伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

惰性を根拠にする愚かさ

2008-10-16 19:11:28 | Weblog
読者 :
私は、とある塾で講師をしているのですが、担当している生徒のこ
とで悩んでいます。
その子は中学3年生で父子家庭なのですが、その父親から度重なる
暴力を受け、家出してしまいました。今はとある男のうちに寝泊まりし
てそれなりに楽しんで生活をしているようです。常々心配ではあるの
ですが、彼女にとってはこれも人生の勉強なのかな、と思ったりもし
ます。
 その子のことは私との信頼関係の中でなんとかいい方向にもってい
こうとおもうのですが、常々疑問に思うことがあります。
いわゆるDVをする男には共通の行動様式があると思うのです。自己
正当化、暴力等への依存心などなど。やはり、なんらかの霊的な
影響をうけていたり、また、うけやすかったりするものなのでしょうか。
加害者の男を更生させるのに心療内科という選択もあるようなのです
が、どうも有効ではないような気がするのです。
リーマンさんからみての見解などお聞かせいただければ幸いです。
返答 :
最近、このような家庭内の暴力の話を良く聞きます。
でも、昔から良く有る話です。
特に時代が経済的に貧しい時は、このように家族の中でも
弱い立場の子供や年寄りが被害を受けて来たと思います。
これから経済が停滞すれば、父親は外で受けるストレスを家庭
内で発散させるパターンが増えるでしょう。

昔、ビートたけしさんの伝記ドラマを見ましたが、昔の親の
暴力も相当なものです。 現在なら事件ものかも知れません。
親父さんは、下町のペンキ職人で日中は親方や御客さんか
ら罵倒され、ストレスを抱えたまま帰りに飲んで帰宅するそう
です。
すると、子供の顔を見ると因縁を付けては殴ったそうです。
兄弟みんな、親父が帰宅すると黙々と押し黙って勉強しま
した。 目が合うと叩くからです。 
また、みんなが無視して勉強する事が気に入らなくて、勉強
なんかするなと長兄を殴って、勉強机のミカン箱を雨の降る
夜の外に放り出したそうです。
兄は黙ったまま、ブルブル怒りに震えながら立ったまま勉強
したとのことです。 こんな親父には、絶対に成りたくないと
頑張って、皆さん有名大学に行かれました。
はたして、優しい親だったら勉強したでしょうか?
貧しい時代にはストレスを抱えた、こんな親父が多かったと
思います。 現代の子供では、家出するかも知れません。

この人間としての、学び、修行を霊の介在と結びつけるには、
無理な事があります。
しかし、正しく先祖供養を実践して自分が繋がる家系の霊線
が太い場合は、同じようなストレス条件下でも、反応が違って
来ます。 何とかしようと、明るく頑張れるものです。
家族に当たる事もしません。
自分に関わる先祖が、安心していない状況では、霊線を通じ
て常に悲しさ、苦しい状態、迷う波動を受けている為に、
現実生活では問題が例え無くても、心が不安定だったり、
楽しい場面でも心から何故か楽しめなく成るものです

いままで、色々な宗教方法で先祖供養は実践されて来ました
が、その効果の反映は、正しく個人には現れていません。
意味不明な御経や呪文を唱える事が供養だと勘違いしている
からです。
昔からしている方法だから。 沢山の人がして来たから。・・・
この過去からの惰性が、正しい方法だとする根拠に成って
しまっています。 霊的な意味は、そこには有りません。
まったく馬鹿げた迷信です。
これが間違いだと検証する思考もないし、異論者は異端者に
されるのが現実です。
これの正邪を決めるのは、自称専門家の自己満足では無く、
一般者が行い得られる現実の実感です。
意味の無いチチンプイプイを唱えて、誰が覚醒しましたか?
一般者が唱えて安心の心が生じますか?
過去の風習が正しいと正当化する自称先生は、本当に霊的
実態が分かっているのか?
大の大人が「効くと言う幻想」を信じて、意味不明な言葉を
熱心に唱える姿は、純粋な子供には不思議に見える事で
しょう。
もし、釈尊が現代仏教を見れば、これは誰の教えだと聞く事
を私は確信しています。 何という宗教だと・・・。

全ての先祖供養の方法は、ただの方便です。
先祖の存在へ、気持ちを向けさせる手段、風習であるだけ
です。
一番の大事は、先祖霊へ感謝の気持ちを捧げる事です。

私達が忘れては生けない事は、死んだ存在から影響を受け
るよりも、生きている人間から直接受ける影響が、現実界で
は一番大きいという現実です。
日常生活において、他人からの色々な思い、霊的磁気の
影響を知らずに受けています。
これが有るために、正しく先祖供養の効果が現れない事も
あります。
これを解決するのが、3本目の自分に有縁な生霊をも慰める
供養になります。
楽をして効果を得ようとする者は、何も掴めずに終わるで
しょう。 全ては必ず変化して行きます。 何も確定していま
せん。
未来を決めるのは、今、自分がしている行いです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての人は、左側の「
真客検索システム
」を利用して下さい。
不掲載希望も掲載しますので、良く考えて投稿してください。
コメント (252)   この記事についてブログを書く
« 心配するな、何とかなる | トップ | 自分色が最高 »

252 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふくだ)
2008-10-16 19:20:33
非常に納得します。

今日も生かして頂いて ありがとう御座います
いつも、ありがとうございます(^^) (キミドリ)
2008-10-16 19:25:48
今日も示唆に富んだお話、有難うございました。
私は精神科医をやっておりますが、やはりハタから見るとなに不自由なくとも、ココロの不安定な人たちはいます。

