函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む店主の趣味と感じたことの
日記です。

時代が求めた政治家・阿部正弘!!

2008-03-09 | 歴史
篤姫の教育方針に変化がありましたね
今度はお姫様教育ではなく、御台所教育
に変わったのです。
そんな事とは露知らず、篤姫は何事にも
興味をしめしません
そんな篤姫に幾島はついに真実を明かそ
うとするのですが…
幾島に代わって斉彬が篤姫に本心を伝え
ましたね
それを聞いた篤姫、なんと鶴丸城から脱
出を試みるのです
直ぐに幾島に見つかりましたが…
観念した篤姫ですが、やはり普通の女の
子ではないのです。
なにせ自分で納得しなければ前に進めな
い性格なのですから
『自分を利用するのか』と問いかける篤姫。
『その通りだ』と答える斉彬。
大混乱に落ちてっている幕府を立て直す為、
外様大名の自分の発言力を増す為、篤姫を
利用すると言い切る斉彬
女でしか出来ない事があるのだと
しかし、包み隠さず話す斉彬の言葉に篤姫
は心を動かされるのです。
ついに将軍の正室になる事を決意した瞬間で
すね

一方江戸では、海防参与となった水戸斉昭が
相変わらずワンパターンの攘夷論を振りかざ
し、アメリカの国書に対しての意見が中々ま
とまりません
しかし、老中の阿部は各藩の意見を聴くと云
う前代未聞の政治手法をとる事には一応成功
したと言えるのです
今までの幕政は、殆ど親藩が動かしていたの
ですから大きな前進と言えますよね。
政治家・阿部正弘は混迷している幕末にあた
って見事な舵取りをしたと思うのです
おそらく、手を拱いていたら日本中が攘夷論
一辺倒になり結局、欧米諸国に蹂躙され列強
の植民地になっていたでしょうね
アヘン戦争で負けた中国の様に…
優柔不断の代名詞の様に言われている安部正弘
ですが、時代が求めた政治家だと僕は思ってい
るのです

阿部はアメリカとの間で領事を駐在させる事と
函館と下田を開港する事に同意するのです。
いわゆる、日米和親条約を締結です
この条約締結の最大の難関は水戸藩、とりわけ
攘夷の強硬論者、水戸斉昭を説得する事だった
のです
しかし流石の斉昭でも、今まで見た事の無いア
メリカの軍艦を目の前にして攘夷を実行せよと
は言えませんよね。
条約締結はある意味、安部の思い通りになった
と言えるのです。

その阿部も条約締結の一年半後、初代日本領事
のハリスとの間で始まった通商条約締結の交渉
のさなか39歳という若さでこの世を去ってしま
います
もう少し長生きしていたら、安政の大獄は起こ
らなかったかも??知れませんね
大獄がなかったら、日本の頭脳の多くを失う事
もなかったのです。

安部正弘の後を継いだのが堀田正睦ですが、朝
廷との交渉が暗礁に乗り上げ失脚し、続いて井
伊直弼が登場するのですが、ご存じ桜田門外の
変で暗殺されてしまうのです
井伊直弼が死んだ後は、良い悪いは別にして指
導力の有る政治家がいなくなったと言っても過
言ではないのです
結局、江戸城無血解放の交渉で幕府代表が勝海
舟だった事をみても明らかなのです。
そう云う意味でも安部正弘が早死にした事が悔
やまれてなりません




コメント (7)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 弥生賞GⅡ!! | トップ | 六花の焼きそば〈ソースあん... »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちはです (ikasama4)
2008-03-10 13:47:17
江戸を戦火に巻き込まないためには

相手がこちらと戦わないようにするだけの武力が必要である

そのためには開国も止むを得ない

そういう方針をとっていった阿部正弘は
たしかに評価されるべきものがあると思いますね。

攘夷派である徳川斉昭とは目的が違えど
その手段として海防強化という点では一致している。

この辺りの人の使い方もなかなかなものです。


幕府の体制に関して色々ありますが
「日本を戦火に巻き込ませない」という方向性が
後の江戸城無血解放に繋がっているのかもしれません。



尊皇攘夷って天皇第一
異国の者を討ち払い
天皇のためならば命も投げ出す

もし、徳川斉昭のような人達が国家を政権を握ったとしたら

その終焉の形として
太平洋戦争のようになっていたのかもしれませんね。
同感です!! (ISEッチ)
2008-03-10 16:00:56
仰る通り、自国防衛の為の抑止力は
必要なのかも知れませんね。
幕末を動かしていた人は、個人は勿論
藩の為だけではなく『国家』を考えていた
のだと思うのです。
斉昭の様な人物が実験を握っていたら
大変な事になっていたでしょうね。



オバマと小泉さん (青柳洋介)
2008-03-12 09:25:33
オバマと小泉さんの違い

オバマの政治手法は、ネットなどを利用した若者参加型のグラスルーツが大きな力を発揮している。単に、オバマの格好だけではなくて、中身も含めて、若者は選択しているのだと思う。

小泉さんのは、靖国を利用して、「改革」を叫んだ。姿がカッコイイので、真似をして小泉さんについていけば、甘い汁が吸えるという「強いものについていけば、いい目が見れる」。つまり「寄らば大樹の陰」的な消極的な考え。格好を真似すればいいという幼稚なもの・・・

これこそが、日本の大きな問題点なのだが・・・ 個人として「自立」できない・・・

だから、オバマ現象と小泉劇場は、「似て非なる」ものなのです。

オバマは「J.F.Kの再来」、小泉さんは「サムライ」でしょ?

サムライは「映画の中」ではいいけれど、国際政治には通用しない・・・

青柳洋介
一目瞭然 (青柳洋介)
2008-03-12 09:32:02
小泉劇場の若者は、「はかま」をはいたり、「靖国参拝」したり、「鉄砲」を担いだりしていました。

オバマ現象では、若者は「ノートパソコン」片手に活動しています。

だから、似て非なるものなのですが・・・
Unknown (iseッチ)
2008-03-12 12:34:17
民主党どうしの争いが過熱すればするほど
漁夫の利で共和党のマケインが勝っちゃう
かもしれませんね??
北条早雲 (柳洋介)
2008-03-13 09:03:09
昨夜、偶然にも北条氏の番組をNHKで見ました(そのとき歴史が動いた?)。

北条早雲は、「民のことを考えた名君」だったみたいです。

減税?などもやったようですが・・・

おはようございます!! (iseッチ)
2008-03-13 09:33:53
仰る通り、五公五民を四公六民
変えたといいます。
農民の取り分が増えた訳ですか
ら減税でしょうね。
その分質素倹約をした様です。
今の時代の財政再建にも通じる
ものがありますね。

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事