忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)。

2005年の幕開けは「カンフーハッスル」と共に

2004年12月26日 | 作品紹介(映画・ドラマ)

■DVD:「カンフーハッスル」


強烈な印象を残した「少林サッカー」から2年、
ついにチャウ・シンチーの最新作が完成した。
もちろん今作でも監督・主演・脚本・製作のひとり4役を務めている。
とにかく遊びまくって作った感のある「少林サッカー」に比べ、
全体的にグッと大人向けに作ってあるのが印象的だ。
貧民街にある豚小屋砦の住人達と、悪名高きギャング団・斧頭会との戦いや、
伝説の達人達が繰り広げる死闘の一部には残虐なシーンも含まれており、
「少林サッカー」のお気楽なノリを期待して観ると多少面食らうかも知れない。

とは言え、「少林サッカー」ファンが楽しめる要素もふんだんにある。
ワイヤーなどのVFX効果を使い、マンガ的な演出を再現する手法は健在で、
何気ないシーンから達人達の必殺技まで、今回は大盤振る舞いの大サービスぶりだ。
アクション監督に「マトリックス」「キルビル」のユエン・ウーピンだけでなく
「メダリオン」「80デイズ」のサモ・ハン・キンポーも配しているだけあり、
VFXを使わないアクション部分にもちゃんと見応えがある。
今年観たアクション映画の中には「マッハ!!!!!」という佳作もあったが、
あの映画はタイ人特有の生真面目さが邪魔をして娯楽に徹しきれていない部分があった。
しかし「カンフーハッスル」は違う。
カンフーが好きで好きで仕方ない人間が嬉々として作ったという匂いがプンプンする。
gooの映画サイトを見て初めて知ったのだが、チャウ・シンチーは
「カンフーの達人になるのが1番の夢、俳優は2番目」なのだそうだ。
プンプン匂うわけである。

この映画のもうひとつの見所は、
「少林サッカー」よりもチャウ・シンチーの人柄がより色濃く出ていることだ。
今回私が発見したチャウ・シンチーのキーワード、それは「ファン」だ。
「マニア」でも「オタク」でもなく「ファン」である。
この映画には、過去の名作・ヒット作から拝借したネタが多数鏤められているが、
どれもこれも清々しいまでストレートに拝借していて実に微笑ましい。
斧頭会の下っ端が全員黒服で登場するシーンはまんま100人スミスであり、
壁の向こうから大量の血が流れ出てくるシーンはまんま「シャイニング」であり、
その他にも至る所に散見することが出来るが、不思議な程に不快感がない。
それは、チャウ・シンチーの目線が明らかに「ファン」だからではないかと思う。
「好きだなと思う詩を書き留めて、それに手を加えて出しました」
と言ったアイドルもいたが、そういう意味の「ファン」ではなく、
ニュアンスで言えばナイナイの岡村が他の芸人のギャグをよく使うのと似ている。
チャウ・シンチーは愛を込めて拝借しているのだ。
同じような監督に「キルビル」のタランティーノがいるが、あの人は完全に「オタク」である。
タランティーノの拝借の仕方は細かい上に年代もバラバラなため
素人には理解し難い事もしばしばだが、その分熱烈な支持を受けてもいる。
チャウ・シンチーの場合は、年間5、6本しか映画を観ないという
ライトユーザーでも知っている作品から、それと分かる拝借の仕方をするのだ。
タランティーノと比べてどちらが良い・悪いの話ではない。私はどちらも好きだ。
ただ、サービス精神という意味においてはチャウ・シンチーの方が上かと思う。

この映画で唯一難点になっているのは、恋愛部分がかなり希薄なことだ。
「少林サッカー」では、ヴィッキー・チャオ演じるムイが非常に良いキャラクターで、
恋愛とサッカーという、同時進行するふたつのストーリーのパイプ役として
ちゃんと機能していたのだが、今回は恋愛部分が最後まで置き去りになってしまっている。
幼少期の設定もきちんと作ったのなら、もう少し膨らませても良かったと思うのだが・・・

新年一発目の笑い初めとして観るにはうってつけの1本であることには間違いない。
冒頭にも書いた通り多少残酷なシーンはあるが、
管理人夫妻の活躍でそれも帳消しに出来るはずだ。
公開日の元旦は映画ファンサービスデーである。
初詣帰りは是非劇場へ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  タイトル:カンフーハッスル
    配給:ソニー・ピクチャーズ
   公開日:2005年1月1日
    監督:チャウ・シンチー
   出演者:チャウ・シンチー、ブルース・リャン 他
 公式サイト:http://www.sonypictures.jp/movies/kungfuhustle/site/index.html
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする