Breidablik鯖復帰録
旧 井戸鯖放浪記
 



 

懐かしの監獄1にチャレンジしたはいいものの、筋肉たちによる手荒い歓迎を受けて
すごすごと退散したウィズ・かすか。

 

プリの場合と同じですが、やはり装備が無い分Lvが必要だろうとの判断で、

オークレディ狩りにいそしみます。いっそのこと、転生までもっていきたい!

 

 

 

 せっかくのウィズなので、FW・SGで片付けようかとも思いましたが、

 

 

ボールを連打した方がはるかに火力が出るため、SGはお蔵入り。
あと、上のように横湧きがあると、SGの詠唱を止められてしまうことも多々あります。

昔はボールなんて、使ったこともなかったのに・・。出世したなぁ。

 

 

 

 

 

 

オークレディは、ウォリアーに比べてサイファーを落とすため
金銭的にもうまみがあります。IAを使うところが、ちょっとうっとうしいかな?

 

cが出ればM級の収穫になるのでおいしいのですが、昔のように「廃屋1確狩り」が流行ってでもいない限り

そんなに需要は無いのかなー、なんて

 

 

思ってると出ちゃうもの。

相場を調べてみると、2M前後で売れるとのことで、さっそく商人に売りさばいてもらいました。
極貧の私にとって、この臨時収入はちょーおいしい!

 

 

 

 

 

無料の教範を使ったことで、Lvもさくさくっと上がっていき、

 

 

レベルアップボックスから、無限ハエの羽を入手。
実は、このアイテムを手に入れることを一種の節目と決めていました。

 

以前の監獄チャレンジの際、ヒルクリは初心者ポーションで代用もできますが、
移動手段はテレクリが無い以上ハエに頼らざるを得ません。

ただ、ポーションがちょー重いため、ハエをあまり積めないというジレンマがありました。

 

 

 

無限ハエの羽を手に入れたことで、その問題はきれいに解消。

本来なら、オーク狩りで発光まで突っ走るのが最善だということは分かっていますが、
どうせなら懐かしの監獄で狩りをしたい!

 

1時間で1%(経験値1M)しか上がらなかった時代と違い、経験値テーブルも緩和されていますし、
多少転んだとしてもすぐ取り返すことのできるレベル。

シャアcも狙いつつ、ちょっとだけ頑張って「監獄発光」を目指すことにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というお題目は、

 

 

数分で消え失せたという話。

もーほんと、最低限の装備と回復手段がないと全然ダメ;;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺りで、先般しずくを訪ねてくださった方の

「MDやイベントはおいしいよ!」

という言葉を思い出し、調べた結果、異世界クエを進めようと思い立ちます。

 

 

クエ自体はカンタンなお使いの連続。

 

 

なのですが、移動や必要アイテムの購入に、ただでさえわずかなお金がじりじりと減っていきます。
たかだか数kの出費でさえ痛い!

 

 

 

何とか急場を凌ごうと、アカデミー内の買い取り露店にささやかな素材を突っ込み、

 

 

 

わずかながらのお小遣いを獲得。

「とりあえず、転送代は何とか足りそうだ・・」

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、全然関係ないのですが、ジュノーで飛行船の乗り換えをする際
「国内線→国外線」への乗り換えができず、ずーっと空港内をうろうろ。

 

 

 どの情報サイトを見ても「乗り換えはできる」と書いているのに、国内線へ誘導する職員しか見当たらない・・。

片っ端から空港内のNPCに話しかけていきますが、やっぱり見つからず。
改めてネットの海を漂い、解決方法を模索したところ、あっさり解決。

 

 

 

曰く、

 

 

 かくれんぼしてた。

乗り換えNPCって、こんな見にくかったっけ!?

 

 

 もう一度、視点を回す前の画像はこちら。

 

 

 ・・これ、不親切にもほどがあるなぁ;;

いわゆる「初見殺し」というやつでしょうか。一発でこの謎を解明できた方は、おそらく
物事の見方を変えることが得意な人ではないのかな。

 

 

 で、思い出したのですが
そういえば前世でも同じところで迷いに迷い、運営に対しぶーたれていたなーと。

歴史は繰り返すと言いますが、こんなところでもそんな現象が垣間見えるとは・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、飛行船乗り換え問題は発生したものの、クエはつつがなく終わり、

 

 

連合軍駐屯地に入る権利を手に入れたぞ!

ここで確か、奥に鎮座しておられるモノに触れたらいいのかな?起動起動っと・・。

 

 

 

 

 

 

 

ばびゅーんととんだ先は・・

 

 

何だここ!きれーい!!

リアルで声が漏れるほどの美しい空間に、かすかが降り立ちます。
機械仕掛けの円台から通路が伸び、暗闇には惑星らしき星のきらめきが無数に見えます。

 

「カイジの鉄骨渡りを思い出すなー」


きれいとか散々言っておいて、最後に出す言葉がそれ。
薄くて透過性のある足場を見かけたら、とりあえず言っておいたらはずれないと思うよ。

負ければ星・・・・! 落下っ・・・・!

 

 

 

 

 

ブレイブメンロードは置いといて、、今回挑戦するのは、MD「ゲフェン魔法大会」です。

ただ、例によって前情報はほとんど仕入れていません。
せいぜい「c狙いで周回する人がいる」「コインで経験値をもらえる」ってことくらいかな?

 

 

あらかじめ出てくる敵を調べ上げて、対策を練っていってもよかったのですが、
せっかくの初見を楽しもうという魂胆なのですね。

負けても言い訳できるし。

 

 

 

 

 

 

あ、あともうひとつ。

MD内の特定の場所に向かうことで、特殊なバフがもらえることは知っていました。
何が良いかは分からないため、とりあえず「攻撃力UP」をもらいにいくことにします。

 

・・なんというか。

 

 

突如始まるお芝居はいいんだけど、

 

 

 

意にそぐわない発言を強制されるのは 色んな意味で現代っぽい。

 

 

 

ここで戦闘となりますが、これくらいの相手ならちょろいちょろい!

