コメント
 
 
 
1ゲットかな?(・・;) (泣き虫)
2005-11-29 17:38:42
うまく表現できませんが、脳トレは革命的な作品でしたよね。

このゲームを超えるのに、なかなか難しいと思います。



ちなみに、既に海外発売決定の脳トレですが、名前が決定されました。

その名は、“DS Training for Adults”です。(大人のDSトレーニング)

ゲームデザイン専門ブログでも大きく取り上げられ、研究されているようです。

http://lostgarden.com/2005/10/game-design-review-ds-training-for.html

川島さんの著作も分析されているようです。(笑)

ゲーム画像:(出元:海外ゲーム誌 Nintendo Power)

http://www.n-philes.com/forums/showthread.php?t=21914
 
 
 
・・・・ (MORE)
2005-11-29 19:37:23
ども、虫さん「ユニバース」にはお邪魔しました。

しかし、まあ、いつの時代にも類似品はありますなあ。

ガンダムの類似品「ガンガル」とか、新世紀エヴァンゲリオンの類似品「新戦記ヴァンゲイル」とか・・・・。

バーコードバトラーのドラゴンボールのカードを加えた類似品(バ○ダ○製品)とか、

ポケモンの類似品の「げげげの鬼太郎」(鬼太郎には罪は無いが・・・・)

まあ、これらは時効だからいいけどね・・・・。



最近でも・・・・まあ、実名を挙げないところが忍さんの優しさかな。でも、いわずもがなですけどね。
 
 
 
DSはアイデアで勝負できるハードのはずなのに (cocomuts)
2005-11-30 00:54:13
お久しぶりです。

(nintendogsのとき1度だけお邪魔しました)

模倣品について、DSのみに話題を絞って書かせていただきます。



どこかは忘れたのですが、

「ニンテンドーDSは低予算でもアイデアしだいで面白いものが作れる」

というメリットがあると読んだことがあります。

それなのに結局、アイデア借りパクの類似品が増える…というのは、なんか残念ですね。



MOREさんがおっしゃるように、いつの時代も笑えるB級模倣品はありますね。

ただ、新しいアイデア・新しい経験に出会えるかも…という期待感の中で、作る側のが見覚えのある商品しか提示できないというのは、笑えない状況だなぁ、と思います。

まして、マネッコさえ上手くできてないとなれば。

もとのアイデアに、プラス1でいいから、独自のものが加えられれば、最初のエポックメイキングに続く、ジャンル形成の役割を担ったと見られなくもないんですけどね。
 
 
 
Unknown (teke)
2005-11-30 09:48:41
こういうモノは、作っているほうも

コバンザメを自覚していて

「アタリ」など狙っていないと思います



ヒット作のあとに似たようなモノが沸くのは

お祭りがあれば屋台が出るのと同じくらい自然なことで

無ければ逆に寂しいような気もします



むしろ「似たような何か」が沸いてきたとき

それでもやっぱり○○(オリジナル)が一番だ!と

思ってもらえて(○○もそれなりに努力をして)

確固たるブランドになっていくのだ、と思いました
 
 
 
Unknown (SSS)
2005-11-30 13:24:00
今回のお題は安易な二番煎じですか。

確かに時には皮肉の一つも言いたくなる時もありますが、

考えてみれば、ゲームが氾濫してる現在、

オリジナルと優秀なフォロワーやってるだけで

十分以上に時間を潰せるのでそんな目くじら立てる事も無いだろう、という感じですね。
 
 
 
プライドの問題 (hiroshi)
2005-12-01 01:12:53
「人を楽しませる仕事」はつねに人と違うことをやらなきゃいけないと思っています。

そこがこの業界の一部には欠けてると思います。

作ってる人間はまねしてることに何か感じないのだろうか?
 
