函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む50代店主の趣味と感じたことの
日記です。

平清盛、義朝は大出世したのです!!

2012-06-05 | 歴史

①宇治か近江国に退いて東国からの援軍を待つ。

②崇徳上皇を奉じて東国に下り東国武士を招集する。

③先手を打って皇居に夜討ちをかける。

為義が献じた三つの策がことごとく拒否されます

京都育ちのお坊ちゃま・頼長には京都から離れて戦う気などなかったの

でしょうね

前九年・後三年の役のように戦場から離れた京都から命令を出すだけで

何もしない摂関家。

時代は流れているのに権威だけにしがみついて何も変えようとしない頼長。

摂関家が絶対権力を握っていた藤原道長の時代に戻ろうとしていたのでし

ょうが、院政を境に摂関家は凋落する一方ですね

 

兄弟の争いに勝った兄の忠通は藤原の氏の長者を後白河天皇から認めら

れています

元来、氏の長者は天皇から認められるものではなく摂関家の先見事項なの

です。

忠通にとっては屈辱だったでしょうね

摂関家内部 の事にまで口を挟む後白河、その陰には信西の姿がちらつきま

 

結局、勝っても負けても摂関家が国を動かす時代は終わろうとしていたのです

500年近く続いた藤原氏による摂関政治の終焉ですね。

摂関家に替わり武士による政治が直ぐそこまで近づいていますが、立ちはだか

るのが 朝廷、天皇や新しく力を持った公家がせっかく手にした権力を直ぐには

手放しません

 

ところで

保元の乱の恩賞で清盛の弟・教盛と頼盛が内昇殿を許される身となりますね

教盛の母は待賢門院の女房で崇徳上皇とも親しく頼盛の母・宗子は崇徳上皇

の子・重仁親王の乳母なのですから教盛と頼盛が崇徳上皇側に付いても不思

議ありません

戦前の見方も崇徳上皇側として見られていたようです。

もし両名が崇徳上皇側に付いていればかなりの軍勢となった筈です。

軍勢の数だけでは勝敗は決しませんが、かなり際どい戦いになったでしょうね。

清盛は勿論ですが、教盛・頼盛に対する戦後の扱いを見ると後白河側も両名の

功績を高く評価していたのは間違いなさそうです

 

恩賞と言えば…

清盛→播磨守、義朝→右馬権頭→左馬頭、恩賞にかなりの開きがあるようです

ね。

保元の乱で一番活躍したのは義朝だと言われています。

この時の恩賞に対する恨みが平治の乱への引き金になったと言われていますが、

果たしてそうでしょうか??

戦の前の清盛は公卿目前の地位にあったのです

一方の義朝は受領としては最下級の下野守、官位としてはかなり開きがあります

右馬権頭(後に左馬頭)になっただけでも義朝は大出世といえますね

 

 

 

コメント   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 団子日和!! | トップ | 三つ葉とゼンマイ!! »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