難なく対人間への魔法ダメージアップバフを手に入れました。
効果のほどは分かりませんが、きっと何かの足しになってくれることでしょう。

 

 

 

 

 

受付を済ませ、いよいよ魔法大会の始まりです。

昔はMDという概念すら無くって、ただひたすらにダンジョンやフィールドで狩りするばかりだったけど
こういうのって、ちょっとしたイベントめいて、ドキドキするなー。いいないいなー。

 

 

 

 

 

 

そうして、満を持して、かすかの入場!

何故か吹き荒れるSGやLoVなどの派手なエフェクト!

 

 

すごい、天下一武道会みたいだ!!

無数の観客に囲まれた競技場に立つは、かすかとゲフェンアカデミーマスターなるハゲ。
大会の進行中は動けないようなので、観客の白チャにも目を配らせてみます。この雑然とした感じがいいな!

 

 

 

そして始まった大会初戦!

相手はノービスらしく、2次職のかすかにとっては
ヘビー級とライト級くらいの格差があるわけで。

 

あれ、分かりにくいかな。。
たとえて言うなら、ポリンとマーリンくらいの実力差があるわけで。

 

要は、

 



ノミくらいの戦闘力。

復帰したてのウィズでワンパンって、どんだけノービスなんだ・・。

 

 

 

 

 

 

 

続いて2回戦。

ノービスから少し成長して、今度はマジがお相手のようです。

 

 

物理職が相手なら、FWを置いて足止めしつつ攻撃することで何とでもなりそうですが、
なまじマジとなるとその戦術は使えず、意外に苦戦しそうな印象です。

生体2のマジDOPも、LB無しで戦うとなると転生2次職ですら相当苦戦していたので
そういうタイプだとかなりきつそう・・。

 

 

 

 

そんなことを考えつつ、試合開始!

ひとまず低LvのSGをぶち当て、敵の体力の減りを確認。
まずは凍結を付与し、詠唱を止められたのでいいものの、

 

 

ぜんっぜん減らない。

ほんと、SG10でもほとんどダメージ通らない。

 

 

 

仕方がないので凍結→JTのコンボで削ることにするものの、
それすらダメージは微小であり、この時点で戦意喪失気味。

「こんな体力お化け、ほんとに勝てるのかな・・?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凍結→JT→SG1で即凍結→JT・・という無限ループでハメ殺すことを画策しましたが、
いかんせんダメージが通らないので、単調作業によるふとしたミスから、

 

 

チェスで言うところの「チェック」。

 

が、対象指定の魔法陣がかすかの足元に出ていることからわかるとおり、
敵マジの魔法はTSではなく、かろうじて死地から脱出。

 

 

あとはもう、

 

 

 

涙無しでは見られないチキンプレイ。

2次職が1次職相手にとる戦法なのかどうかはどうでもいいのだ!
勝てばよかろうなのだー!

 

 

 

 

そんな卑怯な挑戦者は、

 

 

お約束の凍結TSでフルボッコ☆

 

マジでこのダメージとは。。こいつ、ゼフェル先生の孫か何かか;;

 

 

 

 

 

草葉の陰で倒れ、試合終了のゴングを待つかすか。

もう戦闘不能になった時点で帰してほしいのですが、
いつまで2次職が1次に負けたという醜態をさらせば良いのでしょうか;;

 

 

後から気づいたのですが、1試合ごとに3分間の制限時間があるらしく、
その時間が過ぎたらゲフェン魔法大会の街中に強制送還されました。よかったよかった・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敗戦。悲しい響き・・;;
意気消沈して周りを見渡すと、物騒な人たちに囲まれており。

いや、違う違う。フェンリルと愉快な仲間たちだ。
決勝戦辺りまで勝ち進めば、この面々とも戦うことができるのだと思われます。

 

実際のところ、このウィズは1回戦のノービスをワンパンで倒しただけの実績無し野郎クンなので
この人たちとは縁が無いんだろうな・・と。

 

 

 

 

 

ところがどっこい、何となしに話しかけてみると、敗者への選別のつもりか、
アイテムがもらえました!

 

 

こんな、

 

 

ゴミアイテムを。

 

それもこれも、あのマジがインチキ体力でごり押ししてきたのが悪い。はず。

(他の人からはイグ実などがもらえました。やったね、得した!)
 

 

  ©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

「私はプリをするんだい! 何とかして!」

そんなしずくのわがままにより実現した、前衛(騎士)・後衛(ウィズ)・支援(プリ)のトリオPT。

 

 

時は経ち、ぎゅーはLKに、ばんさんはHWにそれぞれ転職。
転生2次職ともなると、未転生時代とは違った火力も期待できそうです。

 

 

が、前世の記憶をたどると、ぎゅーはプリ・ばんさんはパラであり

私の無理難題をどうにか受け入れてくれた結果、このトリオが実現していることは間違いありません。

 

 

そんな事情はさておき、しずくは依然うっきうき。
「これで思う存分支援ができるな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

転生2次職になったとはいえ、Lvはまだまだ私に追いついていません。

 

 

公平圏内が99-15で84なのを考えると、2人のLvを10以上上げないといけない計算。
こればかりはどうしようもないので、ひとまず非公平で狩りを行い、ABと組めるまでレベル上げです。

私にとっても、プリのブランクを補うのに場数を踏みたいため、これでも全然問題ありません。

 

というか、非公平支援でもしないと申し訳ない・・。

 

 

 

 

 

 

 

(井戸鯖時代のノーグペア狩り)

 

狩場は私の提案で、ノーグ1Fにチャレンジすることにしました。

ノーグと言えば、経験値・金銭ともにそれなりの良狩場でしたが、
情報サイトを見るとラーヴァゴーレムがやたらとタフになった以外は、特別変わりなさそう?

