなので、合わせて注意していきたいと思います。
Unknown (Unknown)
2018-10-10 11:57:06
こんにちは
新入社員の秋にブラックマンデーを体験しました。あの頃の苦情対応やらの経験があるからこそ、その後、打たれ強い社会人になったとも言えます(笑)
あの頃はまだ金融機関のコンピューター化もやっと始まったなという時代、札勘定は顧客の面前で手作業でした

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事