FPの家で暮らす

ストレス・フリーなFPの家での暮らし
ストレスフルな今の会社

修道院と モザイクタイルミュージアム

2018-11-20 14:45:48 | 

多治見への日帰りドライブの続き。
永保寺の次に立ち寄ったのは多治見修道院。永保寺から車で15分ほど。

周囲を広いブドウ畑に囲まれて、白い壁、オレンジ色の屋根が絵になる。
ここで醸造されたワインは修道院ワインとして販売されており、
11月初めのワインフェスタの折には多くの人が訪れるそう。



聖堂内のたくさんのフレスコ画が目を惹く。ステンドグラスの方はシンプルなデザイン。


ドーム天井の祭壇。




祭壇の反対側にはパイプオルガンが。


帰りがけになってようやく二人連れが入ってきたが、静かで落ち着く空間だ。

そのあと、本町オリベストリートへ行ってみた。

散策用の地図もあって、前に訪れた岩村城下町のような古い町並みを期待したのだが、
ちょっと期待はずれだった。骨董店や陶磁器店がいくつかとカフェや食事処がメイン。
なにより、オリベストリートというのが一方通行の狭い道で、
それは岩村商店街とて同様なのだが、こちらは車がけっこう速いスピードで
ビュンビュン通っていくことだ。のんびり散策という雰囲気ではなかった。

こちらの階段の陶器のオブジェ、こんなのがもっと町のそこここにあったらいいのに。


最後に、多治見市モザイクタイルミュージアムを訪れた。
ここはまず建物がユニークですてき。

タイルの原料を掘り出す粘土山を表現しているそう。

妖精の家の入り口みたいなかわいいドアと窓。


まず4階まで上がってから、順に下りてくるという順路になっている。
タイルのカーテン。


タイル絵のコレクション。


とても目を惹くタイルカー。

窓までタイルで覆われているんじゃ、走れないなー。


というわけで、永保寺以外は紅葉とは無縁だった。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村
コメント

虎渓山永保寺の紅葉

2018-11-19 13:26:22 | 

どこかへ紅葉を撮りに行きたいと思い、選んだのは虎渓山永保寺だった。
岐阜県多治見市にある。多治見と言えば日本で一番暑い町だが秋なら平気だ。
中央道を走ると虎渓山PAはおなじみの名だが、ここだったのか。

通常は45分くらいで行けるようだが、ちょうど朝の渋滞時間だったので、
1時間かかって8時半に到着した。寺へ向かう坂道から――

観音堂の屋根が見える。

国宝観音堂は室町時代に建てられたそう。

朝早いせいか、わたしのほかには2人ほどしかいない。

心字池と無際橋。


心字池の反対側から見た観音堂。


モミジはそれほど多いわけではないが、池への写り込みが美しい。




モミジの紅葉はピークを少し過ぎていたが、大イチョウはまだほとんどが緑。


このイチョウは樹齢700年で、太くどっしりとした幹が印象的。


こちらに紅葉は写っていないが、この日撮ったなかで一番気に入っている写真。


上に六角堂をいただく梵音巌が心字池に映っていて、『星の王子様』に出てくる星のひとつのようだ。


苔に散ったモミジと逆さ六角堂。


1時間ちょっといて、帰るころには20人くらいに増えていたろうか。
それでも、広い敷地内にはまばらで、あまり人出のない所なのかなと思いつつ駐車場へ。
すると、駐車場への道すがら、3組ものツアー客とすれ違った。
しかも、駐車場にはさらに2台のバスが入ろうとしていた!
早く来て、人のいない時に写真が撮れて、ほんとラッキーだった。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村
コメント

大きなフェイジョアだ!

2018-11-12 15:54:18 | ガーデニング

これまでで一番大きなフェイジョアが採れた!

小さめの卵と同じくらいのサイズだ。
このフェイジョア、わたしが枝にぶつかったので落ちてきた。
ぶつからなかったら、もう少し枝についていて、あと少し大きくなったかも。

フェイジョアは落ちた実を拾って、追熟させる。
雨の後などは、ポトポトたくさん落ちている。
トレイに並べておき、軟らかくなったものから食べる。

梨のようなシャリシャリした食感と、熟した洋なしのような味……かな。
上品な甘さがあって、酸味はほとんどない。
わたしはすごく好きだ。

フェイジョアが売られているのは見たことがない。
だから、育てている人だけが味わえる秋の味覚だ。

うちには自家受粉するマンモスという品種が1本しかない。
2本くらいあるといいと思うが、横に大きく枝が広がって場所を取るので
うちの庭ではこれ以上植えるのはむずかしい。

フェイジョアは枝についている間は、とても固いので、鳥に食べられることはない。
鳥と実の取り合いをしなくていいのは大きなメリット。

こちらは、種が飛んできて芽が出て2年目の斑入りツワブキ。

初めて花が咲いた。キク科の花はあまり好きじゃないが、
花の少ないこの時期、庭の彩りにはなる。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村
コメント

災害に備えて モバイルバッテリー

2018-11-11 15:59:44 | 日常のスケッチ

スマホの充電器としては、10年くらい前に買ったこれがある。

ソーラーパネルからと、パソコンのUSB端子から充電できる。
けれど、災害時、パソコンからの充電はできなくなる。
ソーラーパネルも、晴れていないとだめだし、
(曇りでも充電できるが、時間がかかりすぎ)
家など一ヵ所にとどまり、屋外に置いて待てる状況でないと難しい。

そこで、9月の北海道の地震のあと、電池式のモバイル充電器を探した。
レビューを読み比べて、いいと思った製品は2ヵ月待ちだった。
それが、ようやく今日、届いた。


値段も1480円と手頃だったし、送料は無料。
(ポイントを使ったので、支払いはなかった)
単3と単4の電池、両方が使える。
右のようにアジャスターを倒せば、単4用。

つまり混ぜて使えるわけ。
容量を考えると、単3が無駄になりそうにも思えるけど、非常時には助かる機能だ。
わたしは持っていないけど、充電池に充電もできる。
やっぱり備えあれば憂いなし。




にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村
コメント

庭の小径 & キムチ初体験

2018-11-02 16:09:26 | ガーデニング

先日のレンガをもう8個買ってきた。ほぼ突き当たりまで小径が延びた。


庭の中央でモサモサ茂っているエリゲロンは、去年、南の庭から
小さい芽を移植したものだが、今年はいっぱい広がった。
その無秩序ぶりが少しまとまって見えるようになった気がする。

話は変わって、先月半ば、初めてキムチを買ってみた。
信じられないかもしれないが、それまでキムチを食べたことがなかった。
キムチ鍋は食べたことがあるが、キムチそのものとはちょっと違う。
お店には何種類ものキムチが並んでいて、すごく迷ったけど、
これを買ってみた。

国内産の材料を使っているのと、LB27というのに惹かれて。
あとで調べてみたら、LB27はこの会社のキムチだけに入っていて、
免疫力をアップする効果があるという。

食べてみたら、辛さがマイルドで(わたしは辛いのが苦手)おいしかったので、
それ以来、なくなったらまた買い求めている。つまり冷蔵庫の常備品となった。
ためしに、ほかのキムチも買ってみようかと思うが、
辛すぎて食べられなかったらいやなので、手が出ないでいる。
それに、このキムチがおいしいので、ずっとこれでいいとも思える。

そのまま食べる以外に、一番多い食べ方が絹ごし豆腐にかけるというもの。

この取り合わせは最高。

ちょっと変わったところでは、クリームシチューにトッピングしたら、すごくおいしかった。
まだまだいろんな食べ方にチャレンジ中。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村
コメント