 

過去のことを思い返すと・・・

火種は露店、エルオリも落ち、cはそれなり。おまけにどんな構成でもある程度の狩りにはなるため、
狩場の候補としてはよく上がったものです。アクセスがちょっと不便かな。

 

 

 

 

 

火鎧すら無い状況ですが、そこは転生職の底力を信じていくしかありません。
それに、ペアならともかくトリオでの狩りなので、そこまでひどい狩りにはならないだろうと予想。

 

・・執筆時点で思い出しましたが、そういやアカデミーのレベルアップボックスで

火鎧もらったなと。

もはや後の祭り。もう「装備は無いもの」という先入観があったんだろうなぁ。

 

 

 

狩りを始める以前の問題で、ノーグの入り口を把握していない方々。
確かに案内が無いと分かりづらい場所にありますが、事前にポタメモを取りに行った私は既に調査済み。

 

余裕しゃくしゃくで教えてあげることにしましょう!
「ポタがジュノー下だから、右に行って、出たMAPの真ん中の・・」

 

 

 

 

えーっと、

 

 

何の話だっけ?

こっそり調べなおしてる間に、ばんさんが入り口を発見。私の道案内は全く役に立ちませんでした・・。
「もう、ばんさんについていこう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その道中、ぎゅーが何かにやられてしまうハプニングもありましたが、

一行はノーグ入り口に到着。

 

 

 

さー狩るぞー!

まずは変更で強くなったらしい、ゴーレムがお出迎え。
こっちにはAMGSGがあるし、それがダメでもLKのインチキ火力が控えているのだ!

 

HWの火力にたまらず沈む、カホやブレイザーなどの有象無象。

しかし、やはりゴーレムがすさまじく固い・・。

 

 

 

固いだけならまだしも、攻撃もちょー痛い!
LKでも1発1k越えのダメージを受け、その数が多くなると回復が間に合わない!

たまらずぎゅーがおねんねしてしまいますが、すかさず起こして狩りを再開。

 

 

さらに、画像には写っていませんが、エクスプロージョンなる火コウモリがバカみたいに体力があり
せっかく張ったHWへのSWをじりじり削っていきます。

前回の日記同様、SGの凍結がランダムになったことにより氷割を安定させられず
どうしても後衛へタゲが流れてしまいます・・。これは意外と難しいぞ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MHとなるとゴーレムが4体5体と増えていき、それらからの攻撃が累積すると
4k5kという、後衛職では即死級のダメージとなります。

 

SGの性質上、ノックバック先は完全にランダムというわけではなく、
ある程度の法則性があったはず。。

しかし、それを思い出す余裕もなく、仮に把握していたとしても
MH状態ではうまく立ち回ることができません。もうヒールするだけで精一杯;;

 

 

 

 

 

そんな感じでてんぱった結果、

 

 

お約束で支援が転び。

こんな支援で大丈夫か?

 

 

 

問題だらけ。


ノーグはあくまでお試し。一旦帰還して狩場を練り直します。。
「葉っぱ一枚あれば・・」

 

 

 

 

 

 

 

作戦会議のすえ、

 

 

メイン火力としてのSGが、使い勝手が悪いという悲しい結末に。凍結率ランダムはどーしてもやりにくい。
WLになったら、もうSG使うこともないんだろうなぁ・・と、少しだけさみしい思いが去来します。

 

じゃあどうするか!

このところ、PTでの狩場を模索していた私は、懐かしの蟻地獄Dを提案してみました。

 

 

 

情報収集のためいろんなサイトや動画を巡っている最中、

「蟻地獄Dがカオスになっている」

という新情報を入手していました。

 

デニーロやアンドレといった兵隊アリが巨大化し、アリの帝国が出来上がっており
なかなかの難易度を誇るのでは? という不確実な情報があったのですね。

アリの卵を、空き瓶目当てに範囲魔法で潰していくような時代は終わったのだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎゅーとばんさんの元にそのような情報はありませんでしたが、
つまりは度胸!なんでもためしてみるのさ!

 

 

念のため、ぎゅーのネコをボディガードにつけ、モロクから歩いて蟻地獄Dへ向かいます。
・・このネコ、もう4体目くらいじゃなかったかな。

それはともかく、そーれ突撃ー!

 

 

 

ジャーン♪(WPからDへ入った音)

 

 

「このアリを見てくれ。こいつをどう思う?」

 

 

すごく・・

 

 

 

 

一確です・・。

ワンパンでABが沈んだんだけど!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もーとにかく、BOSS属性のアリが強いこと強いこと・・。

属性攻撃?一発で私もばんさんも首がもげるため、ネコを這いつくばらせて壁にし、慎重に進軍。
1匹ずつ確実に倒していくしかない。。

 

 

 

 

 

1Fでこれなら、2Fだともっとカオスな状況なんだろうなぁ。
そう思いつつ、BOSS属性のアリにLAを入れるしずく。

 

 

しかし、こういうテコ入れはなかなか面白いですね!
「アリが巨大アリになる」という発想も、ありきたりですがシンプルに、既存MAPの改良に繋がっていると思います。

R化前は、ビタタc狙いかマヤパを狩るくらいしか用事がなかったMAPも、
このようにすればまたみんなで遊べる狩場になりますねー。

 

 

 

 

 

 

でも実のところ、遊ばれたのは

 

 

 

私たちだったのかも しれない・・。

虫盾があるわけでもないし、こればかりは仕方ない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狩場として、良さそうな場所はいっぱいあるのですが、
ここに至っても装備・Lv不足が否めません。さらに、前提クエをしないと入れない場所も多々。

 

 

 

ノーグ2がすーきっ  監獄がすーきっ

生体がすーきっ  アビス2がすーきっ

 

好きな場所 いっぱい あるんだよー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけどやっぱり ピラがすきー♪

イイタカッタダケー(元ネタを知らない人は、ムーニーマンのCMを見るんだ!

