働くエイジグルーパー トライアスリートまさるの日記

会社のスキー部に所属しながら、トライアスロンにもチャレンジする働くエイジグルーパーまさるの最近の出来事を発信します。

第6回多摩川源流トレイルラン

2014年09月15日 08時00分27秒 | トレイルラン
9月敬老の日の三連休。中日の日曜日。KFC TRIATHLON CLUB が運営する「多摩川源流トレイルラン」に参加した。今シーズン、4月の高水山トレイルランに続く参加。このクラブが運営をする大会は、アットホームな雰囲気で好きだ。

まさるは、2010年9月に第2回多摩川源流トレイルランに参加している(まさるの日記:第2回多摩川源流トレイルラン)。その時、とても走りやすい良い大会だった記憶があった。ただ、コースは第3回から逆回りになったので、試走もしていないし、どうなるか?

不安だったのは、今月のランニング練習量が、付け焼刃的にたったの39.0kmだったこと。気持ちは直前までDNSに傾きつつあった・・・・・

でも、初トレイルとなる山ちゃんが車で迎えに来てくれるというし、山ちゃん、アップのときから気合入っているし、さらに、嬉しかったことに、チームメイトのちゃまさん、まっきーさん、すこっとさんが、バイク練習がてら第一チェックポイントの松姫峠(標高約1200m スタート地点から約6km地点 10:00スタートから1時間30分関門)まで応援に来てくれるという。