 
 
Unknown (お米券)
2005-12-01 18:35:33
マネはしてもいいとは思いますが、ただ元ネタを作った人たちへの敬意を忘れてはならないと思います。その辺が作品の出来にも関わってくるのではないかと。

俺の好きなシューティングで言えば、雷電シリーズは東亜作品の明らかなパクリですがそこを突っ込ませないほどの完成度を誇ったからこそ一時代を作ったわけで。ウォーオブエアロや1945kIIIでは問題外だというわけで。



最近は自社製品の価値を下げるような方向にもっていく会社も多いですがね。戦国キャノンなんて旧彩京スタッフに対する冒涜以外の何者でもないですし。
 
 
 
パクりパクられ世界は回る (フリーユーザー)
2005-12-01 23:45:55
 こちらに書き込ませていただくのは久しぶりです。最近は本館の更新が少なくてさびしい限りですが、その分別館の方には毎日のようにお邪魔しております。



 パクリソフトというのは世の常ではありますが、確かに最近「教授」系のゲームが増えておりますね。しかしこれだけフォロワーを生み出す「教授」というソフトのハンパない実力も、同時に垣間見た気がします。「教育ソフト」というジャンルをここまで押し上げた「教授」、やはりタダモノではないですなあ。



 ところでサウンドノベルは今でも好きなジャンルですが、ここもチュンソフトの成功以降、玉石混合のタイトル雨あられ(文が変?)だったですね。アテナの「夜光虫」なんかはわりと好きでしたが、イマジニアの諸作品、「ざくろの味」とか「月面のアヌビス」とかには泣きました。あれに当時1万円近いおカネを払ったのかと思うと…。そういえばパックインビデオのソフトとかもありましたね、赤川次郎がシナリオ書いてた作品(タイトル忘却)。チュンソフトに並んだかと私が思う他社作品は、今は亡きパンドラボックス開発の「学校であった怖い話」と「晦」くらいでしょうか。



 「教授」のようなジャンルがこれからさらに隆盛していくのかは分かりませんが、今後本家並みのクオリティを持つ他社作品が多く出てくるようなら、高齢化社会の現在、ゲーム界の新たな主要ジャンルの1つになる可能性もありそう。各社の奮起に期待したいです。
 
 
 
む、 ()
2005-12-04 00:57:55
>泣き虫殿



うむ、「脳トレ」は「メイドインワリオ」に続き

任天堂が大きく進化した作品だと思う。



>MORE殿



最近の模造品に関しては、わざわざ名を挙げる間でもないので。



>cocomuts殿



うむ、出発点が模倣であったとしても、

完成品には何らかのオリジナリティが欲しい。

それだけでも印象はかなり違うはずなのだが・・・



>teke殿、SSS殿



うーむ、申し訳ないのだが、

初めから「アタリ」を狙っていないようなソフトは

発売していただかなくても結構というのが私の考えだ。



当て馬があってこそパイオニアの価値が向上するというのも

わからないでもないが、

似て非なるB級品を掴まされたユーザーのことを考えると、

やはりあまりにも程度の低いものは出すべきではないと思う。

目に余るB級品の連発はそのジャンルを潰してしまう。



>hiroshi殿



そう、これは「プライド」の問題なのだ。



>お米券殿



非常に分かり易い。

クロスノーツはすっかり悪名高いメーカーになってしまったな。

まぁ、内部事情を考えればそれも仕方ないのだが。



>フリーユーザー殿



む、「ざくろの味」は私はさほど嫌いではないのだが・・・

むしろ巷では高評価の「学校であった怖い話」は

「外れ」なシナリオが多過ぎて今ひとつに感じてしまった。

「晦」に関しても同様なのだが、「学校」よりは遥かに良かった。













 
 
 
悪貨は良貨を駆逐する (くるっとパンチ)
2005-12-04 19:55:07
忍さんお久しぶりです

最近はすっかり寒くなりましたが、お元気ですか?

こんなしんしんと寒い冬の夜はおこたに入ってぬくぬくと

ジオン独立戦争記みたいな小難しいSLGゲームを

まったりのんびりプレイするのが一番です。

(寒いと手がかじかんで、ACTはとても無理w)



「ううっ、虎の子のガンダムがまた撃墜された。」

ガンダムがへなちょこで弱いガンダムゲーなんてイラン!