 

 

 

行きつくところはピラミッド。
ぎゅーのネコに無双をしてもらい、まずはばんさんのHWをWLにすることができました。

珍しいこともなかったので、狩の風景はばっさりカット!

 

 

その後、ばんさんがネコにcc、ぎゅーのLKを3次職転職ができるまでに育成。これもカット!
ここからが本当のスタートって感じかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連日のように、育成のためピラピラぴら・・。

 

 

正直なところ、ピラはさすがに飽きがきてしまっていたので、
3次職トリオによる本格的な狩場開拓が楽しみなところ。

 

 

WLもRKもスキル詳細を全く知りませんが、これまでとは比べ物にならないくらいの
火力が出る、という認識で間違いないはず。

私は完全に2人に頼りっぱなしの形ですが、純支援プリなのでしょうがない!と思いたい・・。
「退魔プリ」なるソロ可能なABもいるそうですが、火力を出すほどの装備を整えられそうにありませんし。。

 

 

 

 

 

キテレツな衣装の2人を見てクスクス笑いつつ、今後の狩りに期待を寄せます。

「この2人が何とかしてくれる・・」

 

他人に頼らないと生きていけない、純支援プリのしずく。だがそれがいい。
1人で何でも事足りる時代かもだけど、しっかり役割分担をして協力しながら遊ぶのが楽しいな、と思ったり。

 

 

 

まぁ、頼るのもいいんだけど、

私はいい加減モルフェウスセットを捨てて、装備を更新するべきだと思うよ。

 

 

 

物持ちが良いエコロジーなABです^^

 

 

 

 

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




----------------------------------------------------------------------

 

前回の日記で、「ABへの転職場所は自分で把握していた」旨のことを書きました。

 

 

 

が、別のSSを見直してみたところ、

 

 

普通に聞いてた。

おかしいな、自分で覚えてたはずだったんだけどなぁ。。

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなのでもうひとつ。
少し前の日記で「ばんさんは、しずく・ぎゅーと時を同じくして偶然復帰していた」という趣旨のことを書きましたが、

 

 

フェイクニュースでした。

 

うーん・・?いやー、ね!

この辺の思い違いは私の十八番なので、ゴメンして許して;;

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

さて、スキルポイント振り忘れやら荷物の置き忘れやらで、ABへの転職が断られたしずく。
と言っても、荷物を置きに帰ればいいだけのお話なので、ささっと倉庫に預けて・・

 

 

転職完了!

ABになることができました! まさに「見た目も気持ちも一新」だね!
どこぞの神父とは言うことが違うなー。

 

 

 

 

そして、待ちに待った新スキル!

どーん!

 

 

これこれ、この知らないスキル名の性能を1つずつ見ていく時の高揚感!

どれが何だかさっぱり分かりませんが、これからのABでの狩りに期待はグングン高まります。

 

まだJobを上げていないので、3次職スキルは何一つ取ることができませんが、
しばらくはこれを眺めているだけでも面白い。いいなー夢が広がるなー。

 

 

 

 

復帰3人組のたまり場(仮)のところに戻り、新生しずくの姿をおひろめ。

 

 

もちろんその場で「狩り行こう!」という話になりますが、いかんせん組めるキャラがあまりいない・・。


いつからか、公平が±10から15に変更され、だいぶ融通がきくようになったようですが
3人とも組めるPTとなると、かなり限られてしまいます。

 

私が育てているウィズを出したり、あるいはPT用にネコを新しく作って出したりすれば早いのですが
どーしてもABで遊びたいしずくは、頑として動こうとしません。足の裏に根が生えたようだ!

 

 

 

 

 

結局、ぎゅーとばんさんがPT用に作成してくれた騎士とウィズが登場。

 

(左:ぎゅー  右:ばんさん)

 

これで万事解決だ。

 

後日、このトリオがPT狩りの基本となることになるとは、思ってもみませんでした。
前衛・後衛・支援がきれいにそろってるから、どんな狩場でも何とかなるのですねー。

 

 

 

ただ、未転生2人+攻撃力のない支援という組み合わせなので、無理はできません。

 

 

ばんさんの提案に乗っかる形で、SDのパサナ狩りをすることに決定。
経験値がおいしく、cの夢もあるというおいしそうな狩場です。パサナcはまだ高いんだなー。

 

 

 

取り急ぎ、HP時代のスキルをささっと取得。

特筆することはありませんね・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

作戦は、ばんさんのSGを起点にしつつ、補助火力としてぎゅーのBBを位置づけ
私は支援兼氷割り要員として立ち回ります。

 

 

 

しかし、困ったことがひとつ。

SGの仕様が変更されてて、凍るタイミングが確率制になってる!

 

 

これまでは3回目のHit時に必ず凍結していたのですが、
仕様変更で「Hit毎に確率で凍結する」ように変更が加えられたようです。

SGのLvが高ければ高いほど凍結率は低くなりますが、それでも結構な頻度でカチカチになります。
久々に凍結LAに挑戦してみよう!なんて思っていたのですが、これでは無理だ・・。

 

 

 

 って、

 

だれかが寝てる気がする。

キノセイキノセイ。狩りは始まったばかりだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 PD4Fに生息する「バンディッド」なるMobがここにも出現。それはもー硬い硬い!

