FPの家で暮らす

ストレス・フリーなFPの家での暮らし
ストレスフルな今の会社

半額の寄せ植え

2018-05-24 16:54:16 | ガーデニング

昨日、うちの前を通りかかった数人のご婦人が立ち止まって、
中のひとりがスモークツリーの写真を撮ろうとしていた。
雨の中、連れに傘を持ってもらって、無事撮れたようだった。
通りすがりの人の目を惹いたなんて、ちょっとうれしい。

スーパーのそばの苗屋さんを覗いてみたら、寄せ植えが半額になっていた。
ほとんどは花が終わりがけだったり、組み合わせが好みでなかったりしたが、
ひとつ割と状態のいいのがあったので、買ってしまった。800円の半額。
枯れたマーガレットの花を3つほど切り取ったところ。


マーガレットとナデシコとラベンダーはわかったが、葉物は初めて見る種類
だったのでお店の人に尋ねたのだが、お店の人も知らないという返事。
帰ってからネットで調べたら、バロータという名前らしかった。

しばらくはこのまま楽しんで、いずれ地植えにするつもり。



にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わたしの腎臓バッグ(笑)

2018-05-23 14:48:00 | 日常のスケッチ

先月買ったヘルシー・バック・バッグ。
もう2回ほど日帰り撮影旅に持って行った。
(でも、バッグのこの名前、呼びにくいし、書きにくい。
わたしはひそかにキドニーバッグと呼び習わしている。
最初見たときから腎臓を連想したんで)


近場だからそれほど荷物は多くなかったのだが、背中に掛けたとき、
たしかに揺れたり動いたりしなくて安定している。
体の前に回すと荷物も簡単に取り出せた。

ひとつ思惑が外れたのは、外側のポケットのうち、体側にある方は
ちょっと取り出しにくいということ。まあ、当たり前か。
最初そちらにスマホを入れていて、取り出すのに苦労した。
斜めがけの向きを反対にしたら解決したけど。
要は、あまり出し入れしないものを体側に入れればいいだけだ。

こちら側はフタ付ベルクロポケットが1個。


最初の写真に写っている側には、ジッパー付と、ベルクロ付の2個のポケットがある。

外側のこのペットボトル用ポケットも便利だった。


内側にもたくさんポケットがあって、小物が中で行方不明になりにくい。

こちら側には、シッパー付のポケットと、矢印の向きに出し入れするポケット。
そして、キーリングがついている。

反対側のフタなしポケットは3つに区切られていて、細いポケットは
ペンなどを入れるのにちょうどいい。

また、マチ部分のポケットには、ペットボトルを入れてもいいし、
折りたたみ傘の収納にもぴったりだ。

とにかく使いやすくて、たくさん歩いて写真を撮って……というときには
これしか持って行く気がしない。




にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フラダンサー vs プリマドンナ

2018-05-22 11:14:17 | エキナセア

スモークツリーのスモークがたくさん出てきた。今年はとりわけ見事だ。

一方、左隣のブラシの木は、いつもの年ほど花がついていない。
秋にたくさん剪定したせいかもしれない。

エキナセア〝フラダンサー〟が咲き出した。それぞれ開き具合の違う3本。


フラダンサーはうちのエキナセアの中でも一番草丈が高い。
90センチから1メートルにもなる。それに、夏から秋まで咲いている
他のエキナセアと違い、この時期に一度咲くだけだ。
それで、いままで植えてあった手前寄りの場所から、ほかのエキナセアの背後へと
去年の秋に移植した。写真の①から②へ。


あとには、プリマドンナを東の庭から持ってきた。
ところが、根が残っていたようで、プリマドンナの周囲からフラダンサーの芽が
次々出てきたのだ(このふたつの葉はかなり違うのですぐわかる)。
その都度別の場所に植え替えていたのだけど(4~5株はあった)、
春になって、掘りあげた中心部分に近いところからもワサワサ伸びてきてもうお手上げ。
輪っかの支柱の周囲から高く伸びているフラダンサーに囲まれるようにして
半分ほどの背丈で、ごく小さいつぼみをつけているのがプリマドンナだ。


幸い、フラダンサーの葉は疎らでいっしょに生えてきてもそれほどけんかしないので
もうこのままにしておくことにした。ちなみに、周囲から掘りあげて移植した
小さい苗のうち、3株が今年すでに花を咲かせている。
ほっそりしているくせに、繁殖力旺盛なフラダンサーだ。

こちらはフラダンサーの次に草丈の高いサマーサルサ。

このあと咲き進むと、テニスボールくらいにまん丸で大きくなる。

おまけとして、オキザリス2種。銅葉と四つ葉。

周囲を埋めているのはセダムだ。



にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二色咲きのナデシコ?

