伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

何が幸いなのかは、後から分かる

2018-11-02 02:04:45 | Weblog

小学生の子供を持つ親が、自分の子供が他の子供達と遊ぶ姿を陰から見ていますと、大人の目から見れば自分の子供が他の子供達から明らかに意地悪をされている場面を見たそうです。

でも、自分の子供は、意地悪をされていることに気付けずに、「アハハ〜」と笑っていたそうです。
それを見た親は、意地悪をされても気付けない、自分の子供が不憫(ふびん:かわいそう)でした。
でも、翌日には、またその子供達と遊びたいと出掛けて行った。

親は自分の子供に、「あなたは意地悪をされているんだよ」と言いたかったのですが、それを言うのも酷な気がしたので止めたそうです。
この話を聞いて私が思い出したのは、ある学生がバイト先で自分だけが意地悪をされると悩んでいた時の話です。

それを聞いた親はピンと来て、「後から入った、あなたの時給が高いからでは?」と言いました。
それから学生が、色々と聞いて見ますと、やはり今の相場で入った人のほうが時給が高いことに成っていたそうです・・・・。

意地悪をされる理由が分かった学生は、ひょっとすると意地悪は自分の思い違いかも知れないという淡い期待を持っていましたが、本当に意地悪をされていたんだと自覚した時に、ポロポロと涙がこぼれ落ちたそうです。

自分が意地悪をされていると認めたく無い部分も、その学生に有ったのでしょう。
だから最初の小学生の話も、「あなたは意地悪をされている」とわざわざ烙印を押すようなことを子供に言わないのが正解でした。

「他人を疑うことを知らない人」・・・・こういう人がたまに居られるものです。
その他方で、他人を疑うばかりの人、過剰に被害妄想に苦しむ人も居ます。
では、どちらの人生が良いのでしょうか?

ここで思い出す話は、「妙好人」(みょうこうにん)という言葉です。
大いなる存在(この場合は阿弥陀如来への信仰。信じるのは何でも良いのです)により、自分が生かされている、すべてが生かされている、という信仰が真に深まりますと、
・ どんな不幸が有りましても、それでも神仏の御蔭で生かされている。

と100%善意に受け取って、アハハ〜と生きて行く人が妙好人です。
それが、とにかく半端ないのです。やせ我慢では無いのです。
こういう妙好人には、コノ世に不幸は有りません。
すべてが阿弥陀如来のように光り輝く世界に、生きることに成ります。

善意1本で徹底的に生きた人は、その死後も天国に行くのは間違いが無いです。
他人を騙(だま)す人生よりも、騙される人生のほうが良い。
他人をイジメる人に成るよりも、イジメられるほうがマシ。

短いコノ世を、どう生きるのか?
意地悪をされても気付けない小学生には、親は誇(ほこ)りを持って、「あなたは偉いよ〜」と、とにかく褒めて上げて欲しいものです。

褒められても子供は「何が〜?」と不思議に思うでしょうが、それで良いのです。
今日も、アハハ〜と生きて行きましょう。

* 地球上空の電子状態(http://www.swpc.noaa.gov/products/goes-electron-flux)が激しく乱れています。その乱れた瞬間の時間から27時間後を注意します。
・ 11月2日、朝から大地を静観しましょう。


生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。
・差別的なコメントを投稿しないように。もし間違ってUPされても、分かり次第削除します。


*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (629)   この記事についてブログを書く
« 気持ちも流して行くことが大切 | トップ | 「ボーッと生きてんじゃねえ... »

629 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お知らせ (伊勢白山道“供養は自己責任・自主判断ですることです” 質問者は男女の性別を書いてね)
2018-11-02 02:06:58
月末前後で仕事が忙しいために、
この記事へのコメント返答が疎かに成るかも知れません。

コメントへの返答が無い可能性をご了承してください。
その上で、コメント投稿と質問は自由にして頂いてOKです。
宜しくお願い致します。

2箇所クリックも、よろしければお願い致します。
ありがとうございます (Unknown)
2018-11-02 02:11:46
リーマンさま 遅くまで ありがとうございます。更新されていて、びっくりしました。防災意識でしょうか?昨夜、東京湾の上に、光る飛行物体がいて、何となくぼーっと見てました。苛めてすごし、後半は、いじめられて過ごしました。これで良かったなと思います。
イジワル (Unknown)
2018-11-02 02:25:26
私はされても平気でしたよ〜、ただ母が笑わない、否定することが辛かったです。母さえ笑えばいいのに!
Unknown (Unknown)
2018-11-02 02:29:51
ドンピシャの記事で、ビックリしました!
私は今、ある渦中にいるのですが、相手から罵声、批判等をストレートにぶつけられていますが、鈍感なのかなと自分で感じるくらい、普通にいられています。
そんなふてぶてしい態度に相手は不快感を持っている様子で、エスカレートされている感もあるような気がしています。
相手に感謝を心中で繰り返しています。
頑張ります!ありがとうございます!
Unknown (1321)
2018-11-02 02:30:09
夜の更新嬉しいです。
どうして自我が生まれるのかお釈迦様の答えを読んで、「自分の身体や生きるためのその働きはすべて借り物だよ。」と言う言葉を思いだしました。その言葉を聴いたとき心が軽くなったけどなんでかな~?と思っていました。2日前の記事を読んで「ああ自我をほどくための言葉だったのか。それで心が軽くなったのね✨。」と納得しました。
☆ご投稿時のハンドル名、ご注意を♪ (8ndle810nde19)
2018-11-02 02:30:12
●ご本名での投稿は「絶対厳禁」ですわな!
●人名も厳禁なのよ~
●漢字名称も避けてねー。
●新たにハンドル名を名乗る際は、数字番号や、記号的な文字列の名前を参考にされてね。


64649349634、pnpkpn123等
Unknown (豆子)
2018-11-02 02:31:37
リーマンさん、いつもありがとうございます。

途中寝てしまってこんな時間に覗いてみたら記事がUPされてたので早速読みましたー。
ふむふむ…、明日も頑張ろうって気持ちになれました、ありがとうございます。年のせいかな?最近忘れやすいんですが、嫌な事があっても忘れやすくて、ちょっと生きやすくなった気がしてます。でもボケてはアカンので、ウコン飲みながら頑張りまーす。
(それより睡眠が大事ですね…(^◇^;))
こんばんは (Unknown)
2018-11-02 02:42:09
おつかれさまです。わ~い!深夜更新だー!記事読んでグッスリ寝ます(+.+)zZZ
遅くまでお疲れ様です! (にこみーの(女))
2018-11-02 02:45:49
妙好人、すごい境地ですね!私は誰かから意地悪されてても、それは自分が他人に対して不機嫌に接していい理由にはならない、と思ってやってきましたが……アハハ~と笑って何も考えずにいられるなら楽しいだろうな~(´Д`;)

今日も遅くまでお疲れ様です!まだお忙しいのですね。
最近、このブログを開くとリーマンさんと共に過ごしているような感覚になります。不思議ね~(*´∀`*)
質問 女 (Unknown)
2018-11-02 02:48:13
氏神様への感謝の参拝は、その土地や地域との縁を深めて、神様が住人(参拝者)を定住させるような事はあるのでしょうか?
その地域が大好きなのに、離れざるを得ない住人は、ただの執着からくる心境で、氏神様からの干渉は関係ないのでしょうか?
この住まい、土地、地域が大好きですが、近いうにに不可抗力で離れざるを得なくなってしまいます。
床供養は、その土地との縁を深められますか?
宜しくお願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事