伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

悩みの真相と、滅却方法

2018-06-05 07:28:33 | Weblog

今日は、仏典に見る悩みの解決方法について、紹介させて頂きます。
伝わる仏典は、大般若経を含めて非常に膨大な量です。
でも釈尊が仰ったことは、とてもシンプルなことです。
そのほんの一つの側面から、人が持つ悩みについて考えて観ます。

先ず悩む時は、
自分という存在をよく見て欲しいのです。

私達が、「有る」と思い込んでいることは、
本当は「無い」のです。
例えば、この肉体さえも、部品の寄せ集めに過ぎません。
本当の私は、肉体のどこにも居ません。

では、私達は心に居るのでしょうか?
喜怒哀楽、どれも私達は感じますけど、どれか1つに私達が留まることは無いのです。

・ だから私達は、肉体の総合的な動きの「流れ」の中に居ます。
・ 私達は、心が喜怒哀楽と変化する「流れ」の中に居ます。
でも、これだけではまだ私達は存在しません。
この2つが重なり合った時の「流れ」の瞬間瞬間の継続中・ingだけに、私達は初めて存在するのです。

この2つの流れが離れた時が、死です。
肉体の流れが消えた・終わった、心だけの流れの世界へと移行します。

そこで肝心な、今の私達の悩みを見てみましょう。
「悩みは本当は存在しない」
と言われましても、痛いものは痛い、心配なことは心配です。終わることがありません。

でも、大切なことは、どんな悩みも「流れている」「変わって行く」ということが、上記の肉体と心の流れの中に住む私達には、言えることなのです。
変わらない悩みなどありません。
悩みの状況は、必ず変わって行きます。

ここまで読みましても、まだやはり、心配は尽きないかも知れません。
そこで考えるべきことは、
・ 私達は、誰もが死んで行く存在だということです。
死を前にした時、それを悩む価値が、本当に有る悩みなのでしょうか?
大半の悩みは、ここで削げ落ちます。

それでも残る悩みは、それは自我(ワレヨシ)の執着の悩みとされます。
それは死後も残る、転生に悪影響を残す、今生の自分が創った悪い部類の悩みである可能性が出て来ます。

魂の自由性のために、自我の継続も許されており、死後も自我が持つ悩みが継続します。
この悩みの場合は、それから逃れたくて自殺をしても決して消えることがありません。

自殺により肉体の縛りが消えますと、更に10倍にアノ世で悩みが増幅・巨大化します。
まだ生きたまま悩んでいる方が、10倍も楽でお得でした

このような全体の流れを知った上で、
改めて今の自分の悩みを見て(観て)みましょう。
その時に人は、「観」「自」「在」菩薩(かんじざい ぼさつ)となり、
静観し続けることで、自分の悩みを滅却することが可能だと仏典は示唆していると私は感じます
実践が自分に教え、先行きを導きます。

行け行け、進め進め。滅却の彼方へと。

いかがでしょうか?
皆様の参考になれば幸いです。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (424)   この記事についてブログを書く
« 今の自分の「良さ」に気付け... | トップ | すべては、一期一会 »

424 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お知らせ ( 伊勢白山道“供養は自己責任・自主判断ですることです” 質問者は男女の性別を書いてね)
2018-06-05 07:33:24
もう少しで、一区切りが付きそうです。
コメント返答を、お待たせしております。

半期の締め作業の仕事と用事が非常に忙しいために、コメント返答が疎かに成るかも知れません。

コメント投稿と、質問は、自由にしてください。
でも、無返答でもガッカリしないでください〜

宜しくお願い致します。

いつもの2箇所クリックも、宜しくお願い致します。
お知らせ~ (Unknown)
2018-06-05 07:36:18
19:00~ この差って何ですか?
 危険な食中毒!菌が激増する時しない時の差

やります~
ありがたい存在 (unknown)
2018-06-05 07:41:31
おはようございます。過去何度も記事にしていた抱いたのに静観できない自分の愚かさに呆れました。静寂の中にいるリーマンさんを感じてしまいました。もう神です。あたりまえか・・。
Unknown (Unknown)
2018-06-05 07:45:41
リーマンさんなるほどなと思いました。とても良いお話しでした。ありがとうございます。肉体ありの世界を生きている今を流れにのりながら楽しみたいと思います。明日はお天気崩れる予報です。晴れの今日、生かしていただいていることに感謝して過ごしたいと思います。リーマンさん最近魂が徐々に透明になってきているように思うのです。ありがとうございます。
Unknown (ゆとりすと)
2018-06-05 07:57:02
お忙しいところ今日も記事をありがとうございます。

悩みとは…。
確かに、自分の体調・状態・置かれてる状況が変わると、同じ悩みのはずなのに、都合よく?変わります。
だんだん何に悩んでいるのか、どういう風に解決すれば自分が納得するのか、分からなくなってきます。
悩みを膨らます前に、立ち返ってシンプルに悩み、さっさと行動できるようになりたいです。
質問です 女性 (waitrose)
2018-06-05 08:02:16
先日は、あっせん 補佐人の件でアドバイスをいただき、本当にありがとうございました。
自分で頑張る旨を御本人様にお伝えし、ご快諾でした。

その 個別労働紛争 あっせん が、6月11日に迫ってきました。

労働局側へ、追加資料の最終分を提出し終えたところです。

和解補償金(精神的肉体的苦痛補償金=就労不可となった日〜契約打ち切り日までの給与相当金額、または、同じく精神的肉体的苦痛補償金=某Pグループ派遣会社が離職票発行を半月も遅らせて各公的機関の各認定手続業務を妨害した不可視被害相当金額+医療費総額)で和解解決するとすれば、最大妥協金額はどちらか?と、労働局の担当者から訊かれました。