2018-05-20 18:28:26 | エキナセア

去年の秋に植えたナデシコが、一回りも二回りも大きな株に育って咲き始めた。

植えたのは1株なのに、2種類の花が混ざっている!


買ったときに咲いていたのは左のピンクの花だ。
根元を見ても同じところから茎が出ている。
でも、右の花色も素敵なので得した気分。

去年植えたエキナセア〝パープルレディ〟も開き始めた。

パープルといっても、赤に近い紫のようだ。
とはいえ、エキナセアは色の変化が大きいから、これからどんな色に変わるか
まったく予想がつかない。楽しみに見守るとしよう。

咲き初めはオレンジ色のこのイレジスタブルだって、咲き進むと完璧なピンクになるのだ。


複雑な色合いが気に入っているストロベリーショートケーキ。
今年もたくさん花を咲かせてくれそう。


去年株分けしたアスチルベ。2ヵ所に分けたそれぞれで咲きだした。




にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花フェスタ記念公園*春のバラまつり

2018-05-19 13:00:54 | 

前に書いたように、今週のはじめ、可児市の花フェスタ記念公園へ行ってきた。
数年ぶりになる。春のバラまつりの時期だが、同時に5月12日から20日まで
ぎぶ国際ローズフェスティバルも開催していた。


まずは、世界のバラ園へ。

(ここで写真を撮っているとき、前の記事に書いたようにスマホを落としたのだった)

上から見たあとは、下へ下りてバラのあいだを散策。





とにかく、バラ、バラ、バラ……。どちらを見てもバラがいっぱい。
今が一番見ごろという感じ。

そのあと、ターシャの庭へ寄ったが、前に来たときより荒れた感じ。
ボランティアが手入れしていると聞いたので、きっと手が足りていないのだろう。

ここまで見たところで、11時近くなったので、このバラ園の隣にある
プリンセスホール雅で行われるトークショーを聞くことにした。
ガーデンデザイナーの阿部容子さんによるもので、タイトルは
「これから始めるガーデンライフの過ごし方」。
この阿部容子さん、テレビで何度か見たことがあった。


花色の合わせ方についての話がわりとためになった。
青が入った赤と、黄色が入った赤は合わないので一緒に植えてはだめ
ということだったが、うちの庭はその辺、あまり考えてないなぁ。

この日は日向でもそれほど暑くてたまらないというわけではなく、
屋根だけのトークショー会場はさわやかな風が吹き抜けて、
とても気持ちがよかった。

トークショーのあとは、花の地球館・大温室へ。
この温室には熱帯植物も少しはあるが、むしろ、このあたりでも地植え
できるような植物を使ったお手本ガーデンという感じだ。
今は、ぎぶ国際ローズフェスティバルのディスプレイのひとつとして
花遊庭ヘッドガーデナーの天野麻里絵さんの「妖精の庭」が作られていた。

温室内を上から見下ろしたところ。


妖精の庭はどの部分をとっても、フォトジェニックで、とても素敵だった。












小径沿いに進んでいくと、色合いが徐々に変化していく。
こんなふうに同系色でまとめられたらいいのだけど、現実にはむずかしい。

温室の片隅にある池で釣りをしていたクマさん。


さいごはもうひとつのバラ園、バラのベルベデーレへ。
周囲の展望デッキからの眺め。




ここは最初のバラガーデンと違って、緑の木もそこここに植えられている。




さいごに、先ほど聞いたトークショーの阿部容子さんによる「香りのバラの庭」と
「妖精のバラの庭」。芝生の海に浮かぶ小島といった風情。



花フェスタ記念公園名物、バラのソフトクリームの写真も撮りたかったのだけど、
片手でうまく撮れなかった。ソフトを受け取る前に、スマホの準備をしておくべきだった。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加