ぼぶぼぶ!

米国人気歌手ボブ・ディランさん(77)、予想を激しく上回る名演続出の秋ツアー終了。今年もお疲れ様でした☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016-04-21 東京 (11日目)

2016年04月22日 | 2016年のぼぶ!


ついに11日目。
後半になると毎回「ついに何回目、そして後何日」的な気分だ。
永遠に終わって欲しくない。
正に黄金の日々。
数年か数10年後か分からないが、何億円積んだとしても観ることができない、そんな日がやってくる。

ずっとボブを観ていたい。
2時間終わった後、即またThingsから全編もう一度観たいと思う。



始まる前おかしなことがあった。
入場前会場の入り口付近で一眼レフを持った人が会場入り口とたむろするファンの一群の写真を撮っていた。
「記念か?」と思うが高級そうなカメラなので目を引いた。

会場入り口脇に普通にバロン(ボブのボディガード)が立っていた。
単に色の黒い外人かと思ったが双眼鏡で確認したところバロン100%。
なぜ彼が?
彼がいるということは近くにボブが?
もしや排除すべき観客をチェックしてるとか?!
と、思ったがそんなことはなく、招待した友達を待ってただけのようだ。
ちょっと焦った。

この日は正直、観客席は少し寂しいかな。
オーチャード・ホール、追加以外の日、特に第一週は年配の方々が目立っていた。
今日は・・・周りに知ってる人多すぎ(私の知ってる人=毎日来てる人)。
たまたま追加だけ来た人もたくさんいると思うので、おおざっぱに言って毎日(のように)来てる人で1000人くらいいる勘定か?
言い過ぎか?
ZEPPの時、見知らぬ仲ですが明らかに毎日来てる人がいたけど、今週はお見掛けしない。
全部見る人が回数を抑え、「一度は見たい」と思ってる若いファンが料金のために見送り、、、といったところか。
残念だ。

この日も超良席と思ったら仙台でお会いしたカップルが!
何と私らの隣の席!まじで!!!これも運命?

Things。。。ボブの歌い方すごい!Thingsからメロディ崩してていかにも充電完了やる気一杯です!な感じ。
でも。。。なんだかいつものド迫力ぶりが薄い???あら?
もしかしてこのツアー最初の”OKショー”になるのか?
いつもと声の感じが違う。
(終了後に分かったが数列後ろとか2Fで見た人は「いつも通り凄かったよ」との声多数。
場所?1-2列目の超良席の人に「なんかボブいつもと違う。調子悪いのかな」という声が聞かれたけど、、、、もしかして音のせい?
えっ?

だけど自分が観たものしか分からないので観たありのまま。

ボブからいつものド迫力ぶりを感じなかった。
うーん、凄く良いのだけどド迫力じゃなくて迫力程度。
その分何というか、、、観客が頑張ってた、抑えられない程ボブに感動してか、凄い頻度で声援を送っていた人が複数いた。
正に2014年ノリを彷彿とさせる。
その人の迫力にボブ少しビビってて(ボブっぽい)笑う。

ボブも今日は違うものがあった、ド迫力じゃないけど、他のものがあった。
違う感じだけど凄く良かった。
歌もピアノもいつもに増してクリエイティブだった。
でもそこじゃなくて何か分からないけど違った。

ボブの姿が目に焼き付いて忘れられない。
ピアノは最初から素晴らしかった。
BeyondとDuquesne。
たたたたたたたたたたって鍵盤叩いてた。
しつこいレロレロリフ溜まらん!
Duquesneはボーカルも超面白かった!
後奏も凄い!
ボブさいこー!

Melancholyは前奏も歌も超素敵だがボブの動きも見逃せない。
いつストレッチをするか、いつ踊りだすか一時も油断できない。
ほんの少しメロディを崩して歌っただけなのに息が止まるほどドキドキする。
一生忘れられない程の衝撃を受ける、ボブのことしか考えられない日々が続く。
考えてできることではないと思うので、やはり一種の天才なんでしょう。
歌詞については非常に認められてるらしいが、こっちの方が余程凄いと思うけど。
私は英語が母語じゃないから、歌詞については何とか理解しようと頑張ってるレベル。。。
だけどボブのこの技?の数々は万国共通と思う。
すごい。
ボブさいこー!

I'm a fool to want you
この曲途中でまるで終わったかのようなブレークが入るのだが、日によってはここで観客の拍手が入る。
一部の人が「あまりにも良くて」拍手してると思うのだが、それにつられて「終わりかな?」と思って拍手する人も多いかもと思う。
今日は結構大きな拍手が起こり、ボブこれも大好きですよね(そんなとこが可愛い)、いつもより一拍歌いだすのを遅らせたのを私は見逃さない!
観客に拍手の間を与えるかのようだった。
そういえば一回完全にブレイク入れてまた演奏始めるアレンジ前やってた。
あれもボブ楽しそうだった。


That Old Black Magicは今や超ハイライト!
この日は格別に受けていた(声援のお兄さんに感謝!)
”ふぁいあ~”って歌うとこでしょ、”わっきゃないづー”も。
皆、結構狂っていた。
ここで又女性の声で「かっこいい~~~」出た!
これで3回目と思うが、それぞれ違う女性だと確認済み。
同じ人が3回言ったのではない。
本当にかっこいい。

Tangledは前半の超ハイライト!(さっきも超ハイライトだったけど、これも超ハイライト)