では、パサナは火属性だし柔らかいかと思いきやそうでもなく、なかなかの苦戦を強いられます。

 

やっぱりSGの凍結ランダムが、地味に響いている気がしてなりません。


凍結のタイミングがある程度わかれば、事前にHLを詠唱して氷割を合わせたり、ウィズにタゲが向かないよう
割るのを控えたりすることができます。

それができないが故の「氷割控え」が生じ、ひいては火力が落ちてしまうことにつながるわけですね。。

 

 

 

 

 

 

MH時には、低LvのSGによって大部分の敵を凍結させ、立て直しを図ることもできます。
が、それも一時しのぎには変わりありません。

 

 

 ノックバックによりMobが散乱し、いつの間にか攻撃をどかすか受け、氷の嵐が止んだ後には・・

 

 

 まず寝不足プリが凍死。

 

 

 

そしてこーなって、、

 

 

 

撤退宣言・・。パサナも強くなったなー。。

 

 

 

と、私とばんさんがアカデミーに転送される中、いつまでたっても戻らないぎゅー。

 

 

どうも、私たちを壊滅させたMHと単身戦っているらしく、「残りバンディッド1匹!」という声が聞こえてきます。

たかが1匹ですが、あいつはそれなりに強い! 騎士1人でどうにかなるのか怪しいところですが、
そのうち「あとミリで倒せる」との報告。

 

私たち2人の恨みつらみを晴らすべく、ぎゅーは頑張ってくれてるのか・・。
でももうそろそろ戻って、次の狩場の相談しないかな??

なーんて思った矢先、強敵を倒したぎゅーが帰還。

 

 

そのバンディッド1匹で、

 

 

なんかペカってる。

固執してたのも納得!

 

 

 

 

 

 

 

結論として、未転生での狩りは色々としんどい、という身もふたもないお話となり、
ぎゅー騎士が光ったのでばんさんウィズも光らせよう!ということになるのは必然の流れ。

ぎゅーがネコを出し、ウィズが99になるまでの道をサポートします。ネコさまさまだなー。

 

 

困るのは狩場の選定ですが、2人の提案でマラン島にあるDに行ってみますが、おいしくないし楽しくない;;
ネコ無双状態で、プリやウィズが手を出すスキが全くありません。これはだめだ!;;

 

 

QMをしても、Mobに接触する前にランスが敵を貫くので、被弾の心配もなく。。
さすがに別の場所に移動することになります。

 

うーん。。 ネコとウィズ、それに支援がいて行けるところといえば・・・・?

 

 

 

 

やはりピラ。

 

 

 

 

 

 

例のごとくぽんぽんと上がっていく、ばんさんウィズのLv。

復帰3人組の中で、「困ったらピラ」というのが定着してしまったようです。ピラ4Fはスリルがあって、まだ楽しいんだけどなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特筆すべきは、ネコの強さです。

ほぼ生まれたばかりにも関わらず、未転生3人が手も足もでなかったピラのMobを事も無げに倒していきます。
「下手な3次職より強い」というのは本当だなぁ・・。

 

 

 

「単体火力なら、メカパッケを購入したぎゅーのメカニックよりも強いのでは」疑惑。
それは言い過ぎにしても、メカに比するくらいの火力があることは疑いようもありません。

 

がんほーも、すごい種族を作ってしまったな・・!

 

 

 

 

 

 

そして、次のターン。

 

 

無事発光。カンタンでした☆

 

 

 

 

そんなこんなで、ぎゅー騎士・ばんさんウィズが二人して発光したところで狩りは終了。
これまでを通して、私のネコに対しての感想は、

 

 

こんな感じ。

 

というのも、ずぶの初心者がROをプレイし始めて躓くところと言えば、
時間をかけて懸命に育成しても行ける狩場は増えず、装備もお金もそろわず・・という流れがあるのでしょう。

ネコなら「弱くてどこにも行けない;;」という事態は少なからず防げますし、そうなれば
楽しみ方やお金を稼ぐ手段も、当然広がります。

 

 

なので、今のROをプレイする上で、福祉的な役割を果たしているんじゃないかなーと。

変な話ですが、あながち間違ってもない気がする?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・というネコ考察を頭の中でくるくる回し、ちょうどぎゅーとばんさんが転生を終え帰ってきた時のこと。

突然の見知らぬ方からのwis!

 

 

なんと!

この日記を見てくださっている方が、突撃隣の晩ご飯!!

 

わざわざしずくの元まで、遊びに来てくださいました><

 

 

 

 

この日記の過去記事にもあるように、前身は「井戸鯖放浪記」という名前で日記を書いていましたが、

こんな風に知人以外の誰かが訪ねてきてくれるようなことは、ありませんでした・・。

 

お名前をブログに掲載して良いかどうか、素で聞き忘れていたので
失礼ながらお名前を白塗りでお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

 

雑談を通して、今のRO情勢について教えてもらい・・、

 

 

 

イベントが結構おいしいということを知ったのも、この時のこと。

存在自体はなんとなーく知っていたのですが、「記念品がもらえる程度だろう」などと先入観を持っており
調べることすらしていなかったのですね。

 

 

 

こういう些細なことでも教えてもらうと、そこから先のことを調べるきっかけになりますよね!

