「動物の幸せを結ぶ会」---里親通信&活動報告---

里親探しボランティアサイト「動物の幸せを結ぶ会」の活動報告を掲載するコンテンツです。

猫の乳飲み子が段ボールに入って捨てられていました。

2019年09月05日 | 猫を保護しました

乳飲み子6匹が段ボールに入って捨てられてました。生後2週間くらいでした。

その日に獣医さんで健康状態を診察していただきました。(保護日8月17日)

元の北小正門前に段ボールが置かれていたのを、「あれ、段ボールが置いてある」

と、通勤にその場所を通りまさか猫が入っているとは思わなかったそうです。

また翌日も同じ所にあら、まだ段ボールがあると、

車から降りて見たら子猫がいっぱい、ビックリして仕事に行く途中でしたが拾い上げて

助けたそうです。

6匹共、私どもで引き取りました。

その後お仕事に行く前の早い時間帯や夕方お仕事が終わってからミルクを飲ませに毎日来ていただいてます。とても助かります。

私が忙しく遠方へ行くときには、猫の預かりをしてくださいますのでそれは本当に助かります。

毎年夏には乳飲み子が捨てられています、どんなにか保護しても終わりがありません。

めす猫を避妊手術しないとまた生まれてしまいます。

いろいろ事情があって手術できないようでしたら、会の方で避妊手術をしますので、是非連絡をください。

待ってますよ。

 

犬猫を捨てることは犯罪です。

 

 

 

 

この記事についてブログを書く
« 飼い主のいない猫さんの避妊... | トップ | 終生飼育と避妊・去勢手術の... »
最近の画像もっと見る

猫を保護しました」カテゴリの最新記事