入間カイのアントロポゾフィー研究所

シュタイナーの基本的な考え方を伝えたいという思いから、日々の翻訳・研究作業の中で感じたことを書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「感覚フォーラム」

2007-03-29 23:48:05 | 社会問題
このブログも一向に更新できないまま、時間だけが過ぎていく。

この1~2年、僕の人生も急にあわただしくなった。
先日は、ある事情で、ついに幼稚園の園長になってしまった(この話はいつか改めて書きたいと思う)。

きょうは、フォーラム・スリーの佐藤雅史さんが呼びかけている「感覚フォーラム」のことをちょっと書いておきたい。

3月31日(土)に、第1回目の「感覚フォーラム」が行われる。

現代社会で、いたるところで人間を取り巻いているBGMや騒音の問題を、タバコの受動喫煙の問題と同じように、「静寂をもつ権利」や「感覚の尊厳」といった観点から訴えていこうとする最初の試みである。

本当は、僕も参加するつもりだったのだが、急に予定が入って行けなくなってしまった。でも、一人でも多くの人に参加してもらえればと思っている。

感覚は、アントロポゾフィー(人智学)の基本である。
シュタイナーに『アントロポゾフィー断章』という本があるが、その主要部分は感覚論である。シュタイナー自身にとって、アントロポゾフィー(人智学)の核心が感覚論であることが分かる。この本が書かれた時点では、シュタイナーはまだ「10の感覚」しか考えていなかった。それが最終的に「12の感覚」になり、黄道十二宮と照応するものとして捉え直され、音楽療法をはじめ、さまざまな治療法の基盤をなすようになる。

シュタイナーにとっては、「考える」ことさえも、一つの感覚活動である。
考えるということは、自分の頭のなかで堂々巡りをすることではなく、心を開いて、さまざまな概念を「知覚」することなのだ。
人間は、宇宙に向かって12の扉を開いて立っている。

真の自律とは、自分を開くこと、他者を感じることによって可能になる。
だから、シュタイナーは、幼い子どもたちが豊かな感覚体験をもつことを非常に重視したのである。
幼児期の感覚体験こそ、自由、平等、友愛の基盤なのだ。

しかし、今、子どもたちの周囲には自然の音や静寂などではなく、ありとあらゆる人工的な騒音やイメージが満ちている。

少し前、サブリミナルという言葉がよく取り上げられていた。映画のなかに、ストーリーとは関係のない商品の映像が一コマだけ挿入されるとか、ロックの歌詞に悪魔崇拝のことばが逆さに入っているといったことが話題になった。
しかし、今はそういう話もあまり聞かなくなった。サブリミナル効果が使用されていないわけではないだろう。
人々は、ますます無防備になっているような気がする。
憲法改変の話もそうだが、あまりにも危険な社会の動きに対して、僕たちの感覚はますます鈍らされているように感じるのだ。

そんなとき、佐藤さんからこの「感覚フォーラム」の話を聞いた。
人間の精神の自由の基盤にある「感覚の尊厳」を守ろうという彼のイニシアティヴにとても共感している。
この「感覚フォーラム」に多くの人が関心を寄せてくれることを願っている。

■□■ 第1回感覚フォーラム

感覚の大切さを社会と共有するために「第1回感覚フォーラム」
Forum “Save our Senses” S.O.S.
3月31日(土)14:00~17:30
オープンフォーラム早稲田
藤井喬梓(作曲家)/竹田喜代子(音楽療法士)/
佐藤雅史(フォーラム・スリー)
参加費:500円
http://www.forum3.com/pdf/2007/20070331sos.pdf
問い合わせ先:フォーラム・スリー
tel.03-5287-4770 / fax.03-5287-4771
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« シュタイナーとドイツ語 | トップ | アントロポゾフィー研究所の... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (moonbow)
2007-03-30 16:38:18
ある人のブログに、アメリカが4月6日にイランを攻撃し戦争を始めるかもしれないと書いてありました。これを私達は心の感覚を開いて見て思考し、今世界がどこへ向かって、誰によって、何の目的で、人々を虐殺しようとしているのかを感覚で捉えることは大事ですよね。
Unknown (moonbow)
2007-04-06 11:34:02
4月6日こちらオーストラリアではイースターホリデーが始まりました。これら9日まで続きます、街は全てお休みで静かな一日が過ぎていきます。先日書きました、アメリカがイランを攻撃するのではないかとゆう日が今日でした、しかしそれはなく一安心しております。心の眼を見開いて世界の動きを見つめ、私たちの社会がどう動かせれてゆくのかを自分の感覚で捉えなければなりません。いつもヘンなことを書いているかもしれません、もし不都合でしたらすぐ削除してください、お願いします。読んでくれてありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2007-04-08 00:19:31
園長になったなら、那須にいないと駄目じゃないですか?

職員は、自分勝手し放題ですよ。
鹿児島を捨てる覚悟で無いと、みふじは立ち直らないと思います。

在園児の親に対する教育もきっちりしないと、元祖なのに
なんちゃってというイメージは払拭できません。

明男さんがいることで、良い幼稚園になりますように。
中島義道さんも (どきんちゃん)
2007-05-16 01:27:17
入間カイさん、こんばんは。ブログ楽しく読ませて頂いています。

「うるさい日本のわたし」の中島義道さんも、音漬け社会を批判されていますよね。あの方は感覚フォーラムには参加されたのでしょうか?

店内放送や車内放送をはじめとして、騒音を流す側は「親切でやっている」んですから、たちが悪いです。それを強制的に聞かされているわたしたちの側も、結構慣れてしまうものなんですよね。いけないいけない。感覚が鈍る!

国民全体が憲法改変に鈍感なのも、暴力的だとさえ言える音の洪水に慣れてしまった結果でもあるのかも。さざ波のように変えられてきた気がします。勿論小泉政権ではすごいことがなされましたが、やはり音の洪水に慣れるかのように、暴君にさえ鈍感になっていたのでしょう。

とりあえず、運転中はラジオを消します。

他のものにもコメントつけさせてくださいね。とても楽しいので。
 (sketchbook-kokoro)
2007-07-11 21:52:24
はじめまして。テレビやラジオの音、うるさいですね。でも、音に助けられることってあります。部屋の中で、テレビもつけず、無音状態のとき、心が無になっていれば、一種の瞑想状態になりますが、集中していない時、沈黙に圧倒されて、怖くなることがあります。そんな時は、何でもいいから、テレビをつけます。楽になります。
音にもいろいろありますね。音楽療法とか、助けになることありますよね。
私も、車の運転中は、車庫入れなど、気を引き締めなければならないときは、ラジオを消します。特に住宅街に入ったら・・・気をつけないと。
更新が途絶えているようですが、楽しみにしています。

コメントを投稿

社会問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

6.13親子集いの広場、活動レポート! (板橋区「徳丸子どもセンター」ただいま子育て応援中!)
 こどもたちの自由な発想に驚かされた時間でした。 シュタイナーの教育式水彩画とは…水で湿らせた画用紙に赤、青、黄色の絵の具を使って筆で自由に描くもの。描いたときににじんだり、三色が混ざり合うのを楽しんだりします。  七人のこども達が行いました。お母さ...
感覚フォーラム第2回 (三相至嘱)
いま、感覚フォーラムの第二回を計画している。次回はホリスティックな医療と取り組ま...