★動物の幸せを結ぶ会★ 埼玉栗橋町犬59+5頭多頭飼崩壊

多頭飼いの犠牲になった犬達のプロフィール この子達に家を与えてください

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あれから1年が経ち・・・

2010年07月13日 | 栗橋多頭飼い崩壊59+5頭

 

2009年6月11日に聞いた犬たちの悲鳴 

栗橋・犬多頭飼育崩壊
2009年6月11日に見たあの驚きは今でも身体が震え上がる
6月10日保健所から電話で簡単な説明を受けた
保健所から私どもの会「動物の幸せを結ぶ会」へ連絡が入りましたが現場を教えていただけなかった。
ご近所で顔の広い方や土地を沢山持っている方に聞いてみました。
偶然にも知っている人と出会うことが出来ました。
翌日6月11日栗橋町多頭飼育崩壊の現場を視察に行ってきました。
土手の上から写真を撮ることができました。

      
あの時の臭いと犬の悲鳴そして誰もが入ってこれない怖くて恐ろしい場所、
でもどうしてこんなに直ぐ近くでこんなにも無残で哀れな犬たちが居るなんて、とても信じることが出来ませんでした。
あの時のショックは今も消えません。
どうして、どうして、どうして私が知らなかったなんてこんなにも近くに居ながらどうして助けてあげられなかったのと
そればかり思い続ける毎日でした。

「埼玉県栗橋町で約17年前から数知れない沢山の犬を無差別に集め、ケージに閉じ込めていた夫婦がいるとききました。
いったい何のために集めていたのかそれが知リたいが今のところ分かっておりません。 
 
ここは栗橋町の所有地ですが、飼い主は屋根付きの小屋を立て無断で住み付き犬を集めるようになったようです。
 数年後に役場からの退去命令の後飼い主だけが近くの借家に移動したそうです。
借家にも沢山の犬猫がいると聞きました。
昨年ご主人が亡くなり今年6月には保健所に80頭の処分を申し出たそうです。
出来ることであれば全部助けたいので保健所には処分を中止する事のお返事とお願をいたしました。
早速その2日後13日から2頭ずつ17日までに10頭、獣医さんで健康診断と不妊手術を始めましたが
18日男から中止させられました。その間に20頭近くの犬が居なくなっていました。 
 
他の場所に移動したとか里子に貰ってもらったとか理解できないことを言っていました。」

6月12日初めて元飼主と男に会う
現場へ一緒に行った一番最初に出会った犬ジェロくんです

             
主人とフードを買いに行き届けた

            

 

 「あれから1年が経ち・・・」

幸せになった犬、

いまだに主さんを待っている犬、

人間不信から立ち直れないでいる犬たち
様ざまです。」

 

   直接動画を見る

  会へのご連絡は

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 一時預かり様でのヘレンちゃん | トップ | 第3保護場所フードなど運びま... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (よし)
2010-07-14 04:49:59
もう1年経つのですね。
でもまだまだ里親さんを捜している子達がいる。
悲しいことです。

1日でも早く皆に家族が見つかりますように(祈)

記事にさせて頂きました。
ご苦労様です (大沼)
2010-07-16 08:41:33
Human being is the most dangerous aminal on the earth.(人間というものは、地球上で一番残酷で危険な生き物である)と外国のTVでみました。その通りですね。何の罪もない動物達を残酷な目に合わせて何の罪も感じない、、。人間とはなんて自分勝手で惨い生き物なのでしょうか。動物にひどいことをした人間はあの世で苦しんで欲しいです。栗橋・犬多頭飼育崩壊の件ですが、行政もこういう時だけ個人のボランティア団体に連絡してくるとは本当にずうずうしいですね。普段は私達の税金を使って保健所で犬猫を殺すことしかしないくせに。しかし、多くの犬が救われて本当によかった。加藤様の必死の活動に感謝しています。ありがとうございます。

栗橋多頭飼い崩壊59+5頭」カテゴリの最新記事