25 トラックバック

「平清盛」第22話。 (Flour of Life)
「平清盛」第22話を見ました。「保元の乱」のその後の話です、が…頼長様ー!!
平清盛 第22話 感想「勝利の代償」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
平清盛ですが、藤原頼長(山本耕史)と平忠正(豊原功補)の二大ネチラー最後の回かと思いきや、忠正はまだまだネチネチと粘ります。逃げ惑う頼長の周章狼狽は、古今和漢に比類なき才を誇り悪左府とまで呼ばれた男の見る影もありませんが、大急ぎで持ち出した万巻の書籍だ...
NHK平清盛(22)勝利の代償:頼長も信西も~ (MuBlog)
承前:NHK平清盛(21)保元の乱:一騎打ちと飛び道具 NHK大河ドラマ公式あらすじ  藤原頼長が成長したのは宇治市らしい。宇治市というか木幡近辺には沢山の宇治陵(藤原家の墓)があるので、宇治全体が藤原家の別荘地で同時に墓所地だったようだ。  宇治は奈良と京都...
【平清盛】第22回 (ドラマ@見取り八段・実0段)
保元の乱がついに終結。負傷した頼長(山本耕史)、山に逃れた崇徳上皇(井浦新)に悲劇が…。 さらに敗走中に捕らえられた忠正(豊原功補)と為義(小日向文世)に、信西(阿部サダヲ) から下された信じ...
大河ドラマ「平清盛」第22話 (またり、すばるくん。)
第二十二回「勝利の代償」 視聴率11.0%  
『平清盛』 第22話「勝利の代償」 (英の放電日記)
 戦の終末、そして、それぞれの思惑、悲しみ、絆、愛などが盛りだくさんだった。しかも、それらが単なる羅列ではなく深いものだったので、見ごたえがあった。 頼長の最期  今回一番印象に残った。  頼長(山本耕史)が矢で首を射られたシーンでギクッとさせられ、父・...
平清盛 第22回 (to Heart)
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/松田翔太/山本耕史/西島隆弘/田中麗奈/武井咲/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/井浦新/上川隆也/國村隼 第22回 「勝利の代償」 11.0% ....
闇を切り裂き、俺は燃えよう、俺は滅び去る者(山本耕史) (キッドのブログinココログ)
「台記」の作者である悪左府こと宇治左大臣藤原頼長が実在したことを疑うものはいないだろう。 「台記」が悪左府の日記であることを疑うものも少ないだろう。 たとえ、自筆原本が失われて存在しないとしてもである。 それほどに「台記」は人々に愛されてきたわけである。 ...
平清盛 第22回 勝利の代償 (レベル999のgoo部屋)
『勝利の代償』 内容 後白河帝(松田翔太)と崇徳上皇(井浦新)の戦い。。。保元の乱。 清盛(松山ケンイチ)義朝(玉木宏)のついた後白河帝が勝利し戦いは終結。 崇徳上皇だけでなく、上皇についた頼長(山本耕史)らは、逃走を始める。 一方、清盛、義朝は、武士の...
NHK大河ドラマ『平清盛』第22回「勝利の代償」 (よくばりアンテナ)
戦の後の悲劇をきれい事じゃなく、こんなに悲惨に描くなんて。 ちゃんとしてるなぁと驚いちゃいました。 帝方が勝利を収め、敗者は散り散りに都から脱出しました。 上皇はついてきていた武士達に自分を置...
平清盛 第22回「勝利の代償」 (みはいる・BのB)
今週も『平清盛』のお時間でございます♪ あらすじ・・・・
「平清盛」 第22回、勝利の代償 (センゴク雑記)
大河ドラマ「平清盛」。第22回、勝利の代償。 ふむ・・・戦い、その後ってとこ。 盛り上がりとかはなく、次回への合間の回かな。
平清盛「勝利の代償」 (ニセ吟遊詩人@放浪記)
総合の本放送がサッカーのワールドカップ予選と丸かぶりなので、視聴率がさらに低くならないかと余計な心配をしてしまいまする。 で、乱後の処理。 信西・オン・ザ・ステージ! ってな感じですよ。 清盛も義朝も
大河ドラマ「平清盛」第22回 (日々“是”精進! ver.F)
チチウエ…チチウエ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206030003/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げランキ...
平清盛22回「勝利の代償」 (きいろいくままおう)
忠正のターン、そしてさすがやで得子様22話。 忠正のターン色々あったけど、やっぱ
平清盛 第22回「勝利の代償」~叔父上は一門に欠かせぬお人にございます! (平成エンタメ研究所)
 物語が盛りだくさんですね。 ★清盛(松山ケンイチ)と義朝(玉木宏)。  義朝に「友」と言われて照れる清盛。それをあわてて否定する義朝。剣の名前は<ひげ切り>? ★崇徳上皇(井浦新)は<ひとつも思い通りにならなかった自分の人生>を嘆き悲しむ。 ★頼長(山本...
平清盛 #22「勝利の代償」 (昼寝の時間)
公式サイト 逃亡中に矢に首を射抜かれた頼長。うう、痛そう。洛中を逃れた崇徳院は、
『平清盛』 第22回「勝利の代償」 (ふるゆきホビー館)
JUGEMテーマ:大河ドラマ保元の乱は、帝方の勝利でおわりました。しかし、これからの戦後処理こそ問題。清盛は叔父の忠正と、義朝は父の為義はじめ、兄弟たちとも戦ったわけです。その忠正は、伊藤忠清の配下に捕らえられました。いっぽう、源氏の館には、尾張で捕らえら...
平清盛【第22回】NHK大河ドラマ (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
勝利の代償  「播磨守清盛。そなたの叔父 平忠正とその子、長盛、忠綱、雅綱、道雅の処分が決まった。死罪じゃ。今のべた罪人どもを、斬首せよ」by信西(阿部サダヲ)。 うわ~~~~、戦後処理引っ張るのか…。2週にわたらせるのか…。鬱展開引っ張らなくてもいいのに…...
NHK大河ドラマ「平清盛」第22回「勝利の代償」 (真田のよもやま話)
 ここんとこもうすっかりダークサイドに落っこっちゃった感の信西入道、先週も怖かったですねえ。いえ前々からこういう路線だろうと薄々感じてはおりましたけど、私的にはもっとこう、ねずみ男っぽく憎めない悪役になるかと思っておりました。こうなりますと悪の枢軸!っ...
平清盛 22話 感想 小日向文世 (ドラマとアニメの感想日記)
「平清盛」第22話「勝利の代償」を観た感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 保元の乱が終わった後、負けた崇徳上皇側は追われる側に。 うわ、頼長の首には矢が~~! 見ていて痛々しい~><; 崇徳上皇も家臣一人を残して見捨てられ、すっかり生きる気力を失って...
【平清盛】第22回感想と視聴率「勝利の代償」 (ショコラの日記帳)
『ATARU』でもお伝えした通り、裏のFIFAワールドカップサッカー・アジア地区最終予選『日本×オマーン』(19:30-21:35)の視聴率は、31.1%(関東地区)でした。そのせいか、今回の関西...
【平清盛】第22回感想と視聴率「勝利の代償」  (ショコラの日記帳・別館)
「勝利の代償」 『ATARU』でもお伝えした通り、裏のFIFAワールドカップサッ
平清盛 第22回感想 (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
まずは大河とは関係ないですが、ザックジャパン、最終予選の初戦、3-0ですかね、おめでとうございます!!(^^)連れ合いはこちらをずっと見ておりましたがわたしはもうね 今日はね ...
平清盛 第22回「勝利の代償」感想 その1 (トホホなたわごと)
「チチウエ、チチウエ・・」 とうとうこの日が来てしまいました。敗者の崇徳院・頼長サイドを全力応援してきましたが、ドラマ的には今までで一番素晴らしかったです。 ◆◇◆ 勝ち戦で、死者も少なかったとはいえ、源氏も平氏も身内を亡くした者はいます。長田忠致も先...