彼らにはお題目や説教や薬剤ではなく、たとえ、短い診察場面でもまずは「安心」を与えるように勤めています。どこまで出来ているかは、本人達しかわからないですが・・・(^^;)

>現実生活では問題が例え無くても、心が不安定だったり、
楽しい場面でも心から何故か楽しめなく成るものです。

 伊勢白山道の先祖供養の実践を直接勧めのはチョット難しいですが、彼ら・彼女らの先祖霊が私の3本目に寄っていただけるならば幸いとおもっています。

今日も生かしていただいて有難うございます。
Unknown (くるみ)
2008-10-16 19:27:21
私は思春期のころから20代前半までは親とも上手く行かず学校でも孤立していて常に死んだ方が楽だなと思ったりしていました。
努力しても上手く行かず常に不安と憂鬱に支配されていて、きっとご先祖様が安心していない状態だったのかなと今思います。

さぼらずに線香供養を始めてから物事がスムーズに運ぶようになった気がします。
太陽黒点が出始めた10日は気持ちが乱れたものの、その後連続して黒点が出ているのに落ち着いています。
供養がご先祖様に届いているのかなあとちょっと嬉しくなりました。

今日も生かしていただいて有難うございます。
未来を変えてみました (たんぽぽ)
2008-10-16 19:29:07
リーマンさん皆さんこんばんは!

黒点週間はいかがお過しでしたでしょうか?私は迷い苦しみ悲しみに息も絶え絶えでした~。
ただの風邪かもしれませんが…。

不安なときに「心配するな」は非常に効きますね。
どん底の心境においても感謝すべきことに目を向け意識して心配しないことで、ピンチをチャンスにつなげることができました。
どのような状況においても、未来を決めるのは今の行い(心口体)だと、知らされた一週間でした。

本当に心から
生かして頂いてありがとう御座位ます
不安な気持ち (みお)
2008-10-16 19:29:34
感謝の気持ちで、今の不安な気持ちを溶かしていきます。なんとかなるさ、心配するな。昔、まだ子供のころ親にこう言って貰うと魔法のように不安な気持ちが溶けていったことを思い出します。いかしていただいてありがとうございます
ぎくりとしました (さわさわ)
2008-10-16 19:29:53
今散歩中にちょうど、
アマテラスオホミカミ
アマテラスオホミカミ

生かして…と言っているが、果たして心から言っているだろうか?
心から言っていないのであれば、我良しで外在神信仰と変わらないのではないかと自問自答していました。
何か鬱々とした気分ですが、焦らずにいきたいと思います。
毎日の更新心より感謝致します。
この世界は霊ばかりですか (かんすけ)
2008-10-16 19:30:47
あー、毎日何事もなく過ごせるのはご先祖様のおかげでしょうねー。よく考えると、世の中でぼーっと暮らしていたら生きていけません。自分ひとりで何もかも考えていると思っていたのですが、自分の考えとおもっていても、別次元からの指示が伝わって思いつくことがあるんでしょう。また、見えないところで護ってもらってないとやばいですよね。
赤ちゃんが親の保護の下で生きているのと一緒です。親は赤ちゃんを危険から遠ざけ、体に良いものを用意し、と子育てのような感じかもしれませんね。
有名な、星の王子さまという本にもありますもんね。
「本当に、大事なことは目にみえないんだよ」と星の王子さまがキツネと仲良くなって、キツネが教えてくれた言葉です。
そういえば、リーマンさんが僕が神界から来たといったので、毎日なんでそんなことをリーマンさんは言ったのだろうと考えてまして、人間は本来神界からこの世にきてまた神界に帰るって話をしていたようにおもいますので、神界からって普通じゃん!みんなもそうじゃないのかな?
ちなみに、星の王子様の作者のように私体が大きいです。
父親 (moyu)
2008-10-16 19:30:55
 納得です。私も子供のころ自分勝手でいつも怒鳴っている父親を毎日見ていました。母をこれでもかというほど傷つけて、家族を省みない人でした。
なぜこの人が父親なのだろう?血がつながっていると信じたくないほど忌み嫌っていました。だからこそ、父のようになりたくないと反面教師として学びました。
 大人になって少しずつ関係も改善して、病気をしたことで父も変わり、私も結婚し子供ができ、これでやっと皆で仲良く幸せに暮らせると思ったのに。
また最近父の我良しの行動がでてきたようです。悲しく思っています。なぜでしょうか?父を見て、人は変われるものだなと思ったのに。これが父の本性なんでしょうか?

実践が重要ですよね♪ (なごしょう)
2008-10-16 19:33:29
リーマンさん、今日も、気づきをありがとう御座位ます♪
最初は本を読ませて頂いて、何気なく始めた先祖供養も、淡々と続けていくことで、特に何か変化が有る訳ではないですが、唯一変わったことが有るとすれば、心境の変化でしょうか?
以前の頃の感情の動きとは明らかに穏やかになりました♪今でも自分のしている行動への反省は有りますし、これからもずっと続くでしょうが、徐々に消化して、淡々と変えていくつもりです。
登山道、これからたくさんの難局はあるでしょうが、「大丈夫、心配するな、なんとかなる」その上で、つらい時こそ、現状への感謝で生き切りたいです♪

今日も、生かして頂いてありがとう御座位ます


ふと、本や、このブログのオレンジは伊雑宮の色?とか思いました♪w
Unknown (さち)
2008-10-16 19:33:30
こんばんは。今日も更新をありがとうございます。
一番左にあるブログランキングをポチッとしたのですが、”惰性を根拠にする愚かさ”が出ていないのですが 私のパソコンの調子が悪いのでしょうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事