函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む50代店主の趣味と感じたことの
日記です。

真田丸、大博打の始まり???

2016-02-15 | 歴史

真田は誰の下にも付かん!!」

「この信濃がある限り大名達と対等に渡り合える!!」

又々、昌幸の思い付き発言炸裂。

言ってる事は一見説得力がありそうですが、この先も大名達の

顔色を伺い生きていかなければなららい真田家、とても対等に

は渡りあえないのです

「どんな手を使っても真田を守り抜いて見せる」「大博打の始まり

じゃ~」、昌幸にはこの言葉の方がピッタリ

沼田・岩櫃を確保して大名達が繰り広げる覇権争いを尻目に真田

家存続だけを考え渡り歩くつもりなのでしょうね

権力者は勝ち続けなければいけませんが、家の存続が最大の目的

となれば何でも出来そうですね

ところで

滝川一益や森長可は結局領土を放棄して撤退しますが、甲斐に残っ

ていたのが川尻秀隆

この機に乗じて甲斐に侵攻したい家康は秀隆に撤退を進めます

情報も少なく動揺していた秀隆は何と!!家康の使者を殺してしまう

のです

家康に攻め滅ぼされると思ったのでしょうか?

信長親子が亡くなったとはいえ織田家は残っています。

もしかして織田家全体を敵にまわすかも知れないのですから秀隆が甲

斐にいる以上家康も迂闊には攻められません

秀隆の狼狽振りが見て取れますね

家康は一揆を起こさせ間接的に甲斐攻略に取り掛かります。

結局、秀隆は一揆の首謀者に殺されてしまいますが、一揆の陰で糸を

いていた家康に殺されたと言っても過言ではありません。

絶対君主がある日突然いなくなるというのはよほどの事、正確な情報収

集が出来ていたかが生死の分かれ目だったようです

甲斐の国主・川尻秀隆が亡くなると家康は堂々と甲斐制圧へと動き出します

甲斐でも信濃でも家康は旧武田家家臣を使い領土拡大を目論みますが、

用意周到でしたたかな家康の真骨頂ともいえます

 

昌幸も素早く動きます

沼田・岩櫃の両城を回復しますが、真田家だけでは存続が危うい状態に変わり

ありません。

昌幸は上杉→北条→徳川と同盟相手を替え何とか生き延びましたが、思わぬ

事態に…

天敵だった北条と徳川が和睦、昌幸にとって青天の霹靂だった筈です

北条・徳川が不可侵条約を結んだだけなら真田にとっても大した問題ではなか

ったのですが、甲斐・信濃は徳川、上野は北条と決定

昌幸が領有していた上野の吾妻領・沼田領を北条に返還せよと家康からの命

令が!!

 

 

真田にとっては死活問題、家康から代替え地を貰っていないと主張し昌幸はこ

れを拒否

 

しかし、家康も上杉との対決を目論んでいたため沼田領問題を黙殺していたら

しいのです

 

当然、徳川と真田の関係も険悪な状態となります

一難去って又一難、昌幸に休息は当分なさそうですね

 

 

 

コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 真田丸、運が無かった一益!! | トップ | 真田丸、裏切り!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

真田丸 第六回「迷走」 (事務職員へのこの1冊)
第五回「窮地」はこちら。うちの読者には歴史好きが多いんだろうか。城マニアにつづいて別の読者からもレスが。今の真田丸のおもしろいところは、もはや戦国の後始末の部分を描いているのに、直載にそれを描かないところで、徐々に盛り上げて……うんうん、...
大河ドラマ 真田丸 第6回「迷走」   感想 (架空と現実の雑記帳)
抜け道を使って安土城外へ脱出できた信繁(堺雅人)一行でしたが、明智の兵に見つかり、さぁ大変。しょせんは多勢に無勢。神君伊賀越えのときの半蔵の「押し通します」作戦とは対照的に、一行は散り散りに。松姉さん(木村佳乃)は火曜サスペンス劇場並みの断崖絶壁に追い...
大河ドラマ「真田丸」第6回 (日々“是”精進! ver.F)
この国が、好き… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602140001/ 真田幸村と真田丸価格:1,058円(税込、送料込)
真田丸第6回「迷走」 (森の中の一本の木)
今更ですかと言われそうですが、今頃になって「タイトル」が楽しみになってきました。 「新選組!」の時もタイトルには拘りを見せていましたが、「真田丸」でもこれはずっと二文字の熟語で行くんだなと、その拘りに嬉しく思ったりもしたのです。それに気がついたのは3回...
真田丸 第6話「迷走」 (昼寝の時間)
公式サイト 本能寺の変、直後の安土。信繁(堺雅人)は松(木村佳乃)を連れ信濃へ逃
真田丸 第6回 (レベル999のgoo部屋)
『迷走』「無念の涙生きてこそ」 内容明智の兵のいる安土から脱出を試みる信繁(堺雅人)たち。城内にいた姉・松(木村佳乃)だけでなく、女子供も連れて逃げはじめる。信繁、三十郎(迫田孝也)茂誠(高木渉)が奮闘。佐助(藤井隆)も加勢。だが追っ手に囲まれてしまい...
真田丸 第6回「迷走」~信濃があるかぎり、大名たちと対等に渡り合える! 大博打の始まりじゃ! (平成エンタメ研究所)
 『覇権か、生存か』  ノーム・チョムスキーの本のタイトルだが、今回の話はまさにこれ。  <覇権>を目指すのは、羽柴秀吉(小日向文世)滝川一益(段田安則)ら織田家臣と北条氏政(高嶋政伸)ら戦国大名。  <生存>を目指すのは、真田昌幸(草刈正雄)、そして徳....
恋はため息と涙でいっぱい・・・信繁様への真心ゆえに(長澤まさみ)終わりの始まり(段田安則) (キッドのブログinココログ)
安土城がいつ炎上したのかには諸説ある。 安土城といっても巨大な城郭であるために・・・全焼したという確証はない。 大きなパーツを考えても、天守閣、本丸、二の丸、城下町が存在する。 このうち、本丸は天正七年(1579年)には落雷で一度、焼失したという説がある。 天守...
【真田丸】第6回プチ感想と関東・関西視聴率「迷走」 (ショコラの日記帳・別館)
副題「迷走」 新聞ラテ「無念の涙 生きてこそ」 第6回の関東の視聴率は、前回の1
大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い6昌幸は氏政が上野を狙う事を見越して一益を見限る動きで岩櫃と沼田奪還に動き出した (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」第6話は安土から逃亡する事になった信繁と松だったが、明智兵に見つかってしまい、そこで松が琵琶湖に飛び降りて行方不明となる。亡くなったと悟った信繁は ...
NHK大河ドラマ「真田丸」第6回「迷走」 (真田のよもやま話)
迷走と言ったら、模擬訓練で悪乗りしたあげく本物の犯人に拉致されてユージと薫が絶体絶命・・・それはあぶない刑事のエピソードでしたか!こりゃ失敬!でもでもほらほら、ユージ様の柴田恭兵様がチョイ役で出ていた「プロハンター」のダブル主演が昌幸パパ上様の草刈正雄...
【真田丸】第6回 「迷走」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
本能寺の変、直後の安土。 信繁(堺雅人)は松(木村佳乃)を連れ信濃へ逃げようとするが、明智兵に見つかってしまう。 追いつめられた松は思わぬ行動に。 真田の郷では、「信長公のあだを討つべし」と正論を主張する信幸(大泉洋)に対して、昌幸(草刈正雄)の策は意...
真田丸 第6回「迷走」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 第6回「迷走」あらすじ・・・・