伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

心配するな、何とかなる

2008-10-14 18:19:12 | Weblog
老人ホームなどでは、動物を抱きかかえさせたり、動物の
毛並みに触れさせると、精神的に改善する兆候が有ると聞き
ます。室内で動物を飼っている人は、イライラする時に猫や犬
を抱っこしていると落ち着くと言います。
これは、人体に溜まるストレス磁気が、動物の毛に触れる事
により放電される面が有ると、私は思います。
ただ、私は残念ながら、個人的に室内で動物を飼う事に強い
抵抗感は有ります。

意外な事に高名な宗教家でも、動物の毛皮を座る時に使用
する事が有りました。 今では、動物愛護団体からひんしゅく
を買う事でしょう。
インド近辺の聖者とされる人の中にも、虎皮の敷物を愛用す
る人が結構いました。
一休禅師も、動物の毛皮を尻下に敷いていました。
彼の場合は、宗教家に対して民衆が持つ、聖なるイメージを
破壊する意味も有ったと思いますが、瞑想時に余計な霊的
磁気を消して集中する意味も有ったと、私は思います。
これと関係するのか、私は昔から動物との触合い療法とか
毛皮と聞くと、何故か一休の事を思い出します。

一休の興味深いエピソードは、沢山あります。
特に面白いのは、彼が本当に悟りを得たか否かを、最後まで
煙に巻いた事です。
これは、私が感じるには、彼の人間への「愛情」です。
つまり、彼の弟子を始めとして禅に打ち込む人々が、自分は
悟りが分からない、自分は駄目な人間だ・・・等々。 
中には修行半ばで絶望して、自殺する禅僧もいました。

彼の最後の臨終時の言葉は「死にたくない」でした。
悟りを得た高僧とは到底思えない、一休らしい言葉で人生を
終えています。
また、一休が他界する直前、
「この先、どうしても手に負えぬ深刻な事態が起きたら、
この手紙を開けなさい。ただし、本当に最後の絶体絶命だと
全員が思う時だけだ」と、厳しく釘を刺して、弟子達に1通の
手紙を残しました。
そして数年後、弟子達が今こそ師の知恵が必要だと思える
重大な局面が訪れました。
息を殺しながら固唾を呑んで開封して、弟子達の目に映った
手紙の言葉は、一言でした。
「大丈夫 心配するな 何とかなる」 でした。

これらの意味する事は、
「生きている間は、一生懸命に、ただ生きれば良い」
と言う事だと感じます。
「生きている間は、心配するな!
  死んでから心配すれば良い」 と、吉本新喜劇を超える
偉大な方便としても私に響きます。

彼は、間違い無く、根源存在に触れた経験があります。
真の愛情のカタマリに・・・。
人間の持つ悲しいサガを、正直に周りの人間に見せ付けな
がら、真の悟りの一面を世の中に残して去りました。
大いに人生を楽しまれた事でしょう。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての人は、左側の「
真客検索システム
」を利用して下さい。
不掲載希望も掲載しますので、良く考えて投稿してください。

コメント (239)   この記事についてブログを書く
« 間違った余裕 | トップ | 惰性を根拠にする愚かさ »

239 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
内在神を信じて (生かしていただいてありがとう御座います)
2008-10-14 18:25:49
内なる神、自分、先祖、自然に感謝。
Unknown (Unknown)
2008-10-14 18:38:44
また熱がでて、このところのブログ中毒もおかげさまで納まりました。

が、今日のような記事にはついついコメントしたくなります。
情熱的に生きることも大事なのですが、結果に拘っていつまでも悶々とするのも時間の無駄ですね。
最近はやってもやってもどうも?という時には
…はい、お手上げです。流れに身を任せて与えられたことを大事にやりますといった心境です。
ちょっと、タ~イム!
ってのもありますね。

発熱とともにサッパリとしてきました。
ありがたいことです。
ありがとうございます。

あわてないあわてない (ハトちゅん)
2008-10-14 18:40:32
私は、そんな一休さんが大好きです。

生かして頂いてありがとう御座位ます。ハト。
くすの木線香は猫には良くないかも? (くるみ)
2008-10-14 18:42:17
おととい何人の方が教えてくださったくすの木線香を近所の店に無かったのでネットで注文しました。
調べた際に気になったのがクスノキはテルペン系ということで猫には良くないかもしれません。
コメントを読むと猫を飼っている方が結構いらっしゃるようなので、もし使われる場合は換気をしっかりして猫ちゃんに吸わせないほうが安心かと思います。

http://alter.gr.jp/Preview.aspx?id=2015&cls=
クスノキから得るこの樟脳白精油は、ローズマリーに含まれているテルペン系のアロマオイルと類似の性質があり、芳香性と爽快感に優れたものです。

