美味しい生活!花と戯れて

女性は見た目年齢じゃないですよね!!
年も忘れて好きなことしている時が最高に幸せです。ガーデニングなどのお話などです

13経塚の言い伝え    恨みは消えず?

2017-07-17 13:08:19 | Weblog
天候不順の日々
ご近所のベテラン農家でも作もつの出来が悪いようです。
いつもは頂ける夏野菜も、そう甘くはないようで、時々差し入れがあるのみ
我家では食べきれないズッキーニの売れ行き好評です。
毎年台所に散乱しているのに今年は数本のみ

食べきれないと言えばブルーベリー
生食用なので取り置きもできません。かといって差し上げるのも量が足りない
冷凍庫に押し込んでいます。そのうちジャムに変身させねば




ポケモン取りに励んでいます。最近田舎のこの場所にもあちこちポケスポットが出来てます
国道158号線にも昨日なかったところに今日はある、なんて現象もおきてます

で、新設のポケスポット回してみると「摩利し天」1メートルもない古びた石の塔なんです
これこそ隠れキリシタンの礼拝場所かもしれません
400年経っている過去の世界、今は道路でも昔は違っていたかもしれない

13経塚の話も近世までは伝説で、「こんなむごい話があったとようだ」と言うくらい
ある農地の持ち主が掘り起こした石に刻まれた文字を判読して歴史につないだとか
今ある経塚ももとの場所ではなかったようです


キリスト教弾圧の話は江戸時代が終わるまでは有ったので、そのことに関しては確からしいのですが
冤罪で亡くなった人の話は多いです

田舎の細い道、子供を背負った女性が歩いているので
「車で送ってやるよ」といったら乗り込んできて、「どこまで行くかい」と聞いたら「〇〇まで」と
着いたのでふりむくと誰もいない・・・

車と言うからにはそう遠い昔ではない
まさか駕籠かきの時代からの話ではないだろうと笑って済ませる話だけれど

皆が「化け物屋敷」というお宅ではそれらしい話と体験談があるのです

30年位前、長男が結婚したのですがお嫁さんが
「この家を出て他に住みたい」と言い出した
「なんで家があるのに他に住む?」と聞いてもその時は答えなかったそうです
しばらくして荷物まとめて出て行ってしまった
離婚とまで言わないので、嫁姑問題かと聞いても「そんな事はない」との返事
別れるつもりはないけど、ほかに住みたいとしか言わない

そんな時姑が服毒自殺をしてしまった
悲しみの連鎖か、近所で3件の服毒自殺者が出て、事件かと思ったけど関連性はないということだったそうです

広い家に一人では生活が成り立たないので帰ってくるようにお嫁さんに言っても
他に住むなら・・・
人を立てて本当の理由を聞いてみたところ
「あの家には何かがいて、怖くて一人では生活できません、お母さんがいてくれたから何とかいられたけど」と
子供のころからそんな経験はない」と言ったけど「そういうと思ったから言えなかったんです」

なんど話しても家に住むのは怖いというので仕方なく離婚した

復縁するように願ったけどそれもかなわず、他の女性と再婚しました
この人はそんな怖い思いはしないようだけど、「踏み台から落ちてけがしたの」とか結構大変な経験しているようです
「じぶんがそそっかしいから」と笑って済ませていますが実際はわかりません

このいえの玄関に立つと素通しの透明ガラスの奥に・・・
戸を開けると冬など冷たい空気が流れ出てきます、人がいれば外より中の方が暖かいはずなのに

尋ねた人は「なんか寒気がしてながいできないんだよね」と言う人が多い
同級生は「怖かった」と口を閉ざし、口コミで広がったようです

ご本人は本当に優しい人で、まじめな人で信用のおける人です

自殺した3軒の家の重なりの真ん中に立つと、重苦しい空気が押し寄せてきます
住んでいる人ではない、別の何かの力が強い感じがします


親戚の家のことですが、古い時代に鬼門として置いてあった祠の今の土地の持ち主が祠を無造作に返しに来て
「うちには関係ないから」と言って帰った
翌日自動車事故にあったとか

罰遭ったのよねと言ってましたけど。偶然かもしれないのに言い過ぎです。いままで置いてくれてたのだし


痛んでしまった祠を修理した人が言うには
「ご本尊ないのに直しても」長い時間の間に無くなっていたようです
でも、家の物だからとなおして安置しました
今でも本尊ないのかな?、なんて気になってます

修理した直後、中に本尊がいないなんて知らなかったのですが「お参りさせてください」と傍に行ったら

1メートルくらい何かの力で跳ね飛ばされました。空気が塊のように押し寄せてきました
近づくなと言うことらしいので、それ以来遠巻きにしています

あまり大げさに言うとその家の人が気分悪いでしょうし

この土地は自殺者がおおいのは有名で宅急便の人が「またですよ、3軒続いて」とか教えてくれます
仲良しになった人の身内が「昨日首つって、亡くなったの」と泣きながら来たり


遠いご先祖の怨恨が今もあるなら静まってほしいと思うのですが・・・














『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 13経塚の言い伝え   悲し... | トップ | 納豆今昔物語 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事