ブーブー言いながらも、ちょこちょこやってます

それはさておき、「脳トレ」はやったことないけれど

「旬のジャンルに、旬を過ぎないうちに投入する」

というメーカーは意外と多いです。

それゆえに完成度が低くなるのも当たり前かも

メーカーに余裕がないので仕方ないかもしれないけど

「このゲームを真似て、とりあえず形にしてくれ。」

とか言われたら社員のやる気が出るわけないし

そんな状態で作られたゲームがおもしろいわけない

"悪貨は良貨を駆逐する"という諺があるけど

そういう意味ではソニーは色んなジャンルのゲームを

大量に発売し、ゲームの垣根を広げた功績はあるけれど

その反面、悪貨も大量にばらまいてしまった。

また廉価版の乱発でユーザーからの信用も失いつつある。

(廉価版も長い目で見ればマイナスにしかならないのに。)



これからは任天堂のようにある程度ソフトを絞り込み

良質のソフトを供給するようにしないと

時間をかけて良作を作るメーカーをつぶしてしまう。

本当におもしろいものを作るというメーカーの心意気と

良質の作品しか買わないというユーザーの強い信念が

大事になると思います
 
 
 
む、 ()
2005-12-05 00:03:56
>くるっとパンチ殿



お久しぶり。

パンチ殿が来られると、

季節がひとつ進んだような気がして心が和む。



SCEがPSを発売した当初、

「1000本ソフトが出て、999本が駄作でも、

 1本の傑作が生まれる可能性があるならそれでいい」というような

ことを言っており、私は「何という無謀なことを」と思ったものだ。

しばらくは新規のヒットタイトルを続々と生み出し、

私の考えが間違っていたのかと思ったのだが、

現状のPS2やPSPを見るに、やはり間違っていなかったと確信している。

今のSCEはSFCの末期の任天堂と同じだ。

ソフト作りに長けていない分、余計に悪いが。
 
 
 
それだけではない。 (MORE)
2005-12-05 20:22:37
>忍さん



それだけじゃないしね。SCEの場合は、電気屋である分、色々なメディアを強引にミックスして、ゲーム存在感を薄くするし、



自分が第一線では戦わない(えない)くせに、サードパーティに「PS3クォリティーで」などとハッパをかける。



SCEにもいいクリエイターがいることは認めるし、ソフトには罪はない。しかし、いかんせんゲームに愛情がないよ。



マルチメディア機器やハイプロセッサマシンなら、パソコンやケータイには勝てないんだ。

ゲーム機を作っていながら、SCEの見ている先にはゲーム機が無い気がする。
 
 
 
個人的評価 (しがないゲーマー)
2005-12-06 10:20:12
脳トレが売れたのは認めるがそこまで偉大なのでしょうか?

単純に今まで書籍であったものをゲーム化してるでじゃないのでしょうか?

そういった意味ではDS版も二番煎じにしか思えません。



DSの操作性とのマッチング・いち早くゲームソフト化した点は評価しております。
 
 
 
Unknown (unname)
2005-12-06 12:23:11
>「脳トレ」は、ゲーム化する際のアイディア

>が秀逸だっただけであり、

>プログラム的にはさほど高度な技術は使われ

>ていない(と思う)。



数字や文字の認識など、細かなものを判別するのは難しいのでは?



↓のblogでは、高度な技術が使われていると述べておられますが?

http://n-styles.com/main/archives/2005/05/25-033000.php
 
 
 
はじめまして (風頼)
2005-12-07 02:10:46
いつも興味深く読ませていただいてます。



>しがないゲーマーさん

「脳トレ」は確かPCソフトなどでも既に展開されてたと記憶してますが

それがここまでのムーブメントを巻き起こしたでしょうか?

