おや? なんだろう? おもしろいね~ と自然に笑顔になり、楽しんで取り組みたいですね。 まさしくそれは彩りですね!!

卓越性の探究者、波田野が皆さんに販売戦略・営業手法についてや、コミュニケーションについて思う事をお届けします。

マーケティング研究 他社事例 563 「社債に特化したファンド」 ~銀行も参画し始めました~

2020-05-24 15:22:22 | マーケティング
マーケティング研究 他社事例 563 「社債に特化したファンド」 ~銀行も参画し始めました~


ベンチャーキャピタルの国内スタートアップ企業への投資が活況です。

一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンターによれば、2019年1月~9月累計で1601億円と、2018年の年間投資額を既に上回りました。

2019年は5年連続で前年実績を上回り、年間で2000億円の突破も視野に入っています。

投資額の水準は2008年のリーマンショック以降で最も高くなる見込みです。

旺盛な資金需要に応えようと、動き出したのが、あおぞら銀行です。

2019年11月に20億円を出資してファンドを設立し、同ファンドは、ベンチャーキャピタルが主に新株発行を引き受ける形で実行する「エクイティ投資」(株主資本への出資)をせずに、貸借対照表上で「負債」に分類される新株予約権付社債など、転換社債(CB)を引き受ける形です。

こうした形で資金を供給する基金は「デット(負債)ファンド」と呼ばれ、スタートアップ専門のデットファンドの設立は国内で初めての事でした。

もともと成長投資を優先するスタートアップ企業は損益面で赤字が続くケースが多く、銀行からの融資は期待しにくい側面があります。

ベンチャーキャピタルなどの出資を受け入れて資金を手にすることはできても、経営者側は保有株式の比率を下げたくありません。

「保有率を下げずに資金を得たい」というニーズに応えた格好になっています。

同ファンドの第一号案件として社債を発行した薬局向けの薬歴管理システムのカケハシの財務担当者は「株式希薄化の抑制は、マストではないが、ナイスな選択肢になる。デット性資金の調達はこれからも積極的に利用したい」と語ります。

同ファンドは、地方銀行にも出資を募っていて、「関心を示す地銀もある」と久保社長、投資総額100億円規模のファンドを目指したいと言います。

もっとも、世界のスタートアップ投資環境は転機を迎えています。

アメリカシェアオフィス大手「ウイーワーク」のずさんな経営が明らかになり、IPOを延期しました。

IPOをしても、公募価格を下回る株価で投資家を失望させる例が相次ぎ、投資家のスタートアップを見る目は厳しくなっています。

実際、イギリスのプレキンによると、ベンチャーキャピタルなど2019年の世界ファンド調達額は9570億円ドル(約100兆円)と、リーマンショック後の2009年以来、10年ぶりに前年実績を下回りました。

国内ベンチャーキャピタルの海外投資も2019年は低調で、このままのペースでは年ベースで2015年以来4年ぶりにマイナス成長になる公算が大きいんです。

運用難に陥れば、今後、国内スタートアップへの投資姿勢も厳しくなる可能性はあります。

投資環境が冷え込みつつある中でそろりと動き出した銀行ですが、「今更と言う感じ」、「スタートアップが過大評価され過ぎている」、「事業性評価をしっかりとしなければならない中でノウハウがどこまであるのか」などといった懐疑的な声も聞こえてきます。

厳しい環境だからこそ、銀行の取り組みにも期待がかかりますが、果たして結果はどう出るのでしょうか?しっかりと見守りたいと思います。



下記は彩りプロジェクトのご紹介です。
ご興味があればご一読下さい。

経営の根幹は「人」です。働く人次第で成果が変わります。自分事で働く社員を増やし、価値観を同じくし働く事で働きがいも増します。

彩りプロジェクトでは、風土改革を軸にした「私の職場研修」、「未来を創るワークショップ研修」等、各企業の課題に合わせた研修をご提案差し上げます。ITソフトメーカー、製造メーカー、商社、小売業者、社会福祉法人、NPO法人等での研修実績があります。

研修と一言と言っても、こちらの考え方を一方的に押し付ける事はしません。実感いただき、改善課題を各自が見つけられる様な研修をカスタマイズしご提案しているのが、彩りプロジェクトの特徴です。


保育園・幼稚園へご提供している研修【私の保育園】【私の幼稚園】は大変ご好評をいただいています。

また、貴社に伺って行う研修を40,000円(1h)からご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

メール info@irodori-pro.jp

HP https://www.fuudokaikaku.com/

お問合せ https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 


コメント   この記事についてブログを書く
« マーケティング研究 他社事... | トップ | マーケティング研究 他社事... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

マーケティング」カテゴリの最新記事