玉三郎の独り言

玉三郎の独り言

SAMURAI

2014-09-14 10:21:01 | ブログ

Samurai

昨夜は痛快であったな・・・何の話か聞きたかろうが、俺が自ら語れば自慢話に なってしまうから、今回は同居人に事の次第を聞いてみてくれ。

この数日前からすっかり秋らしくなり、綿毛布一枚では寒い、タマ(玉三郎)も私の布団に潜り込んで一緒に寝ている。

昨夜も何時ものように、私にお腹を撫でられながらウトウトと夢の世界に入る筈だったのだが・・・、いきなり血相を変えて布団を払いのけ、私の寝ている足元に駆け出したではないか、

この只ならぬ気配に私も飛び起き大急ぎで灯りをつけた。

そこに見たものは15cmはあろう大ムカデが事もあろうに布団に突進して来る、それを阻止せんと懸命に戦っているタマの勇姿であった。

悪戦苦闘の末、私も参戦して大ムカデを何とかトイレに流したのだが・・・、

タマが気付かずに布団に進入され咬まれていたら・・・背筋が寒くなった。

今までも私の嫌いなゴキブリやクモ、ムカデ、ゲジゲジと片っ端から退治してくれたのだが、

あの静寂と闇の中でいかにして敵の気配を感じて咄嗟に行動できるのか、今回は目の当たりにそれを見て驚いた。 世が世であれば、土佐の岡田以蔵・薩摩の中村半次郎(桐野利秋)はたまた公儀介錯人 拝 一刀 (この人は実在しないが) 何れ名を残す刺客となっていたのに違いない、さしずめ「人斬り玉三郎」とでも名乗ったか・・・。

私が日々枕を高くして寝ていられるのも、私には生涯タマという強い味方がいる御蔭、ありがとうタマ、ありがとう玉三郎殿。

そうか、そうかやっと俺の有難みが判ったわけだな、まあ感謝して礼を言われるのもいいが、気は心と言うではないか、今宵は奮発して「鰹の土佐造り」で祝杯を挙げるのも悪くないぜよ。

http://ippondo.city-yokosuka.info/


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
玉三郎はえらいね。 (犬のおまわりさん)
2014-09-18 18:51:50
玉三郎はえらいね。
おれなんか、一度寝てしまったら雨が降ろうと、槍が降ろうと目が覚めることなんかないぜよ。(なんで土佐弁になるのかな)
秋の夜長、もう寝ています。
自分は“田舎サムライ”だけれど、お主は“SAMUR... ( 田舎サムライ)
2014-09-21 08:04:43
自分は“田舎サムライ”だけれど、お主は“SAMURAI”ですか…

(●^o^●)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。