奈良の長谷寺 初瀬ゲストハウスいったん

奈良県中南部の旅の拠点に
長谷寺の朝勤行への参加にちょうどいい宿。
~開業準備からの日々のアレコレ~

伏見稲荷大社 初午祭

2016年02月06日 | 伏見稲荷

 

稲荷さんの総本社
伏見稲荷大社の
初午祭に参加してきました!

初午祭とは
和銅4年(711年)
2月の最初の午の日に
稲荷大神
稲荷山の三ヶ峰に初めて
ご鎮座になったことにちなむ行事で

豊作!商売繁盛!
開運!家内安全!

を祈願します。

2月の最初の午の日は
一年のうちで

最も運気が高まる日

とされています。

 

初詣なみに大賑わいでした!

他の神社では
人が大勢いると
くたびれちゃうのですが

伏見稲荷大社は別!
賑やかであればあるほど
私のテンションもあがります

 

野菜のひな壇
京都・伏見稲荷大社ならでは。

たくさんの朱塗りの鳥居をくぐって
稲荷山をズンズンあがっていくと
ココロとカラダがどんどん軽くなって
なんでもできそうな気になってきます。

グラウンディング効果も抜群

稲荷山めぐりオススメです!

大大吉

大吉の上があるんだ(笑)

前回伏見稲荷のおみくじは
向大吉でした。
おもろいっ

       

伏見稲荷大社は
京都駅から二駅(5分)!

稲荷から
宇治まで足をのばして
平等院などを拝観して
抹茶スイーツを堪能して

そのあとは・・・
どうぞ!
「はじまりの奈良」
いらしてくださいませ

近いっ、近いっ

お待ちしております


伏見稲荷大社(1)

2014年06月05日 | 伏見稲荷

Img_8169_2

朝8時過ぎに
伏見稲荷大社
に到着!

神社参拝は
できるだけ静かな時を選びますが
この日は土曜日で
修学旅行生がワイワイワ~イ

とんでもなくにぎやかで
「しまったぁ・・」と
一瞬残念に思いましたが

そのあとすぐ、
伏見稲荷大社は、
にぎやかなほうが
稲荷大社らしくて
よりパワーが拡大していくのを
感じました!

Img_8177
楼 門

安土桃山時代に
豊臣秀吉によって造営された門

神社の楼門の規模としては
最も大きいものに属します。

Img_8361

楼門前の
稲荷大社の神の使いの狐さん

大社の中には狐さんがたくさんいて
口にくわえているものが違ったり
表情、姿勢が違ったり・・
ワクワクっ

凛々しくてカッコイイ

Img_8185

本殿前の狐さん
お口にくわえているのは油揚げ
ではないですよ。
稲穂です。

Img_8187

おおおおおっ
なんて美しいバックフォルム!

しっぽの先に
ちょこんと乗っているのは
アレじゃないですよぉ~
火炎宝珠と言って
神の神徳を表わすものだそう。

Img_8184_2
本  殿

全国に30,000社あるといわれる
稲荷神社の
総本宮
伏見稲荷大社
です。

主祭神
宇迦之御魂大神
(うかのみたまのおおかみ)
「お稲荷さん」

「ウカ」とは『ウケ=食べ物』
「ミタマ」は『御魂』を指し
         
食べ物に宿る霊的な力を司る神様

五穀豊穣、稲魂の神さまです。
産業の発展に伴い
農業の神から商売の神へと
信仰を広げていきました。

Img_8195
願掛け鳥居 

伏見稲荷大社は
過去に2回ほど参拝していますが
そのときから・・
あったんだろうなぁ?

あとのときは
修学旅行生なみのノリだった(笑)

Img_8196 

朱色は、
魔力に対抗する色
ともされていて
稲荷大神様のお力の豊穣を
表す色なんですって。
これは叶うぞぉ~

Img_8203

千本鳥居に向かいます


伏見稲荷大社(2)