揺らぎのあるメロディに人気のYOUたらららピアノも。
本当に全てが絶妙。
ボブさいこー!
お兄さんの奇声もいい。


「みなそぅ~~~~~~~~~~~ん、ありがつぅ」
何か少し日本語からは遠のいた気もするが自信一杯でカッコいい。
何をやってもカッコいい!
ボブ楽しそう。
前半中両手をよく広げてた。(後半も)
そんな動きだけでもカッコ良すぎてドキドキする。

休憩時はバーへ。
入ってすぐ右手にウォータークーラーがあるので冷たいお水を頂くのです。
結構生ハム人気のようだ。
私は大阪で入手困難なBen&Jerryのアイスクリームをここで食べた。

ここでの過ごし方も板についてきた。オーチャードも、もう6回目となった。

High Waterこのツアーで大好きになった曲。
ボブ、ボーカルで思わぬところで伸ばしたり、恫喝声出したり、鼻声でエヴリフェ~アと伸ばされたり、、、(エヴリウェアと聞こえる時もあるけど鼻抜け声からの流れで”フェ~”って伸ばされた時の方が気絶しそうになる)

シナトラ曲はこの日も、毎日凄くいい。
でも今の自分の興味の焦点はオリジナル曲のピアノと歌の細かい(細かくもない)変化で情念だったり切望だったり何か分からなかったり突きつけられるような、突如崖から逆さづりにされたかのような、絶望の淵を覗いたような、いろいろ湧き上がり続ける、何これ?分からんけど超こーふんで超感動、という所に動いている。
何となくそうなっちゃった。
Early Roman Kingはそんな意味で超ハイライト(3回目)

ショーと関係ないけど近くで誰かがセキュリティの人に連行されてた。
その人は何曲かは帰ってこ来ることができなかったみたい。
(無茶は止めましょう!)

だけどやっぱりシナトラも好き。
既に濃厚なボブ・ワールド、ボブのためにある曲でしょ?状態。
ボブさいこー!

Spiritの人気に関しては日本がおそらく世界で一番かも。
私も大好きです。
私の位置からは見えなかったが、ボブは楽しそうに声援のお兄さんの事を笑ってたらしい(2Fの良い席の人談)。
そのせいかピアノも大変楽しそうな感じだった。
好き勝手に弾いてるようだが、どのフレーズも溜まらん。
歌も凄く好き勝手だった。楽しい!
いいなー、ボブ、いいなー。
例のノーはちょっと言えなかったけど、お兄さんが20人分言ってくれたから良いと思う。

ボブ苦虫を噛み潰したような顔で歌ってるのに、実は「おもろがり」と思う。
興奮しておかしくなってる観客とか大好き。
ボブが悪ノリしだすのも見たことある!
2014年日本ツアーも大変楽しんで頂けたと思う。

そのような流れでボブも元気出たのか?
Scarletで突然、ボブのボーカルの奔流があふれるように爆走する。
ええっ?って思う間もなくボブ・ワールドに飲み込まれる。
怖い。
何か分からんけど感動しすぎて泣いてしまう。
これは、エベレスト間近に見て畏敬の念に打たれるとかそういう世界。
前にいけないけど、、、ある一頭の象に激しく惹かれて、入ってはイケない所にこっそり入ったんです。
その時象も興奮して鼻振り上げて、もしかしてこの鼻一振りとか、この足一踏みとかで死ぬよね私、と思いながらも象の眼に神を見た!的気持になったこと思い出した。
それがディランコンサートと一番近い。
宇宙の気まぐれですぐにポキッと折れて死んでしまうような肉体の自分と「神」と呼んでも良いような存在との邂逅。
素晴らしいわ。ボブさいこー。

号泣状態だったけど、All or Nothing(この歌も好き)でまた楽しくなる。
Long、めちゃくちゃ楽しかった!!!
お兄さんが大活躍。
2014年の風よ再び吹け!って感じ。
ボブが喜ぶ喜ぶ。
お兄さんの方向いて笑いながら歌ってた。
ボブこういうの本当に好きやなーーーー。
お兄さん偉いっ!!!この人尊敬します。

前回、新アレンジ?それとも間違えた?の疑惑があったこの曲、途中少しアレンジ変わってた。
前回も新アレンジの試みだったのか?

Autumnも絶好調。

Blowin'ピアノ最高。
too many people have diedのところの今日の歌い方が最高で思わず拍手してしまう。
でも歌詞的には拍手してはいけないとこだったのかも。
まぁいいか。

Love Sickでお兄さんを含め観客暴走、もう止められない!
ボブのボーカルもいつも以上に熱かった。

今日もOKショーどころか超盛り上がった素晴らしいコンサートになった。
ありがとう、お兄さんと熱い観客のみなさんとボブと彼のバンド。

+++++

衣装の事しばらく忘れてた、前回は赤い刺繍だったかな???思い出せない。

今日は黒いプレーンな長目の上着の黒スーツ。
黒スーツカッコいいよな^^^^。

シャツは襟の所にキラキラ、ラインストーンみたいなのが光ってた。
スカーフ留めはリングタイプかな?
















個人メモ:1CCC SuとT、A登場。餃子3人。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2016-04-19 東京 (10日目) | トップ | 2016-04-22 東京 (12日目) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2016年のぼぶ!」カテゴリの最新記事