ぼぶぼぶ!

米国人気歌手ボブ・ディランさん(77)、予想を激しく上回る名演続出の秋ツアー終了。今年もお疲れ様でした☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016-04-12 大阪 (6日目)

2016年04月13日 | 2016年のぼぶ!
Things、ボブが歌いだした瞬間わかった。
今日は特別。
今日はさいこー!

ボブの何もかもが力強く、何もかもが確信に満ち溢れてた。
ボブは揺るがない。
素晴らしい深い声。
ボブの身体の動きが物語る躍動感。
実際Thingsの間奏時ダンスしていた。
今まで言われていた「ダンス」ではない、もっとダンスなダンス。
ウキウキと小躍りしてるかのように踊ってた。
Thingsの時ほどでもないけど他の曲の時にもダンスしてた。いつもよりもっとダンスモード!


エネルギーが有り余ってるのか!

She Belongs To Meがまた最高。
後も最高続きだったので頭の中で流されそう。書いておきたい。この曲このツアー始まってからとにかく凄い。
全然違う。

後は他の日と重複してるし省略。
全部凄かった。
Tangled 最高。

休憩前にボブまた喋る。
私は「めにぃさんくすありがとぅー」を早口で言った感じに聞こえたのだが、「みなさん ありがとう」と言ったらしい。
Thanks everybodyって昔よく言ってたような気がするのでそうかもしれない!
みなさん めにぃさんくす、みなさん めにぃさんくす、みなさん めにぃさんくす・・・そうかもしれない。

どんどん日本語増えていくのか?
最終日までには「みなさんありがとう。休憩を取ります。すぐに戻ってきますからね」って完璧な日本語で言えるようになるのかも!
世界と共有できないが、それはそれで 例えばCome Rainの初出級(待ってます)の出来事ではあると思う。

その他覚えてる事は。。。

祈りが通じたのかちょっとピアノ聴けた。もっと聴きたいけど取りあえず満足。

The Night We Called It A Day での声は「透明感がある」と言ってもいい世界じゃないの?
ボブと透明感。。。
凄い展開だ。
"in the sky"って伸ばすところが私の目下のお気に入り。

Scarlet Town 怖すぎる。興奮に任せて史上最高のScarlet Townとか叫びたくなる。
ボブ何故かこの曲の時何度も上を見上げてた。
険しい顔で。
Scarlet Townを笑顔で歌われたらそれはその方が怖いが。
大阪は3階空席が目立って残念だ。
このツアー、ボブ絶好調なのに勿体無い!
ボブが客席を見てたのかどうか判らないが、ボブが上を見る度にそれを気にする自分だった。

感動の Long And Wasted Years 。
だけど終わると後ろにちょっと移動して何故かストレッチを始めるボブ。
今までもこっそり脚を伸ばしたり時にはドラムセットの台に片脚を載せて伸ばしたり、色々見た事あるが、もっと本気のストレッチ。
腰に手を当てて上半身を右に左に倒して、その後いつものように片脚ずつ伸ばしてた。
面白い。
あまりのことに笑ってしまった、近隣の観客席からもクスクスとの笑い声が。。。
自然体のボブ素敵過ぎる。

Autumn Leavesの前奏が始まってもまだストレッチモードだったが、歌のタイミングになると短い距離を小走りでマイク前に急ぎ、歌いだすボブ。
この小走り感も大好き。(たまに間に合わない)
そしてそんな感じで幕を開けたAutumn Leaves、甘く切なく最高、超かっこいい。
「え?ステージ上なんですけど・・・今会場全員の視線があなたに集中してるんですけど。。。」と言いたくなるような自然体な行為の直後、スーパーかっこいい。
スーパーかっこええわ!!!!!!と思ってると歌いながら突然お腹掻いたり。
こんなところが堪らなく好きだ。


アンコールのBlowin' In The Wind は毎日素晴らしい。
最後まで気を抜ける曲はひとつも無かった。
怖いほどのテンションで駆け抜けた1時間50分(休憩あり)、ずっとボブ・ディランに釘付け。
ボブ・ディランに毎日釘付け!

今日の衣装。
白いシャツ復活。スカーフ留めは仙台で見た大きい方。
帽子の飾りは、羽根かな?判断できず。
靴は白かクリーム系のブーツ。
スーツは今までと違うもの。刺繍、なんて言って良いのかわからない。
刺繍っぽい刺繍でパンツにも横センターラインに沿って刺繍。セットだと思われる。
背中にも後ろ身頃の切り替えにそって白いラインが入っていた。



Facebookで驚くべき情報が、ある方があの3本マイクについてアメリカ人スタッフに聞いたら「操作してるのは真ん中の一本だけ」と言われたとのこと。
えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
「障害物」って呼んでたんだけど、まじでボブの嫌がらせ?
鏡、胸像、目潰しライト、色々あったから冗談でそう呼んでただけなんだけど?
「障害物」確定か?客席からのビデオ、写真が嫌なのか?
一列目ゲットして「おっしゃー!」と喜んでるファンに過去お顔が見えなかった事例発生してるのですけど
自由奔放なストレッチシーンは気前よく見せてくれるのに。
どうして?
??????????????












個人メモ:奈良、2CC、S+兄さん、子供。IrishPub,禁煙席にSとN,Tにストレッチ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2016-04-11 大阪 (5日目) | トップ | 2016-04-13 大阪 (7日目)  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2016年のぼぶ!」カテゴリの最新記事