フレンズ オブ マーシー・ハンズ(旧イラク人医師シャキールさん支援グループ)

このプログは、イラク人医師シャキールさんを支援するグループの活動紹介や、シャキールさんの近況を報告するものです。

マーシー・ハンズのハルドゥーン代表からの熱いメッセージ

2007-04-24 11:17:22 | Weblog
マーシー・ハンズのハルドゥーン代表から熱いメッセージが
フレンズ・オブ・マーシー・ハンズに寄せられました。ぜひ、
お読みください。最初に翻訳を示しています。そのあとに、
原文(英語)を示しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フレンズ オブ マーシー・ハンズのみなさん

まずは、マーシー・ハンズへのすばらしい精神的な支援に対して、あなたがたすべてに感謝申し上げたいと思います。今日のイラク、とりわけバグダッドにおいては、複雑な状況にあること、そして(活動することはおろか)生活していくことがたいへん困難であるということを、知らない方もいるかもしれません。

日常的な暴力やテロ行為でその日生き延びるかどうか分らぬまま、人々は朝を迎えています。憎悪と過激主義の物音が他のすべての物音を圧しています。潜んだ敵によってあらゆる人々が狙われています。いつ何時、通りや街角で、死ぬかもしれない。「こんな複雑な状況、こうした逆境の下で、どうしてマーシー・ハンズは活動したり人道支援物資を運搬したりすることができるのか?」「災厄に打ちひしがれた住民を援助するために必要な、死と直面する勇気、逆境を物ともしない強さを、一体どこからマーシー・ハンズのメンバーは得るのか?」と考える人もいます。

こうした疑問すべてに対して、答えは一つしかありません。私たちは死を恐れていません。なぜなら死はあらゆる人間に差し迫っている事実であることを知っているからです。ただ、私たちは希望なく死ぬことを恐れ、成し遂げることなく死ぬことを恐れ、私たちの名を不滅にする足跡を残すことなしに死ぬことを恐れているのです。自己犠牲と人間性への尽力以上に、何が私たち自身を不滅にし、私たちの名誉を輝かせることができるというのでしょう。

実際には、過去や現代の模範となる人々に従うことなくしては、こうした生と死についての見方を発展させることはできないでしょう。このような模範となる人々のなかには、イラクと似たような厳しい環境下で暮らしてきた人々もいます。でも最も模範となる人々は、比較的普通の暮らしをしているにもかかわらず、このような生活を送ることをやめ、逆境下の生活を余儀なくされた人々の支援に関わることを選びとった人々です。私たちは私たちの人道的信念に力を与えつづけるそういった人々に励まされます。そしてそうした人々への感謝の念は変わることはありません。実際、フレンズ オブ マーシー・ハンズのみなさん、とりわけ恭子さん(監訳者注1)は、そのような模範となる人々であって、私たちにとってインスピレーションを与える源となっています。

恭子さん、あなたの名前は、マーシー・ハンズやその他の人々すべてにおいて、忘れられることはないでしょう。

マーシー・ハンズでは18人の女性が活動しています。彼女らは、自分の勇気の源泉となり危険な自分の任務を遂行するために模範となる女性をつねに求めています。私たちの18人の女性は、また私たち男性も、あなたの凛々たる勇気に、あなたのことを、すべての模範となる女性たちの先を行く人として位置づけています。

平和のうちに、そして平和のために
ハルドゥーン
マーシー・ハンズ

(翻訳:前野覚、監訳:清末愛砂)

*監訳者注1:恭子さんとは、フレンズ オブ マーシー・ハンズの運営を担っているメンバーの一人のこと。

以下、原文(英語)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Dear Friends of Mercy Hands,
Firstly, I would like to thank you all for your great moral support to Mercy Hands.

Maybe some of you are not aware of the intricacy of Iraqi context and the hardship of living, not to mention working, in Iraq nowadays, particularly n Baghdad .

People wake up in the morning not knowing if they would survive another day or not, with this daily violence and terror. The sounds of hatred and extremism prevail over all other sounds. Everyone is a target, by a hidden enemy, and might die in any street at any corner in any moment. Sometimes people wonder “how could Mercy Hands work and succeed in delivering humanitarian assistance under such unfavorable conditions in such intricate context?”, “From where do MH members get the strength to face death and defy all unfavorable conditions to help disaster affected populations?”

The answer is the same to all such questions: We don’t fear death because we know death is an imminent fact to all human beings; but we fear dying helpless, we fear dying without achievements, without leaving behind a trace that would immortalize our names. And what could immortalize ourselves, and glorify our names, more than self-sacrifice and burning out for humanity!?

Actually, we could not develop such perspective about life and death without following role models from history and present times. Some of those role models have lived all their lives in unfavorable settings similar to Iraq but the best role models are people who have relatively normal life but have chosen to quit this life and get involved in assisting people in need living in unfavorable settings. We are inspired by those people to hold strong to our humanitarian beliefs and we shall always be thankful for them. Indeed, all Friends of Mercy Hands are role models and a source of inspiration for us, especially Kyoko san.

Kyoko san, your name shall not be forgotten by all MH members and by others.

Eighteen women are working in Mercy Hands and they always look for women role models for them to nourish their courage and carry on their risky jobs. I am sure our eighteen women, beside our men, would put you ahead of all other women role models for your extreme courage.

In and for peace,
Khaldoon
Mercy Hands

最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ズィロ)
2007-04-24 12:04:34
はじめまして(ですよね!?)



私のサイトで

こちらの記事を紹介させていただきました。



紹介記事は

http://blog.livedoor.jp/zero_kenzen/archives/53863663.html

です。



よろしくお願いいたします。
ありがとうございます。 (フレンズ オブ マーシ・ハンズ)
2007-04-24 21:55:22
ブログに紹介してくださいまして、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

コメントを投稿