インターゾーンで働く社員のブログ

群馬発のITベンチャーで“こんな会社もある!”を見つけよう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アマは和して勝つ、プロは勝って和す。

2009-03-25 22:18:24 | 鏡山のアドリブ

昨日のWBC優勝は本当に素晴らしいものでした。

日本代表の優勝を受けて、NPBの加藤コミッショナーがコメントした中に以下のような言葉がありました。


『昔、三原脩監督(元西鉄)が言われた言葉に、「アマは和して勝つ、プロは勝って和す」 というのがあったと思う。今回のWBCにおいて、侍ジャパンは和をもって勝ち、勝つことによって和を高めていった。』

 

  “アマは和して勝つ、プロは勝って和す”

 

企業経営を考える上でも心に響く言葉です。

企業=プロフェッショナルであることは間違いありません。


インターゾーン社内ではチームワークという言葉をよく使っています。

しかし、いくら「チームワークが大事だ!」と叫んでみてもチームワークが良くなるわけではありません。
最初にチームワークありきではないということです。

 

企業にとって“勝つ”ということは“成果をあげる”ことだと置き換えられます。

三原監督の言葉は、みんなで懸命に取り組んで成果をあげてこそ“和”=“チームワーク”が生まれてくるものだという教えだと思います。


小さなことでも“形”にして具体的な成果をあげる。
これがインターゾーンというチームがひとつにまとまっていく重要なことだと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« こいけ太る | トップ | 何事も思いこみは禁物! »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

鏡山のアドリブ」カテゴリの最新記事