アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

スーベニアハンター「FILE_7:IRISH MUSEUM OF MODERN ART編」

2005-11-23 07:31:08 | スーベニアハンター
 こんにちは! 巷のお土産を切り口あざやかに紹介いたしますスーベニアハンター・ブログです。

 ここアイルランドでは、ますます寒さに磨きがかかってきました。日中でも吐く息が白く、街中の人々はコートやマフラーで身をかためています。住宅地では、各家のチムニーから白い煙(家で暖炉を炊いているため)がもくもくと噴出す様子を眺めることができ、当たり前の話なのですが日本とは違う風景を見ることができます。
 
さて、今週のスーベニアハンターは、「IRISH MUSEUM OF MODERN ART(現代美術館)編」をお送りいたします。

⇒現代美術館への行き方はコチラのページから


今回のスポットは現代美術館(IMMA)。


現代美術館の中。中央には車を素材にしたアート作品が。

 現代美術館はダブリンのシティセンターの西側に位置し、アイルランド南方面への列車が発着するヒューストン駅の近くにあります。現代美術館からは、ギネス・ストアハウスやキルメナイム刑務所へ容易にアクセスできるため、訪れる際は一緒に回って見るのが良いかもしれません。

 この現代美術館は退役軍人の為に建てられたキルメイナム・ロイヤル・ホスピタルを改築して、1991年にオープンされた美術館です。ウィリアム・ロビンソンの設計のもと建築されたこの建物は、1684年から約250年もの間、退役軍人の施設として利用されていたそうです。

 老朽化が進んでしまった1986年に大規模な修復が行われ、あらたに1991年からアイルランドの近代美術を展示する美術館として開館されました。

 館内では、アイルランド国内外の20世紀のアートが展示されている他、同建物の建造の歴史なども見ることができます。また定期的に様々な企画や講義が用意されているので、観光前には現代美術館のサイトで事前にチェックしてみることをオススメいたします。

 というわけで、現代美術館の概要説明の後はもちろんお土産探訪です。モダンアートを満喫した後は、BOOKSHOPでいよいよお土産の物色開始です!


「The Book Shop」とありますがお土産も売ってます。

 まずは店内を見渡してみます。やはり美術館らしく、美術に関する書籍が大量に置かれています。アートが好きな方だったら、面白い本が見つかりそうです。日本のアート関連本も置いてありました。


店内はアート関連の書籍が多数陳列されています。


日本のアート関連本。普通に欲しいです。

 ポストカードの品揃えもパッチリ! アート関連のポストカードがほとんどなので、センスのよいポストカードが選べます。写真の手前にあるのはポスターです。ポスターもアーティスティックな作品が多く販売されています。。


ポストカード選びに困ったら、ぜひIMMAで。

 忘れてはいけないのが、現代美術館のコレクション集。表紙がアートってます。ご来場の際はぜひ一冊お買い求めください!


コレクション本は映画のパンフレット同様に即買いです。

 「IRISH MUSEUM OF MODERN ART」、略してIMMAのメモ帳です。クリエイティブ志向の方はぜひこちらのメモ帳をお使いください。次々と新しい着想が浮かぶこと間違いなし! であることを期待します。


いぶし銀のメモ帳であなたのクリエイティブ魂を呼び起こします。

 同じデザインのマグネットもありました。会社のホワイトボードにさり気なくくっつけておくと、会社の雰囲気が少し変わるかも! と願います。


光を反射させて隣の席の人に嫌がらせをしないでくださいね。

 こちらからは「?」マークがつく商品のご紹介です。一番バッターはアヒルくん。モダンアートってこういうお土産を理解するところから、一歩が始まるんですね。そう信じたいです。


ニヒルなアヒルがお昼にひるんでいるようです。

 二番手は「WANDER BALL」の登場です。ガラスに投げつけるとペッタリとくっつくボールです。単一色にせず、吸盤の色を複数使用しているところにデザイナーのこだわりを感じます。そう考えることで、アートを理解しようとしているんです…。


ミラーボールではありませんでした。

 続いてはポータブル○×ゲーム機! 時代はPS○やD○じゃありません。○と×が繰り広げる、高尚な頭脳心理ゲーム。まだまだ新世代ゲーム機には負けませんよ! と強がってみせたりします…。そういえば、体育祭の練習のときに校庭で友達と○×ゲームで遊んでいました…。


○×ゲームは先行が有利だったりします。

 次に別のお土産に目を移すと、そこには見慣れたユーロ紙幣の消しゴムが。5ユーロから500ユーロまで揃えているところが、収集家魂をくすぐる一品ですね。コンプリートしたくなってしまいます…。


実際には利用できませんのでご注意ください。

 そして、ユーロ紙幣消しゴムの右となりに気になるものが…。白くて、まぁるくて、真ん中に目があって…、ん! 目玉!? はい。目玉が売ってました。目の色が赤・緑・青と数種類あります。必ず目の中心が上を向くように作られているようです。たくさん並ぶと少し気味が悪いです…。


まさにお土産の目玉商品です。

 最後に日本関係のお土産を2つ激写しました。一つめは納豆のおもちゃです。ふたを開けると中にカタカタと壊れたゼンマイ人形のような動きをするおもちゃが入っています。これ一種類ではなくて、確認しただけでも10種類以上ありました。芸が細かい!


このセンスが大好き。

 2つ目はダイナマイト鉛筆です。鉛筆がダイナマイトの形をしてます。日本製のようで、鉛筆に「JAPAN」と刻印してありました。なぜ、日本がダイナマイト!? のような質問は思い出と一緒にしまっておいてくださいね。


ダイナマイトというよりかは線香花火…。

 以上、IRISH MUSEUM OF MODERN ART(現代美術館)編でした!


【IRISH MUSEUM OF MODERN ART(現代美術館) 所在地情報】
Royal Hospital,Military Road,Kilmainham,Dublin 8
Tel: +353(1)612 9900
Fax: +353(1)612 9999
URL: http://www.modernart.ie/

[開館時間]
10.00am-17.30pm(TUE-SAT)
10.30am-17.30pm(WED)
12.00pm-17.30pm(SUN&Bank Holidays)
※休館:月曜日、クリスマス(12月24日、25日、26日)、グッドフライデー

[入場料]
無料


★「スーベニアハンター」椿明人さんのプロフィールはコチラから★
☆「スーベニアハンター」投稿一覧はコチラ☆
※「スーベニアハンター」からのお知らせ※
コメント