伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

心だけは曇らせないで、明るく居れば大丈夫

2018-12-03 01:25:06 | Weblog

老子は、
「無用の用」(むようのよう)、役に立たないと思われているものが、実際には大きな役割を果たしているということを示唆しました。

老子の影響を受けた、後世に生まれた荘子(そうし)も、
有用の用」(ゆうようのよう:目に見える直ぐに役に立つ物)ばかりを人は求めて苦労しているが、無用に見える物事の真の価値を知ったほうが良いと示唆しています。

盲腸や、ノドチンコも、不要な物だと勘違いされていますが、実際には未知の役割をしていると感じます。

会社を辞めたいと言う人に多いことが、
・ 自分は、役に立っていないから。
・ 自分なんか居ないほうが、皆んなには良いと思うから。

家庭でも、
・ 私なんか居ないほうが家族には良い。

なんと、人間とは、
・ 自分が役に立っていないことが、苦しい
と、心のどこかで思ってしまうようです。

でも、自分が役に立てないと諦めますと、その次は反発、反骨、攻撃性へと変わってしまう悲しいサガを、人生を諦めた人から感じます。

人間は、誰もが最初は性善説(せいぜんせつ:人間の本性は基本的に善であるとする)。

いや、人間は、性悪説(せいあくせつ:人は生まれつきは悪だが、成長すると善行を学ぶという説)

と古くから2つの説が有りますが、私は誰もが心の奥は善だが、心の表面が曇ることが起きると感じます。

心の表面を曇らせますと、心の奥にも光が差さずに、病気や不運が憑いてまわるという現象が生じます。
でも生きる人は、見える表面のその病気や、不運を取り去ることが大事だと思い込んでいます。

でも、そうでは無いのです。
自分の心を曇らせないことが大切なのです。
今の自分にどんな苦境が有っても、心まで曇らせないこと。
心だけは、明るくして居ることが重要です。

でも、こういう理論は、病気や借金の前では、まさに「無用の用」。
なんの役にも立たないと人は思ってしまいます。
でも人は、明るい心から、すべてが生じる、産み出せる、ことを信じて欲しいのです。

日本神話では、天照太御神が閉じこもっていた暗い洞窟から、岩戸を開いて、出て来て周囲を照らしたことで、世の中が変わった話が有ります。
これからは誰もが、
・ 自分の心を曇らせないように。
・ 心だけは、明るく居るように。
心掛けることを参考にしてください。

昭和時代ならば、なんの変化も無かったかも知れませんが、これからは違う時代の波動に入りつつあります。
「無用の用」が、「有用の用」に変わる時代です。

本当に、そうなるか?
皆さんと一緒に見て行きましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。
・差別的なコメントを投稿しないように。もし間違ってUPされても、分かり次第削除します。


*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (557)   この記事についてブログを書く
« 弱い部分が、長生きをさせて... | トップ | いつも心を安心させているこ... »

557 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お知らせ (伊勢白山道“供養は自己責任・自主判断ですることです” 質問者は男女の性別を書いてね)
2018-12-03 01:27:09
師走の仕事が忙しいために、
できる限り、可能な限り、返答はしたいと思いますが、
この記事へのコメント返答が疎かに成るかも知れません。

コメントへの返答が無い可能性をご了承してください。
その上で、コメント投稿と質問は自由にして頂いてOKです。
宜しくお願い致します。

2箇所クリックも、よろしければお願い致します。
しめ縄の設置場所の図 (ポリポリ しかし、「役に立っているよ!」とだけ言われ続ける永久補欠も辛いですよ)
2018-12-03 01:32:41
昨日の記事の「弱い部分が長生きさせて・・・・・」ですねぇ

■12月にはいり、注連縄もお取り替えなさる方が多いかと思います。あれやこれやと、数年前から変更されていることがあるので、しばらく注連縄関連のコメントをチェックしていなかった方は、要ご確認を。