でもねこは代謝の関係で、肝臓で処理できないアロマの成分があるので使用する精油には注意が必要です。
モノテルペンの処理はにがてだそうです。
モノテルペンは柑橘系に多いです。他にもサイプレスやローズマリーにも割と多く含まれています。
http://aroma-sati.jugem.jp/?cid=2

精油と猫
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa4043269.html
「愛しの~」で注意する成分としてあげられていたのは、有害なのは「フェノール類」「ケトン類」、過敏に反応するのは「モノテルペン炭化水素類」(特に「ピネン」「リモネン」)です。

一部の市販本に猫と精油の関係が書いてあり、その記述中にモノテルペン炭化水素類が猫にとって禁忌である、といった内容があるという所までは見つける事が出来ました。
http://klal.blog83.fc2.com/blog-entry-2.html

http://dog.24-7smile.com/diary/archives/962
猫に関しては、
・危険とされる成分を含む精油を使わないこと(モノテルペン炭化水素類のもの。特にビネン、リモネン。ほか、フェノール類、ケトンを5%以上含むもの)。
・天然成分(エッセンシャルオイル、ハーブ)が含まれるペット用品(シャンプー、除菌・消臭剤、防虫剤、猫砂など)も危険かもしれないということ。
・人間用の生活用品(台所洗剤、洗濯洗剤、芳香剤など)でもオレンジなどから作られたものを猫が近づくところに置いておくと危険かもしれないこと。
・フローラルウォーター(芳香蒸留水、ハイドロゾル)なら大丈夫そうだということ。
・芳香浴程度なら大丈夫らしいということ(換気もすること)。
が分かった。
大きな人ほど (Unknown)
2008-10-14 18:43:02
大きな人ほど、自分を偉く見せないように思います。
小学生の頃、一休さんの伝記を読んで悟りを開いたことにとても憧れを覚えました。晩年の姿には今でこそ、すてきだなと思います。
「大丈夫 心配するな なんとかなる」
そうでありたいです。励ましのように感じました、ありがとう御座位ます。 
強い抵抗感とは (タビィ)
2008-10-14 18:43:14
よくない磁気にふれた動物たちが
ダメージをうけるからでしょうか
ありがとうございます (sparrow)
2008-10-14 18:44:45
「内在神と共に」の表紙を拝見させて頂きました
・・・じっといつまでも眺めていたくなるのは何故でしょう?
今日も「生かして頂いて ありがとう御座位ます」
「心配するな,なんとかなる」明るくなれる言葉ですね
なんとかなると感じました。 (SAKE)
2008-10-14 18:46:40
リーマンさん、毎日の更新ありがとうございます。
今日の記事とは関係ないのですが、フト思った事です。これは妄想かもしれません。下品な例え(自分は過去に経験アリ)ですが、トイレで用を足して、ペーパーがなかった時、口から漏れそうになるぐらい、心の中で「紙よー」と叫びました。この時、浮かびました。人は困った時だけ、神の存在を思う。悲しい性分があります。そして、江戸時代に伊勢への「おかげまいり」が流行しました。本当に流行した要因はほかにありますが、○福のCMにあるように「えーじゃないか、えーじゃないか」というフレーズです。現代は「人が見ていないから、えーじゃないか」、「自分の人生だから好きにする、えーじゃないか」というような感じがします。今まさに「えーじゃないか(=我良し)」の時代だと感じています。人類が「我良し」のカタマリになりつつあるから、神は気づかせる為に地球規模の困った事を起こそうと決めたような気がします。早めに人類が気づけば、未来が変わり、被害が最少限度になり、そして人類の成長を促すのでは……。その時まで生きてみないとわからない。今日の記事でなんとかなると思いました。

今日も生かして頂いてありがとう御座います。
こんばんは。 (snow)
2008-10-14 18:47:14
リーマンさん、はじめまして。

「大丈夫 心配するな 何とかなる」

なんだか、励まされました!!

どんなことも楽しく面白おかしく、ユーモアあふれるように生きたいとおもいつつ、考えすぎてくよくよしちゃってばかりでした。

今日は、この言葉に出会えて嬉しいです。
生かしていただいてありがとうございます。
今日も。。。 (i)
2008-10-14 18:47:31
涙が出ました。
ありがとうございました。

今日も 生かして頂いてありがとう御座位ます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事