いまいち要領を得ていなかったコンテンツのことを、その存在やどんな性質のものなのか知ることにより
興味がわいて、自分でも調べてみようという気になってきます。

 

なまじ復帰者3人ばかりで遊んでいたので、どうしても知識的なことが足りず
こうした機会でもなければわからないことだらけ。

 

 

 

 

 

これを機に、MDにも挑戦できるものには行くようになったのかな。

貴重な経験だった・・。感謝感謝!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、復帰者のよしみ?ということで、カード帖をいただいてしまったので
景気づけに開けてみたのですが・・。

 

 

 

 

毎度起こる重量問題。

出たcはハズレでした・・。カード1枚くらい、口にくわえるべし。

 

 

 

  ©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




想定していたよりもはるかに早く転生し、ハイアコに生まれ変わったしずく。

 

 

ピラのあまりの高効率に若干引き気味なのですが、
これも時代の流れ! それだけ情勢が変わったということなのでしょう。

 

 

 

 

転生したとはいえ、ハイアコでは何もできないので、同じくハイアコになったばんさんと共に
HPへの道を歩むことにします。

レベルアップボックスからもらった装備がLv制限で解除されてしまったため、目を覆いたくなるような貧弱装備。
まぁ、ヒール砲での狩りになるし、何とかなるでしょう!

 

バッジがあるのでマシですが、アカデミー帽が着けられなくなったのが痛いなぁ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

アカデミー内の戦闘訓練場?が利用できればよかったのですが、転生職は使えないようだったので、
沈没船でドクロを狩って最低限のLvを確保します。

 

 

単体相手なら、カンタンに倒せるこのドクロも、数が多いときっついきっつい;;

なまじ部屋数が少なくMobがたまりやすい狩場なので、

 

 

 

こんな状況になると、装備もスキルも無いアコでは何にもできません。

で、またステータスオール1で狩りしてたというね。

私は学ぶことを知らないのかな。。?

 

 

 

 

 

 

当然こうなるよね、というお話。

完全に水没しちゃってます。ブクブクブクー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりと言うべきか、転生以後の経験値テーブルも変更されているらしく、

 

 

どんどこLvが上がっていきます。

 

 

 

 

 

 

で、この後ぎゅーが新たに作成したネコと公平を組み、ピラでパワーレベリングをすることになりました。

実を言うと、昔の私は「パワーレベリング」なるものに消極的でした。というか、今もその節があるかも?

 

 

昔で言うと、生体ニヨとかが一番分かりやすいのかな。

なんというか、「苦労した分だけ愛着がわく」という根強い価値観が、私の中にあるように思います。
バカな子ほどかわいい、という言葉がありますが、それと似たようなもので
弱い頃から少しずつ育てて、立派になった姿を見て感慨にふける・・というイメージ?良い表現が見つからない。。

 

 

ただ、今回は以前のように時間が有り余っているわけではなく、限られた中でROを楽しむほか無いため
こういうのもアリかな?と思った次第です。


しずくはTUやMEを取らない純支援プリとして運用する予定なので、
余計に「育てられる時に育てる」ことが優先される、というのもありますしね。

 

 

 

 

 

 

この辺は、価値観とか考え方で人によりけり、という要素がひじょーに大きいところですが
あくまで私個人として、「あんまり硬く考えなくていいかなー?」とか思ったのでした。

どちらにせよ、ぎゅーがメカニックじゃなかったら、ここまでの早さで転生できなかったんだし・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

とかなんとか言っていますが、実際のところ、Lvを上げる手段として

 

 

 

めんどくさいクエが嫌というのが本音。

おつかいは御免被る! 迷うんだよ!;;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という経緯で、やってきましたピラミッド。

 

 

かわいいハイアコ2人は、一体どれくらいの時間でHPへ転職できるのでしょうか。
プリの発光までがあっという間だったことを考えると、相当に早いことが予想されますが・・。

 

 

さすがに4Fでの狩りは無謀なので、3Fの隅っこへ行ってほそぼそと狩りを開始!

 

 

 

 

 

 

 

 

もー上がる上がる。

生まれたばかりのネコがばっさばっさとMobを串刺しにしていき、そのたびに
私とばんさんの頭上に天使が舞います。

ネコの装備を見せてもらった時点で、相当強いとはわかっていましたが、これほどとは。。

 

 

 

 

 

 

 

そして、えーと。次のSSが・・

 

 

ばんさんの「@2」という言葉から、もうJob48に到達。

 

 

さらに次が、、

 

 

おしまい☆

 

 

 

SSの撮影時間から計算するに、わずか15分でハイアコのJobがカンストした模様。

15分と言えば、あれだ・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

山登りか。

(衝撃の大きさにより、赤字ばかりとなっております)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイアコのかわいい姿を拝めたのはわずかな時間で、

 

 

ジュノーへ行き、さくさくっと転職!

この姿も懐かしいなー。これにサンタ帽を被せれば、井戸鯖時代の「☆雫☆」が完全復活します。
なんでサンタ帽、あんなに好きだったんだろう?

 

 

 

 

 

 

 

ここで、ヴァルキリーにより好きな街に転送してもらえるのですが、

たわむれにコモドへ降り立ってみます。

 

 

特別用事も無いのですが、ちょうど時間が空き、やりたいことも無かったため
普段行かなかったような街を探検してみようと思ったのですね。

 

 

 

探検と言っても、せいぜい街の人と話すくらいのもの。
カジノにも行ってみましたが、FF14のように麻雀(ギャンブル)が楽しめるというわけでもなく。

 

 

 

 

某アゴの鋭さが凶悪な有名人がいた他は、

面白味もありませんでした。これが現実・・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、ぎゅー・ばんさんと合流した後は

 

 

 

ごりごり狩る。狩る。狩る。。

ばんさんHPが敵をてきとーにかき集めて、そこにぎゅーがランスでぐさぐさするだけのカンタンなお仕事。
私はヒールしつつPrintScreenを押すだけの、もっとカンタンなお仕事。

 

HPになっても、ピラのおいしさはほとんど変わりません。
Lvの伸びに、スキル振りが間に合わないくらいの成長スピード!

