伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

平時での感謝の気持ちが大切です

2011-01-28 11:31:57 | Weblog

九州で心配されている「宮崎県」にもまたがる、活火山の新燃岳(しんもえだけ)が噴火をしています。
報道される映像は、その爆発力の凄さが畏怖すべき大自然の姿を現しています。普段はおとなしい緑の山も、噴火を始めますと止まりません。
自然の精霊が発動を始めますと、人間的な温情もなく発動をする様相と同じだと感じています。
要は、発動をさせては生けないのです。動き出すと止まりませんから、それまでの過程が「祭り」であり、祭りとは静かに鎮(しず)める事でもあります。
近年の宮崎県は、神界からの告知の地域と成っています。
宮崎で起こった事は、今後のウイルス被害・政治の動き・火山への注意予告です。
また、宮崎でのパワースポット信仰への、神からの戒めも在ります。精霊の怒りです。

神道では、大自然が動いた時は絶対に人間では抑えられない恐怖を知るがゆえに、古来から「平時」(へいじ:変わりの無い日常)における祭りを重視して鎮める行為を行ってきました。
動き出しそうな自然(山・海・川・風・太陽・・・)に神名を付けて、「感謝の気持ち」を捧げることで鎮める祭りをしていました
近年では、本来は大自然を静かに鎮めるべき「要所」である神社が、大自然よりも人間の個人欲ばかりのスポットにされています。
心有る人々から、「生かされている感謝の気持ち」を神社や自分の社会生活の中で、「意識をする」ことが大切です。
感謝の気持ちで止まるものか!と思う人は多いでしょう。
しかし私は、感謝の気持ち1本で、精霊が反応する様相を観てきましたし、現実生活の中での改善を起こすことを数多く体験しています。
本来の神道の行為が、最高・最善・最短であるのは間違いが無いです。

神示である過去記事(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/d49942a01e41bfff17fc39060e297536
)でも懸念していましたが、火山灰への対策が平時から大切です。これは、異常な積雪による家屋の倒壊への対策にも通じています。もし、今の大都会で2mを超える積雪が発生すれば、多くの家が倒壊します。しかし、現実に東京から100km~も走れば、1mぐらいの積雪地帯は現実に在るのです。大空を移動する気候での100kmなどは、僅かな距離に過ぎません。
新燃岳の噴火が九州だけで収まらずに、太平洋側に沿って北上し、伊勢の深奥下を通過して富士山に通じれば大変です。
火山の動きが北上を始めるサインは、紀伊水道の海底での温度変化が起こり、鳴門海峡の渦潮に変化が起こると神示は示します。
逆に良い意味では、新燃岳の噴火が大きなガス抜きと成り、日本列島を静かに鎮めることも可能です。

未来は白紙です。未来はリアルに、生きる人間の心と連動をしています。
やはり家庭での現状への感謝の気持ちが最重要です。すべての世界を鎮めます。
今日も謙虚に、身の回りで感謝の磁気を置いて行きましょう。
悪徳有料先生が金を掛けて集団で旅行する神事などは、すべてニセモノです。ただの集金イベントに過ぎません。神を利用する魔物の行為です。絶対に加担しては生けません。
神様は日常の中に遍在します。静かに鎮めて生きましょう。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

下の三ヶ所のクリックも、毎日宜しくお願い致します~。

人類の 5% 運動を広めたいです。
    
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。
携帯からクリック出来ない場合は、
http://www.geocities.jp/poriporry/m/ 

初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。
タイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。


全ての質問と疑問の答えが、この本にあります。
「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766711009/isehakusandou-22/ref=nosim


簡単な表現の文章ですが、強い改善力を目覚めさせる本です。
「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4391139154/isehakusandou-22/ref=nosim
修正点です。174ページ4行目の続きには以下の文面が入ります。
「いかないのです。まずは、心に神様を意識して生きましょう。」


リーマンの最新著書:伊勢と白山の統合写真集。価格も奉仕です。
伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4270006099/isehakusandou-22/ref=nosim

