「動物の幸せを結ぶ会」---里親通信&活動報告---

里親探しボランティアサイト「動物の幸せを結ぶ会」の活動報告を掲載するコンテンツです。

里親様よりマニくんの訃報のお知らせです

2019年07月03日 | 天国の家族

みどりさん、

託していただいたヨークシャーテリアのマニ君は、先週の金曜日に天に召されました。

 

 

 

 

マニくんはいつも一緒でした

 

 

 

  

 

 

 

3年前、環境の急な変化のストレスがあったからか、獣医さんから腎臓がかなり悪い数値と言われてしまいましたが、腎臓病食の徹底をして、3年近く元気に生き抜く事ができました。その間、しっかり順応して、すっかりうちの子になりました。

沢山の優しい友達に出会い、沢山走り、沢山お出かけもしました。

5月初めの狂犬病接種と血液検査の際、再び数値が悪くなっている事がわかりました。でも最近まで、食事の食べ方が遅くなってはいましたが、いつも完食し、ウンチもオシッコの状態も良かったので安心しておりませんでした。

火曜日に急に吐いたので、急いで獣医さんに連れていきましたら、もう腎不全の末期の状態といわれ、びっくりしました。でも輸液注射をしてもらうと、元気に缶詰やお芋を完食し、亡くなる当日まで、いつもと変わらず朝、私を起こしにきて、美味しそうにご飯を食べていましたので、末期だなんて信じられない気持ちでした。もしかしたら、また、前のようにもちなおすのでは、と期待しましたが獣医さんから戻り気持ちよさそうに寝ていたところ、いきなり痙攣をおこし、あっという間に私達の腕の中で逝ってしまいました。でも苦しい時間は本当に少なかった様でそれだけは、本当に慰められます。

温かい地元の仲間達が駆けつけて火葬に立ち会ってくださいました。うちへ来て3年弱という短い間でしたが、みんなに愛され、見送られて、本当にマニ君は本当に幸せだったと思います。今頃は、大好きな前のお母さんに、天国で甘えている事でしょう。天国のお母さんへ楽しかったと報告してくれているでしょうか。そうだったらいいな、と心から願っています。

本当に可愛くて、頭の良い、勇敢なマニ君でした。託してくださり本当にありがとうございました。」

 

 

 

 

加藤から

 

高齢で腎臓の悪いマニくんの里親になっていただきました。

血液検査をして少し数字がよくないがこのくらいは大丈夫との事でしたが、かなり悪かったようです。

 犬友だちといっぱい走って、いっぱい遊んで、旅行も行って

 1日を100日くらい幸せ感じさせてもらい、毎日が楽しかったマニくんでした。

 愛情をいっぱい掛けていただきました里親様に心から感謝申し上げます。 加藤

2019,5月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事についてブログを書く
« 里親さまよりチックちゃんの... | トップ | はるかちゃんの里親さま決ま... »
最近の画像もっと見る

天国の家族」カテゴリの最新記事