このブログで注連縄が登場した頃は、部屋の中でもOKでしたが、現在、部屋の中の注連縄は厳禁です。また、玄関出入り口に取り付けるのも、外側が理想で、玄関内側になる場合は扉の真上は厳禁です。

≪ 注連縄 取り付け位置図 ≫

短縮URL https://goo.gl/rnSUd6
http://www.geocities.jp/poriporry/shimenawa.htm
Unknown (Unknown)
2018-12-03 01:33:53
まさしく、自分のことを役立たずのデクノボーと思っていた節があります。
そうは言っても (ワークマン)
2018-12-03 01:34:36
やはり鼻詰まりが治ってきて、口呼吸から
鼻呼吸が出来るようになると、途轍もない幸せな気分になれる👍
Unknown (Unknown)
2018-12-03 01:41:00
リ―マン様 いつも有り難うございます。
私も借金が沢山ありますが、明るく乗り切って生きたい!! 実証していくぞ〜!
ありがとうございます。 (感謝)
2018-12-03 01:43:40
毎日のお勤めご苦労様です。

タイミングよく更新直後に拝見させて頂きました。

感謝の意を申し上げたく、コメントさせていただきました。

毎日本当にありがとうございます。
いつまでもありがとうございます (ゼロ)
2018-12-03 01:46:27
ネガティブな心は、突き詰めれば幸福で在る事を想っている。ボジティブな心も同じ幸福で在る事を想っている。どんな状況でも心は幸福であろうとしている。やはり全ては一つなのだなぁと思いま~す。自分をダメと思う心を否定し嫌悪、分離すれば苦しくなるのは当然であり、行き過ぎれば自滅なのでしょう。どんな自分でも好きで居られることに感謝します。

つい最近に琵琶湖を一望できるレストランで家族と食事を楽しみました。よく晴れた琵琶湖の湖面は、さざ波を立ててキラキラ輝いていました。さざ波は、神様の息吹(命)が吹きこまれ、まさにカミタツ・神達のようでした。神達の神柱は陰陽を自然発生させた。
その本質は一つ。さざ波が10%のオマケである本当の価値も、90%の琵琶湖を知ってこそと思う。色即是空 空即是色の本質も空、無を悟ってこそ有が無の顕れと知るのではないでしょうか。10%の部分から全体を知ることが出来るのだろうか?
「井の中の蛙大海を知らず」・・・しかしカエルには驚く能力があった、ジャンプだ。
10%の部分から全体を知るには、愛情と感謝を原動力としたジャンプではないだろうか?「古池や蛙飛び込む水の音」・・・カエルは静寂とともに。

午後は弓の稽古をしながら防災意識と感謝想起で過ごしました。とても気持ちよく稽古が出来ました。場の雰囲気のオーラが違うと感じたのは、道場にいた仲間も同じでした。
感謝すべきことばかり。いつだって生かされているもん。

追伸・新刊予約のつぶやきコメントに伊勢白山道様からの有難い御言葉に驚きと喜びで一杯になりました。素直に嬉しいです。ありがとうございます。思い立ったが吉日というか、フト宇宙万象のことが思い浮かんだのでした。いつも思いますのは、ナントナクの勘や直感、気付き、それらは時間を超越しています。御先祖様と内在神の導きなのです。感謝!
夜中までありがとうございます (伊吹山のたまちゃん)
2018-12-03 01:46:31
リーマンさん!ありがとうございます。
夜中まで私達のためにブログ更新頂き恐縮致します。💦本当にありがとうございます!昨日、新刊予約しました。楽しみです。おやすみなさい。
お礼 (Unknown)
2018-12-03 01:48:01
リーマンさん、先日、鈴を持っての祓い体操について伺ったものです。まだまだいろいろなものを受け取ってしまう弱い自分ですが、できる限り気にしないように頑張ります。ありがとうございました。
お礼 (Unknown)
2018-12-03 01:50:42
リーマンさん、先日は質問にお答えいただきありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事