コメント (544)   この記事についてブログを書く
« 必ず改善できます | トップ | 愛情力は最強の力です »

544 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (ひまわりっこ②)
2011-01-28 11:34:38
苦しいけれど、現状に感謝して頑張ります!
生かして頂いてありがとう御座位ます (夫婦円満)
2011-01-28 11:43:03
日常での夫婦げんか、「主人を生かして頂いてありがとう御座位ます」の感謝想起でやめます。
働いてくれている。生活できるのは主人のおかげ。
目の前の家事に集中します。

有難う御座います (カツ-ワカヤマ)
2011-01-28 11:43:21
リ-マンさん、毎日のブログ更新有り難く拝読しています。リ-マンさんの教養の高さに驚くばかりです。今後ともよろしくお願い致します。生かして頂いて有難う御座います。
再度質問です。 (ビターチョコ)
2011-01-28 11:44:45
昨日は、子供の芸術方面への進路に関する質問に御返答ありがとうございました。
パソコンに不具合が生じてお礼が遅くなりました。
すみませんが、再度、質問なのですが、我が家の場合は先祖の想いではなくて、霊線の詰まりによるもので霊線の浄化に従い状況が変わってくるのだと言う理解でよろしいでしょうか?
その方法が昨日のコメントに記載して頂いたことへの実践ですね。より、真剣に努めます。
Unknown (愉歩)
2011-01-28 11:47:10
リーマン様

本日も心に沁みるお話をありがとうございます。
日常の中に神様が折られることを忘れずに、日々丁寧に暮らしたいと思います。
生かして頂いて ありがとうございます
生かして頂いて ありがとうございます
アマテラスオホミカミ アマテラスオホミカミ
みんなの力 (りこ)
2011-01-28 11:51:05
毎日こつこつ積み上げた小さな行動が、みんなの感謝の気持ちが、やがて大きな奇跡に繋がると信じてます。。。
教えて下さって、有難いです。 (名無しのゴン子)
2011-01-28 11:53:46
 リーマンさん、日々のお知らせ有難う御座位ます。
 本当に神様の事教えて下さって有難いです。いつも、ご先祖様や内在神様やリーマンさんや本当に色々な方、見えない方々、ご存在にお世話になっております、日々の感謝、これぐらいしかお返しできる事ありません。私が日常させて頂いている事は、ほんの少しの事なんです。喜んでさせて頂きます。続けます、このお宮が滅ぶまで、心配めさるなご先祖様、どんなになろうとご先祖供養は死ぬまでいたします。有難う御座位ます。感謝できる事が有難い。幸せなりです。
 生かして頂いて有難う御座位ます。
自然に感謝 (感謝の器)
2011-01-28 11:54:18
日常での感謝の積み重ねの大切さを再認識いたしました。
実際自然から受ける恩恵は限りないものです、これ以上欲を求めず、気づいた心の分だけでも感謝を捧げます。
日々生かされているのはやはり奇跡なんですね。
ありがとうございます。
Unknown (daisuke7)
2011-01-28 11:55:39
おはようございます

今日も謙虚に 生きてることに感謝して 頑張ります

ご先祖様 ありがとうございます

生かして頂いて ありがとうございます

アマテラスオホミカミ アマテラスオホミカミ
Unknown (ぬりえ)
2011-01-28 11:56:34
今日も記事更新ありがとうございます。早速、質問で恐縮なんですが
以前、会社の若い男性が亡くなり、リーマンさんにご相談さそていただき、「三本目のお線香で供養」とご教示いただきました。
ところがさっきなんですが、会社の売店に行ったら売店のおばちゃんが、「昨日、彼が売店に来た。
何も言わずに素通りして行った」と言われました。そう言えば、彼の生前も彼に「頭が痛くないか?具合悪い?」と聞いていました。
そのおばちゃんは自称霊媒師だそうです。このおばちゃんの話しは本当でしょうか?この方の見た霊は彼だったんでしょうか?何か言いたい事があったんでしょうか?
リーマンさん、沢山のメール対応でさらに数増やしてすみません。

Weblog」カテゴリの最新記事