 

 

 

 

 

 

 

もう、言うことと言えば、

 

 

重量オーバーになったこととか、

 

 

 

 

 

イヌハッカメテオなる、ネコスキルのダメージ表示がナイアガラの滝になってたこととか。

クリアサがAspd190で切り刻んだ時みたいなことになってるし・・。

 

 

 

 

 

メテオの落下物と言えば、トマトとゴーヤが合体したようなものだったこととか。

イヌハッカっていう野菜か何か、なのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

などと写真撮影をして楽しんでいたところ、

 

 

知らない間にJobがカンスト。

これで後顧の憂いなく、アークビショップに転職できます。初めての3次職だ!

 

 

 

 

でもその前に、

 

 

青石を持参しないプリが、上位職になっていいのかどうかという議論があり。
いやいやないない!ハイアコになる時に荷物空にしたから、絶対そのせいだって!

 

 

 

 

 

いずれにしても、ポタが無くても、私はテレポで帰ることができるので^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、肝心の転職について。

 

ABへの転職場所については、プロ大聖堂にある赤ポストだとあらかじめ分かっていました。


アコ時代に見慣れぬものが気になって調べてみた際、「ABへの転職が~」とのメッセージが出たことを
意外や意外、覚えていたのですね。

 

 

・・前々から、主にどぐざれ神父の接客が気に入らず、プロ大聖堂には良い思い出がありません。

でもまぁ、今回はポストだしね!らくしょーらくしょー!


Jobカンストに喜び勇んで早速プロに飛び、ポストに話しかけて転職します。
見知らぬスキルが私を待っている!!

 

 

 

 

 

おっとなんだ!?

 

 

見知ったスキルをとりあえず取れと。

そういや、ピラでの狩りに夢中で、全然スキルポイント振ってなかったな・・。

 

 

 

いや、失敬失敬!

 

 

ぽちぽちっとスキルを振り、ポイントを0に。

情報によると、3次職への転職時に、ステータスやスキルを1から割り振り直しできるとのこと。
それを考えるとてきとーに振ってもよかったのですが、心配性な私は「万一振り直しできなかったら;;」と考えて
ばっちり純支援スキルを取っていきます。

 

 

これで文句はなかろう!

確定を押して、もう一度ポストで転職だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

こんどはなんだ!?

 

 

荷物があって転職できない、が正解。

憧れの3次職は、ちょびっとだけ後のこと。

 

 

 

 

 

  ©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




今日は趣向を変えて、マジ育成のお話です。
PTで狩るのも楽しいけど、ソロで気ままに遊ぶのもこれまた乙なものだよね!

 

 

なお、もともと井戸鯖では、ウィズを1stキャラとして育てていた私。
近接でがしがし殴るよりも、安全圏で高みの見物をしながら大魔法をぶっ放す。

そういう人間なんです、わたしは。

 

 

(在りし日のキルハイルクエのようす)

 

はじめた当初は髪型を変えることを知らなかったので、男キャラデフォルトの頭で生まれましたが
そこらを闊歩するBotも同じ髪型のため、悲しくなったことを覚えています。

ギルドでの狩りではもっぱらプリやバードが起用され、
PTでの活躍の場は、トールでの狩りが可能になるまでほとんどありませんでした。

 

その反面、監獄でのエル拾いをはじめ、主に金策において大活躍したウィズ。
その名は「 幽」。一文字の名前が拒否されるので、最初にダサいスペースがあるのがポイントです。
読みは「かすか」です。しずくと共に元ネタがあるのですが、分かる人がいたら尊敬するかもしれません。

 

 

復帰後の世界でも、しずくを助けるべくマジとして、Botと同じ髪型で再び生を受けます。
名前はしずくと同じく、記号を後ろにつけて『かすか’』と命名。


「いつか監獄とか行ってノスタルジーにひたるんだー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前ならてきとーにポリンなどを狩って、FWを覚え次第アルギオペ(通称:赤芋)先生のところに通っていたところですが、
今回はポリン団クエを進めていきます。

 

やはり、育った後にも使える無料転送が便利すぎる・・。

火力が低いのでゆっくりとした進行ですが、のんびりクエを消化。商人よりは楽かな?

 

 

 

 

 



「最近のマジはボルト10ではなく、ボール10を取った方がいい」

そんなことをばんさんから聞いていたので、大人しくそれに従ってスキルを育てていきます。
クエの途中では窓手ともふれあい、縦FWが問題なく使えることを再確認。

 

 

この縦FWひとつとっても、初心者時代は赤芋相手に何度も何度も転び、
そのたびにマジスレを見て勉強して再チャレンジしていたものです。。

長いブランクを経ているため、多少のぎこちなさはありますが、昔の経験が今にも活きていることがちょっぴり嬉しかったり。

殴られてもアカデミー帽のおかげで即死しないし、いい時代になった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしてポリン団クエを終了しますが、まだまだJobレベルが足りません。

どこかの情報サイトで「兄貴がおいしい」と聞いたことがあるような気がしたので、
オークDへと向かうマジ・かすか。ハイオークならまだしも、普通の兄貴がおいしいとは、にわかには信じられません。

 

半信半疑のまま兄貴を見つけ、縦FWでバーベキューすると・・

 

 

これがちょーおいしい!!

びっくりするほどの超経験値で、10分も経たないうちにJob50を達成しました。

 

後から調べてみると、兄貴の経験値は1体で7k近くあるのだとか。
たしか、昔のクロックが2kくらいの経験値じゃなかったっけ?

