ハマハマランド

浜田さやかのまとめです

4月29日(水)のつぶやき

2015-04-30 03:56:24 | 日記

まわりくどいことはつぶやきません。とにかく相互フォロー。話はそれからですよ #follow #sougofollow #folloeme #followmejp #folloedaibosyu #相互フォロー


ですから、引っ越しする場合には複数社に必ず見積もりを依頼し、しっかりと引っ越し費用を確認することが必要になります。それに、自分でできることは自分で行えば、引っ越し業者に頼むことも減り、費用を削ることができるでしょう。


多くの引っ越し業者は基本的な料金+作業員の数で費用が決まってきますから、作業員の数を減らすことができれば費用を大幅に抑えることも可能です。また、引越し業者は安さだけで選ばず、サービスの質などを総合して選んだ方が失敗しません。


荷造りをして新居に引っ越した時に、まず最初に行わなければいけないのが、荷解きという作業です。この荷解きは荷造りと並んで引っ越しにおいて最も面倒な作業のため、誰もが嫌がる作業だと言えます。


しかし、荷解きを行わなければ新たな生活をスタートさせることもできませんし、何より必要なものも荷造りした荷物の中に入ったままでしょうから、できるだけ迅速に荷解きを行う必要があります。


荷解きを迅速に行うコツは、荷造り時にしっかり荷物を分けているかで作業効率が大きく変わってきます。まずは、絶対に必要なものを荷解きしていくと良いでしょう。


大して使わないものを先に荷解きしてしまうと、その作業で疲れてしまい、必要なものの荷解きまでたどり着けなくなる場合があります。ですから、最初にすぐに使用するものを荷解きして、とりあえず生活できる状態にすることが重要になります。


ある程度生活できるようになったら、後は時間のある時に少しずつ残っている荷物を出していくようにしてください。引越し直後に全ての荷解きを終えるのが理想ですが、時間や体力の都合で一気にできないことがほとんどです。


必要なものがどこにあるのかわからないということにならないように、荷造りの段階で荷解きのことを考えて作業を行うようにしましょう。


コメント

4月28日(火)のつぶやき

2015-04-29 03:54:51 | 日記

まわりくどいことはつぶやきません。とにかく相互フォロー。話はそれからですよ #follow #sougofollow #folloeme #followmejp #folloedaibosyu #相互フォロー


引っ越しに慣れている人は、引っ越しの手順を把握しているため、スムーズに引っ越し作業が進むと言います。しかし、一般的には、引っ越しというものは頻繁に行うことではありませんから、何から手を付けていいのか困ってしまうこともあります。


特に初めて引っ越しを行う人の場合には、いつ何をやったらいいのかわからなくなってしまいがちなので、引越しのやることリストがあった方がいいです。


リストに沿って引っ越し作業を行うことで、引っ越し中のトラブルも起きにくくなるでしょうし、何をやったか忘れたということの防止にもなります。


引越しの際に必要な手続きや荷造りをいつまでに行うのか、引越し業者とのやり取り、引越しに必要なものなどをまとめておけば、引越し直前になって慌てなくて済むでしょう。


リスト内に引っ越し業者や不用品の処理業者、引っ越し先の住所や管理会社の連絡先なども一緒に記載しておくと、連絡が必要になった時などに便利です。引越し当日も持ち歩くことを想定して、そのリストをみるだけで全てが把握できるようにまとめておいてください。


引っ越しを行う場合、自分で全部行うことができれば費用も安く済むかもしれませんが、なかなかそういうわけにはいきません。そのため、ほとんどの人が引っ越し業者を利用することになるわけですが、この業者選びで引っ越しにかかる費用が大幅に違ってきてしまいます。


よくありがちなのが、見積もりを1社のみに頼んでしまう場合や見積もりも行わずにいきなり引っ越し作業を業者に依頼してしまう場合です。この場合、平均的な引っ越し費用が分からないばかりか、もしかすると、不要な費用まで支払ってしまう可能性も出てきてしまいます。


コメント

4月27日(月)のつぶやき

2015-04-28 04:01:32 | 日記

まわりくどいことはつぶやきません。とにかく相互フォロー。話はそれからですよ #follow #sougofollow #folloeme #followmejp #folloedaibosyu #相互フォロー


そろそろ、就職、転勤、入学などで引っ越しのシーズンですね。しばらくそのことについてつぶやきます。引っ越しというのは新たな場所へ行くことができる喜びもありますが、実際には様々なことをやらなければいけないため、非常に大変な作業です。


