「動物の幸せを結ぶ会」---里親通信&活動報告---

里親探しボランティアサイト「動物の幸せを結ぶ会」の活動報告を掲載するコンテンツです。

サツキちゃんの里親様より訃報のご連絡いただきました。

2018年09月02日 | 天国の家族

サツキちゃん優しいご家族様に看取られて、幸せいっぱい感じて旅立ちました。17才

(7月2日)亡くなりました。17才でした。

亡くなりましたその日にお電話をいただきました。

ブログでのお知らせが遅くなりすみません。

  

  

サツキちゃんは保護しましたときから、里子に行く時まで何時も壁にピタッと体を付けて動こうとしませんでした。

お散歩行く時も、美味しいササミの食事も、おやつも、撫でてあげたりしても尾を振るような感情を出した事の無い、

さみしそうなお顔をしたサツキちゃんでした。「里親様との出会いを少しお話しさせていただきます。

マックスという3本足の犬の喉の病気で東大病院へ診察していただく為に行きました時に、この方と運命の出会いが有りました。

その方は、大型犬を大きな台車に乗せて診察の順番を待っているときに、愛犬に接しているときの様子を見ていました

今でも覚えて居ます。犬との接し方がまるでご自分が産んだかのような愛おしい我が子に話しかけているような、

ずば抜けた愛情を感じ得ました。そばで見ていて今までどんなにか大切にされ愛されてきた幸せな犬なんだろう、と。

不幸な犬ばかりを見てきた私は、この方を見ていて保護犬がこの方に引き取られたらどんなにかハッピーだろうと

想像しました。

思い切ってこの方に声を掛け、

犬の病気の事を訪ねたり、私の保護犬のいきさつを話したりして、

とにかくこんな方に里親さんになっていただけたらとの思いを強く感じました。

病に苦しんでいる愛犬をとてもお辛そうに見守ってました。何とか奇跡が起きて助かってほしいと思い

私も祈る思いでした。いつかその時が来ましたらペットショップで買うのでは無くて

保護犬を引き取っていただきたいと心から願って居ました。

その時期が本当に来たんですね、嘘かと思うほど信じられないくらいでした。

連絡が有り叫びたいほどそれは物凄く嬉しかったです。思いが強ければ相手に通じるんだと、

感激でいっぱいでした。

今まで、そういった里親を待っている犬が居ることさえも知りませんでした、と。

沢山の中から選ぶことが出来ないので、1頭だけですが迎えたいのでと・・・ご連絡を戴きました。

一番感情を出さない心開かないさつきちゃんをお願いしました。

当日はご家族の皆さんに全員そろってあたたかな優しく迎えていただきました。

ほんとうに有り難かったです。それからはずっとお世話になり有り難う御座いました。

今まで長い間、サツキちゃんを可愛がっていただきまして、ご家族の皆様に心より感謝申し上げます。

おばあちゃま、ご主人様、お嬢様、奥様、最後の最後まで、火葬までも色々とお心遣いを戴きまして有り難う御座いました。

最後、老いと病気の両方で介護の2年間が大変なご苦労をされました、大変お世話になりました。

深く感謝申し上げます。長い間有り難う御座いました。「これからもしまた犬との生活をお考えでしたら保護犬を迎えて

戴けましたら助かります」 加藤緑

   

  

 

 

 

 

 

 

  

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 雪丸くんと、もも太郎くん爪... | トップ | ロッキーくんの里親様より訃... »
最近の画像もっと見る

天国の家族」カテゴリの最新記事