アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「ハンガリー人のデリカテッセン」

2009-08-17 22:17:06 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 ニューブリッジに新しくできたデリカテッセンは、ハンガリーの青年ふたりがまかなっています。

ハンガリー青年たちのカフェのランチ。お肉たっぷりのラサニアです。
 CORK&FORK。もすこし、しゃれた名前でもよかったかなって思いますが、セレクションはなかなかグー。

 地元の、ちょいエキセントリックな料理人のつくるテリーヌや、全粒粉でできたバゲットは、毎日通いたくなるほど、美味。

 良質なオリーブオイルや、チーズ、レリッシュ、パスタなど、台所をリッチにしてくれる食材に加えて、リーズナブルでおいしいワインもあり、つい最近カフェもオープン。

 がんばり屋の青年たちで、応援モードになっています。

 あまりに当たり前なチョイスですが、わたしはラサニアをオーダー。マークは、前に食べておいしかったというミートボールのパスタ。

 お店でワインを売ってはいるものの、カフェエリアでワインをサーヴィスするライセンスは別物で、少し残念でしたけれど、ジンジャービールをおともに。

 ラサニア・ファンとしては、大満足の味。牛ひき肉たっぷりで、毎日とはいわないけど、1日おきに通いたくなるくらい。

 カフェエリアは、まだトライアル状態なので、お値段も破格。

 後からお店に入ってきた、瘦せ型の地元レディが、やはりラサニアを注文。わたしはお腹いっぱいになったけど、彼女はしっかりデザートにアップルタルトを頼んでいて、胃袋のタフさに、あらためて感心いたしました。

 ここで初めて見つけたのが、シーソルト入りのダークチョコレート。

 塩入りのお菓子は、日本でもブームですが、チョコは、わたしは初めて。いずれにしてもチョコには、塩気があるし、ケーキでも甘みを出すために塩を加えるのは常識ですけれども、あえて「塩入り」をうたうチョコの味っていったい??と思って、買いました。

 カフェでコーヒーを注文し、あけていい?と了解をとったあと、わくわくしながら口に入れると・・・

 しばし沈黙。塩??あ、きました!しばらくすると、舌の奥というか、のどの近くから、というか。

 けっこう、しょっぱいかたまりが。それが不思議なことに、ダークチョコレートの旨みを増すの。

 チョコといえば、ミルクが好みのわたしですが、ダークチョコのおいしさを初めて実感したかも。

 これは、クセになりますよ~もちろん、アイルランドのメーカーです。 

 さて、すでに東京に帰ってきている、わたくし。

 今回のアイルランド滞在は、2ヶ月。その間、友人のケッコンシキがふたつに、金婚式がひとつ。

 アエライングリッシュの取材で、競走馬の調教厩舎をふたつ訪れる機会に恵まれ、これはのちのちゆっくりご報告したいと思います。

 ものすごく貴重な体験をさせてもらいました。

 すでに、よぉーく知っているはずの国ですが、今回はさらにあらためて、いい国だなあと実感しました。

 取材で、限られた時間の中で動いているときに、どれほどのアイリッシュたちが「よっしゃ!」と力を貸してくれたことか。それも、ごくごくフツーのことのように。

 きっと、日本で取材しても、同じようなことが起きるのだと信じてはいます。

 それでも、アイルランド人の「たいしたこっちゃないよ」というような気楽さで対応してもらうと、ああ、この国を選んでよかった。という気持ちになります。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« アイルランド・ハイスクール... | トップ | DUBLIN NOW「Vol.16/ダブリン... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
応援しているお店が (ELIM)
2009-08-19 08:12:45
応援しているお店が繁盛してくれるとうれしいですよね。
私は塩甘お菓子系が食べず嫌いだったのですが、松井様のブログを読ませていただいて、
食してみようかな、という気になりました。
美味しいお店と親切な人々のいる松井様の暮らしぶりが羨ましいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー」カテゴリの最新記事