ISANA DIVERS 能天気日記

GUAMの新鮮ピチピチオヤジの海日記

GUAMのダイビングショップ ISANA DIVERS です

世界でも有数の透明度を誇るグアムの美しい海でマリンアクティビティを楽しみませんか? ISANA DIVERSは、グアムにお越しの皆様の、ダイビングやシュノーケリング、サーフィンといった あらゆる海の楽しみをお手伝い致します。 詳しい情報はこちらへ。ぜひ遊びにきて下さいね!

Happy Birthday to me

2018-05-23 | ダイビング
グアムのイサナダイバーズの愛溢れるブログです。

恒例の誕生日がやってきて、またひとつ
つつがなく歳をとりました

朝、元太君からメールが届き、中を見ると、
美味そうなパフェの写真が一枚だけ
入っていました。



ありがとよ。

誕生日も50回を超えると、
もうその日を覚えてもらってくれているだけで、
有難いやら何やら。



その夜、いつものようにテニス練習に行ったら、
仲間達が5月生まれのお祝い会をしてくれました。

同じ5月に生まれたローカルの女性と一緒に、
結婚式のように仲良くケーキカットをして、
全員で結婚式のように記念写真



このテニス仲間は、毎月のように
こういうお祝い会をやってくれます



さて、元太君に「お誕生日パフェの写真ありがとう」
とお礼を言ったら、
「あらら誕生日だったね。おめでとう!!」と、
慌てていました。

何だよただの自慢写真かよ

by マミジロウ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カメの定休日

2018-05-21 | ダイビング
グアムのイサナダイバーズの愛溢れるブログです

ツクさん、ヒサさん、
2年ぶり、2度目のご来店でした。



ウェスタンショールズで潜りました。
ウェスタンショールズはウミガメに会える確率の
高いポイントですが、この日はカメの定休日だったらしく、
欠片も見えませんでした。
残念!



翌日、単身でご参加のヒトミさんが来て



アプラビーチとウェスタンショールズで潜りました



前日に引き続きこの日もカメなし。
カメだって休む権利はあるだろうから、
文句は言えないよなぁ

by マミジロウ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六本木カラス - 元太 wrote

2018-05-18 | ダイビング
グアムのイサナダイバーズの日本で燻っている
スタッフのブログです。



六本木ヒルズのベンチで呆けていたら、
目の前にバゲットをくわえたカラスが一羽現れました。



私が興味津々見つめているのをチラチラと気にしながら、
くわえていたバゲットを、目の前の茂みに隠しました。

丁寧に何度も何度もパンの角度を直して確認して、
最後に「触るなよ」と脅しの一瞥を私にかまして、
ビルの向こうに飛び去りました

↓「触るなよ」と言われたら、触るのが礼儀やろ



こんなところに隠しちゃって、雨が降ったら
どうするんやろね?



六本木ってところは、ビルの中は楽しいものは何も
無いけれど、一歩外に出てベンチで座っていると、
いろいろな観察対象が目の前を行ったり来たりする
楽しいところです。

お腹が減ったので、帰り道、梅ヶ丘の「勝や」で、
「ワンタン中華そば」を頂きました。

by 元太
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニス エキシビションマッチ in ヒルトンホテル

2018-05-16 | ダイビング
グアムのイサナダイバーズの愛溢れるブログです。

風が爽やかなダイビング日和が続いています。
リュウさんとハナさんが新婚旅行で
潜りに来てくれました。



ブルーホールにお連れしました。
青い光の降りそそぐハートのカテドラルで
お二人の結婚記念写真を撮りました。

荘厳な光の中を手をつないで降りて来る
2人が幻想的で綺麗だったので、
「撮影失敗は絶対に許されん!」と緊張して
カメラをかまえました。



司祭役は僕。(勝手にそう決めた)
お二人がこれから末永く仲良く幸せに
楽しい人生を歩まれますように。

その日、幸せな気持ちになったついでに、
夕方、ヒルトンホテルで開催された
「ワールドクラス テニス・エキシビションマッチ」
を観戦してきました。

元世界ランク2位の、ドイツの「トミー・ハーツ」
対、1999年全仏オープンでベスト4まで進んだ
スロバキアの「ドミニク・フルバティ」

グアム政府とグアムのナショナルテニス連盟が、
「もっとグアムのテニスを盛り上げよう」と
始めた企画です。

そのうち錦織とか、フェデラーとか、ナダルなんかも
プレーをしに来てくれるに違いない

by マミジロウ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経験ほど良い教科書はない

2018-05-14 | ダイビング
グアムのイサナダイバーズの愛溢れるブログです。

先週来られた大さんが、もっと見栄えの良い
集合写真を送ってくれたので、改めて載せるね。



いや僕はね、ただ、
「水揚げしたばかりのカメラを(ズボラして)拭かずに
撮影に使うと、レンズ周りの水滴のせいで、
ムラムラにボカされた洒落た写真が撮れるよ」って事を、
伝えたかっただけなんだけどな。

↓ イソギンチャクモエビです。
 イソギンチャクと共生している温厚な性格のモエビです



大さん家族は、
「今回は、カメラが水没したり、耳抜きがうまく
いかなかったり、ボートに酔ったり、といろいろ
課題の残ったダイビングでした」と申されて
いましたが、大さん、大丈夫だよ。
そんなのは、ダイバーが一度は経験しておいた方が
良いトラブルの域だと思います。

↓ イソギンチャクの持っている毒性の触手で外敵から
守ってもらう代わりに、イソギンチャクについた
寄生虫やごみを食べて掃除をしてあげます。
つまりウィンウィンな関係。



なんなら元太君に聞いてみて。

奴は
「ウェイト付け忘れて海にドボン」、
「タンクのバルブを開け忘れて海にドボン」、
「器材を全部付け忘れて海にドボン」、
それから、
「携帯電話を手にもったまま海にドボン」、
極めつけは、
「自分の器材をボートドックに置き忘れて
 意気揚々ポイントにやってくる」という
ワンクラス上の経験を沢山重ねて、
元気に明るく潜っています。

by マミジロウ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加