やはり最初に忍さんが書かれてるように、ジャンルのパイオニアとなり

これまでゲームと縁が無かった層までもを引き入れたというのは

このソフトの偉大な功績じゃないかと思います。



先日、立命館大学で行われたシンポジウムに行ってきたのですが

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20051203/diec_02.htm

ここでの宮本茂氏の発言はおそらく脳トレ(やNintendogs)を受けてのもので

脳トレはそういう「名声を独占する」ソフトになりつつあるように感じます。
 
 
 
・・・ (MORE)
2005-12-09 18:53:44
>unnname殿



同意。グラフィックが凄いから、技術的に凄い・

荒いからそうでない、という見かたはおかしいよね。

教授の場合、曖昧なインプットから意味のある情報を見つけ出さなくてはならなく、漢字になると、さらに複雑かつ膨大になる。

パックピクスだって、開発は困難だったと聞いた。
 
 
 
なんかさー (しがないゲーマー)
2005-12-12 16:57:23
どうも言葉が足りなくて色々反応があったので少し……



>DSの操作性とのマッチング・いち早く

>ゲームソフト化した点は評価しております。

と自分は評価してますよ?



敵を作りそうですが……

高度な技術や開発困難とかどうでもいいですよ。

開発云々の苦労話より良ゲーがでればそれでいいと思っています。

ゲームが楽しくなければどんな操作性でも開発苦労話も意味ないのでは?



自分は「脳トレ」より先にそういった要素のあるゲームを先にプレイしていたので「脳トレ」もあぁ二番煎じかとしか思わなかっただけです。



誰より先にプレイしたじゃなく時系列で「脳トレ」体験する前に先にその要素にであっただけで単に「脳トレ」の感触が良くなく二番煎じに見えただけです。



>風頼様

>ジャンルのパイオニアとなり

>これまでゲームと縁が無かった層までもを

>引き入れたというのはこのソフトの

>偉大な功績じゃないかと思います。



上の理由から自分のこのジャンルのパイオニアは「脳トレ」じゃないんですよ。

実際このゲームの購入層ってどのような分布なんでしょうか?

それこそメディアに踊らされてるような気がします……

(これはまぁジョーク程度にお願いしますね。)



因みに自分にとってのこの手のジャンルのパイオニアは「タントアール」です。

売れた売れないはこの際関係ないと思ってます。

まぁ……年齢ばれそうだなw



方向性が明らかに違った会話に流れそうなのでこの辺で失礼します。
 
 
 
個人の体験とジャンルの形成は無関係なような… (風頼)
2005-12-13 03:05:24
タントアールは昔ゲームセンターで見たことがあるような…

調べてみたところメガドライブでも発売されていたようですね。

でも、このソフトが大ヒットして類似ソフトが出回ったという

話は聞いたことがありません。



ソフトのつくりとしても、ゲームの内容としては確かに通じるところが

ありますがこちらはあくまでゲームとしての楽しみが主。

脳トレが売れた主因であろう「脳のトレーニング」という

方向からのアプローチとは異なりますよね。



あと、ジョークにマジレスカコワルイですがw

とりあえず今までゲームを中心となって購入していたのは

おそらく10代前半~30代前半くらいまでの男性という認識で

おおよそ間違いないと思いますが、脳トレに関して言えば

それとはかなり異なる層が購入してるんじゃないでしょうかね?



現在50万本を超えるヒットというのは年に何本もありませんし

80万本を超えようかという勢いの”異色ソフト”にメディアが

飛びつくのも無理からぬことと思います。



てことで

>売れた売れないはこの際関係ないと思ってます。

私は関係大有りだと思ってます。

仮にドラクエが5万本しか売れていなかったら「家庭用ハード向けRPG」

というジャンルのパイオニアたりえたでしょうか?
 
 
 
Unknown (teke)
2005-12-13 09:44:35
最近発売されたミリオンなゲームは

看板のドラ○エに始まって、挙句には虫まで入っている

最近の流行が盛りだくさんの闇鍋だそうですね



まだやってないですが

そこまで言われていると逆に興味が沸いてきますね
 
 
 
まあ、ね (MORE)
2005-12-13 21:57:50
>高度な技術や開発困難とかどうでもいいですよ。

>開発云々の苦労話より良ゲーがでればそれでいいと思っています。

>ゲームが楽しくなければどんな操作性でも開発苦労話も意味ないのでは?