補給食の「きびだんご」を渡しに、、、、

鬼が島に鬼退治にいく桃太郎が、お供のサルとキジに餌付けした吉備団子。で、鬼は誰だったの?

~~~~~

5:00起床。ご飯とカップ焼きそばを食べて、準備。もちろん日曜日スイム参加の水着の用意も忘れない。6:00にやまちゃんが車で迎えに来てくれて、五日市街道から新青梅街道、吉野街道、青梅街道を順調に進んで、7:30前に小菅村の小菅の湯近くの第一駐車場(700yen)に到着。トイレでしゃがんで、受付へ。(8:30~受付との案内だったけど、8:00くらいから受付をしていた模様)



事前にゼッケンと使い捨てチップが郵送されていたので、受付といっても日の丸が袖口に入ったTシャツを受け取るだけ。トレラン初参加の山ちゃんがコースの下見をしたいというので、シングルトラック入口まで約1.5kmくらいかな?ジョグで下見に行った。


(↑わさび田。ここからシングルトラックになる)

戻ってきて、今度はコース終盤ラスト1km地点まで逆走して、こちらもきちんと下見をしておいた。

車に戻って、ドリンクの準備をする。まさるは背中のハイドレに1Lくらい凍らせた水を、朝、少し溶かしてきたものとエネルギーゼリーを1袋持っただけ。20kmなので固形物は持たなかったけど、結果的にこれは失敗でした。次回からはもう少し食料を持たないと、腹が持たない。

ちなみに道中の車の中では、コンビニのおにぎり3つ食べたんですけどね。

開会式は9:30からなので、その前に、温泉セットを大会会場のテントに預けて、スタートラインに並ぶ。前から10列目くらいかな?




(↑甘いドリンクには黄色スズメバチが寄ってくる)

やまちゃんと写真を撮って、定刻の10:00にスタートした。(応援メンバーには、事前にメールで10:40~10:55くらいに松姫峠通過の予定と送っておいた)



最初の0.5km位は、簡易舗装の道路を一旦下って、ジープロードでわさび田までは上りとなる。シングルトラック入口での渋滞はなく、スムーズに山道へ。



心拍がMAXにならないように、早歩きで集団についていく。



前半のピーク 鶴寝山(標高1368m)までは、ずーっと上り。開脚ハの字や斜めステップを繰り出して早歩き。前との間が空かないように頑張る。呼吸はゼイゼイハーハーいうか言わないかギリギリのところ。

しばらくして、黄色い帽子の山ちゃんのグループが確認できるところまで近づいてきた。どうやらテーピングが足かせとなっているようだった。

声をかけて先に行く。



鶴寝山(標高1368m)を越えると下り。ここで係員に聞いてみた。「松姫峠まで、あとどのくらいですか?」

「20分ぐらいかな~」との答え。i-PHONEを確認すると10:45くらい。おまけに圏外。うーん、自転車応援組は待ちくたびれているかもしれないな~ということを考えながら、とにかく先を急ぐ。



そこから10分弱だったのかな?下って道路が見えてきた。道路に出て前を見た瞬間!!


みんながいた(嬉)



お互いにカメラを構えている写真は笑える!!



あまりの嬉しさに、ヤマネチ!!



やまちゃんもやってきた!!



きびだんご&ジェルをもらって、お礼を言って、握手をして再出発。元気をもらった。本当にありがとうございました。すっごく嬉しかった。相当、飛ばして来てくれたんだなぁと思うとまさるも頑張らないといけないと思ってギアを入れ替える。

エイドでは水を少し飲んでから、飴玉を口に入れて出発。ここからは奈良倉山までは再び上って、その先、第二チェックポイント(10km地点)の鶴峠まで下り基調。

空腹感が出ていたので、最初の上り返しで、まず、きびだんご。美味しくいただきました。



続いて、ジェル。スズメバチが寄ってこないように、手についたベトベトは、ハイドレの水で洗っておく。



まさるは、下りは苦手。この区間は片斜面が多く、結構大変だった。途中から前を行く選手と離れて一人旅。鶴峠の近くまで来て、後続に追いつかれてしまった。



第二チェックポイントは、11:22に通過。残念ながら自転車応援組の姿はなかった。道路を渡って、少し上った先にエイドがある。



ここの梅干しがサイコー。

ここからは、再び長い上り区間。良いペースの選手が追い抜いて行ったので、後ろを同じペースで歩かせてもらった。



まさるにとっては、かなり良いペースだった。



松姫峠まで一緒だった、女子3位の選手まで追いつき、しばらくしてピークを終え下り。



4人のパックで順調に進んでいた。途中で4人のパックは分解したものの、そこそこ良いペース。少し攻めすぎたのかな???



左足首「グキ」って、、、、、転んで、右脚太もも痙攣(悲)


「大丈夫ですか?」って何人かの選手に声をかけられ、、、、、


左足首かなり痛い。

トレイルに走りに来て、何度も転倒したり足首ひねったりしているけど、「やっちゃったな」というのは初めて。

でも、ゆっくりのペースで下界まで下るしかない。

いくつかのパックに追いつかれるたびに、カーブで道を譲っていたけれども、しばらくして斜度が急でなければ、そこそこのペースで走れるようになる。脚の攣ったのも何とか大丈夫のようだ。

気を取り直して、パックの後ろにつかせてもらってなんとか走っていく。早く下りが終わって、上りになってくれという心境だった。



山を下りると、エイドがあった。ボランティアの学生さんがかわいくてね~一緒に写真撮っちゃった(嬉)



一旦舗装路に出て、小菅川沿いの遊歩道を走る。ここの階段攻撃は左足首にとって地獄そのもの。結構つらかった。



そして、残り3km地点のキャンプ場あたりから空腹感が出てくる。でも、食糧は食べてしまってもう何もなし。我慢の時間が続く・・・



最後の上り区間では、少しだけ出力を上げて、ようやくどうにかゴールすることができた。手元の時計で2時間45分ちょっとだった。

オレンジはね。相当いただきましたよ。えぇ。



しばらくして、やまちゃんゴール!!祝、初トレラン!!



トン汁も美味しくいただきました~



その後は、小菅の湯の冷水で足首を冷やして、湯船で脚が攣った部位を良くほぐして(ジャクシーさんありがとうございました)、ショップで冷却シップを買って、14:20過ぎに帰路についた。

小仏トンネルは若干渋滞していたものの、アクラブ稲城には16:30に到着。クールダウンを兼ねて少しだけ泳いで帰宅。

足首早く治ると良いな~

朝も早くから応援ライドに来ていただいたチームメイトのみなさま。本当にありがとうございました。浜ねぇさん、事前の塩タブの差し入れありがとうございました。やまちゃん、初トレイルおめでとう&車の運転ありがとうございました。

☆ 2015年4月5日の青梅高水山トレイル30kmの申し込みは、9/25開始ですよ~


【レースリザルト】HPはこちら
 総合61位 時間2:45:39 男子59位

【ルートラボ】
 

【今日の体重】
 計測する気がナイ

【今日の練習】
 ローラー台とでも思ったけど、おとなしくしておく

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ←皆さんの頑張りを確認できます。ぽちっとお願いでござる。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 氷嚢 | トップ | 安静 »
最新の画像もっと見る