『せいちゃんの航海日誌』:釣船・屋形船の千住大橋『入舟』

魚や海や船のあれこれを
~2006-06-19-開設~
2015年度よりリニューアル

エギスミイカ竿の特徴的な~

2015-10-26 02:33:01 | タックル・釣り方・howto
エギスミイカ竿の特徴的な話

専用竿というかエギスミイカとの名を冠した竿もありますが
そこにも大きく分けて2種類あります。
湾フグ竿よりの竿か、キス竿(小物先調子竿)よりの竿か。

まずエギスミイカ竿に求められる条件

 ①乗りが分かる(アタリがとれる)

 ②アワセが効く

この二点が大きな所です。

でスミイカのエギングが始まった当時は
既に船アオリの専用竿もありましたが
スミイカの特徴を考えると、もっと合わせる力が欲しいという面と
懐事情に負担をかけずにとのコンセプトから
当時大ブームだったベイジギングロッドをウチでは採用しました。

ベイジギングロッドの利点は
アオリ竿より長いのでアワセが効く
胴調子なので先調子より違和感を与えにくいので長く抱いている
欠点としては少しでも張りが強い竿だと、
または良いとされてた竿と同じ道具でも人によっては
アタリ(乗り)がとれなかった事です。

しかしベイジギングロッド派と船アオリ竿派の2パターンで
3シーズンはやったでしょうか?(下手するともっと?)

これに転機が訪れたのはお客様が持ってきた当時の早舟(万能小物竿)を
使ったところアタリが非常に取りやすいと

で万能小物竿の流行が

さらにそこから湾フグブームが来た時に
同じ先調子なら使えるんじゃね?と
Aトリガーライトフグ175がピックアップされ
(↑これには色々理由がありますがこの場では内緒の方向で)

こんな経緯から2系統の専用竿が生まれました。

恐らくメーカーもので最初に出たのが
「エギ・スッテ スミイカ」というTICAの竿かと思います。
これは先の万能小物竿系ですね。
スピニングでもベイトでもどちらでも使いやすく。
値段もお手頃。感度良し。パワー良しとイイ竿でした。
(既にこの時にはウチではAトリライトフグブームが来てましたが)

その後、去年一昨年辺りから湾フグ系の専用竿が。


で、どっちがどっちかというと湾フグ系の方がアタリがとれる半面パワーに劣る。
シーズン後半の500g超えになるとアワセが効きづらい事も。
(小物竿はその逆と)
どっちがいいかは、・・・好みです。

実際の釣り人人気はウチでは
湾フグ系8割:万能竿系2割ってとこです。

竿は他にもフォロー用の全然違う竿も持ってきてる人もいますが
それはまた別の機会に。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« How to 『デッドエギング』(... | トップ | タイラバタックル(カブラバor... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
個人的には (あきら)
2015-10-26 21:48:22
メタリア湾フグ、メタリアゲーム82あたりかな~。
個人的には (あきら)
2015-10-26 21:48:24
メタリア湾フグ、メタリアゲーム82あたりかな~。
Unknown (セイウチ)
2015-10-27 00:27:25
メタリアもいいですね。湾フグ竿からチョイスするなら
メタリアが一番ボクの好みに近いかも。

コメントを投稿

タックル・釣り方・howto」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事