「動物の幸せを結ぶ会」---里親通信&活動報告---

里親探しボランティアサイト「動物の幸せを結ぶ会」の活動報告を掲載するコンテンツです。

飼い主の居ない猫の治療 

2020年09月01日 | 介護の犬・猫

以前、私共で避妊手術をした猫でしたが、耳が赤く少し血が出ていると通報がありました。

顔も幾らか腫れた感じがしました。

8月30日捕獲、31日治療、9月1日、餌を食べさせて元の場所へ放しました。

捕獲して獣医さんで麻酔を掛けて原因を調べていただきました所、

蚊に刺されてアレルギーを起こしているとのこと、治療をしていただきました。

猫の疥癬かと思いましたが、蚊に刺されてこんなに酷くなるそうです。

1回の治療で治ってないようでしたら再度捕獲して治療するそうです。

餌をあげている方に様子を見てもらいます。

   

 

 

 

 

この記事についてブログを書く
« 飼主の居ない猫・去勢手術と... | トップ | 猫のウイルス検査4匹 »
最新の画像もっと見る

介護の犬・猫」カテゴリの最新記事