☆ゆきたん☆に癒された日々

ミニうさぎの☆ゆきたん☆(♀)とアホな飼い主(おばば)との思い出をつづります

No.2371☆ゆきたん☆お誕生日を目前にして・・・

2017-10-13 21:01:46 | その他

12日の朝7時半ごろ
☆ゆきたん☆10月20日の9歳のお誕生日を前に
お月様に旅立ってしまいました
(推定誕生日なので9歳になっているかもしれませんが)

11日の朝お顔やお尻を洗った時は
割と元気にしていたのですが・・・
食欲が落ちていた躰には暑さが堪えたのか
午後からは元気が無くなっていました
おばばもバテ気味でした

夕方の強制給餌はどうにか食べていたのですが
午後10時半頃の給餌には全然飲み込んでいる様子もなく

グッタリしてきたのでもうダメかもと思い
おばばの枕元にペットシートを敷き
お野菜を入れたお皿を置いて
☆ゆきたん☆を座らせて横になりました

一時間位経った頃 水菜を少々食べていたので
ホッとしてウトウト・・・
また一時間ぐらいして見ると☆ゆきたん☆が居ない

目を凝らして見ると部屋の隅っこにおりました
午後から何故か隅っこにいる事が多いなとは感じていましたが・・・
でケージに戻しました

やはり気になり一時間おきぐらいにケージを覗きに行ってるうちに夜が明けました
キャベツも二口ほど齧っていたので元気になって来てるものだと信じていたのですが・・・

7時過ぎにお薬を飲ませたものの半分ほど吐き出してしまい
10分ほどして食事をシリンジで与えても飲み込んでいる様子が見られないので
無理やり食べさそうとしたおばばです
(これが死を早める原因になったのかもしれないです)
苦しそうにしていたので食べさすのをやめ
抱きしめて撫でていたら

突然後ろ足を勢いよく動かし始めて・・・野原を掛けるように
そして急に「キュ~ン」と大きな声を出し
続けて「キュン」「キュン」と小さく・・・
今度は口を開けてハアハアと5回ほど大きく息をして動かなくなりました
心臓はまだ動いているから死んではいないと思いつつ

頭を腕から離すとだらりと垂れたので
もうダメだと・・・

もっと早く病院に連れていってたら・・・
無理やり給餌しなければ・・・
☆ゆきたん☆許してね

おばばの腕の中で旅立たせることが出来たのが
せめてもの償い(?)かと・・・

今朝早く当市の葬祭所で荼毘に付して(ペット専用)
お見送りしてきました

最後の姿です
眼を閉じようとしても閉じる事が出来ませんでした(遅すぎた?)
長い間☆ゆきたん☆を可愛がってくださり本当に有難うございました
感謝致しております

まだ涙が溢れて来て文字が滲んできます
遅くなりましたが取り敢えずご報告まで
 
コメント欄を暫く閉じさせて頂きますことお許しくださいませ


ランキングに参加しています
ポチッと押して頂くと励みになります

 にほんブログ村

こちらもポチッとよろしくお願いします

人気ブログランキングへ





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« No.2370☆ゆきたん☆病院へ行っ... | トップ | No.2372 ☆ゆきたん☆最後のru... »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事