私は、後者の方が妥当である旨を伝えました。
実際、離職票発行が成されない期間が異様に長かったので(牛歩戦術?)、各公的機関の皆さんも巻き込んでしまって、自分だけの問題ではなくなった経緯があるからです。

某Pグループと円満補償金和解し、最大妥協金額を満額受け取って、サッサとコレを過去のコトと割り切り、私は前へ進みたい・人生を穏やかに歩みたいのです。
あっせん 当日の質疑応答で、私が特に留意することへのアドバイスをいただけますと、幸いです。


被告である某Pグループ派遣会社は、某Pグループ親会社と共に、私が集めた証拠写真や物的証拠などについて、『(私が)故意に自分に対して都合が良いものばかりを証拠として選んだんだろう!病院側が就労不可能と診断書を出してきたがあんたの持病じゃないか?』等と、言いがかりに近い事を労働局に言ってきたそうで、非常に驚愕しました。

更に残念なことに、労働局の担当者も、自分に対する口調から、日本最大規模の某Pグループに言いくるめられている様子でした。

しかし、上記のような不公平なことは一切ないです。
主治医方からは就労開始当初から懸念を示され、勤務絡みで骨挫傷・打撲まで起こった時点で限界であると諭されていました。
先生方の心配を無視して、自分は就労不可と明言されるまで、勤め続けました(ある意味自己責任かも?)。

事実、労働局に提出した『匿名証言』を快諾くださった数社数名のお取引先様の一部からは、私の失敗を指摘なさった方もいらっしゃいます。

偶然にも、ココに応募した履歴がジャンクメールに残っていて、私が長い実務経験と資格を有する『秘書』の募集広告が、自分の応募年月日や個人情報と共に明記されていました。
某Pグループ派遣会社・親会社が『秘書・受付 を募集した事は絶対に無い!』と強く主張していることと正反対で、個人一人で日本最大規模某Pグループと対峙する自分に大変有利な物的証拠となっています。

あっせん の次は 労働審判 ですが、民事訴訟とほぼ同じです。
あっせんと同様に弁護士さん無しで争えますが、個人的には、あっせん だけで 多大な労苦と煩雑な手間と医療費相当分の補償金を得て、終結させて縁を切りたいです。
Unknown (Unknown)
2018-06-05 08:06:38
静観、は言葉にしてしまえば漢字2文字ですが、実践は本当に難しいです。
以前にリーマンさんに質問した時、大事は母子の生活費と住まいです、静観を。とお答え頂きました。しかし、静観出来ずに事を荒立て、こじれてしまいました。
静観していたら、状況は変わっていたのに。
今度こそ静観出来るように、アンガーマネジメント等学び生活していきます。
毎日の更新をありがとうございます。
おはようございます (Unknown)
2018-06-05 08:11:17
リーマンさん、
ありがとうございます。
何だか胸がすっきりしました。
お仕事、一区切りつきそうなのですね。
お疲れ様です。
リーマンさんご紹介の白檀(みのりの)お線香が届きました。細くてきれいな煙が出ます。香りもとても上品です。ご先祖様もきっと気にいってくれましたね。元気モリモリ、今日も頑張ります!。
【過去記事】色々な「動き」に注視します  (Unknown)
2018-06-05 08:18:04
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/b9ec8c26493ce4c22b6871f9808cc6d6
人型の着ぐるみ 07-12-17 
---
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/00daaa72143f4ff38688fb0243cce907
競争して病むことよりも健康第一 12-08-26 老子の言葉
---
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/ccbb30d2e1fccf2d059adeeecf34acf9
日本を予告するカードには、まさに中央構造線から太平洋側への線引きがされています。
これから、中央構造線のラインで起こる自然現象を静観します。
遠く離れた地域も連動すること 17-05-24 自然現象
---
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/9b50c3f4940a0496adb8544a34084fea
つまり、上記の「中潮」の理論から、
* 物質面では、
大地⇒ 肉体面、仕事、環境、生活 ⇒状態が決まっていること、固定化が望ましい。
* 精神面では、
精神⇒ 偏(かたよ)らない中間が良い。ニュートラル。

このようなことを大自然から学びます。
あと気になりますことは、昨今のニュースから、国内テロを注意します。

やはり色々な悪事が露見を始めますと、
* ソレ、から注意を逸らすために
* 悪事への追及、捜査を止めるために
テロなどで騒乱させる悪意に注意をします。
色々な「動き」に注視します 16-02-06 自然現象
Unknown (モタ)
2018-06-05 08:20:59
おはようございます。
リーマンさん、御多忙の中、毎日記事を更新してくださりありがとう御座います。
このブログも、質問への返答も義務でも何でもないのに、回答できないことを申し訳なく思われているリーマンさんに切なくなってしまいます。
これまでの軌跡や信念にちらとも思いを馳せずに、自分の不勉強を棚に上げて身勝手な言葉を投げつける人達。私の実生活の中でもそういう人達が増えました。その都度、黒い感情が湧き上がります。相変わらずのマスコミの有り様にもムカムカします。
なかなか本当の意味での「静観」が出来ません。
人のふり見て我がふり直せ。人のことより先ずは自分。そして一人一人が正しい方向に向かえば、周りに波及していくでしょうか。
最近はニュースや報道番組を見ている時が一番腹が立ちます。偏向報道に印象操作。毎回の漢字や個人名の間違い。勘違いのアナウンサー。嘘吐き解説者。
早く日本からいなくなってくれないかな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事