ちなみに言っておきますが、僕は別に「教授」の開発が困難かどうかなんて知りません。

開発があるから面白いゲームが出来るんじゃないの?

操作性もゲームの面白さの一部ではないの?

教授はつまらんって言いたいの?

意味が無いと言いたいの?

ヒットしたことは無意味なの?



>自分は「脳トレ」より先にそういった要素のあるゲームを先にプレイしていたので「脳トレ」もあぁ二番煎じかとしか思わなかっただけです。



「要素」って何?

そのソフトは何か知らないが、「教授」のようなプロモーションを行なったの?

 
 
 
Unknown (MORE)
2005-12-13 22:06:13
>単純に今まで書籍であったものをゲーム化してるでじゃないのでしょうか?

          ↓

>自分は「脳トレ」より先にそういった要素のあるゲームを先にプレイしていたので「脳トレ」もあぁ二番煎じかとしか思わなかっただけです。



っていうか、どっちですか?

なんですか?ちなみに「脳トレ」の前に出たゲームって。

ちなみにハリーポッターやロードオブザリングもゲーム化していますが、売れてましたっけ?

 
 
 
Unknown (アッポー)
2005-12-13 22:49:49
>しがないゲーマー氏



かつて村上がメジャーで投げてましたが、世間的には

野茂がパイオニア扱いされてます。

かつて奥寺が海外(ドイツ)でプレーしてましたが、

世間的には中田がパイオニア扱いです。



やはりゲームでも、そのジャンルの「型」を作り、

そのジャンルの人気を一気に押し上げたゲームこそが、

世間的にはパイオニアなんだと思いますよ。



ドラクエ、ファミスタ(パワプロ)、スト2、バイオ、

ポートピア、ダビスタ等がそうでしょうかね。
 
 
 
む、 ()
2005-12-15 20:08:17
>MORE殿



SCE内部にも素晴らしい方は何名もおられるのだが、、、

SCEの視線の先には確かにゲーム機はないと思う。

「一家に一台のマルチメディアマシン」であろうな。

それはそれで悪いことではないと思うが。



>しがないゲーマー殿



出した後で「あの程度なら前にもあった」というのは、

誰にでも言えることなのだ。

誰にでも言えるのに、何故か誰も手を出さなかった。

過去に同種の物はあったが、

種を何倍にも膨らませてNo.1に押し上げる、

これは「マリオカート」でも

「おいでよ どうぶつの森」でも同じことだ。

そういう「灯台下暗し」をいくつ見つけられるかも

技術云々と同等に評価されて良いと思う。



ちなみに、「教授」と「タントアール」を同列に挙げるのは

乱暴にも程があると思うが。枠が広過ぎる。



>unname殿



私は技術的なことに関しては詳しくないし、

仮に高度な技術が使われていたとしても、

それが「教授」の成功要因になったとは思わない。

技術をどうこう言ったところで、

絶対にシルバーエイジは振り返ってはくれない。

開発が困難だったから、

技術が困難だから、で売れるなら、こんな簡単なことはない。



>風頼殿



ようこそ、場末のBLOGへ。



ご意見、ほぼ全面的に同意だ。

「教授」の100万本出荷は、

「ドラクエ」の300万本突破より

停滞気味の業界のカンフル剤としては

遥かに大きな「事件」であったと思う。



>アッポー殿



私もそう思う。



 
 