自分だけが引っ越し先に行くのであれば何も行う必要はありませんが、ほとんどの場合、家具や家電、衣類や食器類など、様々なものを一緒に持っていくことになります。


荷物だけではなく、引っ越しに際しては現在住んでいる場所の電気やガス、水道といったものの契約を新しい場所へ引き継ぐ作業も行わなければいけません。もし、遠方への引っ越しの場合には、引き継ぎではなく契約解除と新たな契約を行う必要も出てきます。


現在の住民票を新天地へ移すという作業も行う必要があるでしょう。引っ越しが決まった場合には、単身なのか家族全員なのかで行う作業が変わってきますが、単身の場合には持っていくものの分別、荷造り、荷送りという順番で作業を進めるようにしてください。


家族全員での引越しの場合には、不用品の分別と処分、荷造り、荷送りという順番で作業を行うとスムーズに作業が進行すると思います。


コメント

4月26日(日)のつぶやき

2015-04-27 03:59:22 | 日記

まわりくどいことはつぶやきません。とにかく相互フォロー。話はそれからですよ #follow #sougofollow #folloeme #followmejp #folloedaibosyu #相互フォロー


独学だとお金がかかりませんし、自分のペースで勉強できるというメリットがあります。そのため、中には独学で税理士になろうとしている人もいるでしょう。


しかし、独学で税理士になるのは非常に難しいことです。絶対になることができないという訳ではありませんが、可能性は極めて低いと考えた方がいいでしょう。税理士試験合格者のほとんどは学校に通って勉強しており、独学で合格している人は極めて稀です。


確実性を選ぶのであれば、学校に通われた方がいいといえます。どうして独学だと難しいのかというと、市販のテキストが少ないというのがその理由として挙げられます。みなさん学校に通われているので、書店に行っても市販のテキストがそれほど多く並んでいません。


さらに、税金の仕組みは毎年のように変わってしまうため、現在勉強していることが無駄になってしまう可能性もあります。自分で変更点を見つけて、それを勉強し直すというのはとても非効率的です。


また、一発合格が難しい資格なので、何年もかけて合格を目指すことになります。独学だと一人で勉強しないといけませんから、モチベーションを維持するのが難しく、途中で挫折してしまう人が多いのです。


コメント

4月25日(土)のつぶやき

2015-04-26 04:05:46 | 日記

まわりくどいことはつぶやきません。とにかく相互フォロー。話はそれからですよ #follow #sougofollow #folloeme #followmejp #folloedaibosyu #相互フォロー


税理士試験の合格率は12%~17%ほどですから、そう簡単に合格できる資格ではありません。税理士の試験は5科目あり、5科目全てに合格しないといけないので、一回で合格するのは至難の業です。


5科目全て同時に合格するのは不可能に近いため、数年かけて合格するというケースがほとんどです。1年に1科目から2科目の合格を目指すというのが税理士試験の一般的な受験方法になります。合格した科目に有効期限はないので、極端な話、10年や20年かけても問題ありません。


実際に10年くらいかけて合格するという人も珍しくないです。短期合格を目指すとなると難しいですが、長期的に考えて合格を目指すのであれば、可能性が高くなります。


試験合格のためには計画性が欠かせませんから、どのくらいの期間をかけて、どのくらいのペースで合格を目指すのかということを最初に考えるようにしてください。一発合格を目指すのは悪いことではありませんが、可能性が低いのでおすすめすることはできません。


税理士試験を受けなくても税理士になれるといわれていますが、本当なのでしょうか?結論からいうと本当です。税理士試験を受験せずに税理士になっている人も多いといわれています。


試験以外で税理士になる方法は、以下の2通りあります。・国税官公署で23年以上働き、研修を受ける・弁護士や公認会計士の資格を取る。国税官公署で23年以上働き、研修を受けることで税理士として働くことが可能です。


23年以上勤務しないといけないので、すぐに税理士になりたい人には不向きですが、税務署員を辞めてからでも構わないという人はこの方法を選択しています。弁護士や公認会計士の資格を取るというのも、ひとつの方法です。


試験内容に税理士の仕事と関連しているものがあるため、この2つの資格を取得すると、税理士として働くことができます。このような方法を選べば、税理士試験を受ける必要はありません。


ただ、どの方法を選ぶにしても簡単にはなることができないので、税理士にすぐになりたいのであれば、試験を受けた方がいいでしょう。


コメント