そう考えると、安全かつ大量に狩れて1体7kの兄貴と、
ワンパンほぼ即死で個別にしか狩れず1体2kの時計おじとでは、比較になりませんね;;

 

 

仮に縦FWを習得していなくても、この様子だと
リュックさえあれば逃げ撃ちでボールを当てていれば問題もなさそうです。

やー、ほんと楽になったなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一旦兄貴狩りは中止し、ウィズに転職すべくゲフェンへ。

魔法タワーみたいな名称の塔で受付を行うはずが、

 

 

 

ゲフェンの闇に触れそうになったり。

そうだ、上だったね。うえうえ!

 

 

 

 

 

 

 

戦闘試験など楽なもので、ファイアーボールを撃ったりコールドボルトを降らせたりして、どんどんパス。
ボルトと違い、ボールならQM無しでも逃げ撃ち可能なので、意外と便利ですね!

 

どっちかというとGoogle先生に聞かないといけない、筆記試験のがめんどうだったなー。
覚えてそうで記憶があいまいな問題が多いので、素直に調べた方が早いものです。

でも、ネタ的に1度はカンペ無しで解いてみてもよかったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンペ無しだとこうなるんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えええ、また筆記試験からー!?

 

 

「まともにいかないところ」って何さー!
あんな急に中央部に大将軍が湧いてきたら、そりゃー瞬殺されるさー!

 

と言っても、ラウレル君は聞く耳をもってくれません。

あれ、ラウレルって、生体2のアコDOPがそんな名前じゃなかったっけ?気のせいかな。

 

 

 

 

 

で、2回目の戦闘試験も大将軍に殴り殺されそうになりながら、無事クリア。

 

 

 ねんがんの SGを てにいれるぞ !!

QMやSGを覚えたら、いよいよ監獄へお礼参りしたいところ。
ただ、テレクリもヒルクリも無いのがかなり不安ですが・・

 

 

 

 まぁなるようにしかならない!

しかし、ひっどい装備だなー。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 兄貴をおいしく焼いて、最低限のスキルを取っていきます。

ドロップは全然おいしくないけど、多少は仕方ないね。。

 

 

 

 

 

 

その最中、見慣れないメッセージが頭上に現れます。

 

 

 どこからどこまでがキャラ名なのかわからないため、黒塗りが多くなっています・・。

 

以前はメモリアルダンジョンといえば、ETしかありませんでした。
1週間に1度しか行けなかったので、土日のどちらかで都合をあわせ、みんなで攻略に行ってたなー。

前情報では5FMVPが金ゴキだったのですが、いざ実装されてみるとエドガに変更されており
「私の毎週金ゴキ狩り計画がー;;」と落胆していたっけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩いているうちに、それらしき入り口?も発見。
昔はこんなものは無かったので、おそらく間違いないでしょう。

 

 

 ただ、調べてみるとMDの奥にオークヒーローがいると知り、
さすがにチャレンジする気を失ってその場を立ち去ります。

「エドガや金ゴキならまだしも、超兄貴は無理げーだ・・」

 

今考えると、弱体化されたイベント用MVPなのかもしれませんね。
怖いもの知らずで、つっこんでみればよかったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしていると、Jobレベルは上がりに上がり、

 

 

 

ひとまず監獄へ行けそうなくらいのスキルは習得できました。
本音を言うとSWくらいは欲しかったのですが、どちらにせよ使いこなせないでしょうし、これで十分!

 

 

装備についても、ひょろひょろのトイレットペーパー並な装甲が、

 

 

キムワイプくらいには役立つ装備となり、準備は万端。

良い子のみんなは、キムワイプで鼻をかむことはやめよう!食べるのもダメ!!

 

 

 

 

にしてもこのキムワイプは

 

 

すさまじく重く。

色々と倉庫にナイナイし、やっと動けるように。このセット、思えばかなりの重量だったよね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、監獄への行先は、念のため調べておいたのでバッチリ。

正面から入り、階段をのぼってくるっと右から回った先のWP!

 

 

よく通ってたはずなのに、この道順はあんまり覚えていませんでした。
このわずかな間の道で、ライドワードが何体もたまっていて、しつこく追いかけてきたような覚えはあったり。

今回はそんな邪魔もなく、あっさりとWP前へ到着。

「本格的なリハビリのはじまりだー!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・あれ。

こんな筋肉ダルマ、入ってすぐにいたっけ?

 

 

こともあろうにハエで逃げるのが遅れ、ムキムキダルマのペチングを数発もらい、瀕死状態に陥るかすか。
というか、どこもかしこもMobで埋まってて、装備無しの素ウィズが立ち回れるスキがほとんどない!

以前の監獄って、こんなだったっけ。
と不思議に思いつつ、まずは単独でうろうろしているMobにターゲットをしぼって。

 

 

上手く誘導し、縦FW!

そのまま遠ざかるように、2歩だけ下がる!

目の前のセルから数えて、FWのある逆方向にいち、に、さん、4セル目を指定してSG詠唱開始!

 

 

 

 

 

これぞ元祖・SGFW割りだー!

手順をしっかり覚えていて、それが実行できたのでご満悦の
体力ミリのかすか。

 

ダルマは固くてイヤだけど、この調子なら何とか狩れそうです。
幸い、初心者赤ポーションもいっぱい持参してきたので、とりあえず目標は30分の狩りを成立させること!

装備も乏しい状態なので、それくらいの時間立ち回ることができたら、ウィズとしては及第点でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゾンビプリズナーがいなくなり、エルという貴重な収入源が無くなったのは悲しいのですが、
そのかわりにシャアcが高騰している、という情報も入手していました。

シャア自体、数は少ないのですが、井戸鯖時代も何枚か手に入れていたので、そのうち出るはず。

 

 

 

 

 

シャアなんて、単独でいても即テレポで飛んでいたのは昔の話。
HDもしっかり取っていますし、積極的に狩っていきたいところですね。

 

 

さーがんばるぞー!(死

 

 

 

 

 

  ©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