 
Unknown (MORE)
2005-12-18 13:51:06
>「一家に一台のマルチメディアマシン」であろうな。

それが、ケータイやパソコンであってはならない、というのが分からないんだよなあ・・・。



>出した後で「あの程度なら前にもあった」というのは、

>誰にでも言えることなのだ。

>誰にでも言えるのに、何故か誰も手を出さなかった。

スーパーマリオやポケモンだって、あの前から似た作品があったという輩がいるが、アレらがヒットしなければ、コンシューマも携帯ゲームも未来がなかったからね。

物凄いCMした訳でもないのに。

ポケモンと今までの作品の差は、やはり、通信を前面的に押し出した内容だろうなあ。



どこを前面に押し出すか?だろうな。



そもそもDSのニ画面・タッチパネルだって全く新しい技術ではないことぐらい、誰にだって分かることだが、

それをゲーム機に付けることは全く新しいこと。

新しい物とは、過去からやってくる場合もあるんだよねえ。

 
 
 
それと (MORE)
2005-12-18 17:41:16
それと、「教授」には任天堂なりの試行錯誤が感じられるんだよね。

カレンダー機能で記録の推移が分かったり、情報を先に入力しておいて、思わぬところで使ったり。

点数を競い合うところとか。

これは、「どうぶつの森」や「メイドインワリオ」の要素に近いものがある。これらのノウハウを活かしたというところか。

極論すれば、「似たようなものがあった」とかそういうことが問題なのではなく、「その企業ごとに試行錯誤したか?」ということ、それが忍さんが憤慨しているところなんだろう。

ですよね?忍さん。
 
 
 
Unknown (しがないゲーマー)
2005-12-19 18:14:24
暫くこれなくてアク禁されたと?思っていたらgooに蹴られていたようだ(´・ω・`)ショボーン

色々意見をいただいてるので分割してレスしていきますね。



風瀬様



>個人の体験とジャンルの形成は無関係なような…

おっしゃる通りでございます。



>調べてみたところメガドライブでも発売

>されていたようですね。

>でも、このソフトが大ヒットして類似ソフトが

>出回ったという話は聞いたことがありません。

AC版発でメガドラPS2とかに移植されてます。

一応続編とかでていますわ。

それなりに親しまれてると思ったんだけどね(´・ω・`)



>それとはかなり異なる層が購入

>してるんじゃないでしょうかね?

それが真実ならもっとメディアは焚きつけてると思うんだよね。

それにメディアは平気で情報操作するしね。

販売分布帯なんて調査できるのかしら?

ジョーク>マジレス>サラニレスシテスマン



>”異色ソフト”にメディアが

>飛びつくのも無理からぬことと思います。

正に飛びつかれてますね。



>仮にドラクエが5万本しか売れていなかったら

>「家庭用ハード向けRPG」というジャンルの

>パイオニアたりえたでしょうか?

んー評価してくれる人は評価してくれるのでは?

当時は目立たなかった物も後々評価されるものもでてきますし。
 
 
 
Unknown (しがないゲーマー)
2005-12-19 18:14:57
MORE様

>ちなみに言っておきますが、

>僕は別に「教授」の開発が困難か

>どうかなんて知りません。

>開発があるから面白いゲームが出来るんじゃないの?

>操作性もゲームの面白さの一部ではないの?

>教授はつまらんって言いたいの?

>意味が無いと言いたいの?

>ヒットしたことは無意味なの?

最初からよく読んでくれますか?

開発困難・操作性とか否定してる訳じゃないんですが文全体からそうとられましたか……

開発云々は自分が持ち出したんじゃないんですがあまりにも奉られていたので自分の感想を追加してだけです。



>「要素」って何?

脳内活性・トレーニング要素です。

言葉足らずで申し訳ない。
 
 
 
Unknown (しがないゲーマー)
2005-12-19 18:15:18
アッポー様



内容は概ね理解できます。

たまには先駆者の事も思い出してあげて下さいw





忍様

二番煎じという単語が言葉受け悪かったでしょうか?

自分は前にも

>DSの操作性とのマッチング・いち早く

>ゲームソフト化した点は評価しております。

と記載しております。

温故知新とでも書けば展開は変わったでしょうか?



>ちなみに、「教授」と「タントアール」を

>同列に挙げるのは乱暴にも程があると思うが。

>枠が広過ぎる。

ジャンル的・根底に流れる物は同じような気がする。

まぁタントアールはギャグすぎるとこもありますけどね。

枠が広すぎるってのはいい意味だととっておきますw



後、自分の記事で雰囲気悪くなりそうなら撤退しますが?

