笑顔の毎日を

笑顔の毎日を送っていこう

★免疫力を高める6つの方法

2020-01-19 07:14:47 | 日記

 

 昨日は激寒!みぞれもちらほら…外で働いているんだなぁ…本当にお疲れさまです。頭が下がります。センター試験の日は毎年天気が悪いですね。1990年から続いてきたセンター試験は今回で最後となり、2020年度からは大学入学共通テストに切り替わるそうですね。名前が変わるから来年からはお天気になるかしら?


 疲れたときには甘いもの、をと、そうそう、栗きんとんを正月も終わりましたが作ろうと、買い物に行ったのですが、栗が売っていなくて。正月に作った栗は、お義母さんと秋のうちに地元の栗をむいて冷凍しておいたものを作ったのでできたのですが…ってなわけで、栗のない栗きんとん。あ、芋きんとん(笑)さつまいもペーストになっちゃったー(笑)私は甘みを蜂蜜で作るので、お腹(腸)にいいですよ♪※蜂蜜の効能…蜂蜜に含まれるグルコン酸にはビフィズス菌を増やす作用があります。ビフィズス菌は、腸の働きを促進する効果があります。グルコン酸の摂取は結果的に便秘解消に繋がるのです。



 そんなこんなで昨日のお弁当。温めて食べてくれたかな。ミニトマトが温まっても暖かくして食べてねー。トマトは加熱をすることで、生の状態に比べ「リコピン」の吸収率が増加するんだよー。※リコピンの効能…非常に強い抗酸化作用があることが分かり、近年になって注目を浴びています。ちなみに抗酸化作用とは体内の活性酸素を消去する働きのことを言います。

・ミートボール
・人参いりだし巻き卵
・ミートグラタン
・ブロッコリー
・ミニトマト
・糠漬け(ちょっとしょっぱい)

 さて、きょうの健康情報。絶対に具合悪くなれない、なりたくない、と、免疫力を高めたい人は多いはずです。今日は免疫力を高めるいくつかの方法をご紹介します。

1.とにかく清潔に

 細菌はいたるところに存在しているので、なるべくその影響を抑えるようにしよう。常識的に考えられること、例えば手を洗う、携帯用の消毒液を持ち歩く、ジムではシャワーを浴びるまで顔を触らないなどを心がけてウイルス対策を徹底して。

2.外からの刺激を避ける

 まずは、感染している人との接触を避けるように。また、運動免疫学者のニール・ウォルシュ教授は、冬場の寒い時期などは、冷たく乾燥した空気をあまり吸わないように勧めている。そのためにはマスクも有効。他には、暖かい服を着ること、なるべくウォームアップと運動後のクールダウンは室内で行うのも忘れずに。こうすることで免疫システムにも効果があることが示されている。

3.トレーニングをしすぎない

 適度な運動は免疫力を高め、感染のリスクを下げるとされているけれど、長すぎるハードなトレーニングは、その後24時間の一時的な免疫力の低下につながってしまう。これは「オープンウィンドウ」と呼ばれている。1時間半以上の中程度から高程度の運動や、何も食べずにトレーニングした場合に免疫力の低下がさらに増すという。具合が悪い時は、負荷が高く長いトレーニングは避けて、ハードなトレーニングの翌日は少し軽めにしたりして調整しよう。鼻水が出る、のどが痛いなど、首から上の症状がある場合はトレーニングをしてもよいけれど、もし首より下の症状、例えば胸が苦しい、痛みを感じる、下痢、などがあるようであればトレーニングはやめた方が懸命。

4.睡眠を優先する  ウイルスにさらされる前に、6時間以下の睡眠しか取れていなかったり、睡眠の質が悪かったりすると、感染する確率が高くなってしまう。きちんと7時間以上の、質のいい睡眠を確保しておこう。

5.トレーニング後は回復のためにしっかり食べる

 炭水化物をトレーニング前に摂ろう。炭水化物は免疫システムの燃料となり、トレーニング中に放出されるアドレナリンやコルチゾールなどのストレスホルモンへの反応を抑えてくれる。ハードなトレーニング前に炭水化物を制限すると、免疫力を下げてしまうことも。水分補給も忘れずに。トレーニングの最中は、唾液の量が減る。これが、運動中に口が渇いたように感じる原因。でも、唾液には細菌やウイルスをやっつける抗菌タンパクが含まれ、自然免疫には欠かせない。唾液は最前線で戦ってくれる兵士のようなものなので、しっかりと水分を摂り、脱水にならないようにして。負荷の高い運動の後に高タンパクの食事を摂ることで、気道疾患を減らすことができることが分かっている。トレーニングからの回復のための食事には、炭水化物を加えるのを忘れないように。特にハードなトレーニング後にはしっかり摂ろう。

6.ストレスを見直す

 ストレスがよいものか、悪いものかは実はその人のとらえ方に左右されている。だから、物事の見方を変えることで免疫システムにもいい影響がある。スポーツ選手を見てみれば、「エキサイティングなチャレンジ」や「学びの多い機会だった」というような言葉を使っているはず。こういった姿勢を見習おう。  暖かい春を笑顔で迎えられるよう、冬を乗り切りましょうね。


#田澤功美子#絵手紙#イラスト#LINEスタンプ#免疫力


コメント   この記事についてブログを書く
« ★薬が減ったよ!と「有り難い... | トップ | ★昨日はラーメン大会&歯周病... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事