2014年06月05日 | 伏見稲荷

Img_8205

鳥居の朱色は
生命・大地・生産の力をもって

稲荷大神の
“みたま”の働きとする

強烈な信仰が宿っているそうです。

Img_8221

すごい数の鳥居ですよね~

願い事が「通る」
或いは「通った」御礼の意味から

鳥居を奉納する習慣が
江戸時代以降に広がった結果だそう。

Img_8227

学生の頃
JR東海の
「そうだ京都へいこう」
のCMで
この千本鳥居をみて

あのマカロンを作ってくれた
Yちゃんと行ったのが最初。

いや、修学旅行で行ったのかな?
全く記憶にないわ。

Img_8234

千本鳥居をぬけると
奥の院(稲荷山奉拝所)があります。

そこでこちらの
白狐絵馬を奉納できます。
自分で狐さんの顔を
仕上げていくの楽しいね

ここは修学旅行生で
大賑わいでした

やっぱりこれくらいの盛り上がりが
伏見稲荷大社らしいよなぁ~

写真撮影を頼まれることも多く
たのしかったなぁ~

みんな気持ちのよい
あいさつをしてくれて
修学旅行生に
元気を分けてもらいました!
ありがとう

さぁ、
パワーチャージしたところで
稲荷山
おじゃまさせていただきましょう!


稲荷山めぐり(1)

2014年06月05日 | 伏見稲荷

Img_8240

稲荷山をめぐります!
朱色のパワーすごいです!
どんどん元気なってきて
疲れ知らず!

Img_8246

新緑が美しく眩しく
ココロもカラダも
どんどん軽くなっていきます。
稲荷山めぐり、オススメです

Img_8254
熊鷹社

稲荷山めぐりの最初の神社
一発勝負を賭けるときに
お参りする方が多いそうです。

注連縄が稲穂ってのがステキ

Img_8276

こちらの狐さん、
ちょっとかわいいでしょ

今まで狐さんは
ちょっと怖い印象がありましたが
これだけいろいろな狐さんに
お会いすると
狐さんとの距離が
グッと縮まった感じがします!

京都市洛南地方が一望できる
四ツ辻
を過ぎ・・

あっ
Yちゃんと初参拝のときに
ここの休憩場に
新幹線の切符とお金が入った
ミニーマウスの
赤い財布を置き忘れて・・・

下山途中で気がついて
取りにもどって
無事再会できたことを
思い出しました(笑)

Img_8265

三ノ峰二ノ峰一ノ峰
あっとい間にたどり着き

このような小さい鳥居は3千円台~

Img_8292
長者社

あれ?
なんか、ここ今まで見てきたところと
なにかが違う・・・。

Img_8282

剣ですか!めずらしい!

Img_8287

社殿の裏側にこちらの巨石があって
雷石と言うらしい。

神社の案内に
「石に手で触れるとご利益がある」
って書いてあったから、
触ってみました。

あらっ あらあらっ
なにかしら?この心地よさ


稲荷山めぐり(2)

2014年06月05日 | 伏見稲荷

Img_8306

稲荷山の神々に
ご神饌を供える御膳谷にある
奥村大神の狛馬さん。

めずらしいよね?
生命を感じる。

今までは狛犬さんたちに
目を向けることがなかったのですが
伏見稲荷大社参拝をきっかけに
眷属・狛犬さんに
ご挨拶するのが楽しみになりました!

Img_8313

おぁっと!
なんてしなやかなボディ
稲荷山から駆け下りてきたような感じ

Img_8315_2

ちょっと正面からも失礼いたします。
こちらの狐さんは眼力社の手水

Img_8317
眼力社


古くから「眼の病が良くなる」
「先見の明・眼力が授かる」という
御利益があるといわれています。

2人の女性がワイワイしながら
たくさんお守り?
お土産?を買っていました。

なにか特殊ところなのかな?

帰ってから眼力社のことがよくわかる
ステキなHPを発見

なるほなるどぉ

そのページにある
おみくじをひいてみました。

何ももたないようで
実は全てのものを持っていると
実感しなさい
愛・平和・調和に基づいた考えは
すべてを解決する。


そうなんだよね。
必要なものは全て与えられている。

お勧めの書占いでは
「愛」がでましたよぉ
ドキッ


稲荷山めぐり(3)

2014年06月05日 | 伏見稲荷

Img_8322

鳥居・森林浴をしながら
どんどんどんどん
エネルギーチャージされていきます!

Img_8323

こちらの狐さん、かわいいです

Img_8330

新緑に癒される~
さ~っと爽やかな風~

Img_8338

約2時間の
稲荷山めぐりを終えて
穀倉の鍵をくわえた狐さんに
お会いすることができました
凛々しくてかっこいいでしょ!

Img_8345 

宇迦之御魂大神さまからの
メッセージをいただきました。

Img_8357

 狛犬さんは霊獣で
邪気を祓い神社を守るお役

 狐さんは神使(眷属)で
姿を見せない神様の代わりに
神意を伝えるお役


伏見稲荷大社は見所満載
掲載したのはほんの一部です。

以上です。