心弱いのでそろそろ挫けるとです……
 
 
 
Unknown (SSS)
2005-12-19 22:23:47
このエントリの主題は

ヒット作の後に雨後の筍のように出てくる

とりあえず真似とけば売れるだろ、的ソフトは要らない、って事であって、

そういうソフトに対して「二番煎じ」って言葉が使われてるんじゃないですかね。



だからそのヒット作である脳トレに対して「二番煎じ」という言葉を使うのは不適切だと思います、はい。



世に完全なオリジナルなど無い以上、

巷でパイオニアと呼ばれるソフトもどこかしらに模倣がある、というのは解りますが、

それはこのエントリで語られる問題とは

また別の問題でしょう。



今までの文章を見る限りしがないゲーマー氏は

「脳トレも自分は二番煎じにしか感じなかった」という教授に対する感想を述べたいのか、

「巷でパイオニアと呼ばれるソフトもどっかからパクってるんだよ」という主張をしたいのか、

「パイオニア以前のソフトだってもっと評価されていいはず」と言いたいのか……。

個別に見ればそれぞれ頷ける意見ではあるけど、

ごっちゃにされてるせいで何が言いたいのか良く解らないです。
 
 
 
Unknown (SSS)
2005-12-19 22:32:23
見直してみると、

「脳トレも自分は二番煎じにしか感じなかった」

だとまたややこしくなりますね。

「脳トレも自分は大して目新しく感じなかった」にしておいて下さい
 
 
 
Unknown (MORE)
2005-12-20 21:42:03
>開発困難・操作性とか否定してる訳じゃないんですが文全体からそうとられましたか……

>開発云々は自分が持ち出したんじゃないんですがあまりにも奉られていたので自分の感想を追加してだけです。



あのね・・・。

奉ってるつもりはないよ。

ただ、アイディアだけが凄いといわれているから、技術「も」劣ってないよ。っつってるんですよ。

俺は。







 
 
 
ここの一連のやりとりを見て (teke)
2005-12-21 10:01:33
どんなに素晴らしい意見、アイデアでも

それが不親切だったり、とげとげしかったりすると

なかなか受け入れ難いものですね



その素晴らしいオリジナルを噛み砕いて

判りやすい、親切な表現にして

そして多くの人に受け入れてもらえるのだなぁ

どちらも大切な役割だなぁ



と思いました
 
 
 
ソフトの乱立 (ゆざいちょ)
2005-12-24 13:57:57
資本主義の悲しい定めというべきなんでしょうか、やはりある程度は売れるから…なんですかねぇ。
 
 
 
・・・・ (MORE)
2005-12-25 13:01:24
>資本主義の悲しい定めというべきなんでしょうか、やはりある程度は売れるから…なんですかねぇ。



悲観することなかれ。

そう考えてはいけない。

より多くの人の目に止まった、あるいは、深層意識に入り込めたと考えるのだ。

「FF」のようなブランドが無いにも関わらず、にだ。



ちなみに、「脳を鍛える」みたいな商品はコンシューマでなくてもあったが、それらに俺は手を出さなかったが、「教授」は買った。

やはり、「脳年齢を知れる」という「科学の占い」的要素が大きいのだと思う。
 
 
 
Unknown (風頼)
2005-12-27 03:09:12
>販売分布帯なんて調査できるのかしら?

ここをご覧になるような方々なら既にご存知かと思いますが参考までに。

http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0512/26/news046.html

買った人全員がクラブニンテンドーに登録するとは思ってませんけど

ある程度の数が集まれば、統計学的に考えても真の分布とそうかけ離れた

値にはならないと思うので。



それ以外のレスについては、後にレスされてるSSSさんと

ほとんど同意見ということで割愛させて頂きます。
 
 
 
Unknown ()
2005-12-28 16:54:40
脳トレって元々セガが出してなかったっけ?

????
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。